Pythonで連想配列を使いこなす12の手法

Pythonの連想配列を理解し、使いこなすための12の手法と実用例の完全ガイドPython
この記事は約19分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

Pythonは一般的に使いやすさとパワフルさを兼ね備えたプログラミング言語として知られています。

そのPythonで提供されているデータ構造の1つが「連想配列」または「辞書型(dictionary)」です。

これを効果的に使いこなすことで、Pythonでのデータ操作が格段にスムーズになります。

この記事ではPythonの連想配列、つまり辞書型を使いこなすための知識を初心者から中級者まで理解できる形で12点紹介します。

●Pythonと連想配列の概要

○Pythonとは

Pythonは、より少ないコード行数で効率的にプログラムを書くことができる高レベルのインタプリタ型プログラミング言語です。

汎用性が高く、データ分析からWeb開発、AI開発まで幅広い用途で使用されています。

○連想配列とは

連想配列は、キーと値のペアを保持するデータ構造の一種です。

他のプログラミング言語ではハッシュマップやハッシュテーブル、オブジェクトなどとも呼ばれます。

キーにより値にアクセスするため、順序は重要ではないという特徴があります。

●Pythonの辞書型の基本

○辞書型の定義方法

Pythonで連想配列を表現するためには辞書型を使います。

辞書型はキーと値の組み合わせでデータを格納します。

次のように波括弧({})内にキー:値の形で記述します。

person = {"name": "田中", "age": 30}

このコードでは田中さんという名前の30歳の情報を持つ人物を辞書型で表現しています。

○辞書型の要素へのアクセス方法

辞書型の要素へのアクセスは、キーを用いて行います。

下記のコードでは”name”というキーに対応する値を取得しています。

name = person["name"]

このコードを実行すると、”田中”という値を取得できます。

○辞書型の要素の追加・更新方法

辞書型への要素の追加や更新もキーを使って行います。

存在しないキーに値を代入すると新たな要素が追加され、既に存在するキーに値を代入するとその値が更新されます。

person["job"] = "エンジニア"  # 新たな要素の追加
person["age"] = 31  # 既存の要素の更新

このコードでは、”job”という新たなキーとその値”エンジニア”を追加し、”age”という既存のキーの値を31に更新しています。

○辞書型の要素の削除方法

辞書型の要素の削除はdel文を使って行います。

下記のコードでは”age”というキーとその値を辞書から削除しています。

del person["age"]

このコードを実行すると、”age”というキーとその値が辞書から削除されます。

これらがPythonの辞書型の基本的な操作方法です。

●Pythonの辞書型の詳細な使い方

Pythonで連想配列、つまり辞書型を使いこなすためには、基本的な操作方法だけでなく、より詳細な使い方を理解することが重要です。

ここでは、辞書型のキーの存在確認方法、キーと値の一覧取得方法、辞書型のコピーおよび結合について詳しく説明します。

○キーの存在確認

辞書型では、特定のキーが存在するかどうかを確認するためにinを使用します。

これは、データのエラーハンドリングを行う際に非常に便利な機能です。

次のコードでは、辞書型sample_dictにキー’key1’が存在するかどうかを調べています。

sample_dict = {'key1': 'value1', 'key2': 'value2', 'key3': 'value3'}
if 'key1' in sample_dict:
    print('key1は存在します。')
else:
    print('key1は存在しません。')

このコードを実行すると、’key1’はsample_dictに存在するため、「key1は存在します。」と表示されます。

○キーと値の一覧取得

辞書型では、すべてのキーや値、またはキーと値の組み合わせを一覧として取得することも可能です。

これは、辞書型のデータをループ処理する際に使用します。

次のコードでは、辞書型sample_dictのすべてのキーと値を取得しています。

sample_dict = {'key1': 'value1', 'key2': 'value2', 'key3': 'value3'}
print(sample_dict.keys())  # キーの一覧を取得
print(sample_dict.values())  # 値の一覧を取得
print(sample_dict.items())  # キーと値の一覧を取得

このコードを実行すると、それぞれのメソッドでキー、値、キーと値の一覧が取得され、コンソールに出力されます。

○辞書型のコピー

辞書型のデータをコピーする場合、単純に=で代入すると元の辞書と新しい辞書が同じオブジェクトを参照するため、片方を変更するともう片方も影響を受けます。

これを避けるためには、copyメソッドを使用してディープコピーを作成します。

次のコードでは、辞書型original_dictのディープコピーを作成しています。

original_dict = {'key1': 'value1', 'key2': 'value2', 'key3': 'value3'}
copied_dict = original_dict.copy()  # ディープコピーを作成
print(copied_dict)

このコードを実行すると、新しい辞書copied_dictが作成され、その内容がコンソールに出力されます。

○辞書型の結合

Pythonでは、2つの辞書型を結合するためにupdateメソッドを使用します。

このメソッドを使用すると、一方の辞書に他方の辞書のキーと値が追加されます。

同じキーが存在する場合、値は更新されます。

次のコードでは、2つの辞書型dict1dict2を結合しています。

dict1 = {'key1': 'value1', 'key2': 'value2'}
dict2 = {'key2': 'new_value2', 'key3': 'value3'}
dict1.update(dict2)  # dict1にdict2を結合
print(dict1)

このコードを実行すると、dict1dict2の内容が結合され、その結果がコンソールに出力されます。

この例では、’key2’の値が’new_value2’に更新されていることに注意してください。

●Pythonの辞書型の応用例とサンプルコード

辞書型は単純なキーと値のペアを保管するだけではなく、より複雑なデータ操作を効率的に行うためのツールとしても利用可能です。

それでは、その具体的な応用例をサンプルコードとともに説明します。

○サンプルコード1:辞書型を利用したデータの集計

次のコードは、リスト内の各要素の出現回数を辞書型を用いてカウントします。

この例では、辞書型のキーとしてリストの要素を用い、その出現回数を値として記録します。

# リストの定義
items = ['apple', 'banana', 'apple', 'orange', 'banana', 'banana']

# 辞書の初期化
count_dict = {}

# リスト内の要素の出現回数をカウント
for item in items:
    if item in count_dict: 
        count_dict[item] += 1  # キーが存在する場合はカウントをインクリメント
    else:
        count_dict[item] = 1  # キーが存在しない場合は新たにキーと値を追加

print(count_dict)  # {'apple': 2, 'banana': 3, 'orange': 1}

このコードを実行すると、出力結果は{'apple': 2, 'banana': 3, 'orange': 1}となります。

これにより、’apple’が2回、’banana’が3回、’orange’が1回出現したことがわかります。

○サンプルコード2:辞書型を利用した文字列のカウント

辞書型を利用すると、特定の文字列内の文字の出現回数を効率よくカウントすることもできます。

次のコードでは、英語の文章内の各単語の出現回数をカウントしています。

# 文字列の定義
sentence = "The quick brown fox jumps over the lazy dog."

# 辞書の初期化
word_count = {}

# 文字列をスペースで分割し、各単語の出現回数をカウント
for word in sentence.split():
    if word in word_count:
        word_count[word] += 1  # 単語がすでに辞書に存在する場合はカウントをインクリメント
    else:
        word_count[word] = 1  # 単語が辞書に存在しない場合は新たにキーと値を追加

print(word_count)  # {'The': 1, 'quick': 1, 'brown': 1, 'fox': 1, 'jumps': 1, 'over': 1, 'the': 1, 'lazy': 1, 'dog.': 1}

このコードを実行すると、出力結果は{'The': 1, 'quick': 1, 'brown': 1, 'fox': 1, 'jumps': 1, 'over': 1, 'the': 1, 'lazy': 1, 'dog.': 1}となります。

このようにして各単語の出現回数を効率よく集計できます。

○サンプルコード3:辞書型を利用したソート処理

Pythonで辞書型を使い、その要素をソートする方法を見ていきましょう。

ソートとは、データを一定の順序(昇順または降順)に並べ替える処理のことです。

Pythonの辞書型では、キーや値に対してソートを行うことが可能です。

ここではキーを基準にしたソート処理の例を紹介します。

# 辞書型データの作成
dic = {'apple': 3, 'banana': 2, 'cherry': 5, 'durian': 1}

# キーを基準にソートした結果をリストとして取得
sorted_list = sorted(dic.items())

print(sorted_list)

このコードでは、初めにフルーツ名をキー、その数を値とした辞書型データdicを作成しています。

その後、sorted関数を使い、キーを基準にソートした結果をリストとして取得しています。

最後にその結果を表示しています。sorted関数は昇順(小さい順)にソートしますので、この場合はアルファベット順にソートされます。

このコードを実行すると、次のような結果が得られます。

[('apple', 3), ('banana', 2), ('cherry', 5), ('durian', 1)]

この結果から、キー(フルーツ名)がアルファベット順に並び替えられていることがわかります。

リストの各要素はタプルとなっており、タプルの最初の要素がキー、次の要素がそのキーに対応する値となっています。

次に値を基準にしたソート処理の例を見てみましょう。

値を基準にソートする場合は、sorted関数のkey引数にソートの基準を決める関数を指定します。

# 辞書型データの作成
dic = {'apple': 3, 'banana': 2, 'cherry': 5, 'durian': 1}

# 値を基準にソートした結果をリストとして取得
sorted_list = sorted(dic.items(), key=lambda x: x[1])

print(sorted_list)

このコードでは、キーではなく値を基準にソートしています。

lambda x: x[1]は無名関数(ラムダ式)で、リストの各要素(ここではタプル)に対して2番目の要素(ここでは値)を返します。

これにより、値を基準にソートされます。

このコードを実行すると、次のような結果が得られます。

[('durian', 1), ('banana', 2), ('apple', 3), ('cherry', 5)]

この結果から、値(フルーツの数)が少ない順に並び替えられていることがわかります。

このように、Pythonの辞書型を活用することで、データの並び替えを容易に行うことができます。

ソートはデータ分析やアルゴリズムの開発など、様々な場面で必要とされる重要な操作です。

○サンプルコード4:辞書型を利用した二次元データの扱い

次に、Pythonの辞書型を用いて二次元のデータを扱う方法について解説します。

二次元のデータとは、例えば表形式のデータや行列など、行と列からなるデータのことを指します。

Pythonの辞書型では、辞書のキーや値に再度辞書を設定することで、簡易的な二次元データを扱うことが可能です。

ここでは、辞書型を利用した二次元データの作成とアクセスの方法について紹介します。

# 二次元辞書型データの作成
matrix = {
    'row1': {'col1': 1, 'col2': 2, 'col3': 3},
    'row2': {'col1': 4, 'col2': 5, 'col3': 6},
    'row3': {'col1': 7, 'col2': 8, 'col3': 9}
}

# データのアクセス
print(matrix['row2']['col3'])

このコードでは、最初にmatrixという名前の二次元辞書型データを作成しています。

この二次元辞書では、一つ目のキーが行を表し、その値としての辞書のキーが列を表しています。

その後、matrix['row2']['col3']のように指定することで、特定の行と列のデータにアクセスしています。

このコードを実行すると、次のような結果が得られます。

6

この結果から、row2col3にアクセスした結果が表示されていることがわかります。

このように、Pythonの辞書型を利用することで、二次元データの扱いも可能です。

●Pythonの辞書型の注意点と対処法

Pythonの辞書型は極めて便利なデータ構造ですが、扱い方によっては思わぬトラブルを引き起こすこともあります。

ここでは、辞書型で頻繁に出会ういくつかの注意点と、それらをうまく回避するための方法を具体的なサンプルコードとともに解説します。

○キーの一意性

最初の注意点は、辞書型のキーの一意性です。

辞書型のキーは一意であるため、同じキーで新しい値をセットすると既存の値が上書きされてしまいます。

この特性を理解していないと、思わぬバグを生む原因となります。

下記のコードでは、既存のキーを使って新しい値をセットしています。

これにより、最初にセットした値が失われてしまいます。

# 辞書型の定義
dict_data = {"apple": 100, "banana": 200}
print(dict_data)  # 出力: {'apple': 100, 'banana': 200}

# "apple"キーの値を上書き
dict_data["apple"] = 300
print(dict_data)  # 出力: {'apple': 300, 'banana': 200}

キーの一意性を守るためには、新しいキーを追加する前にそのキーが既に存在するかどうかを確認することが重要です。

下記のコードは、新しいキーが辞書型に存在するかどうかを確認し、存在しない場合のみ新しいキーと値をセットする例です。

# 辞書型の定義
dict_data = {"apple": 100, "banana": 200}

# 新しいキーの確認と追加
new_key = "apple"
new_value = 300

if new_key not in dict_data:
    dict_data[new_key] = new_value

print(dict_data)  # 出力: {'apple': 100, 'banana': 200}

○変更不能なキー

次の注意点は、辞書型のキーとして使用できるデータ型についてです。辞書型のキーには変更不能(immutable)なデータ型のみが使用できます。

したがって、リストや辞書などの変更可能(mutable)なデータ型をキーとして使用しようとするとエラーになります。

下記のコードでは、リストをキーとして使用しようとしたためエラーが発生します。

# 辞書型の定義
dict_data = {[1, 2]: "apple"}

# TypeError: unhashable type: 'list'

この問題を解決するためには、タプルのような変更不能なデータ型をキーとして使用します。

タプルはリストと同様に複数の要素を持つことができますが、一度作成されるとその内容は変更することができません。

下記のコードでは、リストの代わりにタプルをキーとして使用しています。

# 辞書型の定義
dict_data = {(1, 2): "apple"}

print(dict_data)  # 出力: {(1, 2): 'apple'}

○辞書型の動的な変更

最後の注意点は、辞書型の動的な変更です。ループの中で辞書型を変更すると、予期せぬエラーを引き起こす可能性があります。

具体的には、辞書型のサイズを変更するような操作(要素の追加や削除)は避けるべきです。

下記のコードでは、ループ中に辞書型から要素を削除しています。

これにより、ループの途中で辞書型のサイズが変わり、エラーが発生します。

# 辞書型の定義
dict_data = {"apple": 100, "banana": 200, "cherry": 300}

# ループ中で要素を削除
for key in dict_data:
    if key == "apple":
        del dict_data[key]

# RuntimeError: dictionary changed size during iteration

この問題を避けるためには、辞書型をコピーしてからループを行うか、辞書型のキーのリストをループするとよいです。

下記のコードでは、辞書型のキーのリストをループし、条件に合致するキーを削除しています。

# 辞書型の定義
dict_data = {"apple": 100, "banana": 200, "cherry": 300}

# キーのリストをループ
for key in list(dict_data.keys()):
    if key == "apple":
        del dict_data[key]

print(dict_data)  # 出力: {'banana': 200, 'cherry': 300}

以上がPythonの辞書型を扱う際の主な注意点と、それぞれの問題を解決するための方法です。

辞書型は非常に強力なデータ構造ですが、その特性を正しく理解し、適切に利用することが重要です。

●Pythonの辞書型のカスタマイズ

Pythonの連想配列、すなわち辞書型の利用方法は静的な使用法だけでなく、その動的な拡張やカスタマイズも可能です。

これにより、自分自身の要求により適合するデータ構造を作成することができます。

それでは、そのようなカスタマイズ方法として、辞書型のサブクラス化とcollectionsモジュールを利用した拡張辞書型の使用について解説します。

○辞書型のサブクラス化

Pythonでは、既存のクラスをベースに新たなクラスを定義することができます。これを「サブクラス化」と言います。

この機能を利用すれば、辞書型の挙動を自分自身の要求に応じてカスタマイズすることが可能になります。

次のコードでは、辞書型のサブクラスとして「CountDict」という新たなクラスを定義し、要素が追加されるたびにカウントを増やす機能を追加しています。

class CountDict(dict):
    def __init__(self, *args, **kwargs):
        self.item_count = 0
        super().__init__(*args, **kwargs)

    def __setitem__(self, key, value):
        self.item_count += 1
        super().__setitem__(key, value)

my_dict = CountDict()
my_dict['apple'] = 'red'
my_dict['banana'] = 'yellow'

print(my_dict)  # {'apple': 'red', 'banana': 'yellow'}
print(my_dict.item_count)  # 2

上記の例では、Pythonのビルトイン関数であるdict(辞書型)を継承したCountDictクラスを作成しています。

このCountDictクラスは辞書型と全く同じ振る舞いをしますが、要素を追加するたびに「item_count」が増えるという機能を持っています。

このようにPythonの辞書型は柔軟にカスタマイズ可能で、自分自身のニーズに合わせて機能を追加できます。

プログラミングにおける問題解決の幅が広がることでしょう。

○collectionsモジュールを利用した拡張辞書型の使用

Pythonには標準ライブラリとしてcollectionsモジュールが含まれています。

このモジュールは、Pythonの組み込み型を拡張したデータ構造を提供します。

その中には辞書型の拡張形となるデータ構造も存在します。

具体的な例として、collectionsモジュールのOrderedDictクラスを見てみましょう。

このクラスは、辞書型とほぼ同じ機能を持ちながらも、要素の追加順序を保持するという特性を持っています。

Python3.7以降では通常の辞書型でもこの順序が保持されますが、それ以前のバージョンでは順序が保持されないため、このOrderedDictが非常に有用でした。

下記のコードではOrderedDictの使用例を表しています。

from collections import OrderedDict

my_dict = OrderedDict()
my_dict['apple'] = 'red'
my_dict['banana'] = 'yellow'

for key, value in my_dict.items():
    print(f'{key}: {value}')
# apple: red
# banana: yellow

この例では、通常の辞書型と同じように要素を追加し、その後、要素を追加した順序で出力を行っています。

このOrderedDictクラスを使うことで、辞書型に順序性を持たせることができます。

まとめ

この記事では、Pythonの連想配列である辞書型(dictionary)のカスタマイズ方法について解説しました。

Pythonの辞書型は非常に強力なデータ構造であり、その使用法は様々です。

しかし、特定の目的に最適化するためには、この基本的なデータ構造をカスタマイズすることが必要な場合があります。

まず、辞書型のサブクラス化について説明しました。

これにより、既存の辞書型の機能に加えて、新たな機能を追加することができます。

具体的には、要素が追加されるたびにカウントを増やす機能を持つ新しい辞書型のクラスを作成しました。

これは、要素の追加回数を記録する必要がある特定のシナリオで役立つでしょう。

また、collectionsモジュールによる辞書型の拡張についても紹介しました。

collectionsモジュールは、Pythonの組み込みデータ構造を拡張した高度なデータ構造を提供しています。

その中でも、OrderedDictは辞書型とほぼ同じ機能を持ちつつ、要素の追加順序を保持するという特性を持っています。

これにより、要素の順序に意味を持たせたい場合に有効に活用することができます。

以上が、Pythonで連想配列を使いこなすための手法となります。

これらの知識を使えば、Pythonでのデータ操作が劇的にスムーズになり、より複雑で高度な問題を解決するための一歩となるでしょう。

Pythonの連想配列、辞書型(dictionary)を使いこなすための全知識をこの記事一本で網羅しました。

初心者から中級者まで、誰もが理解できる解説と実例を紹介しました。

これまで述べた知識をぜひ活用して、Pythonの連想配列を使いこなし、日々のプログラミング業務を効率化してください。

今後もPythonやプログラミングに関連する情報を提供していくので、引き続きご注目いただければと思います。