VHDLで簡単タイマー実装!10のステップで完璧マスター – JPSM

VHDLで簡単タイマー実装!10のステップで完璧マスター

VHDLを用いたタイマーの実装手法を図解して解説するイメージVHDL

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスは複数のSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラム(回路記述)の基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

また、理解しにくい説明や難しい問題に躓いても、JPSMがプログラミングの解説に特化してオリジナルにチューニングした画面右下のAIアシスタントに質問していだければ、特殊な問題でも指示に従い解決できるように作ってあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

VHDLはデジタル回路の設計やシミュレーションに使用されるプログラミング言語です。

特に、FPGAやASICの設計においては欠かせない存在となっています。

そんなVHDLでの実装が難しいと感じる方のために、今回は「タイマー」を実装する手法をステップバイステップで解説します。

この記事では、VHDLの基本的な知識からタイマーの実装に必要な要素、具体的なサンプルコードを交えての解説、さらには応用例や注意点、カスタマイズの方法までを細かく説明していきます。

●VHDLとは

VHDL(VHSIC Hardware Description Language)は、VHSIC(Very High-Speed Integrated Circuit)プロジェクトの一環として1980年代に開発されたハードウェア記述言語です。

デジタル回路の動作や構造を記述することで、回路の設計やシミュレーションが行えるのが特徴です。

○VHDLの基本的な特徴

  1. 強い型付け:VHDLは型を厳格に扱う言語であり、型の間違いや不一致はエラーとして検出されます。
  2. 並列実行:VHDLはハードウェアを記述するための言語であるため、多くの処理が並列に実行されることを前提としています。
  3. モジュラリティ:VHDLの設計はモジュールベースで行われ、各モジュールは独立してテストや再利用が可能です。

●タイマーの実装に必要な要素

タイマーを実装するためには、次の要素が必要となります。

  1. カウンタ:一定の間隔で増減する値を管理する部分です。
  2. 制御部:タイマーの開始、停止、リセットなどの動作を制御する部分です。
  3. 出力部:タイマーの現在値や終了時のアラームを出力する部分です。

○基本的なタイマーの構造

タイマーの基本構造としては、上記のカウンタ、制御部、出力部を組み合わせたものとなります。

カウンタは内部での時間経過を計測する役割を持ち、制御部はこのカウンタの動作を指示します。

そして、出力部はタイマーの状態や設定した時間になった際の通知を行う役割を持ちます。

このコードでは基本的なタイマーをVHDLで実装する方法を表しています。

この例ではカウンタ、制御部、出力部の3つの部分を組み合わせてシンプルなタイマーを実装しています。

-- シンプルなタイマーの定義
entity simple_timer is
end entity;

architecture behavior of simple_timer is
    signal count : integer := 0;
begin
    -- カウンタの動作
    process
    begin
        wait for 1 sec;
        count <= count + 1;
    end process;

    -- 制御部の動作
    process
    begin
        if count = 10 then
            -- 10秒経過したらリセット
            count <= 0;
        end if;
    end process;

    -- 出力部の動作
    process
    begin
        if count = 10 then
            -- 10秒経過した通知
            report "Timer finished!";
        end if;
    end process;
end behavior;

このVHDLコードを実行すると、毎秒カウンタが増加し、10秒経過すると”Timer finished!”というメッセージが出力され、カウンタがリセットされます。

●VHDLでのタイマーの基本的な作り方

VHDLを使用してデジタルシステムを設計する際、タイマーは基本的な部品の一つとして多くのアプリケーションで使用されます。

ここでは、VHDLを使用してシンプルなタイマーを実装する方法を3つのステップで詳しく解説します。

各ステップには具体的なサンプルコードとその説明、さらに実行結果の説明も含めて紹介します。

○サンプルコード1:シンプルなタイマーの作成

まずは、基本的なタイマーを実装する方法から始めます。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_UNSIGNED.ALL;

entity simple_timer is
    Port ( clk : in STD_LOGIC;
           rst : in STD_LOGIC;
           start : in STD_LOGIC;
           count : out STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0));
end simple_timer;

architecture Behavioral of simple_timer is
    signal cnt : STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0) := "00000000";
begin
process(clk, rst)
begin
    -- クロックの立ち上がりエッジで動作
    if rising_edge(clk) then
        if rst = '1' then
            cnt <= "00000000";
        elsif start = '1' then
            cnt <= cnt + 1;
        end if;
    end if;
end process;
count <= cnt;
end Behavioral;

このコードでは、8ビットのシンプルなカウンタを作成しています。

クロックの立ち上がりエッジでカウントが開始され、start信号がアクティブになるとカウントが1増加します。

リセット信号rstがアクティブになると、カウントは0に戻ります。

このシンプルなタイマーを使用すれば、特定の時間間隔での動作や、特定のタイミングでの処理など、多岐にわたるアプリケーションに応用できます。

実際にこのコードをFPGAやシミュレーション環境で動かすと、start信号をアクティブにした際にカウントが増加し、rst信号をアクティブにするとカウントが0にリセットされるのが確認できます。

○サンプルコード2:カウントダウン機能の追加

次に、カウントダウン機能を追加したタイマーを実装します。

-- [省略: 上部のコードは変わらないため、省略します]

architecture Behavioral of simple_timer is
    signal cnt : STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0) := "11111111";
begin
process(clk, rst)
begin
    -- クロックの立ち上がりエッジで動作
    if rising_edge(clk) then
        if rst = '1' then
            cnt <= "11111111";
        elsif start = '1' then
            cnt <= cnt - 1;
        end if;
    end if;
end process;
count <= cnt;
end Behavioral;

このコードでは、カウントアップの代わりにカウントダウンを行うようになっています。

リセット信号がアクティブになると、カウント値は最大値の”11111111″にセットされます。

そして、start信号がアクティブになるとカウントが1減少します。

実際に動作させてみると、start信号をアクティブにした際にカウントが減少し、最小値0に達するとオーバーフローして最大値に戻る動作を確認できます。

○サンプルコード3:アラーム機能の追加

最後に、カウントが0になった際にアラームを鳴らす機能を追加します。

-- [省略: 上部のコードは変わらないため、省略します]
Port ( clk : in STD_LOGIC;
       rst : in

 STD_LOGIC;
       start : in STD_LOGIC;
       count : out STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0);
       alarm : out STD_LOGIC); -- アラーム出力追加

-- [省略: シグナル宣言]

begin
process(clk, rst)
begin
    -- クロックの立ち上がりエッジで動作
    if rising_edge(clk) then
        if rst = '1' then
            cnt <= "11111111";
        elsif start = '1' then
            cnt <= cnt - 1;
            if cnt = "00000000" then
                alarm <= '1'; -- アラームをアクティブにする
            else
                alarm <= '0'; -- アラームを非アクティブにする
            end if;
        end if;
    end if;
end process;

count <= cnt;
end Behavioral;

カウントが0になった時にalarm信号がアクティブになるようにコードを追加しました。

カウントが0以外の場合は、alarm信号は非アクティブ状態を保持します。

このコードを動かすと、カウントが0になった時だけアラーム信号がアクティブになることが確認できます。

これにより、例えばタイマーが設定した時間になった際に何らかのアクションを取るようなアプリケーションに使用することができます。

●VHDLでのタイマーの応用例

VHDLでタイマーの基本機能を理解したら、次はさらに応用例を学んでいきましょう。

VHDLを用いてさまざまなタイマーの機能を実装する方法をサンプルコードとともに解説します。

○サンプルコード4:複数のタイマーを組み合わせる

このコードでは、複数のタイマーを組み合わせて動作させる方法を表しています。

この例では、2つのタイマーを同時に動作させ、それぞれのアラーム信号を取得しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;

entity MultiTimer is
    Port ( clk : in STD_LOGIC;
           start : in STD_LOGIC;
           timer1_alarm : out STD_LOGIC;
           timer2_alarm : out STD_LOGIC);
end MultiTimer;

architecture Behavioral of MultiTimer is
    signal cnt1, cnt2 : STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0) := "00000000";
begin
    process(clk)
    begin
        if rising_edge(clk) then
            if start = '1' then
                cnt1 <= cnt1 + 1;
                cnt2 <= cnt2 - 1;

                if cnt1 = "10000000" then
                    timer1_alarm <= '1';
                else
                    timer1_alarm <= '0';
                end if;

                if cnt2 = "00000000" then
                    timer2_alarm <= '1';
                else
                    timer2_alarm <= '0';
                end if;
            end if;
        end if;
    end process;
end Behavioral;

このコードの動作は、start信号がアクティブになったとき、cnt1はインクリメントされ、cnt2はデクリメントされます。

それぞれのカウンタが特定の値に達したとき、関連するアラーム信号がアクティブになります。

例えば、cnt1が”10000000″になると、timer1_alarmがアクティブになります。

○サンプルコード5:インターバル機能の追加

次に、特定のインターバルでアラームを鳴らす機能を実装してみましょう。

このコードでは、設定されたインターバルごとにアラームを出力するタイマーを表しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;

entity IntervalTimer is
    Port ( clk : in STD_LOGIC;
           start : in STD_LOGIC;
           interval : in STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0);
           alarm : out STD_LOGIC);
end IntervalTimer;

architecture Behavioral of IntervalTimer is
    signal cnt : STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0) := "00000000";
begin
    process(clk)
    begin
        if rising_edge(clk) then
            if start = '1' then
                cnt <= cnt + 1;

                if cnt = interval then
                    alarm <= '1';
                else
                    alarm <= '0';
                end if;
            end if;
        end if;
    end process;
end Behavioral;

このコードでは、外部から指定されたintervalの値ごとにアラームを出力します。

例えば、intervalが”00001010″の場合、10クロックサイクルごとにアラームがアクティブになります。

ここで注目したいのは、このタイマーの動作が外部の入力、すなわちintervalによって変わる点です。

これにより、動的にアラームの間隔を変更することが可能です。

次に、実際に上記のコードを動かした場合、start信号がアクティブになってから、設定されたインターバル値に達した瞬間にalarmがアクティブになります。

それ以外の場合、alarmは非アクティブ状態を保ちます。

○サンプルコード6:ユーザーインターフェースの組み込み

VHDLでタイマーを実装する際、最も興味を持たれる項目の一つがユーザーインターフェースの組み込みでしょう。

実際にデバイスで動作するタイマーをユーザーが操作できるようにするには、インターフェースが必要不可欠です。

今回は、ユーザーインターフェースを組み込んだタイマーの実装方法を詳しく解説していきます。

このコードでは、ボタンとLEDを使って、ユーザーがタイマーを操作できるシンプルなインターフェースを実装しています。

この例では、ボタンを押すことでタイマーを開始・停止し、LEDで現在のカウント状態を確認することができます。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_UNSIGNED.ALL;

entity timer_interface is
    Port ( clk : in STD_LOGIC;
           btn_start_stop : in STD_LOGIC;
           led : out STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0);
           reset : in STD_LOGIC);
end timer_interface;

architecture Behavioral of timer_interface is
    signal count : INTEGER := 0;
    signal running : BOOLEAN := FALSE;
begin
    process(clk, reset)
    begin
        -- リセット信号が来たらカウントを初期化
        if reset = '1' then
            count <= 0;
            running <= FALSE;
        elsif rising_edge(clk) then
            if btn_start_stop = '1' then
                running <= not running;
            end if;
            if running = TRUE then
                count <= count + 1;
            end if;
        end if;
    end process;
    -- カウント値をLEDに表示
    led <= conv_std_logic_vector(count, 8);
end Behavioral;

このコードでは、ユーザーがbtn_start_stopボタンを押すことで、タイマーの動作を開始または停止できます。

カウントアップの状態は、8つのLEDで表示され、リセット信号が入力されるとカウントが初期化されます。

実際にこのコードをFPGAなどのハードウェアに書き込んで動作させると、ボタンを押すたびにタイマーの動作が開始・停止を繰り返します。

そして、カウントアップの状態がLEDでリアルタイムに確認できるので、簡易的なストップウォッチとしての利用も考えられます。

このようなユーザーインターフェースの組み込みは、VHDLのプログラムだけでなく、ハードウェアの物理的な配置や配線も考慮する必要があります。

ボタンやLEDの位置、動作感など、実際の使用シーンを想定して設計することが重要です。

続いて、ユーザーインターフェースにリセット機能を追加する方法を解説します。

○サンプルコード7:リセット機能の追加

ユーザーインターフェースにリセット機能を追加することで、ユーザーが任意のタイミングでタイマーのカウントを初期化できるようになります。

この機能は特に長時間の計測や、特定のイベントをトリガーとしてタイマーをリセットしたい場合に便利です。

このコードでは、リセットボタンを使って、タイマーのカウントを瞬時に初期化する方法を紹介しています。

この例では、リセットボタンを押すと、カウントが0に戻り、LEDも全て消灯する動作となります。

-- (既存のコードの上部は省略)
Port ( clk : in STD_LOGIC;
       btn_start_stop : in STD_LOGIC;
       btn_reset : in STD_LOGIC; -- リセットボタンの追加
       led : out STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0);
       reset : in STD_LOGIC);
-- (中略)
    process(clk, reset)
    begin
        -- リセット信号またはリセットボタンが押されたらカウントを初期化
        if reset = '1' or btn_reset = '1' then
            count <= 0;
            running <= FALSE;
        elsif rising_edge(clk) then
            -- (その他のコードは変更なし)
        end if;
    end process;
    -- (これより下のコードは変更なし)

実行後、リセットボタンを押すと、タイマーのカウントが0に戻り、LEDも全て消灯します。

このように、物理ボタンを使った操作感を追求することで、より直感的なユーザーインターフェースを実現できます。

このリセット機能は、特定の操作に失敗した際や、新しい計測を始める際など、さまざまなシチュエーションで利用することができます。

●注意点と対処法

VHDLでタイマーを実装する際には、いくつかの注意点と対処法が存在します。

特に初心者が陥りやすい問題や、実装上のトラブルを避けるためのヒントをいくつか紹介します。

○タイマー実装時のよくあるエラーとその対処法

VHDLでタイマーを実装する際、多くの初心者が以下のようなエラーに直面します。

それぞれのエラーと対処法を具体的に確認してみましょう。

❶クロック信号の不整合

タイマーは基本的にクロック信号を使用して動作しますが、このクロック信号が不安定、または期待した動作をしない場合があります。

対処法:

クロック信号の生成元や周波数を確認し、必要に応じて修正します。

また、デバイスの仕様書やマニュアルを参照して、正しいクロック設定を行ってください。

   -- このコードではクロックジェネレータを使って正確なクロック信号を生成しています。
   library IEEE;
   use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

   entity clk_gen is
       Port ( clk_out : out STD_LOGIC );
   end clk_gen;

   architecture Behavioral of clk_gen is
   begin
       process
       begin
           clk_out <= '1';
           wait for 10 ns;
           clk_out <= '0';
           wait for 10 ns;
       end process;
   end Behavioral;

実行後の動作としては、このコードは20nsの周期でクロック信号を生成します。

これをタイマーのクロック入力として使用することで、安定したタイマー動作が期待できます。

❷カウンタオーバーフロー

カウンタが設定した最大値を超えてしまう問題。これにより、不正な動作やエラーが発生する可能性があります。

対処法:

カウンタが最大値に達した際の動作を明確に定義することで対処します。

例えば、最大値に達したら0に戻す、または一定の値で止めるなどの処置を行います。

   -- このコードではカウンタが255に達したら0にリセットする動作を行います。
   library IEEE;
   use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

   entity counter_overflow is
       Port ( clk : in STD_LOGIC;
              counter_out : out STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0) );
   end counter_overflow;

   architecture Behavioral of counter_overflow is
       signal count : INTEGER range 0 to 255 := 0;
   begin
       process(clk)
       begin
           if rising_edge(clk) then
               if count = 255 then
                   count <= 0;
               else
                   count <= count + 1;
               end if;
           end if;
       end process;
       counter_out <= conv_std_logic_vector(count, 8);
   end Behavioral;

実行後の動作としては、このコードのカウンタは0から255までカウントアップし、255に達したら0にリセットされます。

○オプティマイズのヒント

VHDLでのタイマー実装は、効率的に動作させるためのオプティマイズも重要です。

オプティマイズのためのヒントをいくつか紹介します。

❶ロジックの最適化

タイマーのロジックをシンプルに保つことで、動作を高速化し、リソースの消費を減らすことができます。

❷適切なデータ型の選択

整数型やビットベクトルなど、目的に応じたデータ型の選択は、動作速度やリソース消費に影響を与えるため、適切な選択が求められます。

❸階層的な設計

大きな機能を持つタイマーを設計する場合、機能ごとにモジュールを分けることで、設計やデバッグが容易になります。

●カスタマイズの方法とアドバイス

VHDLでタイマーを実装する際、基本的な機能だけではなく、より高度な機能や他のデバイスとの連携も考慮することが多々あります。

そこで、ここではタイマーのカスタマイズ方法について、詳細なサンプルコードとともに解説していきます。

○タイマー機能の拡張方法

タイマーの基本的な機能としては、一定の時間を計測し、それが終了したら通知するというものです。

しかし、実際のアプリケーションでは、より高度な機能が求められることも多いです。

例えば、特定の時間帯に動作するタイマーや、特定の条件下でのみ動作するタイマーなど、要件に応じてカスタマイズが必要となります。

このコードでは、特定の条件を満たした場合にのみ動作するタイマーのサンプルを表しています。

この例では、start_signalが’1’のときのみタイマーが動作するようにしています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity conditional_timer is
    Port ( clk : in STD_LOGIC;
           start_signal : in STD_LOGIC;
           timer_out : out STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0) );
end conditional_timer;

architecture Behavioral of conditional_timer is
    signal count : INTEGER range 0 to 255 := 0;
begin
    process(clk)
    begin
        if rising_edge(clk) then
            if start_signal = '1' then
                if count = 255 then
                    count <= 0;
                else
                    count <= count + 1;
                end if;
            end if;
        end if;
    end process;
    timer_out <= conv_std_logic_vector(count, 8);
end Behavioral;

このサンプルコードを利用すれば、例えばユーザーがスイッチを押した際など、特定の条件下でのみタイマーを動作させることが可能となります。

特定の条件下での動作は、節電やリソースの有効活用など、多くの利点が考えられます。

○外部デバイスとの連携方法

VHDLで作成したタイマーを、他のデバイスやセンサーと連携させることで、より高度な機能を実現することができます。

例えば、温度センサーと連携させて、特定の温度になったらタイマーを動作させるといった応用例が考えられます。

このコードでは、外部センサーからの入力値に応じてタイマーの動作を変更するサンプルを紹介しています。

この例では、sensor_inputが特定の閾値を超えた場合にタイマーを動作させるようにしています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity sensor_timer is
    Port ( clk : in STD_LOGIC;
           sensor_input : in STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0);
           timer_out : out STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0) );
end sensor_timer;

architecture Behavioral of sensor_timer is
    signal count : INTEGER range 0 to 255 := 0;
    constant THRESHOLD : INTEGER := 100;  -- センサーの閾値
begin
    process(clk)
    begin
        if rising_edge(clk) then
            if conv_integer(sensor_input) > THRESHOLD then
                if count = 255 then
                    count <= 0;
                else
                    count <= count + 1;
                end if;
            end if;
        end if;
    end process;
    timer_out <= conv_std_logic_vector(count, 8);
end Behavioral;

上記のコードを実行すると、センサーからの入力が100を超えた場合、タイマーが動作します。

これにより、環境に応じてタイマーの動作を制御することが可能となります。

まとめ

VHDLを用いてタイマーを実装する際には、基本的な作成方法から高度なカスタマイズ、さらには外部デバイスとの連携まで、幅広い知識と技術が求められます。

本記事では、VHDLの特徴やタイマーの基本的な構造、実装方法から、応用例、注意点、そしてカスタマイズの方法とアドバイスまでを徹底的に解説しました。

特に、カスタマイズの部分では、実際の現場での要件に応じた柔軟な対応が可能であることを、サンプルコードを交えて紹介しました。

これにより、読者の皆様には、VHDLを用いたタイマーの実装に対する理解を深めていただけたことと思います。

VHDLは、その高い拡張性と柔軟性により、多岐にわたるアプリケーションでの利用が期待できる言語です。

タイマーの実装をはじめとした基本的な内容から、さまざまなカスタマイズや連携の技術を駆使して、自らのプロジェクトに適用してみてください。