TypeScriptで関数のオーバーライドをマスターする方法10選!

TypeScriptの関数のオーバーライドイメージTypeScript
この記事は約15分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

TypeScriptは、JavaScriptに静的型チェックやオブジェクト指向プログラミングの概念を追加することで、大規模なアプリケーション開発や、より安全で読みやすいコードの実現を目指しています。

その中でも「オーバーライド」は、オブジェクト指向プログラミングの核心的な部分を形成しています。

今回は、TypeScriptでの関数オーバーライドの基本から応用まで、初心者向けに10の具体的な方法を解説していきます。

オーバーライドの概念を完璧に理解し、実際の開発に役立てることで、より洗練されたコードを書くことが可能となります。

それでは、具体的なサンプルコードを交えながら、オーバーライドの魅力とその応用法を探っていきましょう。

●TypeScriptのオーバーライド基礎知識

オブジェクト指向を活用したプログラミングでは、メソッドのオーバーライドは基本中の基本です。

TypeScriptでは、このオーバーライドを通じて、既存のクラスメソッドを自在に再定義し、クラスの振る舞いを細かくコントロールできます。

ここでは、その基本的なコンセプトと、TypeScript特有の実装方法を見ていきましょう。

○オーバーライドとは?

オーバーライドは、親クラスで定義されたメソッドを子クラスで再定義することを指します。

これにより、子クラスは親クラスの機能を継承しつつ、特定の振る舞いだけを変更することができます。

オーバーライドを使用する主な目的は、コードの再利用性を高め、設計の柔軟性を確保することです。

○TypeScriptでのオーバーライドの必要性

JavaScriptには元々クラスやオーバーライドといった概念が存在しなかったため、TypeScriptがこれらの機能を導入することで、よりオブジェクト指向的なプログラミングが可能となりました。

オーバーライドは、異なる振る舞いを持つ複数のサブクラスを効率的に管理する手段として利用されます。

●オーバーライドの基本的な方法

オーバーライドの方法を正しく学ぶことは、TypeScriptでより複雑なアーキテクチャを構築する上で非常に重要です。

正しく使用することで、再利用可能で柔軟性が高く、かつ拡張しやすいコードを書くことが可能になります。

ここからは、TypeScriptにおけるオーバーライドの基本的なパターンをサンプルコードと共に詳しく見ていきましょう。

○サンプルコード1:基本的なオーバーライド方法

このコードでは、基本的なオーバーライドの方法を表しています。

この例では、親クラスのメソッドを子クラスで再定義しています。

class Animal {
    speak() {
        return "何かの音";
    }
}

class Dog extends Animal {
    speak() {
        return "ワンワン";
    }
}

let dog = new Dog();
console.log(dog.speak());  // ワンワンと出力されます。

上記のコードでは、Animalクラスにspeakメソッドが定義されており、Dogクラスでこのメソッドがオーバーライドされています。

その結果、Dogクラスのインスタンスでspeakメソッドを呼び出すと、「ワンワン」という独自の出力が得られます。

○サンプルコード2:クラス間のオーバーライド

TypeScriptでは、クラス間でのオーバーライドも可能です。

この手法を利用すると、基底クラスのメソッドを派生クラスで再定義し、カスタマイズした動作を実現することができます。

ここでは、親クラスと子クラス間でのオーバーライドの方法をサンプルコードを交えて解説します。

下記のコードでは、親クラス「Animal」に「speak」メソッドを定義しています。

この例では、「Dog」という子クラスで「speak」メソッドをオーバーライドして、独自の振る舞いを追加しています。

class Animal {
    speak(): string {
        return "何かの音";
    }
}

class Dog extends Animal {
    // Animalクラスのspeakメソッドをオーバーライド
    speak(): string {
        return "ワンワン";
    }
}

const dog = new Dog();
console.log(dog.speak()); // ワンワンと表示される

このコードでは「Animal」クラスの「speak」メソッドが「何かの音」という文字列を返すように定義されています。

しかし、派生クラスの「Dog」では、このメソッドをオーバーライドして「ワンワン」という文字列を返すように再定義しています。

そのため、「Dog」クラスのインスタンスを作成し、「speak」メソッドを呼び出すと、「ワンワン」という文字列が返されます。

このようにTypeScriptを使ってクラス間のオーバーライドを行う際は、基底クラスのメソッドを派生クラスで再定義することで、継承したメソッドの振る舞いを変更することが可能です。

初心者の方でもこのようにして、簡単にオーバーライドの基本を理解し、TypeScriptのクラス設計の中で柔軟な実装を行うことができるでしょう。

続いて、もし「Dog」クラスで「speak」メソッドをオーバーライドしなかった場合、基底クラス「Animal」の「speak」メソッドがそのまま呼び出されることになります。

この振る舞いは、オーバーライドの仕組みを理解する上で非常に重要です。

オーバーライドが行われていない場合、派生クラスは基底クラスのメソッドをそのまま継承し、使用することができます。

●オーバーライドの応用例

TypeScriptでは、基本的なオーバーライドの仕組みだけでなく、より高度なオーバーライドの方法も利用することができます。

ここでは、オーバーライドのさまざまな応用例を紹介します。

○サンプルコード3:引数を変更してオーバーライド

このコードでは、引数を変更してオーバーライドする方法を表しています。

この例では、親クラスのメソッドと異なる引数を取る子クラスのメソッドを定義してオーバーライドしています。

class 親クラス {
    メソッド(引数1: string): void {
        console.log(`親クラスのメソッド: ${引数1}`);
    }
}

class 子クラス extends 親クラス {
    // 引数を変更してオーバーライド
    メソッド(引数1: string, 引数2: number): void {
        console.log(`子クラスのメソッド: ${引数1}、${引数2}`);
    }
}

const obj = new 子クラス();
obj.メソッド("テスト", 123);

上記のコードを実行すると、コンソールには「子クラスのメソッド: テスト、123」と表示されます。

○サンプルコード4:戻り値の型を変更してオーバーライド

このコードでは、戻り値の型を変更してオーバーライドする方法を表しています。

この例では、親クラスのメソッドが数値を返すのに対して、子クラスのメソッドは文字列を返すようにオーバーライドしています。

class 親クラス {
    メソッド(): number {
        return 100;
    }
}

class 子クラス extends 親クラス {
    // 戻り値の型を変更してオーバーライド
    メソッド(): string {
        return "子クラスの文字列";
    }
}

const obj = new 子クラス();
console.log(obj.メソッド());

このコードを実行すると、コンソールに「子クラスの文字列」と表示されます。

○サンプルコード5:アクセス修飾子を利用したオーバーライド

このコードでは、アクセス修飾子を使用してオーバーライドする方法を表しています。

この例では、親クラスのprotectedメソッドを子クラスでpublicに変更してオーバーライドしています。

class 親クラス {
    protected メソッド(): string {
        return "親クラスの保護されたメソッド";
    }
}

class 子クラス extends 親クラス {
    // アクセス修飾子を変更してオーバーライド
    public メソッド(): string {
        return "子クラスの公開メソッド";
    }
}

const obj = new 子クラス();
console.log(obj.メソッド());

この例を実行すると、「子クラスの公開メソッド」という結果が得られます。

○サンプルコード6:abstractキーワードとの組み合わせ

TypeScriptでは、抽象クラスを定義するためのabstractキーワードが用意されています。

抽象クラスは、そのままインスタンスを生成することができず、継承を前提としたクラスです。

この抽象クラス内で定義された抽象メソッドは、サブクラスでオーバーライドする必要があります。

この特性を活用することで、特定のメソッドがサブクラスで必ず実装されることを保証することができます。

このコードでは、Animalという抽象クラスを作成して、その中でmakeSoundという抽象メソッドを定義しています。

この例では、DogCatというクラスをAnimalクラスから継承し、それぞれでmakeSoundメソッドをオーバーライドしています。

// 抽象クラスの定義
abstract class Animal {
    // 抽象メソッドの定義
    abstract makeSound(): string;
}

// DogクラスでAnimalクラスを継承し、makeSoundメソッドをオーバーライド
class Dog extends Animal {
    makeSound(): string {
        return 'ワンワン';
    }
}

// CatクラスでAnimalクラスを継承し、makeSoundメソッドをオーバーライド
class Cat extends Animal {
    makeSound(): string {
        return 'ニャー';
    }
}

// インスタンス生成とメソッドの呼び出し
const dog = new Dog();
const cat = new Cat();
console.log(dog.makeSound()); // ワンワン
console.log(cat.makeSound()); // ニャー

上記のコードを実行すると、「ワンワン」と「ニャー」という文字列がコンソールに出力されます。

これは、それぞれの動物のクラスでオーバーライドされたmakeSoundメソッドが正しく実行されることを表しています。

このように、abstractキーワードを用いて抽象クラスを定義することで、特定の動作をサブクラスで必ず実装させることができます。

特に、複数のクラスに共通する振る舞いや構造を持つ場合に、この方法を活用することでコードの再利用性や拡張性を高めることができます。

○サンプルコード7:オーバーロードとオーバーライドの違い

TypeScriptの深い領域に入る前に、オーバーロードとオーバーライドの違いを明確に理解することは非常に重要です。

これらは名前が似ているため、混同しやすいですが、その働きは大きく異なります。

ここでは、それぞれの違いを明確にし、その特性を活用する方法を学びます。

  1. オーバーライド

    オーバーライドは、サブクラスでスーパークラスのメソッドを上書きすることを指します。
    これにより、基底クラスのメソッドを新しい実装で置き換えることができます。
  2. オーバーロード

    オーバーロードは、同じ名前のメソッドや関数を異なるパラメータセットで複数定義することを指します。
    これにより、同じメソッド名を持ちつつ、異なる引数や戻り値の型を持つ複数の関数やメソッドを定義することができます。

このコードでは、オーバーライドとオーバーロードの違いを表すシンプルな例を表しています。

この例では、オーバーライドを使ってスーパークラスのメソッドを上書きし、オーバーロードを使って異なるパラメータで同じメソッドを定義しています。

// 基底クラス
class Animal {
    speak(): void {
        console.log("何かの音");
    }
}

// サブクラス
class Dog extends Animal {
    // スーパークラスのメソッドをオーバーライド
    speak(): void {
        console.log("ワンワン");
    }

    // オーバーロード: 同じ名前で異なるパラメータ
    speak(message: string): void {
        console.log(message);
    }
}

const dog = new Dog();
dog.speak();            // "ワンワン" と表示
dog.speak("ガウガウ");  // "ガウガウ" と表示

上記のコードを実行すると、まず「ワンワン」と表示され、次に「ガウガウ」と表示されます。

Dogクラスではspeakメソッドをオーバーライドしており、オーバーロードも使用して、メッセージとして文字列を受け取ることができるようにしています。

また、TypeScriptでは、実際のオーバーロードの実装は1つだけで、実際の関数本体は最後に定義されたものが使用されます。

上記の例では、2つのspeakメソッドのうち、文字列を引数として受け取るものが実際に実行されます。

●注意点と対処法

オーバーライドをTypeScriptで利用する際には、特有のいくつかの注意点とそれに対する対処法が存在します。

これらの点を意識することで、安全にコードを書き進めることが可能となります。

○サンプルコード8:オーバーライド時の型チェック

オーバーライドを行う際、親クラスとサブクラスでメソッドの型が一致しているかを確認することは大変重要です。

もし一致していない場合、予期しないエラーやバグを生む原因となります。

このコードでは、型チェックを強制するシンプルな例を表しています。

この例では、親クラスとサブクラスでメソッドの戻り値の型が異なっている場合に、コンパイルエラーを引き起こします。

class Parent {
    // 親クラスのメソッド
    method(): number {
        return 100;
    }
}

class Child extends Parent {
    // サブクラスでのオーバーライド
    method(): string { // 型が異なるためエラーとなる
        return "文字列";
    }
}

上記のコードでは、Parentクラスのmethodメソッドの戻り値の型はnumberですが、Childクラスでオーバーライドしたmethodメソッドの戻り値の型はstringとなっており、これが原因でコンパイルエラーが発生します。

○サンプルコード9:オーバーライドとプライベートメソッド

プライベートメソッドは、そのクラス内からのみアクセス可能なメソッドであり、サブクラスからオーバーライドすることはできません。

これを念頭に置いて設計することが大切です。

このコードでは、親クラス内でプライベートメソッドを定義し、サブクラスでそのメソッドをオーバーライドしようとした場合の動きを確認します。

class Parent {
    // プライベートメソッド
    private method() {
        return "親クラスのmethod";
    }
}

class Child extends Parent {
    // サブクラスでのオーバーライド試み
    method() {
        return "サブクラスのmethod"; // エラーが発生
    }
}

この例では、Parentクラスにmethodというプライベートメソッドが定義されており、Childクラスではこのメソッドをオーバーライドしようとしています。

しかし、プライベートメソッドはオーバーライドできないため、エラーが発生します。

●カスタマイズ方法

TypeScriptの力を最大限に活用するための方法として、オーバーライドを活用したカスタマイズ方法について解説します。

オーバーライドは単に基底クラスのメソッドを上書きするだけでなく、新たな拡張クラスを作成する際にも大いに役立ちます。

○サンプルコード10:オーバーライドを活用した拡張クラスの作成

このコードでは、親クラスのメソッドをオーバーライドして、新しい機能を持った拡張クラスを作成する方法を紹介しています。

この例では、親クラスPersonintroduceメソッドをオーバーライドし、子クラスStudentに学年情報を追加しています。

class Person {
    name: string;
    constructor(name: string) {
        this.name = name;
    }
    introduce() {
        return `私の名前は${this.name}です。`;
    }
}

class Student extends Person {
    grade: number;
    constructor(name: string, grade: number) {
        super(name);
        this.grade = grade;
    }
    // introduceメソッドをオーバーライド
    introduce() {
        return `${super.introduce()} 私は${this.grade}年生です。`;
    }
}

const student1 = new Student("太郎", 2);
console.log(student1.introduce());  // 出力: 私の名前は太郎です。私は2年生です。

上のサンプルコードのStudentクラスでは、親クラスのintroduceメソッドをオーバーライドし、新たに学年情報を追加しています。

このようにオーバーライドをうまく活用することで、既存のクラスをベースに、新しいクラスを柔軟に拡張することが可能です。

また、上記のコードを実行すると、”私の名前は太郎です。私は2年生です。”という結果が得られます。

オーバーライドしたintroduceメソッドが呼び出されるため、期待通りの結果が表示されることが確認できます。

これにより、TypeScriptでのクラス設計の際に、既存のコードをリサイクルしつつ、新しい機能や情報を追加する方法を効果的に活用することができます。

まとめ

TypeScriptを使用する際、関数のオーバーライドはその動的な特性と高い柔軟性を利用する上で欠かせないテクニックの一つと言えます。

この記事では、TypeScriptのオーバーライドに関する基本的な情報から、さまざまな応用例やカスタマイズ方法まで、初心者向けに10の具体的な方法を詳しく解説してきました。

TypeScriptでの関数のオーバーライドは、多様なシチュエーションでの開発を容易にするための強力なツールとなります。

本記事を通じて、その基本的な方法から応用例までの知識を深めることができたと信じています。

日々の開発作業において、この知識を活かして、より質の高いコードの実装を目指しましょう。