CSS nth-of-typeを簡単にマスター!8つの使い方と応用例

CSS_nth-of-type_sample_code, CSS_nth-of-type_example, CSS_nth-of-type_tutorial, CSS_nth-of-type_beginner_guide CSS

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスはSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

CSSの世界でデザインをもっと楽しく、効果的に活用したいと思っている方、この記事はまさにあなたに向けて書かれています。

ここでは、CSSの「nth-of-type」セレクタを初心者目線でとても詳しく徹底解説し、サンプルコードと応用例を豊富に紹介していきます。

これを読めばnth-of-typeの達人に!

○nth-of-typeの基本概念

まずは、nth-of-typeの基本概念を押さえましょう。

nth-of-typeは、CSS3で導入された擬似クラスの1つで、特定のタイプの兄弟要素の中から、指定された順序の要素にスタイルを適用することができます。

例えば、次のようなHTML構造があるとします。

<ul>
  <li>リスト1</li>
  <li>リスト2</li>
  <li>リスト3</li>
  <li>リスト4</li>
</ul>

この中で、2番目のli要素だけに特別なスタイルを適用したい場合、nth-of-typeを使って次のようにCSSを記述できます。

li:nth-of-type(2) {
  color: red;
}

これにより、2番目のリストだけが赤色になります。

さらに、nth-of-typeでは、「even」や「odd」といったキーワードを使って、偶数番目や奇数番目の要素にスタイルを適用することも可能です。

では、nth-of-typeの使い方を見ていきましょう。

●使い方1: 偶数番目の要素にスタイルを適用

nth-of-typeを使って、偶数番目の要素にだけスタイルを適用する方法です。

li:nth-of-type(even) {
  background-color: lightgray;
}

上記のコードを使用すると、リストの偶数番目の要素の背景色が薄いグレーになります。

●使い方2: 奇数番目の要素にスタイルを適用

奇数番目の要素にだけスタイルを適用する方法は次のようになります。

li:nth-of-type(odd) {
  background-color: lightblue;
}

このコードにより、リストの奇数番目の要素の背景色が薄い青色になります。

●使い方3: 指定したインデックスの要素にスタイルを適用

nth-of-typeでは、特定のインデックスの要素にスタイルを適用することができます。

li:nth-of-type(3) {
  font-weight: bold;
}

このコードを使用すると、リストの3番目の要素の文字が太字になります。

●使い方4: 一定間隔の要素にスタイルを適用

nth-of-typeを使って、一定間隔の要素にスタイルを適用することもできます。

li:nth-of-type(3n) {
  color: green;
}

このコードを使用すると、リストの要素が3つおきに緑色の文字になります。

●使い方5: インデックス範囲の要素にスタイルを適用

nth-of-typeを使って、指定したインデックス範囲内の要素にスタイルを適用することができます。

li:nth-of-type(-n+3) {
  font-style: italic;
}

このコードを使用すると、リストの最初から3番目までの要素の文字がイタリック体になります。

●使い方6: 複数の条件を組み合わせてスタイルを適用

nth-of-typeを使って、複数の条件を組み合わせてスタイルを適用することができます。

li:nth-of-type(odd),
li:nth-of-type(4) {
  color: orange;
}

このコードを使用すると、リストの奇数番目の要素と4番目の要素の文字色がオレンジになります。

●使い方7: 親要素に対してnth-of-typeを適用

nth-of-typeは、子要素だけでなく親要素に対しても適用することができます。

section article:nth-of-type(3) p {
  color: purple;
}

このコードを使用すると、section要素内の3番目のarticle要素のp要素の文字色が紫色になります。

●応用例とサンプルコード

nth-of-typeを使った応用例を紹介します。

○応用例1: テーブルの行に交互に色を付ける

<style>
  tr:nth-of-type(odd) {
    background-color: lightgray;
  }
  tr:nth-of-type(even) {
    background-color: white;
  }
</style>
<table>
  <tr>
    <td>行1</td>
  </tr>
  <tr>
    <td>行2</td>
  </tr>
  <tr>
    <td>行3</td>
  </tr>
  <tr>
    <td>行4</td>
  </tr>
</table>

このコードを使用すると、テーブルの行に交互に薄いグレーと白の背景色が付けられます。

○応用例2: カードデザインの最後の要素にマージンを付けない

<style>
  .card {
    margin-bottom: 20px;
  }
  .card:nth-last-of-type(1) {
    margin-bottom: 0;
  }
</style>
<div class="card">カード1</div>
<div class="card">カード2</div>
<div class="card">カード3</div>
<div class="card">カード4</div>

このコードを使用すると、カードデザインの最後の要素にマージンが付かず、他の要素との間隔が開きません。

○応用例3: ナビゲーションメニューの最初の要素だけ太字にする

<style>
  nav ul li:first-of-type {
    font-weight: bold;
  }
</style>
<nav>
  <ul>
    <li>メニュー1</li>
    <li>メニュー2</li>
    <li>メニュー3</li>
    <li>メニュー4</li>
  </ul>
</nav>

このコードを使用すると、ナビゲーションメニューの最初の要素だけが太字になります。

以上で、CSSのnth-of-typeに関する基本的な使い方や応用例を詳しく解説しました。

これであなたも、nth-of-typeを使って効果的なデザインを実現できるようになるでしょう。

ただし、nth-of-typeを使用する際には、いくつか注意点があります。

●注意点

○注意点1: ブラウザの互換性

nth-of-typeは、主要なブラウザでサポートされていますが、古いバージョンのInternet Explorer(IE 8以下)ではサポートされていません。

そのため、IE 8以下をサポートする必要がある場合は、代替手段を検討する必要があります。

○注意点2: 要素の種類に注意

nth-of-typeは、同じ種類の兄弟要素に対してのみ適用されます。

そのため、異なる種類の要素が混在している場合は、nth-of-typeが期待通りに動作しないことがあります。

○注意点3: 要素の数に注意

nth-of-typeで指定したインデックスが要素の数を超えている場合、そのスタイルは適用されません。

そのため、インデックスを指定する際には、要素の数を考慮する必要があります。

●カスタム方法

nth-of-typeをさらにカスタマイズして使いたい場合は、以下のような方法があります。

○カスタム方法1: カスタムプロパティを使用

CSSカスタムプロパティ(変数)を使用して、nth-of-typeのインデックスを動的に変更することができます。

:root {
  --index: 2;
}

li:nth-of-type(var(--index)) {
  color: red;
}

このコードを使用すると、リストの2番目の要素が赤色になります。

--indexの値を変更することで、適用されるスタイルの対象も変更できます。

○カスタム方法2: クラス名を追加

nth-of-typeが期待通りに動作しない場合や、対象要素を明示的に指定したい場合は、クラス名を追加することでカスタムが可能です。

<style>
  .highlight {
    color: red;
  }
</style>
<ul>
  <li>リスト1</li>
  <li class="highlight">リスト2</li>
  <li>リスト3</li>
  <li>リスト4</li>
</ul>

このコードを使用すると、リストの2番目の要素に.highlightクラスが追加され、赤色になります。

まとめ

本記事では、CSSのnth-of-typeについて、初心者目線で詳しく解説しました。

nth-of-typeの基本的な使い方や応用例を学ぶことで、効果的なデザインを実現できるようになります。

ただし、ブラウザの互換性や要素の種類・数に注意しながら使用することが重要です。