JavaScriptでパラメータを簡単に取得!5つの方法とサンプルコード

JavaScript初心者がパラメータ取得を習得するイメージ JS
この記事は約6分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読めば、JavaScriptでパラメータを簡単に取得できるようになります。パラメータの取得は、ウェブ開発において非常に重要なスキルです。

今回は、JavaScript初心者でも分かりやすいように、5つの方法とそれぞれのサンプルコードを紹介します。

さらに、応用例も提供し、JavaScriptでパラメータを取得する際の注意点やカスタマイズ方法もお伝えします。

それでは、一緒に学んでいきましょう!

●JavaScriptでパラメータを取得する5つの方法

パラメータの取得は、ウェブ開発において非常に重要なスキルです。

今回は、JavaScript初心者でも分かりやすいように、5つの方法を紹介します。

○1. URLパラメータを取得する

URLパラメータは、URLの末尾に「?」で始まる部分です。

これをJavaScriptで取得する方法は、window.location.searchを利用することです。

これにより、URLのパラメータ部分を取得できます。

○2. クエリストリングからパラメータを取得する

クエリストリングは、URLパラメータの「?」以降の部分で、「&」で区切られた一連のキーと値の組み合わせです。

これをJavaScriptで取得するには、URLSearchParamsオブジェクトを利用します。

これにより、クエリストリング内のパラメータを簡単に取得できます。

○3. フォーム要素のパラメータを取得する

フォーム要素の値を取得するには、document.getElementById()document.querySelector()を利用して、フォーム要素を取得し、valueプロパティを参照します。

これにより、フォーム内の各要素の値を取得できます。

○4. カスタムデータ属性を利用してパラメータを取得する

HTML要素に独自のデータを埋め込むために、カスタムデータ属性(data-*属性)を利用できます。

これをJavaScriptで取得するには、datasetプロパティを利用します。

これにより、HTML要素に付与されたカスタムデータ属性の値を取得できます。

○5. イベントオブジェクトを利用してパラメータを取得する

イベントリスナー内でイベントオブジェクトを利用することで、イベントが発生した要素や、その他のイベントに関連する情報を取得できます。

これにより、イベントが発生した際のパラメータを取得することができます。

●サンプルコードと応用例

それでは、具体的なサンプルコードを見ていきましょう。

○サンプルコード1:URLパラメータを取得する

このコードではwindow.location.searchを使って、URLパラメータを取得しています。

この例では、URLの末尾にあるパラメータ部分を取得し、コンソールに表示しています。

// URLパラメータを取得
const urlParams = window.location.search;
console.log(urlParams); // 例: ?key=value

○サンプルコード2:クエリストリングからパラメータを取得する

このコードではURLSearchParamsオブジェクトを使って、クエリストリングからパラメータを取得しています。

この例では、クエリストリング内の特定のキーに対応する値を取得し、コンソールに表示しています。

// クエリストリングからパラメータを取得
const urlParams = new URLSearchParams(window.location.search);
const myParam = urlParams.get('key');
console.log(myParam); // 例: value

○サンプルコード3:フォーム要素のパラメータを取得する

このコードではdocument.getElementById()を使って、フォーム要素のパラメータを取得しています。

この例では、指定されたIDを持つフォーム要素の値を取得し、コンソールに表示しています。

// フォーム要素のパラメータを取得
const inputElement = document.getElementById('myInput');
const inputValue = inputElement.value;
console.log(inputValue); // 例: 入力された値

○サンプルコード4:カスタムデータ属性を利用してパラメータを取得する

このコードではdatasetプロパティを使って、カスタムデータ属性のパラメータを取得しています。

この例では、指定されたIDを持つHTML要素のカスタムデータ属性の値を取得し、コンソールに表示しています。

// カスタムデータ属性のパラメータを取得
const element = document.getElementById('myElement');
const customData = element.dataset.myAttribute;
console.log(customData); // 例: カスタムデータの値

○サンプルコード5:イベントオブジェクトを利用してパラメータを取得する

このコードではイベントリスナーとイベントオブジェクトを使って、イベントが発生した要素のパラメータを取得しています。

この例では、クリックイベントが発生した要素のIDを取得し、コンソールに表示しています。

// イベントオブジェクトを利用してパラメータを取得する
document.getElementById('myButton').addEventListener('click', (event) => {
  const clickedElementId = event.target.id;
  console.log(clickedElementId); // 例: myButton
});

●注意点と対処法

パラメータを取得する際には、特に次の点に注意してください。

入力値の検証

ユーザーが入力したデータをそのまま利用すると、セキュリティリスクがあるため、入力値を検証することが重要です。

エラーハンドリング

パラメータが存在しない場合や、予期しない型のデータが渡された場合に、適切なエラーハンドリングを行うことが重要です。

●カスタマイズ方法

取得したパラメータを使用して、ウェブアプリケーションの動作をカスタマイズすることができます。

例えば、URLパラメータに応じて表示するコンテンツを変更する、フォームの入力値に応じて処理を分岐させるなど、さまざまな応用が可能です。

まとめ

今回は、JavaScriptでパラメータを取得する5つの方法と具体的なサンプルコードを紹介しました。

これらの方法を理解し、適切な方法でパラメータを取得することで、ウェブアプリケーションの開発がスムーズに進められるでしょう。

また、注意点やカスタマイズ方法も参考にして、セキュアで柔軟なアプリケーションを作成してください。