CSS 背景画像の作り方と使い方 – JPSM

CSS 背景画像の作り方と使い方

CSS 背景画像の設定方法や使い方を解説した初心者向けチュートリアルCSS

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスは複数のSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

また、理解しにくい説明や難しい問題に躓いても、JPSMがプログラミングの解説に特化してオリジナルにチューニングした画面右下のAIアシスタントに質問していだければ、特殊な問題でも指示に従い解決できるように作ってあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

CSS 背景画像の作り方

まず、CSS 背景画像の作り方について解説します。

CSS 背景画像は、次の方法で設定することができます。

●画像を準備する

CSS 背景画像を設定するには、まず画像を用意する必要があります。

画像は、Web サイトに使用するために最適化されたものを使用することをおすすめします。

最適化された画像は、サイトの読み込み速度を改善し、ユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。

●CSS の background-image プロパティを使用する

CSS 背景画像を設定するためには、background-image プロパティを使用します。

このプロパティは、次のように記述します。

background-image: url('画像の URL');

このプロパティは、背景画像に使用する画像の URL を指定するものです。

URL は、Web サイトのルートディレクトリから画像までのパスを指定する必要があります。

CSS 背景画像を設定する例です。

body {
  background-image: url('image/bg.jpg');
}

上記の例では、body 要素の背景に、image フォルダ内の bg.jpg というファイルを使用しています。

CSS 背景画像の使い方

次に、CSS 背景画像の使い方について解説します。

CSS 背景画像は、Web サイトの背景に使用するだけでなく、様々な要素にも使用することができます。

代表的な要素に対しての CSS 背景画像の設定方法について解説します。

●body 要素に背景画像を設定する

body 要素に CSS 背景画像を設定するには、次のように記述します。

body {
  background-image: url('画像の URL');
}

上記の例では、body 要素に画像の URL を指定しています。

背景画像の位置やサイズを調整する場合は、background-position や background-size プロパティを使用します。

body {
  background-image: url('画像の URL');
  background-position: center;
  background-size: cover;
}

上記の例では、背景画像の位置を中央に、サイズをカバーに設定しています。

●div 要素に背景画像を設定する

div 要素に CSS 背景画像を設定するには、次のように記述します。

<div style="background-image: url('画像の URL');"></div>

上記の例では、style 属性を使用して、背景画像の URL を指定しています。

●a 要素に背景画像を設定する

a 要素に CSS 背景画像を設定するには、次のように記述します。

a {
  background-image: url('画像の URL');
  display: inline-block;
  width: 100px;
  height: 100px;
}

上記の例では、a 要素に背景画像の URL を指定しています。

また、display プロパティを inline-block に、幅と高さを 100px に設定しています。

CSS 背景画像の問題点と対処法

CSS 背景画像には、次のような問題点があります。

それぞれの問題点に対する対処法についても解説します。

●読み込み速度の問題

Web サイトの読み込み速度が遅いと、ユーザーがサイトを離れる可能性があります。

CSS 背景画像の読み込み速度を改善するには、以下の対処法があります。

  • 画像の最適化:画像を最適化することで、ファイルサイズを小さくし、読み込み速度を改善することができます。
  • CSS スプライト:CSS スプライトを使用することで、複数の画像を1つのファイルにまとめて読み込み、読み込み速度を改善することができます。

●レスポンシブ対応の問題

Web サイトがレスポンシブに対応していない場合、背景画像が画面に収まらず、見づらくなることがあります。

レスポンシブ対応するためには、下記の対処法があります。

  • メディアクエリ:メディアクエリを使用して、画面サイズに応じて背景画像のサイズや位置を調整することができます。
  • srcset 属性:srcset 属性を使用して、画像のサイズや解像度を切り替えることができます。

●アクセシビリティの問題

CSS 背景画像は、スクリーンリーダーなどのアシスト技術によって読み上げられない場合があります。

アクセシビリティを考慮するためには、次の対処法があります。

  • alt 属性:CSS 背景画像に対して、alt 属性を使用してテキスト情報を提供することができます。
  • aria-label 属性:aria-label 属性を使用して、CSS 背景画像に対してテキスト情報を提供することができます。

CSS 背景画像の応用例

最後に、CSS 背景画像の応用例について解説します。

CSS 背景画像を使用することで、様々な効果を実現することができます。

● グラデーション効果の作成

CSS 背景画像を使用して、グラデーション効果を作成することができます。

background-image: linear-gradient(to bottom, #00bfff, #1e90ff);

上記の例では、to bottom を指定して、上部から下部に向かってグラデーション効果を作成しています。

●パターン背景の作成

CSS 背景画像を使用して、パターン背景を作成することができます。

background-image: url('画像の URL');
background-repeat: repeat;

上記の例では、background-repeat プロパティを repeat に設定して、背景画像を繰り返して表示しています。

●背景に透明な色を設定する

CSS 背景画像を使用して、背景に透明な色を設定することができます。

background-image: url('画像の URL');
background-color: rgba(0, 0, 0, 0.5);

上記の例では、background-color プロパティを使用して、背景に透明な黒色を設定しています。

●背景に動画を設定する

CSS 背景画像を使用して、背景に動画を設定することができます。

HTML5 の video タグを使用して動画を設定する例です。

video {
  position: fixed;
  right: 0;
  bottom: 0;
  min-width: 100%;
  min-height: 100%;
  z-index: -1;
}

上記の例では、video 要素に CSS を使用して、背景に動画を設定しています。

position プロパティを fixed に設定することで、背景として表示されるようになります。

まとめ

以上が、CSS 背景画像の作り方、使い方、問題点と対処法、応用例についての解説です。

CSS 背景画像は、Web サイトをより魅力的にするために重要な要素の一つです。

ぜひ、この記事を参考にして、自分の Web サイトに CSS 背景画像を設定してみてください。

また、CSS 背景画像の設定に関する疑問や問題がある場合は、Web サイトの開発者コミュニティやオンラインのフォーラムなどで情報を収集することをおすすめします。

これらの場所では、他の開発者が同じ問題に取り組んでいる可能性があり、より効果的な解決策を見つけることができます。