JavaScriptセミコロンの完全ガイド!使い方・注意点・カスタマイズ10選

JavaScriptセミコロンの使い方を解説するイメージJS
この記事は約4分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読めば、JavaScriptセミコロンの使い方や注意点、カスタマイズ方法を完全に理解し、実践で活用できるようになります。

●JavaScriptセミコロンとは

JavaScriptセミコロン(;)は、プログラムの文を区切る役割を果たします。

これによって、コードが正しく解釈されることを保証します。

○JavaScriptセミコロンの基本

JavaScriptでは、セミコロンを使って文を区切ることが一般的ですが、省略することもできます。

ただし、省略した場合は自動的に挿入されるため、予期せぬ動作が発生する可能性があります。

●JavaScriptセミコロンの使い方

○サンプルコード1:セミコロンを使った変数宣言

// セミコロンを使って変数を宣言
var num1 = 10;
var num2 = 20;

○サンプルコード2:セミコロンを使った関数宣言

// セミコロンを使って関数を宣言
function add(a, b) {
  return a + b;
};

○サンプルコード3:セミコロンを使った関数実行

// セミコロンを使って関数を実行
var sum = add(10, 20);

○サンプルコード4:セミコロンを使ったループ処理

// セミコロンを使ってループ処理
for (var i = 0; i < 10; i++) {
  console.log(i);
};

●JavaScriptセミコロンの注意点と対処法

○注意点1:セミコロンを省略した場合の自動挿入

JavaScriptでは、セミコロンを省略した場合、自動的に挿入されますが、これによって意図しない動作が発生することがあります。

そのため、コードが正しく動作するようにセミコロンを適切に使用することが重要です。

○対処法1:セミコロンを明示的に使用する

コードの動作を確実にするために、セミコロンを明示的に使用しましょう。

これにより、予期せぬ動作が発生するリスクを減らすことができます。

○注意点2:セミコロンの不適切な使用

セミコロンを不適切に使用すると、コードが正しく解釈されず、エラーが発生することがあります。

例えば、セミコロンをif文やfor文の中に入れてしまうと、意図しない動作が発生する可能性があります。

○対処法2:適切な位置にセミコロンを使用する

コードが正しく動作するように、適切な位置にセミコロンを使用しましょう。

if文やfor文などの制御構造の中には、セミコロンを使用しないことが重要です。

●JavaScriptセミコロンのカスタマイズ方法

○サンプルコード5:関数式でのセミコロン使用

// 関数式でセミコロンを使用する例
var add = function(a, b) {
  return a + b;
};

○サンプルコード6:アロー関数でのセミコロン使用

// アロー関数でセミコロンを使用する例
const multiply = (a, b) => {
  return a * b;
};

○サンプルコード7:オブジェクトリテラルでのセミコロン使用

// オブジェクトリテラルでセミコロンを使用する例
var person = {
  name: 'John',
  age: 30
};

○サンプルコード8:一行に複数の文を記述する際のセミコロン使用

// 一行に複数の文を記述する際のセミコロン使用
var num1 = 10; var num2 = 20;

○サンプルコード9:チェーンメソッドでのセミコロン使用

// チェーンメソッドでセミコロンを使用する例
$("p").css("color", "red")
  .slideUp(2000)
  .slideDown(2000);

○サンプルコード10:Immediately-Invoked Function Expression (IIFE)でのセミコロン使用

// IIFEでセミコロンを使用する例
(function() {
  console.log('This is an IIFE');
})();

まとめ

この記事では、JavaScriptセミコロンの使い方、注意点、カスタマイズ方法を徹底解説しました。

10種類のサンプルコードを参考にしながら、あなたもJavaScriptセミコロンをマスターしましょう。

適切なセミコロンの使用は、コードの可読性や安全性を向上させるために重要です。

今後のプログラミングに活かしてください。