CSSで順番入れ替え!驚くほど簡単な7ステップで徹底解説 – JPSM

CSSで順番入れ替え!驚くほど簡単な7ステップで徹底解説

CSSで順番入れ替えを行う方法を初心者にもわかりやすく解説CSS

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスは複数のSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

また、理解しにくい説明や難しい問題に躓いても、JPSMがプログラミングの解説に特化してオリジナルにチューニングした画面右下のAIアシスタントに質問していだければ、特殊な問題でも指示に従い解決できるように作ってあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

CSSを使った順番入れ替えが難しく感じることはありませんか?

この記事では、初心者の方でも簡単にできるCSSの順番入れ替え方法を7ステップでわかりやすく解説します。

これを読めば、あなたもCSSで順番入れ替えができるようになるでしょう!

●ステップ1:HTML要素の準備

まずはHTML要素を準備しましょう。

次のような構造で、2つの要素が並んでいるものを考えます。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <title>CSS順番入れ替えサンプル</title>
  <link rel="stylesheet" href="styles.css">
</head>
<body>
  <div class="container">
    <div class="box1">要素1</div>
    <div class="box2">要素2</div>
  </div>
</body>
</html>

●ステップ2:CSSファイルの作成

次に、CSSファイルを作成しましょう。

ここでは、styles.cssという名前でファイルを作成します。

●ステップ3:Flexboxを利用

順番入れ替えを簡単に行うために、Flexboxを使います。

styles.cssに下記のように記述して、コンテナ要素にdisplay: flexを指定します。

.container {
  display: flex;
}

●ステップ4:要素の順序指定

それぞれの要素にorderプロパティを指定して、順序を制御します。

次のように記述してみましょう。

.box1 {
  order: 2;
}

.box2 {
  order: 1;
}

これで、要素1と要素2の順番が入れ替わりました。

●ステップ5:3つ以上の要素で順番入れ替え

3つ以上の要素でも同じ方法で順番入れ替えができます。

次のHTMLとCSSを参考にしてみてください。

HTML

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <title>CSS順番入れ替えサンプル(3つ以上の要素)</title>
  <link rel="stylesheet" href="styles2.css">
</head>
<body>
  <div class="container">
    <div class="box1">要素1</div>
    <div class="box2">要素2</div>
    <div class="box3">要素3</div>
  </div>
</body>
</html>

CSS (styles2.css)

.container {
  display: flex;
}

.box1 {
  order: 3;
}

.box2 {
  order: 1;
}

.box3 {
  order: 2;
}

これで、要素1、要素2、要素3の順番が入れ替わりました。

●ステップ6:レスポンシブデザインでの順番入れ替え

メディアクエリを使って、画面サイズに応じて要素の順番を入れ替えることもできます。

次のCSSを参考にしてみてください。

CSS (styles3.css)

.container {
  display: flex;
}

.box1 {
  order: 1;
}

.box2 {
  order: 2;
}

@media (max-width: 768px) {
  .box1 {
    order: 2;
  }

  .box2 {
    order: 1;
  }
}

これで、画面幅が768px以下になると要素1と要素2の順番が入れ替わります。

●ステップ7:Grid Layoutでの順番入れ替え

CSS Grid Layoutを使っても要素の順番入れ替えができます。

次のHTMLとCSSを参考にしてみてください。

HTML

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <title>CSS順番入れ替えサンプル(Grid Layout)</title>
  <link rel="stylesheet" href="styles4.css">
</head>
<body>
  <div class="container">
    <div class="box1">要素1</div>
    <div class="box2">要素2</div>
  </div>
</body>
</html>

CSS (styles4.css)

.container {
  display: grid;
  grid-template-columns: 1fr 1fr;
}

.box1 {
  grid-column: 2;
}

.box2 {
  grid-column: 1;
}

これで、要素1と要素2の順番がGrid Layoutを使って入れ替わりました。

まとめ

初心者の方でも簡単にできる方法を7ステップで解説しましたので、これであなたもCSSで順番入れ替えが簡単にできるようになるでしょう。

また、応用例として3つ以上の要素での入れ替えや、レスポンシブデザインでの入れ替え、Grid Layoutを利用した入れ替え方法も紹介しました。

これらの方法を活用することで、さまざまな状況下で柔軟に要素の順番をコントロールできるようになります。

ぜひ実践してみて下さいね!