VHDL内部信号を完全マスター!10のサンプルコードを徹底解説!

VHDLの内部信号を理解するためのサンプルコードを紹介するイメージVHDL
この記事は約26分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラム(回路記述)の基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

VHDLの内部信号について、10のサンプルコードを用いて解説します。

VHDLは電子工学者やデジタルシステムの設計者たちが利用する、ハードウェア記述言語です。

この記事では、VHDLの内部信号の基本的な使い方から、応用例、注意点、カスタマイズ方法まで、徹底的に解説していきます。

特に内部信号は、デジタル回路の動作をシミュレートする際に非常に役立つ要素となります。

そのため、しっかりと理解し、実践的に利用することが求められます。

●VHDLの内部信号とは

VHDLで記述されるデジタル回路は、様々な信号が動作することで成り立っています。

その中で、内部信号は回路内部でのみ動作する信号を指します。一般的な入出力信号とは異なり、外部からは観測できない信号となっています。

○内部信号の基本

内部信号は、エンティティ内でのみ定義され使用される信号です。

これは、モジュール間の通信や外部ポートとして出力することはできません。主に、回路の内部ロジックの動作を助けるために使用されます。

●内部信号の使い方

○サンプルコード1:基本的な内部信号の使い方

このコードでは、基本的な内部信号の定義とその使用方法を表しています。

この例では、2つの入力信号を受け取り、それらを内部信号を用いて加算しています。

entity sample1 is
    port(a, b : in std_logic_vector(3 downto 0);
         sum : out std_logic_vector(3 downto 0));
end entity sample1;

architecture behavior of sample1 is
    signal internal_sum : std_logic_vector(3 downto 0);
begin
    internal_sum <= a + b;
    sum <= internal_sum;
end architecture behavior;

内部信号internal_sumを定義し、入力abを加算した結果を代入しています。

そして、その結果を出力ポートsumに渡しています。

上記のコードを実行すると、入力されたabの加算結果が出力ポートsumとして得られます。

○サンプルコード2:複数の内部信号を組み合わせる

このコードでは、複数の内部信号を組み合わせて、より複雑な動作を持つ回路を作成する方法を紹介しています。

この例では、入力信号を2つの内部信号を介して加算および減算し、その結果を出力します。

entity sample2 is
    port(a, b : in std_logic_vector(3 downto 0);
         sum, diff : out std_logic_vector(3 downto 0));
end entity sample2;

architecture behavior of sample2 is
    signal internal_sum, internal_diff : std_logic_vector(3 downto 0);
begin
    internal_sum <= a + b;
    internal_diff <= a - b;

    sum <= internal_sum;
    diff <= internal_diff;
end architecture behavior;

このコードでは、internal_suminternal_diffの2つの内部信号を定義し、それぞれに加算および減算の結果を代入しています。

上記のコードを実行すると、入力されたabの加算結果がsumとして、減算結果がdiffとして出力されます。

○サンプルコード3:条件に基づく内部信号の挙動

このコードでは、条件分岐を用いて内部信号の動作を変更する方法を表しています。

この例では、入力信号selectの値に応じて、加算または減算の結果を出力します。

entity sample3 is
    port(a, b : in std_logic_vector(3 downto 0);
         select : in std_logic;
         result : out std_logic_vector(3 downto 0));
end entity sample3;

architecture behavior of sample3 is
    signal internal_res : std_logic_vector(3 downto 0);
begin
    process(a, b, select)
    begin
        if select = '1' then
            internal_res <= a + b;
        else
            internal_res <= a - b;
        end if;
    end process;

    result <= internal_res;
end architecture behavior;

selectが’1’のとき、内部信号internal_resには加算結果が代入され、それ以外のときには減算結果が代入されます。

このコードを実行すると、selectの値に基づき、resultとして加算または減算の結果が得られます。

●内部信号の応用例

VHDLの内部信号は、設計の中心部にあたるもので、設計者が狙った挙動を実現するための役割を持っています。

ここでは、内部信号を使用した高度な応用例を中心に、サンプルコードを交えながら詳しく説明します。

○サンプルコード4:内部信号を用いた計算

このコードでは内部信号を使って基本的な算術演算を行う方法を表します。

この例では、加算と減算を行っています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_UNSIGNED.ALL;

entity Arithmetic is
    Port ( A : in  STD_LOGIC_VECTOR (7 downto 0);
           B : in  STD_LOGIC_VECTOR (7 downto 0);
           Add_result : out  STD_LOGIC_VECTOR (7 downto 0);
           Subtract_result : out  STD_LOGIC_VECTOR (7 downto 0));
end Arithmetic;

architecture Behavior of Arithmetic is
    signal temp_add : STD_LOGIC_VECTOR (7 downto 0);
    signal temp_sub : STD_LOGIC_VECTOR (7 downto 0);
begin
    temp_add <= A + B;            -- 加算
    temp_sub <= A - B;            -- 減算

    Add_result <= temp_add;
    Subtract_result <= temp_sub;
end Behavior;

上記のコードでは、8ビットのベクトルAとBを入力として受け取り、それらの加算結果と減算結果を出力します。

内部信号temp_addとtemp_subは、それぞれ加算と減算の結果を一時的に保存しています。

実際に計算を行った後、その結果はAdd_resultおよびSubtract_resultに割り当てられ、外部に出力されます。

入力としてAに"00011001"(十進数で25)、Bに"00000101"(十進数で5)を与えると、加算結果として"00011110"(十進数で30)がAdd_resultから、減算結果として"00010100"(十進数で20)がSubtract_resultから出力されることが期待されます。

○サンプルコード5:内部信号を使って信号の変換

このコードでは、内部信号を用いて信号の変換を行う方法を表しています。

この例では、二進数を十進数に変換しています。

-- (略) 必要なライブラリとパッケージのインクルード

entity Bin2Dec is
    Port ( Bin : in STD_LOGIC_VECTOR(3 downto 0);
           Dec : out INTEGER RANGE 0 to 15);
end Bin2Dec;

architecture Behavior of Bin2Dec is
begin
    process(Bin)
    begin
        Dec <= CONV_INTEGER(Bin);
    end process;
end Behavior;

このコードは4ビットの二進数を入力として受け取り、それを十進数に変換して出力します。

CONV_INTEGER関数を使用して、二進数の入力を十進数に変換しています。

例として、Bin"1001"を入力すると、Decから9として出力されることが期待されます。

○サンプルコード6:特定の条件下での内部信号の反応

このコードでは、特定の条件を満たす場合のみ内部信号が反応する例を表しています。

この例では、Aの値が10以上の場合にのみ、Bの値を出力するようにしています。

-- (略) 必要なライブラリとパッケージのインクルード

entity ConditionOutput is
    Port ( A : in INTEGER RANGE 0 to 15;
           B : in STD_LOGIC_VECTOR(3 downto 0);
           Out : out STD_LOGIC_VECTOR(3 downto 0));
end ConditionOutput;

architecture Behavior of ConditionOutput is
begin
    process(A, B)
    begin
        if A >= 10 then
            Out <= B;
        else
            Out <= (others => '0');
        end if;
    end process;
end Behavior;

このコードでは、整数Aと4ビットのBを入力として受け取ります。Aの値が10以上の場合、OutはBの値と同じになります。

それ以外の場合、Outは0になります。

例えば、Aに13、Bに"1010"を入力すると、Outからも"1010"が出力されることが期待されます。

しかし、Aが9の場合、Out"0000"として出力されることが期待されます。

○サンプルコード7:内部信号を利用したシステムの制御

VHDLの内部信号は、デザインの複雑な制御フローを実現するためにも利用することができます。

今回の例では、特定の条件を満たした際にシステムの動作を制御するロジックを構築する方法を紹介します。

このコードでは、温度センサーからの入力値に基づき、冷却ファンの動作を制御するシステムを表しています。

温度が一定の閾値を超えると、冷却ファンを起動します。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity FanControl is
    Port ( Temp : in  STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0);
           Fan : out STD_LOGIC);
end FanControl;

architecture Behavior of FanControl is
    signal threshold : STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0) := "01011010"; -- 90度を表す値
begin
    process(Temp)
    begin
        if Temp > threshold then
            Fan <= '1'; -- 温度が90度を超えた場合、冷却ファンを起動
        else
            Fan <= '0'; -- それ以外の場合は、冷却ファンを停止
        end if;
    end process;
end Behavior;

上記のコードでは、8ビットの温度値を入力として受け取り、冷却ファンの動作を制御します。

内部信号のthresholdは、冷却ファンを起動するための温度の閾値を保持しています。

温度入力Tempがこの閾値を超えた場合、Fan'1'になり、冷却ファンが動作します。それ以外の場合は、冷却ファンは停止します。

例えば、温度センサーからの入力として"10010010"(十進数で146、仮に1.46度とする)が与えられた場合、冷却ファンは起動されます。

逆に、"01000101"(十進数で69、0.69度とする)が与えられた場合、冷却ファンは停止されることになります。

このように、VHDLの内部信号は複雑な制御フローの実装にも役立ちます。

特に、実際のハードウェア設計においては、多数のセンサーやアクチュエータとの連携が必要となるため、このような制御フローの設計は非常に一般的です。

次に、この制御フローをさらに進化させ、温度がさらに高くなった場合に警告信号を出す機能を追加してみましょう。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity EnhancedFanControl is
    Port ( Temp : in  STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0);
           Fan : out STD_LOGIC;
           Alert : out STD_LOGIC);
end EnhancedFanControl;

architecture Behavior of EnhancedFanControl is
    signal threshold : STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0) := "01011010"; -- 90度を示す値
    signal alert_threshold : STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0) := "10100000"; -- 160度を示す値
begin
    process(Temp)
    begin
        if Temp > alert_threshold then
            Alert <= '1'; -- 温度が160度を超えた場合、警告信号を出力
        else
            Alert <= '0';
        end if;

        if Temp > threshold then
            Fan <= '1'; -- 温度が90度を超えた場合、冷却ファンを起動
        else
            Fan <= '0';
        end if;
    end process;
end Behavior;

こちらのコードでは、温度が160度を超えると、Alert'1'になり、警告信号が出力されるようにしています。

これにより、単に冷却ファンの制御だけでなく、さらに高温になった際の対応も行うことができます。

温度が非常に高くなることは、機器の故障や火災のリスクが高まるため、このような警告機能は非常に重要です。

○サンプルコード8:複雑なロジックを持つ内部信号の例

VHDLの内部信号を使ったコードの設計は、単純なものから非常に複雑なものまでさまざまです。

今回は、複雑なロジックを持つ内部信号の使い方を学ぶためのサンプルコードを紹介します。

このコードでは、複数の入力信号を受け取り、それらの信号に基づいて内部信号のロジックを操作する方法を表しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity ComplexLogic is
    Port ( A : in STD_LOGIC;
           B : in STD_LOGIC;
           C : out STD_LOGIC);
end ComplexLogic;

architecture Behavioral of ComplexLogic is
    signal inter_signal1 : STD_LOGIC;
    signal inter_signal2 : STD_LOGIC;
begin
    -- 以下のコードでは、AとBの入力に基づいて内部信号を操作しています。
    inter_signal1 <= A AND B;
    inter_signal2 <= A OR B;

    -- この例では、inter_signal1とinter_signal2を使ってCの出力を生成します。
    C <= inter_signal1 XOR inter_signal2;

end Behavioral;

このコードでは、入力AとBを使用して2つの異なる内部信号(inter_signal1とinter_signal2)を生成しています。

最初の内部信号は、AとBの論理ANDを取ることで生成され、2番目の内部信号は、AとBの論理ORを取ることで生成されます。

最終的に、これらの2つの内部信号を論理XORを取ることで、出力Cを生成します。

このサンプルコードの中でのポイントは、入力信号から複数の内部信号を派生させ、それを組み合わせて最終的な出力を得る点にあります。

これにより、複雑なロジックの設計や信号の処理が簡単になります。

このサンプルコードを実行した際、AとBの各組み合わせに対して、Cの出力は異なる値を持ちます。

具体的には、AとBがともに’0’の場合、Cは’0’を出力しますが、Aが’0’でBが’1’の場合、Cは’1’を出力します。

これは内部信号のロジック操作に基づいており、実際のハードウェア上での動作もこれに従います。

○サンプルコード9:内部信号を使ったテストベンチの作成

VHDLでの設計が進行する中で、自分の回路が意図した通りに動作するか確認するための「テストベンチ」は不可欠です。

特に内部信号を多用する複雑なロジックを扱う際には、テストベンチの重要性はさらに高まります。

今回は、内部信号を活用してテストベンチを作成する方法を解説します。

このコードでは、内部信号を使用してテストベンチを設計する方法を紹介しています。

この例では、特定の入力信号を与えた際の内部信号の反応を確認しながら、期待する出力信号が得られるかを検証しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity testbench is
end testbench;

architecture sim of testbench is
    signal internal_signal: std_logic;
    signal input_signal: std_logic := '0';
    signal output_signal: std_logic;

begin

    -- テスト対象の回路のインスタンス化
    UUT: entity work.target_circuit
    port map (
        input => input_signal,
        internal => internal_signal,
        output => output_signal
    );

    -- シミュレーションを制御するプロセス
    stimulus: process
    begin
        wait for 10 ns;
        input_signal <= '1';
        wait for 10 ns;
        input_signal <= '0';
        wait;
    end process stimulus;

end sim;

このサンプルコードは、内部信号internal_signalをモニタリングしながら、入力信号input_signalの変化に対する出力信号output_signalの反応を検証するテストベンチを表しています。

stimulusプロセス内で、入力信号の値を変更していることに注意してください。

このテストベンチを使用すると、10nsごとに入力信号が変わるたびに内部信号と出力信号の変動が確認できます。

特に内部信号の挙動が重要であるため、このようなテストベンチは設計の検証を効率的に行う上で非常に役立ちます。

実際にシミュレーションを実行すると、10ns後に入力信号が’1’に変わり、さらに10ns後に’0’に戻ることが視覚的に確認できるでしょう。

これにより、入力信号の変化に対して内部信号や出力信号がどのように反応するかを詳細に検証できます。

また、テストベンチをさらに発展させることで、さまざまなシナリオ下での動作を確認することも可能です。

例えば、異なるタイミングや条件下での入力信号の変化を加えて、その結果を監視するなどの方法が考えられます。

次に、このテストベンチを応用して、特定の条件下での動作を確認するカスタマイズ例を見てみましょう。

-- シミュレーションを制御するプロセス(応用例)
stimulus_advanced: process
begin
    wait for 5 ns;
    input_signal <= '1';
    wait for 20 ns;
    input_signal <= '0';
    wait for 15 ns;
    input_signal <= '1';
    wait;
end process stimulus_advanced;

この応用例では、入力信号の変化のタイミングを変更して、さまざまなシナリオをシミュレーションすることができます。

このようにして、特定の条件下での動作を確認しながら、設計の信頼性を向上させることが期待されます。

VHDLのテストベンチは、実際のハードウェア設計の品質を確保するための重要なツールです。

内部信号を適切に利用してテストベンチを作成することで、より確実に期待する動作を検証することができます。

○サンプルコード10:最適化とデバッグの方法

VHDLを使用して設計を行う際、コードの最適化やデバッグは欠かせない作業です。

特に内部信号を使用する場面では、期待した動作をしているかどうかを確認することが不可欠です。

ここでは、VHDLの内部信号を使ったコードの最適化とデバッグ方法について、具体的なサンプルコードを交えて詳しく解説します。

このコードでは、内部信号の挙動を観察しながら、デバッグや最適化の手法を適用するコードを表しています。

この例では、シミュレーションツールを使用して内部信号の動作を確認し、不具合を検出して修正しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_UNSIGNED.ALL;

entity DebugOptimize is
Port ( A : in STD_LOGIC_VECTOR (7 downto 0);
       B : out STD_LOGIC_VECTOR (7 downto 0));
end DebugOptimize;

architecture Behavioral of DebugOptimize is
signal internal_signal: STD_LOGIC_VECTOR (7 downto 0); -- 内部信号の宣言
begin
process(A)
begin
    -- 何らかの処理
    internal_signal <= A + "00000001"; -- 例として、1を加算
end process;

B <= internal_signal; -- 内部信号を出力に接続

end Behavioral;

上記のコードは、8ビットの入力Aに1を加算するというシンプルな動作を表しています。

このようなコードを書いた場合、動作確認はシミュレーションツールを使って行います。

ここでは内部信号internal_signalを用いて処理結果を保持し、その後出力Bに接続しています。

実際にシミュレーションを行ったとき、入力Aに”00000010″(2進数で2)を与えると、出力Bは”00000011″(2進数で3)となることが期待されます。

注意点として、シミュレーションツールの中には、内部信号の動作を観察するための特別な機能やウィンドウが提供されているものもあります。

これを利用することで、内部信号の動作をリアルタイムで確認しながら、最適化やデバッグの作業を進めることができます。

また、コードの最適化の際には、不要な内部信号の削除や、複数の内部信号を一つに統合するなどの工夫を行うことで、全体の動作速度の向上や、リソース使用量の削減を目指すことができます。

しかし、最適化を行う際には、コードの可読性や保守性を損なわないよう注意が必要です。

また、内部信号の最適化をさらに進めるためには、条件分岐を使用して動作を変更することも考えられます。

下記のサンプルコードは、入力Aの値によって、加算する値を変える動作を表しています。

process(A)
begin
    if A = "00000000" then
        internal_signal <= A + "00000010";
    else
        internal_signal <= A + "00000001";
    end if;
end process;

この例では、入力Aが0のときだけ2を加算し、それ以外のときは1を加算するという動作を行っています。

このような条件分岐を取り入れることで、より複雑な動作を実現することができます。

●注意点と対処法

VHDLで内部信号を使用する際、数多くのメリットを享受できますが、注意しなければならない点も少なくありません。

ここでは、VHDLの内部信号使用時の一般的な注意点とそれに対する対処法を詳しく解説していきます。

○内部信号の同時更新の問題

このコードでは、複数のプロセスから同一の内部信号を更新しようとした時の問題を表しています。

この例では、二つのプロセスが同じ内部信号signal_valueを更新しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity test is
end test;

architecture behavior of test is
    signal signal_value: std_logic;
begin
    process_1: process
    begin
        -- プロセス1での内部信号の更新
        signal_value <= '1';
        wait for 10 ns;
    end process process_1;

    process_2: process
    begin
        -- プロセス2での内部信号の更新
        signal_value <= '0';
        wait for 10 ns;
    end process process_2;
end behavior;

このように複数のプロセスで同一の内部信号を更新しようとすると、どの値が最終的に内部信号に反映されるかは不確定となってしまいます。

対処法としては、同一の内部信号を複数のプロセスから更新しないように設計を行うことです。

必要に応じて、プロセスを分けるか、同じプロセス内での更新に留めるなどの方法が考えられます。

○デッドロックの問題

デッドロックは、二つ以上のプロセスや信号が相互に待ち合い、どれも進行できなくなる現象を指します。

VHDLにおいても、内部信号の不適切な使用が原因となり、デッドロックが発生することがあります。

例として、下記のコードでは、プロセスAとプロセスBが相互に内部信号の更新を待ち合っているため、デッドロックが発生します。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity deadlock_example is
end deadlock_example;

architecture behavior of deadlock_example is
    signal signal_a, signal_b: std_logic := '0';
begin
    process_A: process(signal_a)
    begin
        if signal_a = '1' then
            signal_b <= '1';
        end if;
    end process process_A;

    process_B: process(signal_b)
    begin
        if signal_b = '1' then
            signal_a <= '1';
        end if;
    end process process_B;
end behavior;

プロセスAはsignal_aが’1’のときにsignal_bを’1’にしようとし、逆にプロセスBはsignal_bが’1’のときにsignal_aを’1’にしようとしています。

これにより、相互に信号の更新を待ち合って進行できなくなります。

このようなデッドロックを避けるためには、プロセス間での信号の依存関係を明確にし、循環的な待ち合いが発生しないような設計を心がけることが大切です。

○過度な内部信号の使用

内部信号は非常に便利な機能ですが、過度に使用することで回路の複雑さが増し、デバッグが困難になることがあります。

特に大規模な設計においては、内部信号の使用を適切に制限し、わかりやすい設計を心がけることが推奨されます。

●カスタマイズ方法

VHDLの内部信号の利用とその基本的な使い方に精通したら、次はそれを更にカスタマイズして、独自の設計や要求に合わせる方法を探ることが重要です。

ここでは、内部信号をカスタマイズするための一般的な手法と、それを実現するためのサンプルコードを紹介します。

○サンプルコード11:内部信号のカスタムデータ型の利用

このコードでは、VHDLで提供されている標準のデータ型ではなく、カスタムデータ型を使って内部信号を定義する方法を表しています。

この例では、新しいデータ型my_data_typeを定義し、それを使って内部信号を作成しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

-- カスタムデータ型の定義
type my_data_type is array (7 downto 0) of std_logic_vector(3 downto 0);

-- 内部信号の定義
signal my_signal : my_data_type;

この例の中で、my_data_typeは8つのstd_logic_vectorから構成されるデータ型として定義されています。

このようにカスタムデータ型を使用することで、内部信号の定義が更に柔軟になり、特定のアプリケーションに合わせて最適化されます。

このコードを実行した結果、新しいデータ型を持つ内部信号my_signalが正しく定義され、利用することができます。

○サンプルコード12:内部信号の動的な値の変更

通常、内部信号は静的な値を持つことが多いですが、動的に値を変更する必要がある場合もあります。

このコードでは、内部信号の値を動的に変更する方法を表しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

-- 内部信号の定義
signal dynamic_signal : std_logic_vector(7 downto 0) := "00000000";

begin
  process
  begin
    wait for 10 ns;
    dynamic_signal <= "00000001";
    wait for 10 ns;
    dynamic_signal <= "00000010";
    wait for 10 ns;
    dynamic_signal <= "00000011";
  end process;

このコードでは、dynamic_signalという内部信号の値が、定義された時間間隔で動的に変更されることが示されています。

このように、プロセスを使って内部信号の値を動的に変更することが可能です。

実行すると、指定された時間ごとにdynamic_signalの値が変更されることが観察できます。

このように、VHDLの内部信号をカスタマイズする方法は多岐にわたります。

設計の要求や目的に合わせて、最も効果的なカスタマイズ方法を選択することが重要です。

まとめ

この記事では、VHDLの内部信号の基本的な使い方から応用例、注意点、そしてカスタマイズ方法まで、詳しく解説しました。

VHDLの内部信号は、デジタル設計における非常に強力なツールであり、適切に使用することで、効果的かつ効率的な回路設計が可能です。

これらの知識を活用し、次回のVHDLプロジェクトでの成功を期待しています。