C++のconstexprを徹底解説!5つのサンプルコードで完全理解

C++のconstexprを徹底解説するイメージC++
この記事は約12分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

C++プログラミングにおいて、constexprは重要なキーワードです。

この記事では、constexprの基本から応用までを分かりやすく解説し、プログラミングにおけるその利点と使用方法を紹介します。

constexprの理解を深めることで、C++の機能を最大限に活用し、効率的かつ強力なコードを書くことができます。

特に初心者の方々にも理解しやすいよう、基本的な概念から順を追って説明します。

○C++とconstexprの基本概念

C++は、パフォーマンスと柔軟性を兼ね備えた強力なプログラミング言語です。

constexprはこの言語の重要な特徴の一つで、C++11から導入され、後続のバージョンでさらに機能が拡張されました。

constexprを使用することで、コンパイル時に値が確定する定数や関数を作成でき、これによりプログラムの効率性が向上します。

この概念は、C++における効率的なプログラミング技術を身に付ける上で不可欠です。

●constexprとは何か?

constexprは、コンパイル時に評価される値や関数を定義するためのキーワードです。

これにより、プログラムの実行時ではなくコンパイル時に値を決定し、実行時の計算コストを削減することができます。

C++11で導入された当初は、使用できる場面に多くの制約がありましたが、C++14以降ではこれらの制約が緩和され、より多くの場面での使用が可能になりました。

constexpr関数はリテラル型の引数のみを取り、リテラル型のみを返す必要がありますが、これによりコンパイル時に確定する計算を行うことができるようになります。

○constexprの定義と基本的な概念

constexprとは、「コンパイル時に評価される」という概念を指します。

これは、プログラムの実行前にコンパイラが式の値を計算し、その結果をプログラム実行時に使用することを意味します。

結果として、実行時の計算コストが削減され、プログラムのパフォーマンスが向上します。

constexprで使用できるのは、主にリテラル型であり、整数型、浮動小数点型、ポインタ型などがこれに該当します。

C++14以降では、constexpr関数内での制約が緩和され、より複雑な計算も可能になりました。

○constexprの利点と使用シーン

constexprの使用には、プログラムの効率性と安全性を向上させるという重要な利点があります。

コンパイル時に値が確定するため、実行時の計算が不要になり、プログラムが高速化されます。

また、コンパイル時にエラーを検出できるため、実行時の安全性が向上します。

constexprは特に、配列のサイズやテンプレート引数など、コンパイル時に値が決定されるべき場合に有用です。

また、リアルタイムシステムや組み込みシステムなど、実行時の遅延が許されない環境でのプログラミングにおいても重要な役割を果たします。

●constexprの基本的な使い方

C++でのconstexprの基本的な使い方を理解することは、効率的なプログラミングへの第一歩です。

constexprは、主に定数式関数や定数式変数の定義に用いられます。

これにより、コンパイル時に値が確定し、実行時の計算コストを削減することが可能になります。

また、constexprを使用することで、コードの意図が明確になり、バグの発見が容易になるという利点もあります。

○サンプルコード1:定数式関数の作成

constexprを使用して定数式関数を作成する一例を紹介します。

ここでは、定数式関数として簡単な数学的計算を行う関数を定義します。

この関数はコンパイル時に評価され、その結果がプログラム内で使用されます。

constexpr int square(int x) {
    return x * x;
}

int main() {
    constexpr int result = square(5);
    // ここでresultは25としてコンパイル時に確定します
}

このコードでは、square関数はconstexprとして定義されており、整数を引数に取り、その二乗を返します。

main関数内でこのsquare関数に整数5を渡し、その結果をresult変数に格納しています。

このresult変数もconstexprとして定義されているため、その値はコンパイル時に25として確定されます。

○サンプルコード2:constexpr変数の定義

constexprを使用して変数を定義する例を紹介します。

constexpr変数は、その値がコンパイル時に確定することを保証するために使用されます。

これは、プログラムの実行時に変更されることのない値、例えば定数や設定値などに適しています。

constexpr double pi = 3.14159265358979323846;

int main() {
    constexpr double circumference = 2 * pi * 10; // 円周の長さを計算
    // circumferenceは62.83185307179586としてコンパイル時に確定します
}

この例では、piというconstexpr変数を定義し、円周率の値を代入しています。

main関数内では、このpi変数を使用して、半径10の円の円周の長さを計算しています。

この計算結果もconstexprとして定義されているため、コンパイル時にその値が確定されます。

●constexprの応用例

C++におけるconstexprの応用は多岐にわたり、プログラミングの効率化だけでなく、より複雑な問題の解決にも役立ちます。

constexprを使用することで、コンパイル時により多くの計算を行うことが可能となり、実行時のパフォーマンスを向上させることができます。

ここでは、constexprを利用した応用例として、コンパイル時計算による配列初期化とテンプレートメタプログラミングの例を紹介します。

○サンプルコード3:コンパイル時計算による配列初期化

constexprを使った配列初期化の例を紹介します。

この例では、配列の各要素をコンパイル時に計算し、初期化しています。

constexpr int computeValue(int i) {
    return i * i;
}

int main() {
    constexpr int size = 10;
    constexpr int array[size] = {computeValue(0), computeValue(1), computeValue(2), computeValue(3), computeValue(4), computeValue(5), computeValue(6), computeValue(7), computeValue(8), computeValue(9)};
    // arrayはコンパイル時に初期化されます
}

このコードでは、computeValue関数を使用して、配列arrayの各要素をコンパイル時に計算し、初期化しています。

この方法により、実行時に配列の初期化にかかるコストを削減できます。

○サンプルコード4:テンプレートメタプログラミングの例

constexprはテンプレートメタプログラミングにも応用できます。

ここでは、テンプレートを用いてコンパイル時に計算を行う例を紹介します。

template<int N>
constexpr int factorial() {
    return N * factorial<N - 1>();
}

template<>
constexpr int factorial<0>() {
    return 1;
}

int main() {
    constexpr int result = factorial<5>(); // 5の階乗を計算
    // resultは120としてコンパイル時に確定します
}

このコードでは、factorial関数テンプレートを定義し、コンパイル時に整数の階乗を計算しています。

特殊化されたfactorial<0>テンプレートは、再帰の基底ケースとして機能します。

●constexprの高度な使用法

C++におけるconstexprの高度な使用法は、プログラムの効率性と柔軟性をさらに高めます。

constexprを用いることで、コンパイル時に複雑な処理を実行し、実行時のパフォーマンスを最適化することが可能です。

ここでは、より高度なconstexprの使用例として、ユーザー定義リテラルとconstexprラムダの例を紹介します。

○サンプルコード5:ユーザー定義リテラル

ユーザー定義リテラルは、リテラルに対してカスタムな処理を定義することを可能にします。

constexprと組み合わせることで、コンパイル時にこれらの処理を行うことができます。

ここでは、ユーザー定義リテラルの例を紹介します。

constexpr long double operator"" _km(long double km) {
    return km * 1000.0; // キロメートルをメートルに変換
}

int main() {
    constexpr long double distance = 3.5_km;
    // distanceは3500.0メートルとしてコンパイル時に確定します
}

このコードでは、_kmというユーザー定義リテラルを作成し、キロメートル単位の値をメートル単位に変換しています。

この変換処理はコンパイル時に実行されます。

○サンプルコード6:constexprラムダ

C++17から導入されたconstexprラムダは、ラムダ式をconstexpr関数として定義することを可能にします。

これにより、より柔軟なコンパイル時計算が可能になります。以下に、constexprラムダの例を示します。

int main() {
    constexpr auto add = [](int x, int y) {
        return x + y;
    };

    constexpr int result = add(5, 10);
    // resultは15としてコンパイル時に確定します
}

このコードでは、二つの整数を足すconstexprラムダaddを定義しています。

このラムダ式は、コンパイル時に評価されるため、result変数の値もコンパイル時に確定します。

●注意点と対処法

C++におけるconstexprの使用は多くの利点がありますが、注意すべき点も存在します。

これらの注意点を理解し、適切な対処法を取ることで、より効果的にconstexprを活用することが可能です。

ここでは、constexprの制約と、コンパイルエラーのトラブルシューティングについて解説します。

○constexprの制約とその対処法

constexpr関数や変数は、コンパイル時に評価可能でなければなりません。

これにより、下記のような制約があります。

  • 関数内ではループや分岐を使用できない(C++14以降はこの制約が緩和されています)
  • 変数はリテラル型でなければならない
  • 関数は引数と戻り値がリテラル型である必要があります

これらの制約に対する対処法としては、下記のような方法があります。

  • C++14以降を使用することで、constexpr関数内でのループや分岐が可能になります
  • テンプレートメタプログラミングや再帰を使用して、ループや分岐を実現する
  • リテラル型以外の型を使用する必要がある場合は、constexprを使用せずに通常の関数や変数を使用する

○コンパイルエラーのトラブルシューティング

constexprを使用する際にコンパイルエラーが発生することがあります。

エラーの原因は多岐にわたりますが、一般的なトラブルシューティングの方法としては、下記の手順を踏むことが有効です。

  1. エラーメッセージを注意深く読み、問題の原因を特定する
  2. constexpr関数や変数がコンパイル時に評価可能かどうかを確認する
  3. 必要であれば、コードのリファクタリングを行い、constexprの制約を満たすようにする
  4. C++のバージョンを確認し、必要に応じて最新の機能を活用する

例えば、constexpr関数内で非リテラル型のオブジェクトを使用しようとした場合、コンパイルエラーが発生します。

●C++17, C++20, C++23におけるconstexprの進化

C++の標準は常に進化しており、constexprに関しても多くの変更が加えられてきました。

C++17、C++20、そしてC++23では、それぞれconstexprがさらに強化され、新しい可能性が開かれています。

ここでは、これらのバージョンでのconstexprの進化について詳しく見ていきましょう。

○C++17のconstexpr拡張

C++17では、constexprに関していくつかの重要な拡張が行われました。

これにより、constexpr関数内でのより複雑な処理が可能になりました。

特に注目すべき変更点は下記の通りです。

  • constexpr関数内での条件分岐(if文)やループ(for文、while文)の使用が可能になりました
  • constexprラムダの導入により、コンパイル時にラムダ式を評価できるようになりました

これらの変更により、constexpr関数の柔軟性と表現力が大幅に向上しました。

○C++20におけるconstexprの新機能

C++20では、constexprの機能がさらに強化され、新たな機能が追加されました。

特に重要なのは下記の点です。

  • constexprで動的メモリ確保(newdelete)が可能になりました。これにより、より複雑なデータ構造をコンパイル時に構築できるようになります。
  • std::vectorstd::stringなど、一部の標準ライブラリのコンテナがconstexprに対応しました。

これらの追加により、constexprを使ったプログラミングがより一層強力なものになりました。

○C++23で予定されているconstexprの変更点

C++23では、さらなるconstexprの拡張が予定されています。

具体的な内容は開発の進行によって変わる可能性がありますが、一部では下記のような変更が期待されています。

  • constexpr関数における例外処理のサポートの強化。
  • 標準ライブラリにおけるconstexpr対応の拡大。

これらの変更が実施されれば、constexprを使用したプログラミングの幅がさらに広がり、より複雑な処理をコンパイル時に実行できるようになることが期待されます。

まとめ

この記事を通じて、C++のconstexprの基本から高度な使用法までを包括的に解説しました。

C++11から導入されたconstexprは、C++17、C++20、そして予定されているC++23のアップデートを経て、より強力で柔軟な機能へと進化しています。

初心者から上級者まで、この記事のサンプルコードを通じて、constexprの理解を深め、C++プログラミングの効率性と安全性を向上させることができるでしょう。