CSSセンダリングの作り方・使い方・対処法を徹底解説!サンプルコードも紹介

初心者必見!CSSセンダリングの作り方・使い方・対処法を徹底解説!サンプルコードも紹介CSS
この記事は約5分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

Webページを作成する上で、CSSは欠かせないものです。

CSSを使うことで、デザインやレイアウトを簡単に設定することができます。

しかし、CSSの扱い方によっては、ページの表示速度が遅くなってしまうことがあります。

その中でも、CSSセンダリングが問題となることがあります。

CSSセンダリングとは、ページの表示速度を遅くする原因の一つであり、初心者でも理解しやすいように解説していきます。

●CSSセンダリングとは?

CSSセンダリングとは、Webページが読み込まれる際に、ブラウザがCSSを解析し、適用するために必要な時間がかかってしまう現象です。

つまり、ページの表示速度を遅くする原因の一つとなります。

この現象が起こる主な原因としては、CSSファイルの数が多すぎることや、CSSファイル内のコードが複雑すぎることなどが挙げられます。

CSSセンダリングが起こると、Webページの表示速度が遅くなってしまうため、ユーザーのストレスや離脱率の増加につながることがあります。

●CSSセンダリングの対処法

CSSセンダリングを回避するためには、次のような対処法があります。

○CSSの最適化

CSSファイル内のコードを最適化することで、不要なコードを削除し、ファイルサイズを軽減することができます。

これにより、ブラウザがCSSを解析するために必要な時間を短縮することができます。

○CSSファイルの統合

CSSファイルを統合することで、ファイル数が減り、ブラウザがCSSを解析するために必要な時間を短縮することができます。

例えば、複数のCSSファイルを一つにまとめたり、inlineスタイルを使うことで、CSSファイルの数を減らすことができます。

○CSSファイルの非同期読み込み

CSSファイルの読み込みを非同期にすることで、ページの読み込み速度を向上させることができます。

例えば、JavaScriptを使ってCSSファイルを読み込むことができます。

○ブラウザキャッシュの有効化

ブラウザキャッシュを有効にすることで、CSSファイルを一度ダウンロードした後は、再度ダウンロードする必要がなくなります。

これにより、ページの読み込み速度を向上させることができます。

●CSSセンダリングの作り方

CSSセンダリングを回避するために、次のような方法でCSSを記述することができます。

CSSプリプロセッサを使う

CSSプリプロセッサを使うことで、効率的にCSSを記述することができます。

CSSプリプロセッサは、変数や関数、ネストなどの機能をサポートしており、コードの再利用性や保守性を向上させることができます。

○CSS設計を行う

CSS設計を行うことで、CSSの保守性を向上させることができます。

CSS設計とは、CSSのルールや命名規則、ファイル構成などを統一し、管理しやすくすることです。

代表的なCSS設計手法としては、BEMやSMACSSなどがあります。

○CSSフレームワークを使う

CSSフレームワークを使うことで、デザインやレイアウトの実装を簡単に行うことができます。

代表的なCSSフレームワークとしては、BootstrapやFoundationなどがあります。

●CSSセンダリングの応用例

CSSセンダリングに関する応用例として、次のようなものがあります。

○レスポンシブデザイン

レスポンシブデザインを実装する際には、複数のCSSファイルを使用することがあります。

しかし、CSSセンダリングが起こると、ページの読み込み速度が遅くなってしまうため、レスポンシブデザインを実装する際には、CSSファイルを統合したり、最適化することが必要となります。

○アニメーション

アニメーションを実装する際には、CSSのコードが複雑になることがあります。

しかし、CSSセンダリングが起こると、アニメーションの実行速度が遅くなってしまうため、最適化することが必要となります。

○JavaScriptライブラリとの組み合わせ

JavaScriptライブラリとの組み合わせにおいて、CSSセンダリングが起こることがあります。

例えば、JavaScriptライブラリで生成されたDOMに対して、CSSを適用する場合には、CSSの最適化やファイル統合などが必要となります。

●サンプルコード

CSSファイルを統合するためのサンプルコードです。

<link rel="stylesheet" href="style.css">

inlineスタイルを使用するためのサンプルコードです。

<div style="color: red;">Hello, World!</div>

JavaScriptを使ってCSSファイルを非同期に読み込むためのサンプルコードです。

<script>
  var link = document.createElement('link');
  link.rel = 'stylesheet';
  link.type = 'text/css';
  link.href = 'style.css';
  document.head.appendChild(link);
</script>

まとめ

CSSセンダリングは、Webページの表示速度を遅くする原因の一つとなります。

しかし、最適化やファイル統合、非同期読み込みなどの対処法を行うことで、CSSセンダリングを回避することができます。

また、CSSプリプロセッサやCSS設計、CSSフレームワークを使うことで、CSSの記述を効率化することができます。

初心者でも理解しやすいように、CSSセンダリングの作り方や対処法について解説してきました。

応用例として、レスポンシブデザインやアニメーション、JavaScriptライブラリとの組み合わせなどを紹介しました。