VHDLのブロッキング代入を完璧に理解する7つのステップ

VHDLのブロッキング代入を図解し、サンプルコードとともに解説するイラスト VHDL

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスはSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラム(回路記述)の基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

VHDLは、デジタルシステムの設計や検証に使われる強力なハードウェア記述言語です。

特に、ブロッキング代入はVHDLにおいて基本的な要素の1つとして位置づけられ、多くの回路設計において利用されます。

しかし、初心者にとってはこのブロッキング代入の正確な理解や効果的な利用が難しく感じることがあるかもしれません。

そこで、この記事ではVHDL初心者でもブロッキング代入の魅力を十分に引き出せるようになるための、実践的な7つのステップを詳しく徹底解説します。

具体的なサンプルコードやその実行結果、応用例やカスタマイズの方法、さらには注意点とその対処法についても触れていきます。

まず、VHDLとブロッキング代入の基本的な概念から学び、徐々に深掘りしていく形で進めていきます。

この記事を読み終える頃には、あなたもVHDLのブロッキング代入を活用した効果的なプログラムを書けるようになるでしょう。

●VHDLとブロッキング代入とは

VHDL(VHSIC Hardware Description Language)は、VHSIC(Very High-Speed Integrated Circuit)プロジェクトの一環として開発されたハードウェア記述言語です。

デジタルシステムの振る舞いや構造を記述することを目的としています。

VHDLは、シミュレーション、検証、合成、実装など、さまざまなデジタル設計のフェーズで利用されています。

一方、ブロッキング代入は、VHDLにおける代入の一形式であり、その名の通り、代入を行っている間はその後の処理がブロックされる特徴があります。

具体的には、代入の完了を待たずに次の処理が進む非ブロッキング代入とは対照的に、ブロッキング代入は代入が完了するまで後続の処理を一時停止します。

○VHDLの基本的な特徴

VHDLの最大の特徴は、デジタルシステムの動作を高精度にモデル化できることです。

これにより、実際のハードウェアを手にする前に、シミュレーションを用いて設計の正確性やパフォーマンスを確認することが可能です。

また、標準化されているため、異なるEDAツール間でも互換性が保たれます。

さらに、VHDLは強力なデータ型システムを持っており、ユーザーが独自のデータ型を定義することも可能です。

これにより、複雑なデジタルシステムの設計も効率的に行えます。

○ブロッキング代入の役割と利点

ブロッキング代入は、一連の処理を順序立てて実行したい場合に非常に役立ちます。

具体的には、ある処理が完了するまで次の処理を待たせるといったシーケンシャルな動作を実現する際に用います。

このコードでは、ブロッキング代入を用いて変数AとBの値を交換するコードを表しています。

この例では、一時的な変数tempを使用して、Aの値を一時保存し、Bの値をAに、そしてtempの値をBに代入しています。

-- ブロッキング代入を使用した変数の値の交換
process
    variable temp : integer;
begin
    temp := A;  -- Aの値をtempに保存
    A := B;    -- Bの値をAに代入
    B := temp; -- tempの値をBに代入
end process;

上記のコードを実行すると、変数AとBの値が交換されることになります。

このように、ブロッキング代入を利用することで、順番に処理を行いたい場合や、一時的な値の保存が必要な場合などに非常に役立ちます。

●ブロッキング代入の詳細な使い方

VHDLのプログラミングを進めていく中で、ブロッキング代入は非常に重要な役割を果たします。

この部分では、ブロッキング代入の詳しい使い方に焦点を当て、理解を深めていきましょう。

○サンプルコード1:ブロッキング代入の基本形

このコードでは、ブロッキング代入の最も基本的な形を使って、信号の値を代入するコードを表しています。

この例では、Aの値をBにブロッキング代入しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity sample1 is
    Port ( A : in STD_LOGIC;
           B : out STD_LOGIC);
end sample1;

architecture Behavioral of sample1 is
begin
    process(A)
    begin
        B <= A;  -- ブロッキング代入
    end process;
end Behavioral;

このコードを実行すると、Aの入力値がBにそのまま出力されます。

具体的には、Aが’1’の場合、Bも’1’となります。

○サンプルコード2:複数のブロッキング代入を組み合わせる

このコードでは、複数のブロッキング代入を組み合わせて、信号の操作を行う例を表しています。

この例では、AとCの値を組み合わせて、Bにブロッキング代入しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity sample2 is
    Port ( A : in STD_LOGIC;
           C : in STD_LOGIC;
           B : out STD_LOGIC);
end sample2;

architecture Behavioral of sample2 is
begin
    process(A, C)
    begin
        B <= A and C;  -- AとCの論理ANDをBにブロッキング代入
    end process;
end Behavioral;

このコードを利用すると、AとCの両方が’1’の場合のみ、Bが’1’となります。

それ以外の場合、Bは’0’となります。

○サンプルコード3:条件分岐内でのブロッキング代入

このコードでは、条件分岐を用いてブロッキング代入を行う方法を表しています。

この例では、Aの値に応じて、Bの値を変えてブロッキング代入しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity sample3 is
    Port ( A : in STD_LOGIC_VECTOR(1 downto 0);
           B : out STD_LOGIC);
end sample3;

architecture Behavioral of sample3 is
begin
    process(A)
    begin
        if A = "00" then
            B <= '0';  -- Aが"00"の場合、Bに'0'をブロッキング代入
        else
            B <= '1';  -- それ以外の場合、Bに'1'をブロッキング代入
        end if;
    end process;
end Behavioral;

この例のコードを実行すると、Aの値が”00″の場合、Bが’0’となります。

それ以外の場合、Bは’1’となります。

●ブロッキング代入の応用例

VHDLのブロッキング代入は、初心者から上級者まで幅広く利用される機能の一つです。

ここでは、ブロッキング代入を応用して様々なタスクを効率的に実行する方法について詳しく解説していきます。

○サンプルコード4:外部入力の取得とブロッキング代入の組み合わせ

このコードでは、外部からの入力信号を取得し、それをブロッキング代入を用いて内部信号に代入する基本的な手法を紹介しています。

この例では、外部からの信号external_inputを取得し、内部信号internal_signalに代入しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity Sample is
    Port ( external_input : in STD_LOGIC;
           internal_signal : out STD_LOGIC);
end Sample;

architecture Behavioral of Sample is
begin
    process
    begin
        internal_signal <= external_input;  -- 外部入力を内部信号に代入
    end process;
end Behavioral;

上記のコードでは、外部からのexternal_inputが変化した場合、それがinternal_signalに即座に反映されます。

○サンプルコード5:演算結果をブロッキング代入で反映

次に、演算結果をブロッキング代入を利用して信号に代入する方法を見てみましょう。

この例では、2つの入力信号input_ainput_bのAND演算結果をoutput_signalに代入しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity OperationSample is
    Port ( input_a : in STD_LOGIC;
           input_b : in STD_LOGIC;
           output_signal : out STD_LOGIC);
end OperationSample;

architecture Behavioral of OperationSample is
begin
    process
    begin
        output_signal <= input_a AND input_b;  -- AND演算の結果を出力信号に代入
    end process;
end Behavioral;

このコードを実行すると、input_ainput_bのAND演算の結果がoutput_signalに代入される動作を確認できます。

○サンプルコード6:ブロッキング代入を用いた信号処理

ブロッキング代入は信号処理の際にも非常に役立ちます。

この例では、入力信号data_inputを2倍にした値をdata_outputに代入しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0);
use IEEE.NUMERIC_STD.ALL;

entity SignalProcessing is
    Port ( data_input : in STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0);
           data_output : out STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0));
end SignalProcessing;

architecture Behavioral of SignalProcessing is
begin
    process
    begin
        data_output <= std_logic_vector(to_unsigned((to_integer(unsigned(data_input)) * 2), 8));  -- 入力信号を2倍にして出力
    end process;
end Behavioral;

このコードを適用することで、例えばdata_input8'h0A(10進数で10)が入力された場合、data_outputには8'h14(10進数で20)が出力されることが期待されます。

●ブロッキング代入の注意点と対処法

○同時実行の問題とその解決方法

VHDLでプログラムを実装する際、ブロッキング代入の特性上、複数のブロッキング代入が同時に実行される可能性があります。

これが原因で、意図しない動作やエラーが発生することが考えられます。

この問題を解決するためには、まずブロッキング代入の動作原理を理解することが不可欠です。

下記のサンプルコードでは、同時に実行されるブロッキング代入の例をようしています。

-- サンプルコード: 同時実行されるブロッキング代入
process
begin
    A <= B;
    B <= C;
    C <= A;
end process;

このコードでは〇〇を使って〇〇をするコードを紹介しています。

この例では、A, B, Cの3つの変数に対してブロッキング代入が行われています。

一見するとAにはBの値が、BにはCの値が、そしてCにはAの値が代入されるように見えますが、実際にはこれらの代入は同時に行われます。

これにより、意図した動作とは異なる結果が出る可能性があります。

この問題を避けるためには、ブロッキング代入を行う順番を工夫するか、非ブロッキング代入を利用する方法が考えられます。

○複数のブロッキング代入の順序に関する注意点

ブロッキング代入の順序は、プログラムの動作に大きく影響します。

下記のサンプルコードは、順序による動作の違いを表す一例です。

-- サンプルコード: ブロッキング代入の順序による動作の違い
process
begin
    A <= B;
    B <= A;
end process;

このコードでは〇〇を使って〇〇をするコードを紹介しています。

この例では、ABの値を代入した後、BAの値を代入しています。

この順序により、Bの初期値がAに保持され、Aの初期値は失われる可能性が考えられます。

このような問題を回避するためには、ブロッキング代入の順序を適切に設定することが重要です。

具体的には、依存関係のない代入を先に行い、その後に依存関係のある代入を行うようにすると良いでしょう。

さて、上記のサンプルコードを実際に動かすと、ABの値が予想と異なる動作をすることが確認できます。

このような動作は初心者にとって混乱の原因となり得るため、ブロッキング代入の順序を適切に設定することで、意図した動作を得ることができます。

●ブロッキング代入のカスタマイズ方法

VHDLにおけるブロッキング代入は、デジタル回路の設計において非常に強力な機能の一つです。

しかしながら、デフォルトの形式では、特定の応用や状況に合わせてカスタマイズする必要があります。

ここでは、ブロッキング代入をカスタマイズする方法と、その際の具体的な実装例を紹介していきます。

○サンプルコード7:カスタマイズしたブロッキング代入の実装例

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity CustomizeBlockingAssignment is
    Port ( A : in  STD_LOGIC;
           B : out STD_LOGIC);
end CustomizeBlockingAssignment;

architecture Behavior of CustomizeBlockingAssignment is
begin
    process(A)
    begin
        -- このコードではAの入力を反転してBへ出力するシンプルなブロッキング代入を示しています。
        B <= not A;
        -- この例ではAの値を反転させてBに代入しています。
    end process;
end Behavior;

このコードでは、入力Aの値を反転して出力Bに代入する簡単なブロッキング代入を表しています。

この例では、ブロッキング代入をカスタマイズする具体的な方法として、NOTゲートを使用してAの値を反転させ、その結果をBに代入しています。

このようなカスタマイズにより、特定の演算や処理を簡単に組み込むことができます。

また、このカスタマイズ方法は、他の複雑な演算や条件分岐と組み合わせることも可能です。

例えば、このサンプルコードを実行すると、入力Aが’1’の場合、出力Bは’0’となります。

逆に、入力Aが’0’の場合、出力Bは’1’となるという結果が得られます。

このように、ブロッキング代入のカスタマイズは、VHDLのプログラムをより柔軟にし、特定のニーズや要件に合わせて設計を行う上で非常に役立つ手段となります。

この機能を利用することで、効率的かつ簡潔に回路設計を行うことが可能となります。

まとめ

この記事では、VHDL初心者を対象として、ブロッキング代入の完璧な理解に向けた7つの実践的なステップを徹底的に解説しました。

VHDLの基本的な特徴からスタートし、ブロッキング代入の役割や利点について深く探りました。

サンプルコードを交えながら、ブロッキング代入の基本形や複数の代入を組み合わせる方法、条件分岐内での使用方法といった詳細な使い方を紐解いてきました。

更に、実際の応用例として、外部入力の取得や演算結果の反映、さらには信号処理におけるブロッキング代入の活用方法を表しました。

この記事を通じて、VHDLのブロッキング代入を活用したプログラムの作成において、多くの初心者が直面する可能性のある問題や注意点にも触れ、それらの解決策を表しました。

最後に、ブロッキング代入のカスタマイズ方法についても詳細に紹介しました。

この情報をもとに、読者はVHDLにおけるブロッキング代入の魅力を十分に引き出せるようになるでしょう。

ブロッキング代入を図解し、サンプルコードとともに解説するイラストを参考にしながら、VHDLのプログラムを一段と向上させる手助けとして、この記事が役立つことを願っています。