HTML内でCSSを書く方法5選!クリエイティブなデザインで輝く

初心者でも簡単にHTML内でCSSを活用できるイメージHTML
この記事は約13分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事では、「HTML内でCSSを書く」というテーマに焦点を当て、初心者でも理解しやすいように段階的に解説します。

HTMLファイル内にCSSを直接記述する方法は、小規模なプロジェクトやテストページでの迅速なスタイル変更に非常に便利です。

この技術をマスターすることで、Webページの見た目を効率的に制御する能力が身につきます。

○HTML内でCSSを書くメリットと基本

HTML内にCSSを書く最大のメリットは、外部スタイルシートを用意する必要がなく、HTMLドキュメントだけでスタイリングが完結することです。

これにより、サーバーへのリクエスト数を減らし、ページの読み込み時間を短縮することが可能になります。

基本的には、<style>タグを用いて、HTMLの<head>セクション内にスタイル情報を記述します。

これにより、ページ全体に一貫したデザインを適用することができます。

●HTML内でCSSを書く基本的な方法

HTMLドキュメント内にCSSを書く基本的な方法は、<style>タグを使用することです。

このタグ内にCSSコードを記述することで、HTML要素に直接スタイルを適用することができます。

例えば、<style>タグを<head>内に挿入し、そこにCSSを記載することで、ページ全体のスタイリングを一括で行うことができます。

○サンプルコード1:HTML内に直接スタイルを書く

HTMLドキュメント内で直接スタイルを適用する一番簡単な方法は、<style>タグを用いることです。

下記のコード例では、すべての<p>タグの文字色を青色に設定しています。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <style>
    p {
      color: blue;
    }
  </style>
</head>
<body>
  <p>これは青色のテキストです。</p>
</body>
</html>

このコードでは、<style>タグ内にCSSを記述し、pセレクタを使用して段落の文字色を指定しています。

CSSをHTML内に記述することで、特定のHTML要素に直接スタイルを適用することが可能です。

○サンプルコード2:スタイルタグを使って複数のスタイルを定義する

より複雑なデザインをHTML内で実現するためには、複数のCSSルールを<style>タグ内に定義することが効果的です。

下記の例では、複数のスタイルを適用して、ページの見た目をより詳細にカスタマイズしています。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <style>
    body {
      background-color: #f4f4f4;
      font-family: 'Arial', sans-serif;
    }
    h1 {
      color: red;
      text-align: center;
    }
    p {
      font-size: 16px;
      color: darkgray;
    }
  </style>
</head>
<body>
  <h1>見出しは赤色で中央寄せです</h1>
  <p>段落のテキストはダークグレーの16pxです。</p>
</body>
</html>

このサンプルコードでは、body, h1, pタグに対してそれぞれ異なるスタイルを適用しています。

bodyタグには背景色とフォントファミリーを、h1タグには文字色とテキストの配置、pタグにはフォントサイズと文字色を指定しています。

この方法を利用することで、HTML文書内で簡単にページ全体のデザインを調整することができます。

●HTML内でCSSを使ったデザインテクニック

WebデザインにおいてCSSは非常に強力なツールです。

HTML内でCSSを効果的に利用することで、訪問者にとって魅力的なページを作成することが可能です。

ここでは、レスポンシブデザインの適用、ホバーエフェクトの追加、フォントとカラースキームのカスタマイズという三つのテクニックを紹介します。

○サンプルコード3:レスポンシブデザインの適用

レスポンシブデザインは、異なるデバイスに対して一つのウェブサイトが適切に表示されるようにするデザイン手法です。

下記のサンプルコードは、画面のサイズに基づいて異なるスタイルを適用する方法を表しています。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <style>
    body {
      background-color: #fff;
      color: #333;
      font-family: 'Arial', sans-serif;
    }
    @media (max-width: 600px) {
      body {
        background-color: #f4f4f4;
      }
      h1 {
        font-size: 16px;
      }
    }
  </style>
</head>
<body>
  <h1>これはレスポンシブな見出しです</h1>
  <p>画面の幅が600px以下の場合には、背景色と見出しのフォントサイズが変更されます。</p>
</body>
</html>

この例では、メディアクエリを使用して画面の幅が600px以下のときのスタイルを定義しています。

これにより、スマートフォンなどの小さな画面でも内容が読みやすくなります。

○サンプルコード4:ホバーエフェクトの追加

ホバーエフェクトは、ユーザーがマウスを要素の上に置いた時にスタイルが変化する効果です。

この効果を使うことで、インタラクティブなユーザー体験を実装できます。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <style>
    .button {
      background-color: #4CAF50;
      color: white;
      padding: 14px 20px;
      text-align: center;
      display: inline-block;
      border: none;
      cursor: pointer;
    }
    .button:hover {
      background-color: #45a049;
    }
  </style>
</head>
<body>
  <button class="button">ホバーすると色が変わります</button>
</body>
</html>

このコードでは、.buttonクラスに通常時とホバー時の背景色を設定しています。

ユーザーがボタンにマウスを置くと、背景色が暗くなることで反応があることが視覚的にわかります。

○サンプルコード5:フォントとカラースキームのカスタマイズ

ウェブサイトの視覚的魅力を高めるために、フォントや色の選択は非常に重要です。

下記のコードは、特定のフォントとカラースキームをページに適用する方法を表しています。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <style>
    body {
      font-family: 'Georgia', serif;
      color: #333;
      background-color: #f5f5f5;
    }
    h1 {
      color: #0066cc;
    }
    p {
      color: #666;
    }
  </style>
</head>
<body>
  <h1>カスタマイズされたフォントと色</h1>


  <p>このテキストはカスタマイズされた色とフォントで表示されます。</p>
</body>
</html>

この例では、Georgiaフォントと青系のカラースキームを使用しています。

これにより、洗練された感じのデザインをページにもたらすことができます。

●よくあるエラーとその対処法

CSSをHTML内で書く際にはいくつかの共通したエラーがあります。

これらのエラーを理解し、適切に対処する方法を学ぶことは、効率的なWeb開発に不可欠です。

ここでは、特に頻繁に遭遇する二つのエラーケースとその解決策を詳しく解説します。

○エラー例と解決策1:CSSプロパティの誤用

CSSプロパティを誤って使用することは、特に初心者にとって一般的な問題です。

例えば、marginpaddingの違いを理解していないと、レイアウトが意図した通りにならないことがあります。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <style>
    .wrong-box {
      margin: 30px;
      background-color: red;
    }
    .right-box {
      padding: 30px;
      background-color: green;
    }
  </style>
</head>
<body>
  <div class="wrong-box">間違ったボックス</div>
  <div class="right-box">正しいボックス</div>
</body>
</html>

この例では、.wrong-box には margin を設定していますが、これはボックスの外側の空間を調整します。

一方、.right-box には padding を設定しており、ボックスの内側の空間を調整しています。

この違いを理解することで、レイアウトの問題を避けることができます。

○エラー例と解決策2:セレクタの指定ミス

セレクタを正しく指定しないことにより、スタイルが適用されないという問題が生じることがあります。

セレクタのタイプミスや、クラスとIDの混同が原因でこの問題が発生することが多いです。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <style>
    #button { /* IDセレクタ */
      background-color: blue;
      color: white;
      padding: 10px 20px;
      border: none;
    }
    .button { /* クラスセレクタ */
      background-color: red;
      color: white;
      padding: 10px 20px;
      border: none;
    }
  </style>
</head>
<body>
  <button id="button">IDボタン</button>
  <button class="button">クラスボタン</button>
</body>
</html>

この例では、IDセレクタ(#button)とクラスセレクタ(.button)を使用しています。

IDは一意の要素に対して、クラスは複数の要素に同じスタイルを適用するために使用します。

この違いを正しく理解し、適切な場面で使用することが重要です。

●HTMLとCSSの効果的な組み合わせ例

HTMLとCSSは単体で使用しても強力ですが、組み合わせることでその真価を発揮します。

ここでは、動的なコンテンツスタイリングとアニメーション効果を利用する方法を紹介し、より魅力的なウェブサイトを作成するためのテクニックを解説します。

○サンプルコード6:動的なコンテンツスタイリング

ウェブページに動的要素を加えることは、ユーザーの注意を引きつけ、インタラクティブな体験を提供します。

下記のサンプルでは、JavaScriptとCSSを組み合わせて、動的にスタイルが変更されるコンテンツを実装しています。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <style>
    .dynamic-content {
      color: #333;
      background-color: #f4f4f4;
      padding: 10px;
      border: 1px solid #ddd;
      transition: all 0.3s ease;
    }
  </style>
</head>
<body>
  <div id="dynamicDiv" class="dynamic-content">マウスを載せると変化します</div>
  <script>
    document.getElementById('dynamicDiv').onmouseover = function() {
      this.style.backgroundColor = '#c8e6c9';
      this.style.color = '#2e7d32';
    };
    document.getElementById('dynamicDiv').onmouseout = function() {
      this.style.backgroundColor = '#f4f4f4';
      this.style.color = '#333';
    };
  </script>
</body>
</html>

このコードは、マウスが要素の上に来たときに背景色と文字色を変更することで、ユーザーに対して視覚的なフィードバックを提供します。

transitionプロパティにより、色の変化がスムーズに行われ、より洗練された感じを演出できます。

○サンプルコード7:アニメーション効果の利用

CSSアニメーションは、ウェブページに動きを加える効果的な方法です。

下記のサンプルでは、キーフレームを使用して、要素に継続的なアニメーションを適用しています。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <style>
    @keyframes example {
      0% {background-color: red;}
      50% {background-color: yellow;}
      100% {background-color: green;}
    }
    .animated-box {
      width: 100px;
      height: 100px;
      animation-name: example;
      animation-duration: 4s;
      animation-iteration-count: infinite;
    }
  </style>
</head>
<body>
  <div class="animated-box"></div>
</body>
</html>

この例では、アニメーションが赤、黄、緑と色が変わるように設定されています。

animation-iteration-count: infinite; によりアニメーションが無限に繰り返されるため、ページにダイナミックな要素を持たせることができます。

まとめ

この記事では、HTML内でCSSを直接記述する方法と、それに伴うデザインテクニックや一般的なエラーの解決策を解説しました。

初心者から上級者まで、より効果的にウェブサイトをスタイリングするための具体的な手法を紹介しました。

これらの知識を活用することで、訪問者に魅力的なウェブ体験を提供し、技術的な問題を効率的に解決することが可能になります。

プロジェクトにこれらのテクニックを積極的に取り入れ、クリエイティブなウェブデザインを実現しましょう。