【TypeScript】速度アップの実践コード10選!あなたのコードを最適化する方法 – JPSM

【TypeScript】速度アップの実践コード10選!あなたのコードを最適化する方法

TypeScriptのコードを高速化するための10の方法TypeScript

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスは複数のSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

また、理解しにくい説明や難しい問題に躓いても、JPSMがプログラミングの解説に特化してオリジナルにチューニングした画面右下のAIアシスタントに質問していだければ、特殊な問題でも指示に従い解決できるように作ってあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

近年、TypeScriptはその強力な型システムとJavaScriptのスーパーセットとしての機能で非常に人気が高まっています。

しかし、これらの追加機能は時として実行速度に影響を与える可能性があります。

特に、大規模なプロジェクトや複雑なアプリケーションでの性能の遅延は顕著になる場合があります。

そこで、この記事ではTypeScriptのコードの実行速度を劇的に向上させる10の方法を詳細に解説します。

これらの方法を取り入れることで、TypeScriptのコードが遅く感じる場面が大幅に減少し、スムーズな開発体験を手に入れることができるでしょう。

●TypeScriptの実行速度とは

実行速度とは、プログラムがタスクを完了するために必要な時間を指します。

この速度は、プログラムの処理能力や効率、外部のリソースやハードウェアの性能など、多くの要因によって変わるものです。

○実行速度の重要性

TypeScriptの実行速度は、アプリケーションのユーザーエクスペリエンスに直接影響を与えます。

遅いコードは、ユーザーがアプリケーションを利用する際のストレスや不満を引き起こし、結果としてユーザーの離脱を招く可能性があります。

逆に、高速なコードはユーザーの満足度を高め、長時間の利用や再度のアクセスを促す要因となるでしょう。

○TypeScriptの特性と実行速度の関連

TypeScriptはJavaScriptのスーパーセットであり、型システムを持つ言語です。

この型システムはコードの安全性や品質を向上させる反面、時として実行速度に影響を与える要因となります。

また、TypeScriptのトランスパイルの過程で発生するオーバーヘッドも、実行速度に微妙な影響をもたらすことが考えられます。

続いて、具体的なTypeScriptの高速化方法を見ていく前に、初めてTypeScriptを扱う方に向けて基本的なサンプルコードの解説を行い、その後に高速化の手法を詳細に解説していきます。

●TypeScriptを高速化する10の方法

TypeScriptは、JavaScriptに静的型付けの機能を付加したスーパーセットとして多くの開発者に受け入れられています。

しかし、これらの追加機能はコンパイル時間や実行速度に影響を及ぼすことがあります。

効率的なコードを書くことで、これらの問題を回避または軽減することが可能です。

TypeScriptのコードを高速化するための10の実践的な方法を詳しく説明します。

○サンプルコード1:strictモードの活用

このコードではstrictモードを使ってTypeScriptのコードの品質を向上させる方法を紹介しています。

strictモードを有効にすると、TypeScriptは型の安全性に関する多くのエラーをキャッチするため、コンパイル時に問題を早期に検出することができます。

これにより、実行時間のロスを防ぐことができます。

// tsconfig.json
{
  "compilerOptions": {
    "strict": true
  }
}

上記の設定で、コンパイラはより厳格に型チェックを行い、潜在的な問題を早期に発見します。

○サンプルコード2:noUnusedLocalsとnoUnusedParametersオプションの使用

このコードでは、不要なローカル変数やパラメータを警告するオプションを使う方法を表しています。

これにより、コードの品質が向上し、コンパイル速度が若干向上する可能性があります。

// tsconfig.json
{
  "compilerOptions": {
    "noUnusedLocals": true,
    "noUnusedParameters": true
  }
}

上記の設定を行うことで、使用されていないローカル変数や関数のパラメータをコンパイラが警告してくれます。

○サンプルコード3:型のシンプル化

複雑な型はコンパイル時間を増加させる可能性があります。

この例では、シンプルな型を使用する方法を表しています。

// 避けるべき複雑な型
type ComplexType = {
  a: string;
  b: number;
  c: {
    d: string;
    e: {
      f: boolean;
    };
  };
};

// よりシンプルな型
type SimpleType = {
  a: string;
  b: number;
  c: string;
};

○サンプルコード4:モジュールの適切なインポート

不要なモジュールやライブラリをインポートすることは、ビルド時間と実行速度に影響を及ぼす可能性があります。

この例では、必要な部分のみをインポートする方法を示しています。

// 不要なインポート
import * as _ from 'lodash';

// 必要な部分のみインポート
import { cloneDeep } from 'lodash';

○サンプルコード5:非同期処理の最適化

非同期処理はアプリケーションのパフォーマンスに大きく影響します。

この例では、非同期処理を最適に行う方法を表しています。

async function fetchData(): Promise<Data> {
  const response = await fetch('https://api.example.com/data');
  const data = await response.json();
  return data;
}

上記のコードは非同期でデータをフェッチし、結果を返すシンプルな関数です。

○サンプルコード6:メモリの管理と最適化

TypeScriptでのコードの実行速度を考える際に、メモリの管理は非常に重要な要素となります。

不適切なメモリの管理は、アプリケーションのパフォーマンスに悪影響を及ぼす可能性があります。

適切なメモリの使用と管理は、アプリケーションの実行速度を劇的に向上させる可能性があるため、その手法について詳しく解説します。

このコードでは、オブジェクトの参照を解除してメモリリークを防ぐ方法を表しています。

この例では、大きなデータセットを持つオブジェクトを作成し、使用後にその参照を解除しています。

// 大きなデータセットを持つオブジェクトを作成
let bigDataset = {
    data: Array(1000000).fill('sample data')
};

// 何らかの処理...
console.log(bigDataset.data[0]);

// オブジェクトの参照を解除
bigDataset = null;

このサンプルコードでは、bigDatasetというオブジェクトを作成し、その後で参照を解除しています。

このようにすることで、ガベージコレクションがこのオブジェクトを回収し、メモリを解放することができます。

上記のコードを実行すると、コンソールにはsample dataと表示されます。

その後、bigDatasetの参照が解除されるため、このオブジェクトに再びアクセスしようとするとエラーが発生します。

さらに、アプリケーションの中で頻繁に新しいオブジェクトを作成・破棄する場面では、WeakMapやWeakSetといったES6で導入されたデータ構造を利用することも考慮すべきです。

これらのデータ構造は、キーとしてのオブジェクトがガベージコレクションの対象となると自動的にエントリを削除します。

// WeakMapの例
const weakmap = new WeakMap();

let obj = {
    key: 'sample'
};

weakmap.set(obj, 'This is a value');

// 何らかの処理...
console.log(weakmap.get(obj));

// オブジェクトの参照を解除
obj = null;

このコードでは、WeakMapを使用してオブジェクトobjと文字列'This is a value'を関連付けています。

そして、objの参照を解除すると、WeakMapからもそのエントリが自動的に削除されます。

上記のコードを実行すると、コンソールにはThis is a valueが表示されます。

その後、objの参照が解除されるため、weakmapの中のエントリも同時に削除されます。

○サンプルコード7:ループ処理の改善

ループ処理は多くのプログラムにおいて頻繁に用いられるものであり、特にデータの集合を扱う際には欠かせない存在となっています。

しかしながら、不適切なループの実装や設計がプログラムの実行速度を著しく低下させる要因となることも少なくありません。

ここでは、TypeScriptでのループ処理の改善点をサンプルコードを交えながら説明していきます。

このコードでは、配列内の要素を取得して加工するシンプルなループを表しています。

この例では、配列の各要素を2倍して新しい配列に格納しています。

// 例: 配列の各要素を2倍する
const numbers = [1, 2, 3, 4, 5];
let doubledNumbers: number[] = [];

for (let i = 0; i < numbers.length; i++) {
    doubledNumbers.push(numbers[i] * 2);
}

console.log(doubledNumbers);  // [2, 4, 6, 8, 10]

ただし、このコードには改善の余地があります。

下記のコードでは、配列のmapメソッドを使って、より簡潔かつ高速に同じ操作を行っています。

// 改善: 配列のmapメソッドを使用する
const numbers = [1, 2, 3, 4, 5];
const doubledNumbers = numbers.map(num => num * 2);

console.log(doubledNumbers);  // [2, 4, 6, 8, 10]

この方法では、内部的なループ処理の最適化が行われるため、大量のデータを扱う際にもパフォーマンスが向上する可能性があります。

また、コードの可読性も向上し、バグの発生リスクを減少させることができます。

さらなる高速化のためには、不要なループの回避も考慮する必要があります。

例えば、ある条件を満たす要素を見つけたらループを中断するなど、効率的な処理が求められる場面も考えられます。

// 例: 特定の条件を満たす要素を見つけたらループを中断する
const numbers = [1, 2, 3, 4, 5];
let foundNumber: number | undefined;

for (let i = 0; i < numbers.length; i++) {
    if (numbers[i] > 3) {
        foundNumber = numbers[i];
        break;
    }
}

if (foundNumber !== undefined) {
    console.log(`見つけた数字は${foundNumber}です。`);  // 見つけた数字は4です。
}

この例では、3より大きい最初の数字を見つけた際にループを中断しています。

このように、不要なループの回避はパフォーマンスの向上だけでなく、処理の簡素化にも繋がります。

○サンプルコード8:関数のリファクタリング

TypeScriptでの高速化の方法として、関数のリファクタリングが不可欠です。

リファクタリングは、コードの構造や形式を変更することで、性能の向上や保守性の向上を図る方法です。

ここでは、関数のリファクタリングの具体的な手法とその効果について詳しく解説します。

まず、次のコードはTypeScriptで書かれた単純な関数を表しています。

このコードでは、与えられた数字の配列から、10以上の数字をすべて2倍にして返す関数を表しています。

この例では、mapメソッドとif文を組み合わせて条件に合致する数字を2倍にしています。

function doubleNumbersOverTen(nums: number[]): number[] {
    return nums.map(num => {
        if (num >= 10) {
            return num * 2;
        } else {
            return num;
        }
    });
}

しかし、この関数はさらに簡潔に、かつ効率的にリファクタリングすることができます。

下記に、リファクタリング後の関数を紹介します。

この例では、三項演算子を使って条件分岐を簡潔に記述し、計算を簡略化しています。

function doubleNumbersOverTenOptimized(nums: number[]): number[] {
    return nums.map(num => num >= 10 ? num * 2 : num);
}

関数をリファクタリングすることで、コードが簡潔になるだけでなく、読みやすくなり、さらには実行速度も僅かに向上することが期待できます。

この変更により、ループ内での計算量が減少し、少ないステップで結果を得ることができるようになります。

リファクタリングの際の一般的なヒントとして、次の点を考慮すると良いでしょう。

  1. 関数のサイズを小さく保つ:小さい関数は読みやすく、テストしやすいです。
  2. 重複コードの排除:同じコードが複数箇所に存在する場合、一箇所にまとめることで保守性が向上します。
  3. 無駄な計算やループを避ける:必要以上に計算を繰り返さないように注意することで、実行速度を向上させることができます。

関数のリファクタリングを進める際には、まず現状の関数の動作をしっかりと理解し、リファクタリング後も同じ動作を保つことを確認しながら作業を進めることが大切です。

このサンプルコードを実行すると、10以上の数字が2倍にされた新しい配列が返されます。

たとえば、[5, 10, 15]という配列を関数に渡すと、[5, 20, 30]という配列が返されることが期待されます。

○サンプルコード9:外部ライブラリの選択と最適化

外部ライブラリは、開発の速度を上げるための強力なツールとして利用されます。

しかし、すべてのライブラリが同じ品質や性能を持っているわけではありません。

ここでは、TypeScriptのコードを高速化するために、最適な外部ライブラリの選択と最適化の方法について説明します。

□適切なライブラリの選択

このコードでは、外部ライブラリをインポートする際の簡単な例を表しています。

この例では、lodashというライブラリを選択して、配列の操作を行っています。

// lodashライブラリをインポート
import _ from 'lodash';

// 配列の操作
const numbers = [1, 2, 3, 4, 5];
const doubledNumbers = _.map(numbers, num => num * 2);

// doubledNumbersの内容を出力
console.log(doubledNumbers);

上記の例を実行すると、[2, 4, 6, 8, 10]という配列が出力されることになります。

□トゥリーシェイキングを活用した最適化

トゥリーシェイキングは、不要なコードをバンドルから取り除く技術です。

例えば、大規模なライブラリの一部の機能だけを利用する場合、トゥリーシェイキングを使用して、使用していない部分を取り除くことができます。

このコードでは、lodashライブラリから必要な関数だけをインポートする方法を表しています。

この例では、map関数のみをインポートして利用しています。

// lodashライブラリからmap関数だけをインポート
import map from 'lodash/map';

// 配列の操作
const numbers = [1, 2, 3, 4, 5];
const doubledNumbers = map(numbers, num => num * 2);

// doubledNumbersの内容を出力
console.log(doubledNumbers);

この方法でインポートすると、不要なコードがバンドルから取り除かれ、最終的なファイルサイズが小さくなります。

○サンプルコード10:ビルドの最適化

TypeScriptのコードを書いていると、コードの実行速度だけでなく、ビルドの速度も気になるポイントの一つです。

ビルド速度の最適化は、開発者の生産性を高めるために重要です。

ここでは、ビルドの最適化に関する方法を紹介します。

このコードでは、TypeScriptのビルドオプションを設定して、ビルド速度を最適化する方法を紹介しています。

この例では、tsconfig.jsonの設定を変更して、不要なファイルのビルドを省略し、キャッシュを活用してビルド速度を上げる方法を表しています。

// tsconfig.json
{
    "compilerOptions": {
        // 他の設定...

        "skipLibCheck": true,  // 型定義ファイルの型チェックをスキップ
        "incremental": true,   // インクリメンタルビルドを有効にする
        "tsBuildInfoFile": "./cache/tsbuildinfo" // インクリメンタルビルド情報の保存場所を指定
    },
    "exclude": [  // ビルドから除外するファイルやディレクトリを指定
        "node_modules", // 通常はビルド不要
        "path/to/other/unneeded/files"
    ]
}

この設定を適用すると、ビルドの際にnode_modulesや指定した不要なファイルを除外してビルドを行います。

さらに、skipLibCheckオプションを使用することで、型定義ファイルの型チェックをスキップし、ビルドの時間を節約します。

また、incrementalオプションとtsBuildInfoFileオプションを利用することで、前回のビルド結果をキャッシュとして保存し、次回のビルド時にそれを元に高速なビルドを実現します。

これにより、大幅にビルド速度が向上します。

特に大規模なプロジェクトでは、数秒から数十秒の時間を短縮することが可能です。

●注意点と対処法

TypeScriptを最適化する過程で、適切な手法を選択することは非常に重要です。

しかし、何をしても良いわけではありません。

間違った手法や方法を選べば、逆にパフォーマンスが低下する恐れもあるのです。

そこで、TypeScriptを最適化する際の主要な注意点と、それを解決するための対処法について詳しく解説します。

○パフォーマンス測定ツールの活用

TypeScriptのパフォーマンスを改善するには、まず現在のパフォーマンスを正確に知ることが必要です。

それにはパフォーマンス測定ツールを活用することをおすすめします。

このコードでは、performance APIを使ってコードの実行時間を計測するコードを表しています。

この例では、特定の関数sampleFunctionの実行時間を計測しています。

const start = performance.now();

function sampleFunction() {
    // 何らかの処理
}

sampleFunction();

const end = performance.now();
console.log(`実行時間: ${end - start}ミリ秒`);

このコードを実行すると、コンソールにsampleFunctionの実行時間がミリ秒単位で表示されます。

このように、実際のコードの実行時間を計測することで、どの部分が遅延の原因となっているのか、また、最適化の効果を正確に把握することができます。

○コードの継続的な見直し

TypeScriptのコードを一度書き上げたら終わり、というわけではありません。

新しいライブラリのリリースやTypeScript自体のアップデート、またはプロジェクトの要件変更など、さまざまな要因により、最適化の方法も変わってくることがあります。

このコードでは、TypeScriptのstrictモードを活用して、コードの厳密性を向上させる方法を表しています。

この例では、変数exampleに任意の型を設定せず、strictモードを有効にすることでエラーを検出しています。

// tsconfig.json内で"strict": trueと設定

let example;
example = 'Hello, TypeScript!';
example = 123; // エラーが発生します

このようなstrictモードを活用することで、コードの品質を継続的に向上させ、最適化の余地を探ることができます。

●カスタマイズ方法

TypeScriptは柔軟性が高く、プロジェクトやチームのニーズに合わせて多くのカスタマイズが可能です。

特に、コードの高速化や最適化を目指す場合、TypeScriptの設定を適切に調整することで、さらなるパフォーマンス向上を実現することができます。

ここでは、TypeScriptをカスタマイズする方法とその活用例について詳しく解説します。

○独自のTypeScript設定での最適化

TypeScriptはtsconfig.jsonという設定ファイルを通じて、プロジェクト固有の設定やビルドオプションを管理します。

このファイルを適切にカスタマイズすることで、コードのビルド速度や実行速度を最適化することができます。

このコードでは、tsconfig.jsonの一部の設定項目を使ってTypeScriptのビルドプロセスを最適化する方法を表しています。

この例では、excludeオプションを使用して不要なファイルをビルドプロセスから除外し、outDirオプションでビルド結果の出力先を指定しています。

// tsconfig.json
{
  "compilerOptions": {
    // 他のコンパイラオプション...
    "outDir": "./dist",  // ビルド結果の出力先
    "incremental": true, // インクリメンタルビルドの有効化
    "skipLibCheck": true // 宣言ファイルのチェックをスキップ
  },
  "exclude": [
    "node_modules", // node_modulesをビルドから除外
    "test",         // テストファイルをビルドから除外
    "dist"          // すでにコンパイルされたファイルを除外
  ]
}

上記の設定により、不要なファイルのビルドを避け、ビルドプロセスが高速化されます。

特に大規模なプロジェクトでこのような設定を行うことで、ビルド時間の短縮が期待できます。

また、incrementalオプションを有効にすることで、前回のビルド情報を利用してビルド時間を短縮することができます。

一方、skipLibCheckオプションは、宣言ファイルの型チェックをスキップすることで、コンパイル速度を向上させるオプションです。

これらの設定を適用することで、ビルド時間が短縮されるため、開発フローがスムーズになり、高速なコードの実行が可能になります。

まとめ

TypeScriptは静的型付けを持つJavaScriptのスーパーセットとして人気を集めていますが、その特性上、コードの実行速度やコンパイル速度に悩む開発者も少なくありません。

しかし、その遅さを解消するための方法はさまざまに存在します。

本記事では、TypeScriptのコードを最適化して、劇的に実行速度を向上させる10の具体的な方法を取り上げました。

TypeScriptのコードが遅いと感じたら、ぜひこの記事で紹介した方法を試してみてください。

あなたのコードの実行速度が大幅に向上することをお約束します。