CSSで簡単に作れる!背景グラデーションの使い方と応用例

CSSで背景グラデーションを作成する方法や応用例について解説します。初心者でも簡単にできるサンプルコードを多数掲載しています。 CSS
この記事は約5分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

ウェブページの背景にグラデーションを設定することで、美しいデザインや雰囲気を演出することができます。

CSSを使用することで、簡単に背景グラデーションを作成することができます。

本記事では、CSSを使った背景グラデーションの作り方、使い方、問題点と対処法、そして応用例について詳しく解説します。

初心者でも簡単に理解できるように、サンプルコードも多数掲載しています。

●背景グラデーションの作り方

CSSで背景グラデーションを作成するには、background-imageプロパティにlinear-gradient()関数を指定します。

linear-gradient()関数には、2つ以上の色と、グラデーションの方向を指定することができます。

例えば、水色から白色にグラデーションをかける場合は、次のように記述します。

body {
  background-image: linear-gradient(to bottom, #1abc9c, #ffffff);
}

これによって、上から下に向かって水色から白色にグラデーションがかかります。

to bottomというのは、グラデーションの方向を示しています。

to bottomと指定することで、上から下に向かってグラデーションがかかるようになります。

to right、to left、to topといった方向指定も可能です。

●背景グラデーションの使い方

背景グラデーションは、body要素だけでなく、div要素などのコンテンツ部分にも設定することができます。

また、背景グラデーションの方向や色を変えることで、様々なデザインを表現することができます。

例えば、左から右に向かって、黄色からピンク色にグラデーションをかける場合は、次のように記述します。

.content {
  background-image: linear-gradient(to right, #f1c40f, #e74c3c);
}

このように、background-imageプロパティにlinear-gradient()関数を指定し、グラデーションの方向と色を設定することで、背景グラデーションを設定することができます。

●背景グラデーションの問題点と対処法

背景グラデーションを設定する際に、問題が起こることがあります。

例えば、背景グラデーションを設定した場合、テキストが読みにくくなる場合があります。

これを解決するためには、テキストの色を調整することが必要です。

例えば、白色の背景グラデーションを設定した場合、テキストの色を黒色に変更することで、読みやすさを向上させることができます。

また、背景グラデーションを設定する際に、画像との組み合わせで問題が発生することがあります。

この場合は、背景グラデーションの透明度を調整することで解決することができます。

例えば、次のように、背景グラデーションの透明度を0.5に設定することで、背景画像との見やすさを改善することができます。

body {
  background-image: linear-gradient(to bottom, #1abc9c, #ffffff);
  opacity: 0.5;
}

●背景グラデーションの応用例

背景グラデーションは、単純な色では表現できないデザイン表現を可能にするため、様々な応用例があります。

背景グラデーションを応用したデザイン例を紹介します。

・ボタンにグラデーションをかける

ボタンに背景グラデーションをかけることで、立体感や質感を表現することができます。

ボタンに青色から緑色へのグラデーションをかけたサンプルコードです。

button {
  background-image: linear-gradient(to right, #3498db, #2ecc71);
  color: white;
  padding: 10px 20px;
  border-radius: 5px;
  border: none;
  text-transform: uppercase;
  font-weight: bold;
  cursor: pointer;
}

これによって、立体感のあるボタンを実現することができます。

・セクションにグラデーションをかける

ウェブページのセクションに背景グラデーションをかけることで、印象的なデザイン表現を実現することができます。

青色から紫色へのグラデーションをかけたセクションのサンプルコードです。

section {
  background-image: linear-gradient(to bottom, #3498db, #9b59b6);
  padding: 50px;
  color: white;
}

これによって、印象的なセクションを実現することができます。

・テキストにグラデーションをかける

テキストに背景グラデーションをかけることで、文字を強調することができます。

テキストに赤色から黄色へのグラデーションをかけたサンプルコードです。

h1 {
  background-image: linear-gradient(to right, #ff2f50, #ff9a00);
  -webkit-background-clip: text;
  -webkit-text-fill-color: transparent;
}

これによって、文字の中にグラデーションを表現することができます。

まとめ

CSSを使って背景グラデーションを作成する方法や、応用例について解説しました。

背景グラデーションは、単純な色では表現できないデザイン表現を可能にするため、様々な応用例があります。

また、背景グラデーションを設定する際には、テキストの色や背景画像との組み合わせに注意が必要です。

初心者でも簡単に理解できるように、サンプルコードも多数掲載しましたので、是非、実際に試してみてください。