TypeScriptでOmitをマスターしよう!10選の使い方&サンプルコード – JPSM

TypeScriptでOmitをマスターしよう!10選の使い方&サンプルコード

TypeScriptのOmit機能を詳しく解説する図TypeScript

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスは複数のSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

また、理解しにくい説明や難しい問題に躓いても、JPSMがプログラミングの解説に特化してオリジナルにチューニングした画面右下のAIアシスタントに質問していだければ、特殊な問題でも指示に従い解決できるように作ってあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

TypeScriptは、大規模なプロジェクトを効率的に開発するために、JavaScriptの上に強い型システムを提供しています。

この強力な型システムの中で「Omit」という型操作ユーティリティが存在します。

この記事では、TypeScriptのOmitの基本的な使い方や応用例を、10の詳細なサンプルコードを通して、わかりやすくご紹介します。

Omitを完璧に理解し、日々のコーディングに役立てることができるようになることを目指してください。

●TypeScriptとOmitの基本

TypeScriptを使用する際の強力な特性の一つとして、型検査と型操作が挙げられます。

特に型操作ユーティリティである「Omit」は、オブジェクト型から特定のプロパティを除外するという操作を、簡潔で読みやすい形で可能とします。

この基本的なOmitの使用方法を把握することは、TypeScriptをより実践的に運用するうえで欠かせない知識です。

では、TypeScriptにおけるこの便利なOmitの基本をさらに詳しく見ていきましょう。

○TypeScriptの基本

TypeScriptは、JavaScriptに静的型機能を追加したスーパーセットの言語です。

JavaScriptの動的な性質は多くの開発者に愛されていますが、大規模なプロジェクトやチームでの開発において、型の不一致や存在しないプロパティへのアクセスなどの問題が頻発します。

TypeScriptは、このような問題を早期にキャッチするための静的型チェック機能を持っています。

例えば、次のようなコードを考えてみましょう。

const user = {
    name: "Taro",
    age: 25
};
console.log(user.location);  // JavaScriptではエラーにならず、undefinedが出力される

このコードでは、存在しないlocationプロパティにアクセスしています。

JavaScriptだとこのコードはエラーにならず、undefinedが出力されるだけですが、TypeScriptではコンパイル時にエラーが出ます。

○Omitの基本

TypeScriptの中で「Omit」という型操作ユーティリティは、特定のプロパティを除外した新しい型を作成するためのものです。

これは、オブジェクトから特定のキーを除外したいときや、特定の型だけを取り出したいときなど、様々な場面で非常に役立ちます。

Omitの基本的な使用方法を次のサンプルコードで解説します。

type User = {
    name: string;
    age: number;
    address: string;
};

// Omitを使用して、addressプロパティを除外
type UserWithoutAddress = Omit<User, 'address'>;

const taro: UserWithoutAddress = {
    name: "Taro",
    age: 25
};

このコードでは、Userという型からaddressというプロパティを除外するために、Omitを使用しています。

そして、新しくUserWithoutAddressという型が生成されます。

この型を使ってオブジェクトTaroを定義すると、addressプロパティは存在しないため、エラーが発生します。

●Omitの使い方

TypeScriptは、開発者がより柔軟に、しかし安全にコードを書くための言語として人気を博しています。

その中でも、Omitは非常に便利なユーティリティ型の1つです。

ここでは、Omitの基本的な使い方をサンプルコードと共に解説します。

Omitとは、指定したキーをオブジェクト型から除外するためのユーティリティ型です。

言い換えると、特定のキーのみを除いた新しい型を生成するための型といえるでしょう。

Omitは、オブジェクトの型を変更する場面や、特定のキーのみを無視したい場合など、さまざまな場面で活躍します。

○サンプルコード1:Omitを使った基本的な型の除外

まず、Omitの基本的な使い方を見てみましょう。

次のサンプルコードでは、Person型からageというキーを除外した新しい型を生成しています。

// Person型を定義
type Person = {
    name: string;
    age: number;
    email: string;
};

// Omitを使ってageキーを除外
type OmittedPerson = Omit<Person, 'age'>;

// ageキーが除外されていることを確認
const person: OmittedPerson = {
    name: "Taro",
    email: "[email protected]"
};

このコードでは、まずPerson型を定義しています。

次に、Omitを用いて、Person型からageというキーを除外した新しい型OmittedPersonを作成しています。

最後のconst personでは、OmittedPerson型としてオブジェクトを定義しています。

この時、ageキーは存在しないため、含めるとTypeScriptのコンパイラによってエラーが発生します。

このコードを実行すると、特にエラーが発生することなく、期待通りの動作をすることが確認できます。

○サンプルコード2:Omitを応用したオブジェクトの型操作

TypeScriptのOmitユーティリティは非常に強力なツールです。

この項目では、オブジェクトの型操作を中心に、Omitの応用例を具体的に見ていきます。

□オブジェクトから特定のキーを取り除く

まず、最も基本的な使い方として、オブジェクトから特定のキーを取り除く方法を考えます。

例えば、次のようなUser型があったとします。

type User = {
  id: number;
  name: string;
  email: string;
};

このUser型からemailキーだけを取り除いた型を作成するには、Omitを次のように使用します。

type UserWithoutEmail = Omit<User, 'email'>;

このコードでは、Omitを使ってUser型からemailキーを取り除き、新たなUserWithoutEmail型を定義しています。

□複数のキーを取り除く

1つのキーだけでなく、複数のキーを取り除く場合も考えてみましょう。

次のようにOmitを使用することで、複数のキーを簡単に取り除くことができます。

type UserWithoutIdAndEmail = Omit<User, 'id' | 'email'>;

このコードを実行すると、User型からidemailの2つのキーを取り除いた新しい型UserWithoutIdAndEmailが生成されます。

□ネストされたオブジェクトの型操作

ネストされたオブジェクトの場合もOmitを使用することで、特定のキーを簡単に取り除くことができます。

ただし、ネストされたキーを取り除く場合は少し工夫が必要です。例えば、以下のような型があるとします。

type NestedUser = {
  id: number;
  profile: {
    name: string;
    email: string;
  };
};

この型からprofileの中のemailキーを取り除くには、まずprofileの型を新しく定義して、その型を使用してNestedUserを再定義する必要があります。

type UserProfileWithoutEmail = Omit<NestedUser['profile'], 'email'>;

type NewNestedUser = {
  id: number;
  profile: UserProfileWithoutEmail;
};

この方法を使用すると、ネストされたキーを取り除くことも容易にできます。

○サンプルコード3:複雑な型構造でのOmitの利用

TypeScriptを学習する際、基本的な型操作はもちろん重要ですが、より複雑な型構造の操作が求められるシーンも増えてきます。

ここでは、そういった複雑な型構造でOmitを使う方法を詳しく解説していきます。

まず、次のコードをご覧ください。

type NestedObjectType = {
    level1: {
        level2: {
            key1: string;
            key2: number;
            key3: boolean;
        }
    };
    rootKey: string;
};

type OmittedType = Omit<NestedObjectType, 'level1.level2.key2'>;

このコードでは、NestedObjectTypeという名前の型を定義しています。

この型はネストされたオブジェクトの型で、level1というキーの中にさらにlevel2というキー、そしてその中に3つのキー(key1, key2, key3)が含まれています。

また、ネストされていないキーとしてrootKeyも含まれています。

次に、OmittedTypeという名前の型を定義していますが、ここでOmitを使ってNestedObjectTypeからlevel1.level2.key2というキーを除外しようとしています。

しかしこのコードには問題点があります。

Omitの第二引数は直接的なプロパティ名しか受け取らないため、ドットを使ったネストされたキーの指定はできません。

このため、このコードを実行すると、OmittedTypeNestedObjectTypeと全く同じ型になり、key2は除外されません。

正しくネストされたキーを除外するには、次のようにする必要があります。

type OmittedLevel2 = Omit<NestedObjectType['level1']['level2'], 'key2'>;

type CorrectOmittedType = {
    level1: {
        level2: OmittedLevel2;
    };
    rootKey: string;
};

まず、OmittedLevel2という型を定義して、NestedObjectTypelevel1.level2からkey2を除外します。

その後、CorrectOmittedTypeという新しい型を定義し、この除外された型を組み込んでいます。

このコードを実行すると、CorrectOmittedTypeは次のような型になります。

{
    level1: {
        level2: {
            key1: string;
            key3: boolean;
        }
    };
    rootKey: string;
}

上記のように、key2が正しく除外されていることが確認できます。

複雑な型構造でのOmitの利用は少し手間がかかることがあるため、型のネストが深くなるときは特に注意が必要です。

ただ、このようにステップを踏むことで、正確に型の操作を行うことができます。

●Omitの応用例

TypeScriptでの型操作は、コードの安全性を高めるための非常に有効な手段です。

特に、Omitはオブジェクト型から特定のプロパティを取り除く際に役立ちます。

その応用例として、状態管理での使用方法を解説していきます。

○サンプルコード4:Omitを使った状態管理

TypeScriptでの状態管理では、特定の状態を持たせたくない場合や、一時的に状態を変更する場合などにOmitを使用すると非常に効果的です。

このコードでは、ユーザー情報を管理するオブジェクトの型から、一時的に「password」のプロパティを除外しています。

interface User {
    id: number;
    name: string;
    email: string;
    password: string;
}

// Omitを使用して、User型から「password」を取り除いた型を作成
type UserWithoutPassword = Omit<User, 'password'>;

const displayUser: UserWithoutPassword = {
    id: 1,
    name: 'Taro',
    email: '[email protected]'
};

このコードを実行すると、displayUserはpasswordプロパティを持たないことが保証されます。

これにより、例えばユーザー情報を画面に表示する際などに、誤ってパスワード情報を表示するリスクを排除することができます。

○サンプルコード5:Omitと他のTypeScript機能の組み合わせ

TypeScriptの強力な型機能は、さまざまな操作やカスタマイズが可能です。

特に、Omitと他のTypeScript機能の組み合わせにより、より高度な型操作が可能となります。

ここでは、Omitを使用しながら、他のTypeScriptの機能との組み合わせ方を解説していきます。

このコードでは、Omitを使ってオブジェクトから特定のプロパティを除外し、さらにPartialとPickという二つのユーティリティタイプを使用して、その結果をカスタマイズします。

type UserProfile = {
    name: string;
    age: number;
    address: string;
    email: string;
};

// Omitを使用してaddressプロパティを除外
type OmittedProfile = Omit<UserProfile, 'address'>;

// Partialを使用して全てのプロパティをオプショナルに変更
type PartialProfile = Partial<OmittedProfile>;

// Pickを使用してnameとemailだけを取得
type PickedProfile = Pick<OmittedProfile, 'name' | 'email'>;

このコードでは、最初にUserProfileという型を定義しています。

その後、Omitを使用してaddressプロパティを除外し、新しい型OmittedProfileを生成します。

次に、この新しい型をベースにして、Partialを使って全てのプロパティをオプショナルにしたPartialProfileと、Pickを使って特定のプロパティだけを取り出したPickedProfileをそれぞれ定義しています。

このコードを実行すると、それぞれの型は次のような構造を持ちます。

OmittedProfile:

{
    name: string;
    age: number;
    email: string;
}

PartialProfile:

{
    name?: string;
    age?: number;
    email?: string;
}

PickedProfile:

{
    name: string;
    email: string;
}

また、例として、APIから取得するレスポンスデータの型も考えてみましょう。

APIから返されるデータには、不要な情報が含まれていることがよくあります。

Omitと他のTypeScript機能を組み合わせることで、これらの不要な情報を省いた型を簡単に作成できます。

type APIResponse = {
    userId: number;
    userName: string;
    userRole: string;
    passwordHash: string;
    email: string;
};

// passwordHashを除外し、他の必要なデータだけを取り出す
type SafeResponse = Omit<APIResponse, 'passwordHash'>;
type PickedResponse = Pick<SafeResponse, 'userId' | 'userName' | 'email'>;

このコードを実行すると、PickedResponse型は次のような構造を持ちます。

{
    userId: number;
    userName: string;
    email: string;
}

○サンプルコード6:外部ライブラリとOmitの組み合わせ

TypeScriptの型システムを活用すると、データの形や関数の挙動をコンパイル時に安全に検証できます。

特にOmitは、指定したキーを持つプロパティをオブジェクトの型から除外するユーティリティ型として非常に便利です。

しかし、実際のアプリケーション開発では外部ライブラリと組み合わせて使うことが多いでしょう。

ここでは、外部ライブラリとOmitを組み合わせた実践的なサンプルコードを通して、その使い方を詳しく解説します。

まず、例としてよく使われるライブラリ「axios」を使ったHTTPリクエストを考えます。

通常、APIから取得するレスポンスには多くの情報が含まれますが、すべての情報を使用するわけではありません。

そこで、不要なプロパティをOmitを使用して除外する方法を学びます。

このコードでは、axiosを使って特定のAPIからデータを取得し、そのレスポンス型から不要なプロパティをOmitを用いて取り除きます。

// 必要なライブラリをインポートします
import axios from 'axios';

// APIから取得するレスポンスの型を定義します
type ApiResponse = {
  id: number;
  name: string;
  email: string;
  address: string;
};

// addressプロパティを除外した新しい型を定義します
type FilteredResponse = Omit<ApiResponse, 'address'>;

// APIからデータを取得し、不要なプロパティを取り除く関数を定義します
async function fetchData(): Promise<FilteredResponse> {
  const response = await axios.get<ApiResponse>('https://api.example.com/data');
  const { address, ...data } = response.data;
  return data;
}

// 関数を呼び出して結果を表示します
fetchData().then(data => {
  console.log(data);
});

このコードを実行すると、APIから取得したデータのうち、addressプロパティを除外した残りのデータが表示されます。

○サンプルコード7:Omitを利用した関数の型定義

TypeScriptのOmitは非常に便利なユーティリティ型の一つで、特定の型から指定したプロパティを除外するのに用いられます。

一般的に、オブジェクトの型定義時によく使用されることが多いですが、関数の型定義時にもその力を発揮します。

考えてみましょう。

関数が特定のオブジェクトを引数として受け取る場合、そのオブジェクトの特定のプロパティを除外したい場面が出てきます。

この時、Omitを使うと、必要のないプロパティを簡単に排除し、関数の型定義をより柔軟にすることができます。

このコードでは、Omitを用いて関数の型定義を行っています。

具体的には、User型のオブジェクトからpasswordプロパティを除外して、それを引数として受け取る関数を定義しています。

// User型の定義
type User = {
    id: number;
    name: string;
    email: string;
    password: string;
}

// passwordプロパティを除外したUserWithoutPassword型を定義
type UserWithoutPassword = Omit<User, 'password'>;

// UserWithoutPassword型を引数として受け取る関数の型定義
function displayUserInfo(user: UserWithoutPassword) {
    console.log(user);
}

このコードを実行すると、displayUserInfo関数はpasswordプロパティを持たないUser型のオブジェクトのみを受け入れます。

したがって、passwordプロパティを含むオブジェクトを関数に渡そうとすると、TypeScriptの型チェックによりエラーが発生します。

例えば、次のように関数を使用する場合を考えます。

const user: User = {
    id: 1,
    name: 'Taro',
    email: '[email protected]',
    password: 'secret'
};

// 関数にオブジェクトを渡す前にpasswordプロパティを除去
const userWithoutPassword: UserWithoutPassword = {
    id: user.id,
    name: user.name,
    email: user.email
};

// この呼び出しは問題なく実行される
displayUserInfo(userWithoutPassword);

この例のように、displayUserInfo関数にオブジェクトを渡す前に、passwordプロパティを除去した新しいオブジェクトを作成して渡すことで、関数は期待通りに動作します。

このような方法は、関数の内部でセキュアな情報を取り扱いたくない場合や、不要な情報を除外して簡潔にデータを取り扱いたい場合に非常に有効です。

○サンプルコード8:Omitと条件付き型での応用

TypeScriptのOmit型は非常に便利なツールであり、特定のプロパティを除外するための方法を提供します。

しかし、単独での使用だけでなく、他のTypeScriptの高度な型と組み合わせることで、より洗練された型操作が可能になります。

ここでは、Omitを条件付き型と組み合わせた使い方を紹介します。

まず、条件付き型とは何かを簡単に説明します。

条件付き型は、ある型が別の型に割り当てられるかどうかに基づいて型を選択する方法を提供します。

基本的な形は次のようになります。

type TypeName<T> = T extends string ? "string" : "non-string";

このコードでは、TypeNameは条件付き型を使用しています。

もしTstringに割り当てられる場合、"string"という型を返し、そうでない場合は"non-string"という型を返します。

それでは、Omitと条件付き型を組み合わせて、特定の条件を満たすプロパティだけを除外する方法を見てみましょう。

下記のコードは、Person型から、値がnumber型のプロパティのみを除外する例です。

type Person = {
    name: string;
    age: number;
    address: string;
    score: number;
};

type OmitNumber<T> = {
    [K in keyof T]: T[K] extends number ? never : K;
}[keyof T];

type Result = OmitNumber<Person>;

このコードでは、まずPerson型を定義しています。

次に、OmitNumberという型を定義しています。

この型は、渡される型Tの各プロパティを検証し、そのプロパティの型がnumberであれば、never型を返します。

never型は、そのプロパティを除外するためのトリックです。最後に、このOmitNumber型をPerson型に適用し、結果の型をResultとして取得します。

このコードを実行すると、Result型は次のようになります。

type Result = {
    name: string;
    address: string;
};

実行後のコードを見ると、agescoreというnumber型のプロパティが除外されているのがわかります。

これにより、独自の条件を設定して、特定の型のプロパティだけを動的に除外することができます。

○サンプルコード9:Omitを使った型の再利用

TypeScriptを使用すると、オブジェクトやクラスの型を再利用する際に、特定のプロパティを除外したい場面があります。

そのような場合には、TypeScriptの組み込み型である「Omit」が非常に役立ちます。

今回は、Omitを使って型の再利用を行う方法をサンプルコードを交えて説明します。

このコードでは、既存の型から特定のプロパティを除外して新しい型を作成しています。

interface FullInfo {
    name: string;
    age: number;
    address: string;
}

type InfoWithoutAddress = Omit<FullInfo, 'address'>;

const user: InfoWithoutAddress = {
    name: "Taro",
    age: 30
};

このコードでは、FullInfoという名前、年齢、住所を持つインターフェースを定義しています。

次に、Omitを使って、addressプロパティを除外した新しい型InfoWithoutAddressを作成しています。

このInfoWithoutAddress型の変数userを定義する際に、addressプロパティを持たせることはできません。

このコードを実行すると、userオブジェクトはnameageのプロパティのみを持ち、addressプロパティを持つことは許容されません。

また、特定のプロパティを除外した上で、新しいプロパティを追加することも可能です。

例えば、住所を除外した上で電話番号を追加するといった型を作成することもできます。

type InfoWithPhone = Omit<FullInfo, 'address'> & { phone: string };

○サンプルコード10:Omitの限界とその回避方法

TypeScriptのOmitは非常に強力なツールで、オブジェクト型から特定のキーを除外するのに役立ちます。

しかし、如何なるツールにも限界があります。

ここでは、Omitの限界を認識し、それをどのように回避するかを探求します。

□Omitの基本的な制限

最初に理解すべきことは、Omitはオブジェクトの型からのみキーを除外するために使用されます。

非オブジェクト型、例えばstringやnumber、booleanなどには適用できません。

下記のコードを考えてみましょう。

type MyString = string;
type OmittedString = Omit<MyString, "length">;

このコードでは、文字列型の”length”プロパティをOmitを使って除外しようとしています。

しかし、TypeScriptはエラーを出力します。

このコードでは、string型を持つMyStringから”length”というプロパティを除外しようとしています。

しかし、Omitはオブジェクトの型に対してのみ動作するため、上記のコードはエラーとなります。

□Omitの応用

Omitの制限を超えるためのテクニックをいくつか紹介します。

◾️関連する型のマッピング

型のマッピングを使用してOmitの振る舞いを模倣することができます。

例として、特定のキーを持つオブジェクトを除外する型を作成しましょう。

type Without<T, U> = {
  [P in Exclude<keyof T, keyof U>]: T[P];
};

type User = {
  id: number;
  name: string;
  age: number;
};

type NewUser = Without<User, { age: number }>;

このコードでは、Without型はUser型から”age”キーを除外します。

結果、NewUser型は”id”と”name”キーのみを持つことになります。

□他の型ヘルパーとの組み合わせ

Omitを他のTypeScriptの型ヘルパーと組み合わせることで、さらなる強力な型操作を実現できます。

例として、PickとOmitを組み合わせることで、特定のキーのみを持つ新しい型を作成することができます。

type User = {
  id: number;
  name: string;
  age: number;
};

type SelectedUser = Pick<User, Exclude<keyof User, "age">>;

このコードでは、SelectedUser型はUser型から”age”キーを除外したものとなります。

□Omitの限界を補完するサードパーティライブラリの活用

TypeScriptのコミュニティは非常に活発で、Omitのようなユーティリティの制限を補完するためのサードパーティライブラリが存在します。

これらのライブラリを利用することで、より複雑な型操作を行うことができるようになります。

●注意点と対処法

TypeScriptでのOmitの使用は非常に便利ですが、適切に使用しないと予期しない問題が発生する可能性があります。

ここでは、Omitの使用時の主な注意点とその対処法について詳しく解説します。

○Omitの罠:型の安全性を保つための注意点

Omitを使用する際、最も気をつけるべきは、誤って必要な型を除外してしまうことです。

型の安全性を確保するためには、次のような点に注意することが求められます。

□明確な型名を使用する

具体的な型名を使用することで、何を省略しているのかが明確になり、誤った除外を避けることができます。

例として、User型からpasswordを除外したい場合は以下のように行います。

type User = {
  id: number;
  name: string;
  password: string;
};

type UserWithoutPassword = Omit<User, 'password'>;

このコードでは、User型からpassword属性を除外して、新しい型UserWithoutPasswordを定義しています。

□複数のキーを省略する場合は、カンマで区切る

複数のキーを一度に省略する場合、カンマ,で区切って記述します。

例えば、User型からidpasswordを除外する場合は次のように記述します。

type UserWithoutIdAndPassword = Omit<User, 'id' | 'password'>;

このコードを実行すると、UserWithoutIdAndPassword型はname属性のみを持つことになります。

□不要なキーを明示的に列挙する

ある型から特定のキーを除外する場合、そのキーを明示的に列挙することで、他の開発者にも意図が伝わりやすくなります。

○Omit使用時のパフォーマンスへの影響

一般的に、TypeScriptの型システムはランタイムでの実行に影響を与えません。

しかし、複雑な型操作が増えるとコンパイル時間が長くなる場合があります。

Omitも例外ではなく、特に大規模なプロジェクトでの使用時には、コンパイルパフォーマンスに影響を及ぼす可能性があります。

対処法として、次のアプローチが考えられます。

□不要な型操作を避ける

複雑な型操作の代わりに、シンプルな型定義を心がけることで、コンパイルのパフォーマンスを向上させることができます。

□型エイリアスの再利用

頻繁に同じ型操作を行う場合は、その結果を型エイリアスとして定義し、再利用することで、冗長な型操作を減少させることができます。

□最新のTypeScriptバージョンを使用する

TypeScriptはバージョンアップするたびに最適化が進められています。

最新のバージョンを使用することで、パフォーマンスの改善を期待することができます。

●カスタマイズ方法

TypeScriptにおいて、Omitは非常に強力なユーティリティ型の一つです。

しかし、デフォルトの動作だけでは不十分な場面も考えられます。

ここでは、Omitの動作をカスタマイズする方法に焦点を当てて解説します。

○Omitの挙動をカスタマイズする方法

Omit型は、あるオブジェクト型から特定のキーを取り除く際に利用されます。

しかし、特定の条件下でのみキーを取り除きたい、あるいは特定のキー群のみを取り除くなど、より細やかなカスタマイズが求められる場面があります。

例えば、特定の文字列を含むキーだけを取り除きたいという要求があるとしましょう。

下記のサンプルコードは、オブジェクトのキーに”Private”という文字列が含まれている場合、そのキーを除外するカスタマイズされたOmit型を定義しています。

type CustomOmit<T> = {
  [K in keyof T as K extends `${string}Private` ? never : K]: T[K];
};

type Sample = {
  name: string;
  agePrivate: number;
  address: string;
};

type Result = CustomOmit<Sample>;
// Resultの型: { name: string; address: string; }

このコードでは、CustomOmitという新しい型を定義しています。

この型は、キーに”Private”という文字列が含まれている場合、そのキーを除外します。

サンプルコードを実行すると、Resultの型は{ name: string; address: string; }となり、agePrivateというキーが除外されています。

まとめ

TypeScriptは、大規模なアプリケーションの開発や、チームでの開発を助ける静的型付けのスーパーセット言語です。

その中で、型の操作やカスタマイズに非常に有効なユーティリティタイプが提供されています。

特に、Omitはオブジェクト型から特定のプロパティを除外する場面で非常に有用です。

今後もTypeScriptの発展と共に、新たなユーティリティタイプや機能が追加されることが予想されます。

あなたがOmitのような有用な機能をマスターすることで、これからのTypeScript開発がよりスムーズに、そして効率的に進められることを願っています。