【C++】継承コンストラクタを7つの実例で深掘りガイド

C++における継承コンストラクタの詳細解説のイメージC++
この記事は約16分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事では、C++の重要な概念の一つである継承コンストラクタに焦点を当てています。

プログラミング初心者から経験豊かな開発者まで、C++の継承コンストラクタを深く理解するためのガイドとなることを目指します。

ここでは、オブジェクト指向の基本から始め、継承コンストラクタの役割や使い方、そして注意点まで、段階的に解説していきます。

●C++と継承コンストラクタの基本

C++は、オブジェクト指向プログラミング(OOP)の概念を取り入れた言語です。

オブジェクト指向とは、プログラムをオブジェクトの集まりとして扱う考え方で、プログラムの構造化、再利用性、拡張性の向上に寄与します。

C++において、クラスとオブジェクトはこのパラダイムの基本単位です。

○C++におけるオブジェクト指向の概念

C++においてオブジェクト指向プログラミングを理解するには、クラスとオブジェクトの関係を把握することが重要です。

クラスはオブジェクトの設計図であり、オブジェクトはそのクラスの具体的なインスタンスです

クラスは属性(データメンバー)と振る舞い(メンバ関数またはメソッド)を定義し、オブジェクトはそのクラスに定群された特性や機能を持っています。

○継承とは何か

継承はオブジェクト指向の主要な特徴の一つで、あるクラス(基底クラスまたは親クラス)の属性やメソッドを、別のクラス(派生クラスまたは子クラス)が引き継ぐことを指します。

継承を使うことで、コードの再利用性が向上し、複雑なクラス階層を効率的に構築できます。

C++では、この概念を使って、既存のクラスを基に新しいクラスを作成することができます。

○コンストラクタの役割

C++におけるコンストラクタは、オブジェクトが作成される際に自動的に呼び出される特別なメンバ関数です。

コンストラクタは主に、オブジェクトの初期化を担当し、必要なリソースの割り当てや初期値の設定を行います。

特に、継承を使用する場合、派生クラスのオブジェクトが作成される際には、基底クラスのコンストラクタも適切に呼び出される必要があります。

これが、継承コンストラクタの重要な役割です。

●継承コンストラクタの使い方

C++における継承コンストラクタは、派生クラスが基底クラスのコンストラクタを呼び出す際に使用されます。

ここでは、継承コンストラクタの基本的な使い方から、より高度な使用方法まで、具体的なサンプルコードを交えて解説します。

○サンプルコード1:基本的な継承コンストラクタ

基本的な継承コンストラクタの使用例として、基底クラスと派生クラスの間での単純な継承を見ていきましょう。

#include <iostream>

// 基底クラス
class Base {
public:
    Base() {
        std::cout << "基底クラスのコンストラクタが呼び出されました。\n";
    }
};

// 派生クラス
class Derived : public Base {
public:
    Derived() {
        std::cout << "派生クラスのコンストラクタが呼び出されました。\n";
    }
};

int main() {
    Derived obj;
    return 0;
}

この例では、Derivedクラスのオブジェクトを生成すると、自動的にBaseクラスのコンストラクタが先に呼び出され、その後でDerivedクラスのコンストラクタが呼び出されます。

○サンプルコード2:パラメータ付き継承コンストラクタ

次に、基底クラスのコンストラクタにパラメータを渡す例を見てみましょう。

#include <iostream>

// 基底クラス
class Base {
    int value;
public:
    Base(int v) : value(v) {
        std::cout << "基底クラスのコンストラクタが呼び出され、値は " << value << " です。\n";
    }
};

// 派生クラス
class Derived : public Base {
public:
    Derived(int v) : Base(v) { // 基底クラスのコンストラクタにパラメータを渡す
        std::cout << "派生クラスのコンストラクタが呼び出されました。\n";
    }
};

int main() {
    Derived obj(10);
    return 0;
}

このサンプルコードでは、DerivedクラスのコンストラクタがBaseクラスのコンストラクタに値10を渡しています。

これにより、基底クラスのコンストラクタが適切な値で初期化されます。

○サンプルコード3:複数の基底クラスからの継承

最後に、複数の基底クラスを持つ派生クラスの例を見てみましょう。

#include <iostream>

// 基底クラスA
class BaseA {
public:
    BaseA() {
        std::cout << "基底クラスAのコンストラクタが呼び出されました。\n";
    }
};

// 基底クラスB
class BaseB {
public:
    BaseB() {
        std::cout << "基底クラスBのコンストラクタが呼び出されました。\n";
    }
};

// 派生クラス
class Derived : public BaseA, public BaseB {
public:
    Derived() {
        std::cout << "派生クラスのコンストラクタが呼び出されました。\n";
    }
};

int main() {
    Derived obj;
    return 0;
}

このコードでは、DerivedクラスはBaseABaseBの両方から継承しています。

Derivedクラスのオブジェクトを生成すると、まずBaseAのコンストラクタが呼び出され、次にBaseBのコンストラクタが呼び出され、最後にDerivedクラスのコンストラクタが実行されます。

●継承コンストラクタの応用例

C++における継承コンストラクタの応用例を解説します。

ここでは、ポリモーフィズム、抽象基底クラスの継承、テンプレートクラスの継承、例外処理と継承という4つの異なるシナリオにおける継承コンストラクタの使い方を見ていきます。

○サンプルコード4:継承とポリモーフィズム

ポリモーフィズムを利用した継承では、基底クラスのポインタや参照を使って派生クラスのオブジェクトを操作することができます。

#include <iostream>
using namespace std;

// 基底クラス
class Base {
public:
    virtual void display() {
        cout << "基底クラスのdisplay関数\n";
    }
};

// 派生クラス
class Derived : public Base {
public:
    void display() override {
        cout << "派生クラスのdisplay関数\n";
    }
};

int main() {
    Base *basePtr;
    Derived derivedObj;
    basePtr = &derivedObj;

    // ポリモーフィズムを使ったメソッドの呼び出し
    basePtr->display(); // 派生クラスのdisplay関数が呼び出される

    return 0;
}

このコードでは、Baseクラスのポインタを使ってDerivedクラスのdisplay関数を呼び出しています。

○サンプルコード5:抽象基底クラスの継承

抽象基底クラスを継承することで、派生クラスに特定のメソッドの実装を強制することができます。

#include <iostream>
using namespace std;

// 抽象基底クラス
class AbstractBase {
public:
    virtual void doSomething() = 0; // 純粋仮想関数
};

// 派生クラス
class Derived : public AbstractBase {
public:
    void doSomething() override {
        cout << "DerivedクラスにおけるdoSomethingの実装\n";
    }
};

int main() {
    Derived obj;
    obj.doSomething();

    return 0;
}

この例では、AbstractBaseクラスに純粋仮想関数doSomethingを定義し、Derivedクラスでその実装を提供しています。

○サンプルコード6:テンプレートクラスの継承

テンプレートクラスを継承することで、汎用的なコードを記述することができます。

#include <iostream>
using namespace std;

// テンプレート基底クラス
template <typename T>
class Base {
public:
    T value;
    void show() {
        cout << "値: " << value << endl;
    }
};

// テンプレート派生クラス
template <typename T>
class Derived : public Base<T> {
public:
    void setValue(T val) {
        this->value = val;
    }
};

int main() {
    Derived<int> obj;
    obj.setValue(5);
    obj.show();

    return 0;
}

このコードでは、テンプレートを使った基底クラスBaseとその派生クラスDerivedを定義しています。

○サンプルコード7:例外処理と継承

例外処理を継承の中で適切に扱うことで、安全なコードを書くことができます。

#include <iostream>
using namespace std;

class Base {
public:
    Base() {
        // コンストラクタ内で例外を発生させる
        throw runtime_error("基底クラスのコンストラクタで例外が発生");
    }
};

class Derived : public Base {
public:
    Derived() try : Base() {
        // 派生クラスのコンストラクタ
    } catch (const runtime_error& e) {
        cout << "例外キャッチ: " << e.what() << endl;
    }
};

int main() {
    try {
        Derived obj;
    } catch (const runtime_error& e) {
        cout << "メイン関数でキャッチ: " << e.what() << endl;
    }

    return 0;
}

このコードでは、基底クラスのコンストラクタで例外が発生し、派生クラスでそれをキャッチしています。

●注意点と対処法

C++における継承コンストラクタの使用にはいくつかの注意点があります。

それらを理解し、適切に対処することで、より安全で効率的なプログラミングが可能になります。

○継承時の名前の衝突

継承を使用する際、基底クラスと派生クラスで同じ名前のメンバ変数やメソッドが存在すると、名前の衝突が発生する可能性があります。

これを避けるためには、派生クラスで基底クラスのメンバにアクセスする際には基底クラス名::を使用して明示的に指定することが重要です。

#include <iostream>
using namespace std;

class Base {
public:
    int value;
};

class Derived : public Base {
public:
    int value; // 基底クラスと同じ名前のメンバ変数

    void show() {
        cout << "派生クラスのvalue: " << value << endl;
        cout << "基底クラスのvalue: " << Base::value << endl;
    }
};

int main() {
    Derived obj;
    obj.value = 10;
    obj.Base::value = 20;
    obj.show();

    return 0;
}

この例では、DerivedクラスとBaseクラスでvalueという名前のメンバ変数がありますが、それぞれにアクセスするためにクラス名を使って区別しています。

○アクセス制御と継承

継承におけるアクセス制御は、基底クラスのメンバへのアクセス範囲を定義します。

public継承では、基底クラスのpublicメンバは派生クラスからアクセス可能ですが、privateメンバはアクセス不可能です。

protectedメンバは派生クラスからはアクセス可能ですが、外部からはアクセスできません。

class Base {
private:
    int privateValue;

protected:
    int protectedValue;

public:
    int publicValue;
};

class Derived : public Base {
public:
    void func() {
        // privateValueはアクセス不可
        // protectedValueとpublicValueはアクセス可能
        protectedValue = 5;
        publicValue = 10;
    }
};

このコードでは、DerivedクラスはBaseクラスのprotectedValuepublicValueにアクセスできますが、privateValueにはアクセスできません。

○メモリ管理と継承

継承を使用する際、特に動的メモリ確保を行う場合、メモリリークや二重解放などの問題が発生する可能性があります。

これを避けるためには、コピーコンストラクタや代入演算子を適切にオーバーライドし、デストラクタでメモリを解放する必要があります。

class Base {
public:
    int* data;

    Base() : data(new int[10]) {}
    virtual ~Base() { delete[] data; }
};

class Derived : public Base {
public:
    Derived() {
        // 必要な初期化
    }
    ~Derived() {
        // 派生クラス固有のリソースの解放
        // 基底クラスのデストラクタが自動的に呼ばれる
    }
};

この例では、Baseクラスのデストラクタで動的に確保したメモリを解放しています。

Derivedクラスのデストラクタでは、派生クラス特有のリソースを解放し、基底クラスのデストラクタが自動的に呼ばれるようにしています。

●継承コンストラクタのカスタマイズ方法

C++における継承コンストラクタをカスタマイズすることで、より柔軟で効果的なプログラミングが可能になります。

ここでは、ポリモーフィズムを利用したカスタマイズ、テンプレートと継承の組み合わせ、効率的なコードの書き方の3つのカスタマイズ方法について解説します。

○ポリモーフィズムを利用したカスタマイズ

ポリモーフィズムを利用することで、基底クラスの関数を派生クラスでオーバーライドし、異なる振る舞いを実現することができます。

このようなカスタマイズは、コードの再利用性と拡張性を高めます。

#include <iostream>
using namespace std;

class Base {
public:
    virtual void print() {
        cout << "基底クラスのprint関数\n";
    }
};

class Derived : public Base {
public:
    void print() override {
        cout << "派生クラスのprint関数\n";
    }
};

void callPrint(Base &obj) {
    obj.print();
}

int main() {
    Base base;
    Derived derived;

    callPrint(base);    // 基底クラスのprint関数が呼ばれる
    callPrint(derived); // 派生クラスのprint関数が呼ばれる

    return 0;
}

この例では、BaseクラスとDerivedクラスでprint関数の振る舞いが異なります。

○テンプレートと継承の組み合わせ

テンプレートと継承を組み合わせることで、型に依存しない柔軟なコードを実現できます。

これは、ジェネリックプログラミングにおいて非常に有効な手法です。

#include <iostream>
using namespace std;

template <typename T>
class Base {
public:
    T value;

    void show() {
        cout << "値: " << value << endl;
    }
};

template <typename T>
class Derived : public Base<T> {
public:
    void setValue(T val) {
        this->value = val;
    }
};

int main() {
    Derived<int> obj;
    obj.setValue(10);
    obj.show();

    return 0;
}

このコードでは、Baseクラスをテンプレートとして定義し、Derivedクラスでその型を具体化しています。

○効率的なコードの書き方

継承を効率的に使用するためには、コードの重複を避け、クラス階層を適切に設計することが重要です。

基底クラスで共通の機能を実装し、派生クラスでは特化した機能を追加するようにします。

class Base {
public:
    void commonFunction() {
        // 共通の処理
    }
};

class Derived : public Base {
public:
    void specializedFunction() {
        // 特化した処理
    }
};

この例では、Baseクラスに共通の機能を、Derivedクラスに特化した機能をそれぞれ実装しています。

まとめ

この記事では、C++における継承コンストラクタの基本から応用例、注意点やカスタマイズ方法に至るまでを詳細に解説しました。

継承コンストラクタは、効率的かつ柔軟なプログラミングを可能にする重要な概念です。

基本的な使い方から応用的な技術まで理解し、実践的なスキルを身に付けることで、C++プログラミングの幅が大きく広がります。

本ガイドを通じて、初心者から上級者までがC++の継承コンストラクタを深く理解し、より高度なプログラミングへとステップアップできることを願っています。