VHDLの並列処理を10選!初心者でも簡単マスター

VHDLの並列処理イメージ、初心者向けの解説図VHDL
この記事は約19分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラム(回路記述)の基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

近年の技術革命に伴い、回路設計言語としてのVHDLがますます注目されてきました。

特に、VHDLにおける並列処理の技術は、高速化や効率化を求める現代の電子回路設計において重要な役割を果たしています。

この記事では、VHDLでの並列処理の基本から応用まで、わかりやすく詳しく解説します。

サンプルコードを交えて、初心者の方でも安心して学べる内容となっています。

●VHDLと並列処理の基本

○VHDLとは

VHDL(VHSIC Hardware Description Language)は、VHSIC(Very High-Speed Integrated Circuit)プロジェクトで開発されたハードウェア記述言語です。

主に、デジタル回路の設計やシミュレーションのために使用されます。

特徴的なのは、並列処理の記述が容易になること。

これにより、実際のハードウェアと同じように多くの動作を同時に実行することができます。

○並列処理の重要性と特徴

並列処理は、複数のタスクを同時に実行する技術です。

これにより、タスクの実行時間を短縮させることができます。

特に、VHDLではハードウェアの動作を模倣するため、並列性が自然に表現されます。

これにより、リアルタイムでの高速な処理が可能になります。

●VHDLでの並列処理の使い方

○サンプルコード1:基本的な並列処理の実装

このコードでは、二つのプロセスを使って基本的な並列処理を実装しています。

この例では、両方のプロセスが同時に動作し、それぞれ異なるタスクを実行しています。

process (input1)
begin
   -- 何らかの処理
end process;

process (input2)
begin
   -- 何らかの処理
end process;

上記のように、2つのプロセスを並列に動作させることで、それぞれが独立してタスクを実行します。

このとき、input1とinput2はそれぞれのプロセスの入力となります。

このコードを適用すると、2つのプロセスが同時に動作し、それぞれのタスクが独立して実行されます。

○サンプルコード2:並列処理を用いたデータの分散

このコードでは、配列データを複数のプロセス分散して並列に処理する例を表しています。

この例では、データを半分に分割してそれぞれのプロセスで処理しています。

process (data(0 to data'length/2))
begin
   -- 前半のデータ処理
end process;

process (data(data'length/2 + 1 to data'length))
begin
   -- 後半のデータ処理
end process;

このコードを実行すると、データは前半と後半に分割され、それぞれの部分が並列に処理されます。

○サンプルコード3:並列タスクの同時実行

VHDL (VHSIC Hardware Description Language) は、デジタル回路やデジタルシステムの設計、シミュレーション、テストのためのハードウェア記述言語として広く使われています。

並列処理の能力は、VHDLの最も魅力的な特性の一つであり、複数のタスクを同時に実行できる能力を持っています。

ここでは、VHDLでの並列タスクの同時実行に関するサンプルコードを提供し、その実装方法と動作原理を解説します。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity TaskParallel is
end TaskParallel;

architecture Behavior of TaskParallel is
begin
    process1: process
    begin
        -- この部分では何らかの処理を行います
        wait for 10 ns; -- サンプルのためのウェイト時間
    end process process1;

    process2: process
    begin
        -- この部分でも別の処理を行います
        wait for 10 ns; -- サンプルのためのウェイト時間
    end process process2;
end Behavior;

このコードでは、VHDLのprocess文を用いて二つの並列タスクを定義しています。

process1process2は同時に実行され、それぞれのプロセス内のコードは独立して動作します。

この例では、それぞれのプロセス内でウェイト時間を設定しているので、実際の処理内容を想像して追加することができます。

このようにして、VHDLでは複数のタスクを同時に実行させることができます。

特に大規模なデジタルシステムやコンピュータアーキテクチャの設計時に、このような並列処理機能は非常に有用です。

このサンプルコードをシミュレータで実行すると、process1process2が同時に開始され、10ns後にそれぞれのプロセスが終了します。

●並列処理の応用例

VHDLの並列処理能力は、データ処理や画像処理、音声処理などの高度なタスクにおいても大変役立ちます。

ここでは、これらの応用例に関するサンプルコードとその解説を行います。

特に、高速なデータ処理の実装や画像、音声処理に関する応用例について深く掘り下げていきます。

○サンプルコード4:高速なデータ処理の実装

VHDLでの並列処理を駆使することで、データ処理速度を大幅に向上させることができます。

高速なデータ処理は、特に大量のデータを扱うアプリケーションやリアルタイム性が求められるシステムにおいて、その真価を発揮します。

ここでは、VHDLを用いて高速にデータ処理を行う方法について、サンプルコードを交えながら詳しく解説していきます。

このコードではVHDLのprocess構文を用いて、並列にデータ処理を行う例を表しています。

この例では、複数のデータを同時に処理し、それらの結果を統合して出力する流れを模しています。

-- 並列データ処理のサンプルコード
entity parallel_data_processing is
    Port ( clk : in  STD_LOGIC;
           data_in : in  STD_LOGIC_VECTOR (7 downto 0);
           data_out : out  STD_LOGIC_VECTOR (7 downto 0));
end parallel_data_processing;

architecture Behavioral of parallel_data_processing is
begin
    process(clk)
    begin
        -- 並列にデータ処理を行う部分
        if rising_edge(clk) then
            -- ここでdata_inのデータを処理
            data_out <= (others => '0'); -- 処理結果を出力
        end if;
    end process;
end Behavioral;

このサンプルコードでは、クロック信号clkの立ち上がりエッジ毎に、入力データdata_inを取り込み、処理を行った後、出力データdata_outとして結果を出力しています。

ここでは処理の内容としては単純に全てのビットを’0’に設定していますが、実際の応用では各種の計算や変換をこの部分に実装することになります。

このコードを適用することで、例えば一つのクロックサイクル内で複数のデータの処理を並列に行うことが可能となります。

このような方法を取り入れることで、データ処理の速度を飛躍的に向上させることができます。

しかし、並列処理を行う際には、データ間の依存関係や、各処理の実行順序に注意が必要です。

データ間に依存関係がある場合、それらの処理を正しく同期させることが必須となります。

また、リソースの確保や、データの整合性を保つための工夫も必要になる場合があります。

実際の適用の際には、目的に応じてデータの分割方法や並列処理の方法を検討することが重要です。

このサンプルコードを基に、具体的な処理内容やデータの形状に合わせてカスタマイズを行い、最適な並列処理を実現してください。

VHDLを利用した高速なデータ処理の実装は、先述の通り、大量のデータを効率よく処理するための非常に有効な手段となります。

特に、データの前処理や変換、フィルタリングなど、多くの計算を必要とする処理において、その効果を最大限に発揮することができます。

○サンプルコード5:並列処理を用いた画像処理

VHDLを使用すると、高度なデジタル画像処理のタスクも効率的に実行できることが多々あります。

特に、並列処理の利点を活かすことで、リアルタイムでの画像処理や高速なアルゴリズムの実装が可能となります。

このコードでは、VHDLを使って画像の明るさを調整するプログラムを表しています。

この例では、入力された画像のピクセルごとに明るさの値を増減させ、新しい画像を生成しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_UNSIGNED.ALL;

entity ImageProcessing is
    Port ( clock : in STD_LOGIC;
           reset : in STD_LOGIC;
           pixel_in : in STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0);
           adjust_value : in STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0);
           pixel_out : out STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0));
end ImageProcessing;

architecture Behavioral of ImageProcessing is
begin
    process(clock, reset)
    begin
        -- クロックの立ち上がりエッジで動作する
        if rising_edge(clock) then
            if reset = '1' then
                pixel_out <= (others => '0'); -- リセット時は出力を0に
            else
                pixel_out <= pixel_in + adjust_value; -- 明るさを調整
            end if;
        end if;
    end process;
end Behavioral;

上記のサンプルコードは、クロックの立ち上がりエッジ毎に画像の各ピクセルの値を読み取り、調整値(adjust_value)を加算して出力します。

このように、VHDLで並列処理を活用することで、各ピクセルの処理を同時に行い、全体としての処理速度を飛躍的に向上させることができます。

実際に上記のコードをFPGAなどのハードウェアに実装して動作させた場合、入力として供給される画像のピクセルごとに、指定された調整値に基づいて明るさを即座に調整することができます。

例えば、adjust_valueが”00000001″の場合、全てのピクセルの明るさが1だけ増加します。

応用例としては、この明るさの調整機能を基盤として、さらに色調整やコントラスト調整などの機能を追加することが考えられます。

具体的には、RGB各チャンネルごとの調整値を別途設定することで、色のバランスを変更することも可能です。

VHDLを使用した画像処理のプログラムは、繊細な画像処理アルゴリズムの実装や高速な処理が求められる場面で非常に役立ちます。

特にリアルタイムでの画像解析や映像処理を行う際に、VHDLの持つ並列処理の能力は大きな強みとなり得ます。

○サンプルコード6:並列処理での音声処理

VHDLでは、並列処理を利用して高速な音声処理を行うことが可能です。

音声処理は、ノイズリダクションやエコーキャンセレーションなど、多くのタスクを同時に処理する必要があるため、並列処理の活用は非常に有効です。

このコードではVHDLを使って音声のノイズリダクションを行うコードを表しています。

この例では、入力として受け取った音声データに含まれるノイズを低減し、クリアな音声データを出力するための処理を行っています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_UNSIGNED.ALL;

entity NoiseReduction is
    Port ( input_signal : in STD_LOGIC_VECTOR(15 downto 0);
           output_signal : out STD_LOGIC_VECTOR(15 downto 0));
end NoiseReduction;

architecture Behavioral of NoiseReduction is
    signal temp_signal: STD_LOGIC_VECTOR(15 downto 0);
begin
    -- 並列でノイズリダクション処理
    process(input_signal)
    begin
        temp_signal <= (input_signal + input_signal(1) + input_signal(2)) / 3; -- 3点平均を取ることでノイズを低減
        output_signal <= temp_signal;
    end process;
end Behavioral;

このコードは、3点の平均を取ることで音声データのノイズを低減するシンプルな例です。

実際の音声処理では、もっと複雑なフィルタリングやアルゴリズムが用いられますが、この例はVHDLの並列処理の力を理解するための入門として適しています。

実際に上記のコードをFPGAなどに組み込み、音声データを入力すると、3点の平均を取ることでノイズが低減された音声データが出力されます。

具体的には、突然の音の変動や外部からのノイズなど、短い時間での音の変化を平滑化し、聞き取りやすい音声を実現します。

次に、この音声処理のカスタマイズ方法について紹介します。

まず、平均を取る点数を増やすことで、さらにノイズリダクションの効果を高めることが可能です。

たとえば、5点や7点の平均を取ることで、より細かなノイズの低減が期待できます。

temp_signal <= (input_signal + input_signal(1) + input_signal(2) + input_signal(3) + input_signal(4)) / 5;

このように、VHDLを使用して並列処理を活用すれば、高速かつ効果的な音声処理を実現することができます。

音声処理の他にも、画像処理やデータ分析など、多くのタスクに対して並列処理は大きなメリットをもたらします。

●注意点と対処法

並列処理はVHDLでのプログラミングにおいて強力なツールとなりますが、使用する際にはいくつかの注意点が存在します。

これらの注意点を理解し、適切な対処法を取り入れることで、安全かつ効率的にプログラムを実行することができます。

○並列処理の際の競合状態とその解消法

並列処理において最も一般的に起こる問題の一つが競合状態です。

競合状態とは、複数のプロセスやスレッドが同時に共有リソースにアクセスしようとする際に発生する状態を指します。

このような状況が発生すると、プログラムの挙動が予期しないものとなる場合があります。

このコードでは、VHDLでの並列処理において競合状態を表しています。

この例では、2つのプロセスが同時に同じ変数にアクセスしようとしています。

process
begin
  shared_variable <= shared_variable + 1;
end process;

process
begin
  shared_variable <= shared_variable - 1;
end process;

このコードを実行すると、shared_variableの値がどのように変化するかは予測できません。

これは2つのプロセスが同時に変数にアクセスしようとして競合が生じているからです。

競合状態の解消法として、セマフォやミューテックスなどの同期メカニズムを利用します。

VHDLでは、共有変数へのアクセスを制御するための特別な手段が提供されています。

下記のコードは、上述の競合状態を解消するための例を表しています。

shared_variable_mutex : mutex;  -- ミューテックスの宣言

process
begin
  wait until shared_variable_mutex.lock();  -- ロックを取得
  shared_variable <= shared_variable + 1;
  shared_variable_mutex.unlock();  -- ロックを解放
end process;

process
begin
  wait until shared_variable_mutex.lock();
  shared_variable <= shared_variable - 1;
  shared_variable_mutex.unlock();
end process;

このコードを実行すると、2つのプロセスは一度に一つしかshared_variableにアクセスすることができなくなり、競合状態が解消されます。

○リソースの効率的な管理方法

並列処理を使用するとき、リソースの効率的な管理が必要となります。

特に、VHDLにおけるハードウェア記述の場合、リソースの制約が存在するため、効率的なリソースの利用が求められます。

リソースの管理において重要なのは、使用していないリソースを無駄にしないこと、また、必要なリソースを確保することです。

例えば、FPGAの内部ブロックRAMやDSPスライスなどのハードウェアリソースは限られています。

これらのリソースを効率的に使用するためのテクニックとして、リソースの共有やリソースの動的な割り当てが考えられます。

下記のコードは、VHDLでのリソースの動的割り当ての一例を表しています。

type resource_array is array (0 to MAX_RESOURCE-1) of integer;
shared_resource : resource_array := (others => 0);

process
variable my_resource : integer;
begin
  my_resource := allocate_resource(shared_resource);  -- リソースの動的割り当て
  -- 何らかの処理
  release_resource(shared_resource, my_resource);  -- リソースの解放
end process;

このコードでは、共有されているリソースの配列から利用可能なリソースを動的に割り当てるallocate_resource関数と、リソースを解放するrelease_resource関数を使用しています。

このようなアプローチにより、限られたリソースを効率的に使用することができます。

●カスタマイズ方法

並列処理を使用する際、それを最大限に活用するためには、ユーザーのニーズや要求に合わせたカスタマイズが必要です。

VHDLでは、様々なカスタマイズ方法が提供されており、これを利用することで、高度な並列処理プログラムを効率的に実装することができます。

○サンプルコード7:ユーザー定義の並列処理関数の作成

このコードでは、ユーザーが独自に定義した並列処理関数の作成方法を表しています。

この例では、独自の加算処理を行う関数を並列処理として定義しています。

-- ユーザー定義の加算関数
function user_defined_addition(a : integer; b : integer) return integer is
begin
    return a + b + 10;  -- 独自の加算処理
end function;

process
variable result : integer;
begin
    result := user_defined_addition(5, 3);
end process;

この関数user_defined_additionは、通常の加算に加えて10を足す独自の処理を行っています。

このようにVHDLで独自の関数を定義し、並列処理に組み込むことで、より柔軟なプログラムを実装することができます。

上のコードを実行すると、resultの値は18になります。

○サンプルコード8:特定のタスクへの優先度の設定

VHDLでは、特定のタスクに優先度を設定することが可能です。

この例では、優先度を使用して、特定のタスクを他のタスクよりも先に実行する方法を表しています。

process(priority_task)
begin
    -- 高優先度タスクの処理
end process priority_task;

process(normal_task)
begin
    -- 通常のタスクの処理
end process normal_task;

上記のコードでは、priority_taskが高優先度で実行され、normal_taskよりも先に実行されるように設定されています。

優先度を設定することで、重要な処理を確実に先に実行させることができます。

○サンプルコード9:並列処理の最適化技術

最適化は、プログラムの性能を向上させるための重要なステップです。

このコードでは、VHDLでの並列処理の最適化方法を表しています。

この例では、ループアンローリングという技術を使用しています。

process
variable sum : integer := 0;
begin
    for i in 1 to 10 loop
        sum := sum + i;
    end loop;
end process;

上のコードでは、1から10までの数字を加算しています。このループをアンローリングすることで、並列処理の性能を向上させることができます。

process
variable sum : integer := 0;
begin
    sum := 1 + 2 + 3 + 4 + 5 + 6 + 7 + 8 + 9 + 10;
end process;

ループアンローリングを使用することで、ループのオーバーヘッドを削減し、処理速度を向上させることができます。

○サンプルコード10:非同期の並列処理の実装

非同期の並列処理は、タスクが予測できない時間で完了する場合に使用されます。

このコードでは、非同期の並列処理の実装方法を表しています。

この例では、イベント駆動型の処理を実装しています。

signal event_flag : boolean := false;

process
begin
    wait until event_flag = true;  -- イベントが発生するのを待つ
    -- イベント処理
end process;

このコードでは、event_flagがtrueになるのを待ち、イベントが発生した際に処理を実行します。

非同期の並列処理は、外部からの入力や割り込みなど、予測不能なイベントに対応する場面で役立ちます。

まとめ

VHDLにおける並列処理は、効率的なプログラムの実装に欠かせない要素です。

本記事では、VHDLの並列処理の基本から、その応用例、さらにはカスタマイズ方法に至るまでを詳細に解説しました。

特に、ユーザーが独自に関数を定義して並列処理に組み込む方法や、タスクに優先度を設定する手法、そして最適化技術や非同期の並列処理の実装など、様々なテクニックを学ぶことができました。

実際の開発現場では、これらの技術を駆使して、より高性能で効率的なシステムを構築することが求められます。

サンプルコードを参考にしながら、自身のプロジェクトに適切に取り入れ、VHDLの並列処理の力を最大限に活用してください。