Python初心者必見!わずか7ステップでPythonインタプリタを自在に使いこなす方法

初心者がPythonインタプリタを学ぶイメージPython
この記事は約7分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

Pythonが初めてというあなたに朗報です。

今日からあなたもPythonを始めることができます。

この記事を読めばPythonインタプリタの使い方を習得し、プログラミングに自信を持つことができるでしょう。

是非、最後までお付き合いください。

●Pythonとは

Pythonは、読みやすさと、多種多様な用途で使用できる特性から多くの開発者に支持されているプログラミング言語です。

Web開発からデータ分析、機械学習まで、その適用範囲は広範です。

それだけでなく、シンプルでありながらも強力な機能を持つため、初心者から上級者まで幅広いユーザーにとって便利なツールです。

●Pythonインタプリタとは

Pythonインタプリタは、Pythonプログラムを一行ずつ実行するソフトウェアです。

インタプリタはプログラムを即座に実行し、結果をすぐに返します。

これにより、コードの動作を素早くチェックでき、実験的なプログラミングやデバッグに非常に便利です。

●Pythonインタプリタの使い方

○インタプリタの起動方法

Pythonインタプリタを起動するには、コマンドプロンプトやターミナルを開き、’python’と入力します。

そうすると、Pythonインタプリタが起動し、プロンプトが表示されます。

このプロンプトはPythonコードを待っています。

○インタプリタでのプログラム実行方法

Pythonインタプリタは、入力されたコードを即座に実行します。

たとえば、’print(“Hello, World!”)’と入力すると、インタプリタはこの行を解釈し、画面に’Hello, World!’と表示します。

○サンプルコード1:Hello Worldを出力する

まずは伝統的な’Hello, World!’プログラムを見てみましょう。

このコードでは、’print’関数を使って文字列’Hello, World!’を出力します。

print("Hello, World!")

これを実行すると、次のような出力が得られます。

Hello, World!

‘print’関数は、括弧内の内容を出力するためのPythonの組み込み関数です。

○サンプルコード2:基本的な計算を行う

次に、基本的な数値計算を行ってみましょう。

Pythonインタプリタは、電卓のように利用することもできます。

print(7 + 3)
print(10 - 2)
print(5 * 2)
print(10 / 2)

これを実行すると、次のような出力が得られます。

10
8
10
5.0

このようにPythonでは、通常の算術演算子を用いて四則演算を行うことができます。

○サンプルコード3:条件分岐を試す

さらに、条件分岐を行う基本的なコードを見てみましょう。

このコードでは、’if’ステートメントを使って条件分岐を行い、特定の条件が真であれば一定の動作をします。

x = 10
if x > 5:
    print("xは5より大きいです")
else:
    print("xは5以下です")

これを実行すると、次のような出力が得られます。

xは5より大きいです

●Pythonインタプリタの応用例

ここでは、Pythonインタプリタで実行できるさまざまなコードを見てみましょう。

これらのコードは、Pythonの基本的な機能を利用していますが、これらの基礎を理解することで、より複雑なコードを書く際の土台となります。

○サンプルコード4:リストの操作を試す

Pythonでは、「リスト」というデータ構造を使って複数の値を一つの変数に格納することができます。

このサンプルコードでは、リストを作成し、その中の値を操作する方法を紹介します。

my_list = [1, 2, 3, 4, 5]
print(my_list)

my_list.append(6)
print(my_list)

my_list.remove(3)
print(my_list)

これを実行すると、次のような出力が得られます。

[1, 2, 3, 4, 5]
[1, 2, 3, 4, 5, 6]
[1, 2, 4, 5, 6]

まず、5つの数値を含むリストを作成しました。

次に、’append’メソッドを使用してリストに新しい要素を追加しました。

最後に、’remove’メソッドを使用してリストから特定の要素を削除しました。

○サンプルコード5:繰り返し処理を試す

Pythonには、一連の命令を複数回繰り返すための制御構造があります。

ここでは、’for’ループを使ってリストの各要素を順に表示する方法を紹介します。

for i in my_list:
    print(i)

これを実行すると、次のような出力が得られます。

1
2
4
5
6

このコードでは、リスト’my_list’の各要素を順番に取り出し、それを表示しています。

○サンプルコード6:関数の定義と呼び出しを試す

最後に、Pythonで独自の関数を定義し、それを呼び出す方法を見てみましょう。

このコードでは、2つの数値を引数として受け取り、それらの積を返す関数を定義します。

def multiply(a, b):
    return a * b

print(multiply(3, 4))

これを実行すると、次のような出力が得られます。

12

ここでは、’multiply’という名前の関数を定義し、それを呼び出すことで2つの数値の積を計算しています。

関数は一度定義すると、同じ処理を何度も使い回すことができ、コードの再利用性を高める強力なツールです。

●Pythonインタプリタの注意点と対処法

Pythonインタプリタを使う上で注意すべきポイントと、それらの問題を解決するための対処法をご紹介します。

○エラーメッセージの読み方

Pythonインタプリタはエラーが発生すると、エラーメッセージを出力します。

これはコードが問題を抱えていることを示す重要な手がかりです。

print(Hello)

このコードを実行すると、次のエラーメッセージが出力されます。

NameError: name 'Hello' is not defined

エラーメッセージはエラーの種類(この場合はNameError)と、エラーが発生した原因を教えてくれます。

この例では、’Hello’が定義されていないというエラーが発生しています。

○エラーの対処法

上述のエラーを解決するためには、文字列を出力したい場合は引用符を使って’Hello’とすべきです。

print('Hello')

これを実行すると、期待通りに’Hello’と出力されます。

Hello

○インタプリタの終了方法

Pythonインタプリタを終了するには、exit()と入力します。

しかし、誤って他のコードを実行してしまった場合、それが終了コマンドと解釈されてインタプリタが終了することはありません。

●Pythonインタプリタのカスタマイズ方法

Pythonインタプリタはカスタマイズが可能です。

例えば、ヒストリー機能を使って以前に入力したコードを再利用したり、プロンプトの見た目を変更したりできます。

○ヒストリー機能の利用

Pythonインタプリタは、以前に入力したコードを記憶しています。

この機能を使えば、過去のコードを再利用することが容易になります。

上下矢印キーを使ってヒストリーを辿ることができます。

○プロンプトのカスタマイズ

Pythonインタプリタのプロンプトは、環境変数PYTHONSTARTUPに設定ファイルのパスを指定することでカスタマイズできます。

設定ファイルには、プロンプトの見た目を変更するコードを記述します。

まとめ

以上が、Pythonインタプリタの基本的な使い方と応用例、注意点とその対処法、そしてカスタマイズ方法についての解説です。

これらの知識を活かして、Pythonプログラミングをより効率的に、より楽しく進めていきましょう。

今回学んだことをしっかりと理解すれば、あなたもPythonインタプリタを自在に使いこなすことができるでしょう。