【TypeScript】代入をプロが完全解説!初心者がマスターする10の方法

TypeScriptの代入方法の徹底解説をするイラストTypeScript
この記事は約25分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

TypeScriptが日々の開発業務に取り入れられる中、特に初心者の方々からよく「代入の方法は?」や「TypeScriptの代入とJavaScriptのそれはどのように異なるの?」といった疑問を耳にします。

この記事では、そんな疑問を持つ開発者の方々を対象に、TypeScriptでの代入の基礎から応用、さらに注意点やカスタマイズ方法まで、10の具体的な方法とサンプルコードを交えて解説します。

代入は、プログラミングの基本中の基本。

しかし、TypeScriptは静的型付け言語であり、JavaScriptと比較しても代入の方法や考え方が異なる部分が多々あります。

そこで、この記事を通じて、TypeScriptでの代入方法をしっかりと理解し、効率的な開発を目指しましょう。

●TypeScriptでの代入の基礎知識

TypeScriptでの開発では、代入の基礎知識が不可欠です。

代入というのは、単純に値を変数に格納する操作と思われがちですが、TypeScriptでは変数の型も考慮する必要があるため、単なる値の格納以上の意味を持ちます。

ここでは、代入の基本的な概念を理解し、TypeScriptの型システムを威力を最大限に活用する方法について説明していきます。

それでは、代入の本質と、TypeScriptにおけるその扱いについて探求していきましょう。

○代入とは?

代入とは、変数や定数に特定の値を設定する行為を指します。

プログラムが実行される中で、変数には様々な値が設定され、それらの値は計算や処理の中で活用されます。

○TypeScriptの変数宣言

TypeScriptでは、変数を宣言するために「let」を用います。

また、再代入不可能な定数を宣言する場合は「const」を使用します。

それぞれのキーワードに続いて、変数名、コロン、そして型を指定することで、型の情報を持った変数や定数を宣言することが可能です。

●TypeScriptでの代入の基本的な方法

TypeScriptは、JavaScriptのスーパーセットとして登場し、より強力な型システムを提供しています。

それに伴い、代入の方法も独特のものが多々存在します。初心者の方がTypeScriptの代入をスムーズに理解するため、ここではその基本的な方法を深堀りしていきます。

○サンプルコード1:変数への基本的な代入

まずは最も基本的な変数への代入から見ていきましょう。

// 数値型の変数を宣言して代入
let age: number = 30;

// 文字列型の変数を宣言して代入
let name: string = "山田太郎";

// boolean型の変数を宣言して代入
let isStudent: boolean = true;

このコードでは、数値、文字列、真偽値の3つの基本的なデータ型に変数を宣言し、それぞれの型に合わせて代入しています。

letを使用することで、変数を宣言することができ、その後に型を指定しています。

この型指定はTypeScriptの強力な特徴の一つで、型が違う値を代入しようとするとエラーが発生します。

このコードを実行すると、agenameisStudentの3つの変数がそれぞれの型に合わせた値で初期化されます。

例えば、ageは30、nameは”山田太郎”、isStudentはtrueとして初期化されます。

注意しなければならないのは、TypeScriptでは変数の型を一度宣言すると、その後その変数に別の型の値を代入することはできないという点です。

したがって、上記のage変数に文字列を代入しようとすると、コンパイルエラーが発生します。

○サンプルコード2:オブジェクトへの代入

JavaScriptおよびTypeScriptにおいて、オブジェクトはキーと値の組み合わせでデータを保存します。

オブジェクトへの代入は、新しいキーと値を追加したり、既存のキーの値を更新する際に行われます。

TypeScriptはJavaScriptのスーパーセットであるため、JavaScriptのオブジェクトの代入方法はそのまま適用されます。

しかし、TypeScriptには型の概念がありますので、オブジェクトの代入時にもこの型情報を考慮する必要があります。

TypeScriptを使用したオブジェクトへの代入のサンプルコードを紹介します。

// オブジェクトの型を定義
interface Person {
    name: string;
    age: number;
}

// オブジェクトの初期化
let person: Person = {
    name: '山田太郎',
    age: 25
};

// オブジェクトへの代入
person.name = '佐藤花子';
person.age = 28;

このコードでは、まずPersonという名前のinterfaceを用いて、オブジェクトの型を定義しています。

このオブジェクトはnameageの2つのキーを持ちます。

それぞれのキーはstring型とnumber型を持つことが定義されています。

次に、personという名前の変数をPerson型として初期化しています。

そして、その後でpersonオブジェクトのnameageの値を更新(代入)しています。

このコードを実行すると、personオブジェクトの内容はpersonオブジェクトのname'佐藤花子'となり、age28となります。

また、TypeScriptの型システムのおかげで、もしnameに数値を代入しようとしたり、ageに文字列を代入しようとすると、コンパイル時にエラーが出るため、型の間違いなどのミスを早期にキャッチできます。

○サンプルコード3:配列への代入

配列は、同じ型の複数のデータを1つの変数にまとめて保持するためのデータ構造です。

TypeScriptでの配列への代入について、具体的なコードとその詳細な説明を通じて解説します。

// TypeScriptでの配列への代入
let fruits: string[] = [];    // 文字列の配列としてfruitsを宣言
fruits.push("りんご");        // 配列に「りんご」を追加
fruits.push("ばなな");        // 配列に「ばなな」を追加
fruits[2] = "みかん";         // 配列の3番目の要素に「みかん」を代入

このコードでは、まず文字列の配列としてfruitsを宣言しています。

次に、pushメソッドを使って配列の最後に新しい要素を追加しています。

このコードを実行すると、最初は空の配列だったfruitsが、順番に「りんご」「ばなな」「みかん」という3つの要素を持つ配列になります。

また、配列の特定の位置への代入も可能です。

例えば、fruits[2] = "みかん";の行では、配列の3番目の要素に直接「みかん」を代入しています。

ここで、配列のインデックスは0から始まるため、fruits[2]は配列の3番目の要素を指しています。

このような代入の方法を利用することで、配列の中の要素を簡単に追加や変更することができます。配列への代入は、データの集合を扱う際に非常に有用です。

しかし、このコードでの配列への代入の方法には注意点もあります。

特定の位置への代入では、そのインデックスが配列の範囲外である場合、新しい要素が追加され、間の要素はundefinedで埋められます。

例えば、配列に2つの要素しかないのに、5番目の要素に代入を試みると、3番目から4番目の要素はundefinedとなります。

具体的なコードを見てみましょう。

let numbers: number[] = [1, 2];
numbers[4] = 5;               // numbersは[1, 2, undefined, undefined, 5]となる

このコードでは、2つの要素を持つ数値の配列numbersに、5番目の要素に5を代入しています。

この結果、numbersは[1, 2, undefined, undefined, 5]という5つの要素を持つ配列になります。

●TypeScriptでの代入の応用方法

TypeScriptの代入の基本的な方法を把握した後、さらにその応用的な方法を学ぶことで、より幅広いシチュエーションでのコーディングが可能となります。

ここでは、TypeScriptの代入の応用的な方法に焦点を当て、サンプルコードとともに詳細な解説を行います。

○サンプルコード4:分割代入を使った変数への代入

JavaScriptのES6以降、分割代入(Destructuring assignment)という便利な機能が導入されました。

TypeScriptもJavaScriptのスーパーセットであるため、この機能を利用することができます。

分割代入を使用することで、配列やオブジェクトから特定の要素やプロパティを取り出して、新しい変数に直接代入することができます。

オブジェクトのプロパティを分割代入を使って変数に代入するサンプルコードを紹介します。

// オブジェクトの定義
const student = {
    name: "山田太郎",
    age: 20,
    major: "情報工学"
};

// 分割代入を使った変数への代入
const { name, age } = student;

console.log(name);  // 山田太郎
console.log(age);   // 20

このコードでは、studentというオブジェクトからnameageというプロパティを取り出し、それぞれの新しい変数に代入しています。

このコードを実行すると、nameには”山田太郎”が、ageには20が代入され、それぞれの変数が正しく出力されることが確認できます。

分割代入のメリットとしては、複数の変数に同時に代入する際にコードが簡潔になる点や、特定のプロパティのみを取り出して使用することが容易になる点が挙げられます。

特に大きなオブジェクトを扱う際や、関数の戻り値として複数の値を返す必要がある場面での利用が推奨されます。

それでは、このサンプルコードを実行した結果について解説します。

このコードを実行すると、コンソールには”山田太郎”と20という結果が出力されることが確認できます。

これにより、分割代入が正しく機能していることがわかります。

○サンプルコード5:型アサーションを利用した代入

TypeScriptの代入には様々な方法が存在しますが、特に型アサーションを利用した代入はその中でも非常に特徴的で、初心者にとってはちょっとトリッキーに感じるかもしれません。

しかし、適切な場面での利用は非常に強力なので、理解しておくことが大切です。

型アサーションは、変数やオブジェクトの型を一時的に「アサート(主張)」するためのものです。

これは、開発者がその変数やオブジェクトの型を確実に知っている場面で、コンパイラに「私はこれがこの型だと確信している」と伝えるために使用します。

下記のサンプルコードでは、型アサーションを使って代入しています。

let unknownData: any = "これは文字列です";
let stringData: string;

// 型アサーションを利用して代入
stringData = unknownData as string;

console.log(stringData);  // 出力:これは文字列です

このコードでは、unknownDataというany型の変数に文字列を代入しています。

そして、型アサーションを使ってunknownDataの内容をstring型としてstringDataに代入しています。

このコードを実行すると、コンソールに「これは文字列です」と表示されます。

しかし、実際にはunknownDataが文字列であることを開発者が知っているため、型アサーションを用いてstringDataに安全に代入することができています。

型アサーションを使用するときの注意点として、実際に変数の内容がアサートした型と一致していない場合、ランタイムエラーが発生する可能性があります。

型アサーションはコンパイル時のみの影響を持ち、実行時には何もチェックしないためです。

このため、安易に型アサーションを使用せず、正確に型を知っている場合や必要な場面でのみ利用することが推奨されます。

応用例として、オブジェクトの型アサーションも考えられます。

interface Person {
    name: string;
    age: number;
}

let unknownPerson: any = {
    name: "田中太郎",
    age: 25
};

let person: Person;

// オブジェクトに対する型アサーション
person = unknownPerson as Person;

console.log(person.name);  // 出力:田中太郎

この例では、Personというインターフェースを定義しています。

その後、unknownPersonというany型の変数にオブジェクトを代入し、型アサーションを利用してperson変数に代入しています。

○サンプルコード6:関数の返り値を変数に代入

TypeScriptの学習を進めてくると、関数が返す結果を変数に格納したい場面が増えてきます。

これは、関数が何らかの計算や操作を行い、その結果を後のコードで利用したいときなどに使います。

ここでは、関数の返り値を変数に代入する方法を詳しく解説していきます。

まずは、基本的な関数とその返り値を変数に代入するシンプルなコードを見てみましょう。

function sum(a: number, b: number): number {
  return a + b;
}

let result = sum(5, 3);
console.log(result); // 8

このコードでは、sumという名前の関数を定義しています。

この関数は2つの数値を受け取り、その合計値を返す機能を持っています。関数の後に:を使って、返り値の型を指定しています。

この場合はnumberです。

このようにして関数の返り値の型を明示的に示すことができます。

関数が定義された後、sum(5, 3)という関数の呼び出しを行い、その結果をresultという変数に代入しています。

このresult変数は、関数の返り値として8が得られるので、console.log(result);とすると、実際に8が出力されます。

このように関数の返り値を変数に代入することは、非常によく行われる操作です。

特に、関数の処理結果を後の処理で何度も使用する場面や、結果を保存しておく必要がある場面などでよく見られます。

このコードを実行すると、結果は「8」としてコンソールに出力されます。

これは、5と3の合計値として関数が正しく動作していることを示しています。

次に、応用例として、関数がオブジェクトを返す場合を考えてみましょう。

interface Person {
  name: string;
  age: number;
}

function createPerson(name: string, age: number): Person {
  return {
    name: name,
    age: age
  };
}

let tanaka = createPerson("田中", 30);
console.log(tanaka.name); // 田中

このコードでは、まずPersonというインターフェースを定義しています。

その後、createPersonという関数を定義しています。

この関数は、名前と年齢を受け取り、その情報を持つオブジェクトを返します。

関数を呼び出すときに、tanakaという変数に関数の返り値を代入しています。

そして、tanaka.nameとして関数が返したオブジェクトのnameプロパティを参照しています。

このコードも、関数が返すオブジェクトを変数に代入していることで、その後のコードでそのオブジェクトを使ってさまざまな操作を行うことができます。

このコードを実行すると、「田中」という文字列がコンソールに出力されます。

これは、関数が期待通りのオブジェクトを返していることを表しています。

○サンプルコード7:ジェネリクスを使った代入の方法

TypeScriptは、静的型付けをサポートするJavaScriptのスーパーセットであり、この型システムは非常に柔軟性があります。

その柔軟性の中でも、特に強力なのが「ジェネリクス」です。

ジェネリクスは、型をパラメータとして受け取ることで、一般的な操作を柔軟に行うことができます。

ここでは、ジェネリクスを利用しての代入の方法を取り上げます。

TypeScriptでジェネリクスを使った関数やクラスを定義する際、型変数を使って、特定の型を持たない値を取り扱うことができます。

ジェネリクスを使った関数やクラスは、実際に使用する際に具体的な型を指定することで、その型に合わせて動作します。

下記のコードは、ジェネリクスを利用して任意の型の値を代入するシンプルな例です。

// ジェネリクスを利用した関数の定義
function setData<T>(data: T): T {
    return data;
}

// 文字列型でジェネリクス関数を呼び出し
let stringData = setData<string>("Hello, TypeScript!");
// 数値型でジェネリクス関数を呼び出し
let numberData = setData<number>(12345);

このコードでは、setDataというジェネリクス関数を定義しています。

<T>という部分がジェネリクスを示す部分で、これにより関数内でTという型変数を使用することができます。

次に、このジェネリクス関数を2回呼び出しています。

一度目は<string>として、文字列型で呼び出しており、setData<string>("Hello, TypeScript!")という形で代入を行っています。

これにより、stringDataには”Hello, TypeScript!”という文字列が代入されます。

同様に、二度目は<number>として、数値型で呼び出しています。

setData<number>(12345)という形で代入を行っており、numberDataには12345という数値が代入されます。

このようにジェネリクスを利用することで、同じ関数でも異なる型のデータを柔軟に扱うことができます。

この例からわかるように、ジェネリクスを使った関数やクラスは、その場で具体的な型を指定することで、その型に応じた処理を実行することができます。

この特性を利用することで、柔軟かつ型安全なコードを記述することができます。

このコードを実行すると、stringDataには”Hello, TypeScript!”という文字列が格納され、numberDataには12345という数値が格納されることになります。

このように、ジェネリクスを利用することで、同一の関数でも異なる型のデータを代入することができ、柔軟なコードの実装が可能となります。

この技術を理解し活用することで、TypeScriptをより深く、より効果的に使用することができます。

●TypeScriptでの代入の注意点

TypeScriptはJavaScriptのスーパーセットとして、型安全なプログラミングを実現するための多くの機能を提供しています。

その中で、代入の際にも特有の注意点があります。

特に型の互換性やstrictモードでの代入の挙動は、TypeScriptを使用する上で非常に重要な概念となります。

これらの要点をしっかりと理解することで、TypeScriptでの開発がよりスムーズに行えるようになります。

○型の互換性と代入

TypeScriptでは、代入時の型の互換性を厳格にチェックします。

これは、不正確な代入や意図しないバグを防ぐための重要な機能です。

型の互換性に関するサンプルコードを紹介します。

let numberValue: number = 10;
let stringValue: string = "hello";

// 以下のコードはエラーとなる
numberValue = stringValue;

このコードでは、numberValueというnumber型の変数と、stringValueというstring型の変数を宣言しています。

その後、stringValueの値をnumberValueに代入しようとしていますが、string型の値をnumber型の変数に代入することはできないため、エラーが発生します。

実際にこのコードを実行すると、TypeScriptコンパイラは型が一致しないためのエラーメッセージを出力します。

これにより、開発者は型の不一致によるバグを未然に防ぐことができます。

○strictモードでの代入の取り扱い

TypeScriptのstrictモードは、より厳格な型チェックを行うためのモードです。

このモードを有効にすると、代入の際の型チェックも強化され、次のようなコードでもエラーが出力されるようになります。

let maybeNumber: number | undefined;
maybeNumber = undefined;

let fixedNumber: number;
// 以下のコードはstrictモードでエラーとなる
fixedNumber = maybeNumber;

上記のコードでは、maybeNumberというnumber型かundefined型のいずれかの値を持つ変数を宣言しています。

一方、fixedNumbernumber型の変数です。

strictモードでは、undefinedを含む可能性のある変数を、undefinedを含まない変数に代入することが許されません。

そのため、最後の代入はエラーとなります。

このように、strictモードを使用することで、代入の際の型の互換性をより厳格にチェックすることができます。

これにより、より安全なコードを書くことが可能となります。

●TypeScriptでの代入のカスタマイズ

TypeScriptは、JavaScriptのスーパーセットとして開発された言語です。

JavaScriptに存在する機能に加え、静的型チェックや型推論などの機能が追加されています。

これにより、大規模な開発やチームでの開発が容易になっています。

特に、代入に関する機能は、TypeScriptの大きな特長となっています。

代入とは、変数やオブジェクト、配列などに値を格納することを指します。

JavaScriptでは、代入は非常に柔軟ですが、TypeScriptでは、型安全性を確保するための独自の方法や機能が提供されています。

これにより、ランタイム時のエラーをコンパイル時に検出することができるようになっています。

ここでは、TypeScriptでの代入をカスタマイズする方法を中心に、具体的なサンプルコードを交えながら解説していきます。

○サンプルコード8:カスタム型を用いた代入

TypeScriptでは、独自の型を定義して使用することができます。

これにより、コードの品質や可読性、再利用性を向上させることができます。

カスタム型を使用することで、特定の値の集合のみを許容するような型を作成することが可能です。

下記のサンプルコードでは、UserRoleというカスタム型を定義して、その型の変数に代入を行っています。

// カスタム型の定義
type UserRole = 'admin' | 'user' | 'guest';

// UserRole型の変数を宣言
let role: UserRole;

// UserRole型の変数に代入
role = 'admin'; // これは正しい
role = 'manager'; // これはエラー

このコードでは、UserRoleという型を使って、'admin', 'user', 'guest'のいずれかの文字列のみを許容するようにしています。

このコードを実行すると、role = 'admin';の代入は正常に行われますが、role = 'manager';の部分でエラーが発生します。

なぜなら、'manager'UserRole型で許容されていない値だからです。

こうしたカスタム型を使用することで、変数に代入できる値の範囲を制限し、予期しない値の代入を防ぐことができます。

特に、文字列や数値のリテラル型を組み合わせてカスタム型を定義することで、非常に柔軟な型制約を作成することが可能です。

このサンプルコードを実行すると、role = 'admin';の代入は問題なく行われ、変数roleには'admin'という値が格納されます。

一方で、role = 'manager';の部分でコンパイルエラーが発生し、この行の代入は実行されません。

このように、TypeScriptのカスタム型を活用することで、変数やオブジェクトのプロパティに代入される値の範囲や条件を制限することができます。

これにより、コードの安全性を向上させることができます。

○サンプルコード9:インターフェースを利用したオブジェクトへの代入

TypeScriptでは、インターフェースを使用して、特定の型を持つオブジェクトの形を定義できます。

このインターフェースを利用することで、オブジェクトが持つべきプロパティやメソッドの型を明示的に指定することができます。

インターフェースを使った代入の方法について、次のサンプルコードを通じて詳しく解説していきます。

// インターフェースの定義
interface Person {
    name: string;
    age: number;
}

// インターフェースを利用して、オブジェクトを代入
const taro: Person = {
    name: "Taro",
    age: 25
};

console.log(taro);

このコードでは、Personという名前のインターフェースを定義しています。

このインターフェースは、nameプロパティがstring型で、ageプロパティがnumber型であることを表しています。

次に、このPersonインターフェースを使って、taroという変数にオブジェクトを代入しています。

このオブジェクトは、Personインターフェースの条件を満たす型として代入されるため、nameプロパティとageプロパティの型が正しくない場合はエラーとなります。

このコードを実行すると、ターミナルやコンソール上にtaroオブジェクトが表示されるでしょう。

具体的には、{ name: "Taro", age: 25 }という形で出力されます。

ここでの注意点として、インターフェースで定義したプロパティを持たないオブジェクトや、追加のプロパティを持つオブジェクトをPerson型の変数に代入しようとすると、TypeScriptのコンパイラによってエラーが報告されることがあります。

そのため、インターフェースを用いてオブジェクトの型を定義する際は、その型定義をきちんと守るように心掛けることが大切です。

応用例として、インターフェース内でオプショナルなプロパティを持たせることも可能です。

オプショナルなプロパティは、プロパティ名の後に?をつけることで定義できます。

この方法を使うと、そのプロパティが存在しなくてもエラーにならないようにすることができます。

// オプショナルなプロパティを持つインターフェースの定義
interface Student {
    name: string;
    age: number;
    grade?: string; // オプショナルなプロパティ
}

const hanako: Student = {
    name: "Hanako",
    age: 20
};

console.log(hanako);

このコードを実行すると、{ name: "Hanako", age: 20 }という形で出力されます。

gradeプロパティはオプショナルなプロパティとして定義されているため、このプロパティがhanakoオブジェクトに存在しなくてもエラーにはなりません。

○サンプルコード10:型エイリアスを使った代入のカスタマイズ

TypeScriptはJavaScriptに静的型システムを導入しているため、代入の際にも型の制約を持ちます。

そこで、型エイリアスを用いることで、代入を行う際の型を柔軟にカスタマイズすることができます。

型エイリアスとは、既存の型に名前をつけるものであり、コード内で何度も使われる型や、複数の型を合わせた合成型などを簡単に表現する際に利用されます。

このコードでは、型エイリアスを使ってカスタマイズした型の代入を行っています。

// 型エイリアスを使用して、string型とnumber型を持つオブジェクトの型を定義
type PersonAlias = {
    name: string;
    age: number;
};

// 型エイリアスを使用して定義した型を持つ変数を宣言と同時に代入
const person: PersonAlias = {
    name: "山田太郎",
    age: 25
};

console.log(person);

このコードを実行すると、personオブジェクトにnameageの2つのプロパティが正しく代入された結果、{ name: '山田太郎', age: 25 }と表示されます。

このように型エイリアスを用いることで、複雑な型を簡潔に定義し、その型に基づいて変数を代入することができます。

また、型エイリアスは再利用が可能なため、同じ型の変数を複数回定義する際にもコードの簡潔性が保たれます。

注意点としては、型エイリアスは新しい型を作成するわけではなく、既存の型に名前をつけるだけであるため、元の型と完全に同じ性質を持ちます。

したがって、型エイリアスで定義した型には、元の型と同じ方法で代入やアクセスを行うことが可能です。

応用例として、型エイリアスを利用して複数の型を持つオブジェクトの型を作成することもできます。

例えば、次のようにして、文字列や数値、booleanを持つオブジェクトの型を定義することができます。

// 複数の型を持つオブジェクトの型を型エイリアスで定義
type DetailedPerson = {
    name: string;
    age: number;
    isStudent: boolean;
};

const detailedPerson: DetailedPerson = {
    name: "佐藤花子",
    age: 20,
    isStudent: true
};

console.log(detailedPerson);

このコードを実行すると、detailedPersonオブジェクトにnameageisStudentの3つのプロパティが正しく代入された結果、{ name: '佐藤花子', age: 20, isStudent: true }と表示されます。

まとめ

TypeScriptの代入の方法について、基本から応用、注意点、カスタマイズに至るまで幅広く学ぶことができました。

初心者の方がTypeScriptでの代入を効果的に使うための具体的なサンプルコードとともに、各代入の方法を詳細に解説しました。

この記事を通して、TypeScriptを使用する上での代入の様々なテクニックやノウハウを習得することができたのではないでしょうか。

これらの知識を活かし、より品質の高いTypeScriptのコードを書く手助けとなれば幸いです。

また、今回紹介したサンプルコードを参考に、実際の開発においても多様な代入の方法を活用して、効率的なコードを実現してください。