toPrecisionメソッドで数値の有効桁数を指定する方法9選

JavaScriptのtoPrecisionメソッドで有効桁数を指定するJS
この記事は約17分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

●toPrecisionメソッドとは?

みなさん、JavaScriptで数値の有効桁数を指定する方法をご存知でしょうか。

プログラミングでは、数値をどのように表示するかは非常に重要な要素の1つです。

特に、小数点以下の桁数を制御したり、数値を丸めたりする場面では、適切な方法を選ぶ必要があります。

そこで今回は、JavaScriptのtoPrecisionメソッドについて詳しく解説していきたいと思います。

toPrecisionメソッドは、数値の有効桁数を指定するためのメソッドで、柔軟な数値の表示制御を可能にします。

初心者の方にもわかりやすいように、基本的な使い方から応用例まで、ていねいに説明していきますね。

JavaScriptを学び始めたばかりの方や、数値処理に不慣れな方も、この記事を読めば、toPrecisionメソッドを使いこなせるようになるはずです。

それでは、一緒にtoPrecisionメソッドの世界を探求していきましょう!

○toPrecisionメソッドの基本的な使い方

まずは、toPrecisionメソッドの基本的な使い方から見ていきましょう。

toPrecisionメソッドは、数値オブジェクトのメソッドの1つで、次のようなシンタックスを持っています。

数値.toPrecision(桁数)

ここで、桁数には、有効桁数を整数で指定します。

有効桁数とは、数値の総桁数のことを指します。

例えば、1.2345という数値の有効桁数は5です。

toPrecisionメソッドを使うと、指定した有効桁数に基づいて、数値が丸められた文字列が返されます。

丸め方は、四捨五入ではなく、指定した桁数に最も近い値になります。

○サンプルコード1:toPrecisionメソッドで有効桁数を指定する

それでは、実際にtoPrecisionメソッドを使ってみましょう。

次のサンプルコードでは、数値の有効桁数を指定しています。

const num = 1.23456789;

console.log(num.toPrecision(3)); // 出力: "1.23"
console.log(num.toPrecision(5)); // 出力: "1.2346"
console.log(num.toPrecision(8)); // 出力: "1.2345679"

実行結果を見てみると、指定した有効桁数に応じて、数値が丸められていることがわかります。

  • num.toPrecision(3)では、有効桁数を3に指定しているため、1.23が出力されています。
  • num.toPrecision(5)では、有効桁数を5に指定しているため、1.2346が出力されています。
  • num.toPrecision(8)では、有効桁数を8に指定しているため、1.2345679が出力されています。

このように、toPrecisionメソッドを使えば、数値の有効桁数を簡単に指定することができます。

桁数の指定を変えるだけで、表示される数値の形式を柔軟に制御できるのは、とても便利ですよね。

●toPrecisionメソッドと他のメソッドの違い

さて、前回はtoPrecisionメソッドの基本的な使い方について学びましたね。

数値の有効桁数を指定して、表示形式を制御できるのは非常に便利な機能です。

しかし、JavaScriptには他にも数値の表示形式を制御するメソッドがあるのをご存知でしょうか。

そこで今回は、toPrecisionメソッドと似たような機能を持つ、toFixedメソッドとtoExponentialメソッドについて見ていきたいと思います。

このメソッドとtoPrecisionメソッドの違いを理解することで、状況に応じて適切なメソッドを選択できるようになります。

それでは、それぞれのメソッドの特徴を詳しく見ていきましょう。

○toFixedメソッドとの違い

toFixedメソッドは、数値を固定小数点表記の文字列に変換するメソッドです。

このメソッドは、小数点以下の桁数を指定することができます。

数値.toFixed(小数点以下の桁数)

toFixedメソッドとtoPrecisionメソッドの大きな違いは、指定する桁数の意味です。

toFixedメソッドは小数点以下の桁数を指定するのに対し、toPrecisionメソッドは有効桁数全体を指定します。

例えば、1.23456という数値に対して、toFixed(2)を呼び出すと、"1.23"という文字列が返されます。

一方、toPrecision(2)を呼び出すと、"1.2"という文字列が返されます。

○toExponentialメソッドとの違い

toExponentialメソッドは、数値を指数表記の文字列に変換するメソッドです。

このメソッドは、小数点以下の桁数を指定することができます。

数値.toExponential(小数点以下の桁数)

toExponentialメソッドとtoPrecisionメソッドの違いは、表記形式です。

toExponentialメソッドは常に指数表記を使用しますが、toPrecisionメソッドは必要に応じて指数表記を使用します。

例えば、1.23456という数値に対して、toExponential(2)を呼び出すと、"1.23e+0"という文字列が返されます。

一方、toPrecision(2)を呼び出すと、"1.2"という文字列が返されます。

○サンプルコード2:toFixedメソッドとtoPrecisionメソッドの比較

それでは、toFixedメソッドとtoPrecisionメソッドの違いを実際のコードで確認してみましょう。

const num = 1.23456;

console.log(num.toFixed(2)); // 出力: "1.23"
console.log(num.toPrecision(2)); // 出力: "1.2"

実行結果を見ると、toFixedメソッドは小数点以下の桁数を指定しているため、"1.23"が出力されています。

一方、toPrecisionメソッドは有効桁数全体を指定しているため、"1.2"が出力されています。

このように、toFixedメソッドとtoPrecisionメソッドでは、指定する桁数の意味が異なります。

状況に応じて適切なメソッドを選択することが大切ですね。

○サンプルコード3:toExponentialメソッドとtoPrecisionメソッドの比較

次に、toExponentialメソッドとtoPrecisionメソッドの違いを実際のコードで確認してみましょう。

const num = 1234.56;

console.log(num.toExponential(2)); // 出力: "1.23e+3"
console.log(num.toPrecision(2)); // 出力: "1.2e+3"

実行結果を見ると、toExponentialメソッドは常に指数表記を使用しているため、"1.23e+3"が出力されています。

一方、toPrecisionメソッドは必要に応じて指数表記を使用しているため、"1.2e+3"が出力されています。

●JavaScriptの数値型の特徴と注意点

さて、ここまでtoPrecisionメソッドや関連するメソッドについて学んできましたが、JavaScriptの数値型そのものについても理解を深めておく必要がありますよね。

数値型の特性を知っておくことで、より適切に数値を扱うことができるようになります。

JavaScriptの数値型には、いくつかの特徴や注意点があります。

これらを理解しておくことで、数値処理のエラーを回避し、正確な計算結果を得ることができます。

それでは、JavaScriptの数値型の特徴と注意点について、一緒に見ていきましょう。

○Number型の最大値と最小値

JavaScriptのNumber型には、扱える数値の範囲に限界があります。

Number型の最大値はNumber.MAX_VALUE、最小値はNumber.MIN_VALUEで表されます。

console.log(Number.MAX_VALUE); // 出力: 1.7976931348623157e+308
console.log(Number.MIN_VALUE); // 出力: 5e-324

これらの値を超える数値を扱おうとすると、Infinity(無限大)や-Infinity(負の無限大)として扱われます。

console.log(Number.MAX_VALUE * 2); // 出力: Infinity
console.log(Number.MIN_VALUE / 2); // 出力: 0

Number型の範囲内で数値を扱うように注意しましょう。

範囲を超える数値を扱う必要がある場合は、BigIntなどの別の方法を検討する必要があります。

○浮動小数点数の誤差

JavaScriptの数値型は、浮動小数点数として扱われます。

浮動小数点数は、内部的に2進数で表現されるため、一部の小数値を正確に表現できないことがあります。

console.log(0.1 + 0.2); // 出力: 0.30000000000000004

上記の例では、0.10.2の和が0.3にならず、わずかな誤差が生じています。

このような浮動小数点数の誤差は、JavaScriptに限らず、多くのプログラミング言語で発生します。

○サンプルコード4:浮動小数点数の誤差の確認

浮動小数点数の誤差を確認するために、次のようなコードを実行してみましょう。

const a = 0.1;
const b = 0.2;
const sum = a + b;

console.log(sum); // 出力: 0.30000000000000004
console.log(sum === 0.3); // 出力: false

実行結果を見ると、0.10.2の和が0.3とは厳密に等しくないことがわかります。

このような誤差を考慮して、数値の比較や計算を行う必要があります。

○サンプルコード5:BigIntを使った大きな整数の扱い

Number型の範囲を超える大きな整数を扱う場合は、BigIntを使用することができます。

BigIntは、任意精度の整数を表現できる数値型です。

const bigNumber = 1234567890123456789012345678901234567890n;

console.log(bigNumber); // 出力: 1234567890123456789012345678901234567890n
console.log(typeof bigNumber); // 出力: "bigint"

BigIntを使用することで、Number型の範囲を超える大きな整数を正確に扱うことができます。

ただし、BigIntとNumber型の相互運用には注意が必要です。

●よくあるエラーと対処法

さて、ここまでtoPrecisionメソッドの使い方やJavaScriptの数値型の特徴について学んできましたが、実際にコードを書いていると、思わぬエラーに遭遇することがありますよね。

特に、数値処理を行う際には、メソッドの使い方を誤ったり、引数の指定を間違えたりすることで、予期せぬ結果になってしまうことがあります。

そこで、ここでは、toPrecisionメソッドを使用する際によく発生するエラーとその対処法について見ていきたいと思います。

エラーが発生した場合の原因を理解し、適切な対処方法を知っておくことで、スムーズにデバッグを行うことができます。

それでは、一緒にtoPrecisionメソッドのエラーと対処法を探っていきましょう!

○toPrecisionメソッドに文字列を渡した場合

toPrecisionメソッドは、数値型のメソッドです。

そのため、文字列を引数として渡すと、エラーが発生します。

const num = "123.456";
console.log(num.toPrecision(3)); // エラー: num.toPrecision is not a function

上記のコードでは、num変数に文字列"123.456"を代入しています。

そして、num.toPrecision(3)を呼び出そうとしていますが、numは文字列型であるため、toPrecisionメソッドが存在しません。

この場合、文字列を数値に変換してからtoPrecisionメソッドを呼び出す必要があります。

文字列から数値への変換には、Number()関数やparseFloat()関数を使用します。

const num = "123.456";
console.log(Number(num).toPrecision(3)); // 出力: "123"

上記のように、Number(num)で文字列を数値に変換してからtoPrecisionメソッドを呼び出すことで、正しく有効桁数を指定することができます。

○toPrecisionメソッドに負の値を渡した場合

toPrecisionメソッドの引数には、正の整数を指定する必要があります。

負の値を渡すと、エラーが発生します。

const num = 123.456;
console.log(num.toPrecision(-3)); // エラー: RangeError: toPrecision() argument must be between 1 and 100

上記のコードでは、toPrecisionメソッドの引数に負の値-3を渡しているため、エラーが発生しています。

toPrecisionメソッドの引数は、1以上100以下の整数である必要があります。

範囲外の値を指定すると、RangeErrorが発生します。

エラーを回避するには、引数の値が正の整数であることを確認し、適切な範囲内の値を指定するようにしましょう。

○桁数の指定を省略した場合

toPrecisionメソッドの引数である桁数の指定を省略した場合、どのような結果になるでしょうか。

const num = 123.456;
console.log(num.toPrecision()); // 出力: "123.456"

引数を省略してtoPrecisionメソッドを呼び出すと、元の数値を文字列に変換した結果が返されます。

つまり、有効桁数の指定がない場合は、数値をそのまま文字列化するのと同じ結果になります。

ただし、可読性の観点からは、明示的に桁数を指定することが推奨されます。

引数を省略すると、コードの意図が不明確になる可能性があるためです。

●toPrecisionメソッドの応用例

さて、ここまでtoPrecisionメソッドの基本的な使い方やエラーへの対処法について学んできましたが、実際の開発現場では、もっと複雑な要件に対応する必要がありますよね。

数値の表示形式を細かく制御したり、見やすくフォーマットしたりするのは、プログラマーにとって重要なスキルの1つです。

そこで、この章では、toPrecisionメソッドを応用した実践的な例を見ていきたいと思います。

小数点以下の桁数を揃えたり、指数表記を使ったり、数値をグループ化したりと、様々な場面で活用できるテクニックを紹介します。

これらの応用例を通して、toPrecisionメソッドの柔軟性と利便性を実感していただければと思います。

それでは、一緒にtoPrecisionメソッドの応用力を高めていきましょう!

○サンプルコード6:小数点以下の桁数を揃える

toPrecisionメソッドを使って、小数点以下の桁数を揃えることができます。

これは、数値を表形式で表示する際などに便利です。

const numbers = [3.14159, 2.71828, 1.41421, 0.57721];

const formattedNumbers = numbers.map(num => num.toPrecision(5));

console.log(formattedNumbers);
// 出力: ["3.1416", "2.7183", "1.4142", "0.57721"]

上記のコードでは、numbers配列内の数値をそれぞれtoPrecisionメソッドで5桁に揃えています。

mapメソッドを使用することで、配列内の各要素に対して変換を適用しています。

実行結果を見ると、すべての数値が小数点以下5桁に揃えられていることがわかります。

このように、toPrecisionメソッドを使えば、数値の表示形式を統一することができます。

○サンプルコード7:指数表記を使った表示

toPrecisionメソッドは、必要に応じて指数表記を使用します。

これを利用して、大きな数値や小さな数値を見やすく表示することができます。

const bigNumber = 1234567890;
const smallNumber = 0.0000001234;

console.log(bigNumber.toPrecision(5)); // 出力: "1.2346e+9"
console.log(smallNumber.toPrecision(5)); // 出力: "1.234e-7"

上記のコードでは、bigNumbersmallNumberという2つの数値に対して、toPrecisionメソッドを適用しています。

実行結果を見ると、bigNumber"1.2346e+9"smallNumber"1.234e-7"と表示されています。

これは、指数表記を使用することで、大きな数値や小さな数値を簡潔に表現しているのです。

指数表記を使うことで、桁数が多い数値でも見やすく表示できますね。

○サンプルコード8:数値をグループ化して表示する

数値を3桁ごとにカンマで区切って表示したい場合があります。

toPrecisionメソッドと正規表現を組み合わせることで、数値をグループ化して表示できます。

function formatNumber(num) {
  const parts = num.toPrecision().split(".");
  parts[0] = parts[0].replace(/\B(?=(\d{3})+(?!\d))/g, ",");
  return parts.join(".");
}

const number = 1234567.89;

console.log(formatNumber(number)); // 出力: "1,234,567.89"

上記のコードでは、formatNumber関数を定義しています。

この関数は、数値を引数として受け取り、3桁ごとにカンマで区切った文字列を返します。

関数内では、まずtoPrecisionメソッドを使って数値を文字列に変換し、小数点を基準に分割します。

そして、整数部分に対して正規表現を使ってカンマを挿入し、最後に小数点で結合して文字列を返します。

実行結果を見ると、numberの値が"1,234,567.89"と表示されています。

このように、toPrecisionメソッドと正規表現を組み合わせることで、数値を見やすくグループ化して表示できます。

○サンプルコード9:カンマ区切りの数値をフォーマットする

先ほどのサンプルコードをもとに、カンマ区切りの数値をフォーマットする関数を作ってみましょう。

この関数は、数値と小数点以下の桁数を引数として受け取り、指定された桁数でフォーマットされた文字列を返します。

function formatNumber(num, decimals) {
  const formattedNum = num.toPrecision(decimals);
  const parts = formattedNum.split(".");
  parts[0] = parts[0].replace(/\B(?=(\d{3})+(?!\d))/g, ",");
  return parts.join(".");
}

const number = 1234567.89;

console.log(formatNumber(number, 4)); // 出力: "1,234,000"
console.log(formatNumber(number, 6)); // 出力: "1,234,570"
console.log(formatNumber(number, 8)); // 出力: "1,234,567.9"

このformatNumber関数では、toPrecisionメソッドを使って数値を指定された桁数でフォーマットしています。

そして、先ほどと同様に、整数部分にカンマを挿入し、小数点で結合して文字列を返します。

実行結果を見ると、numberの値が指定された桁数に応じてフォーマットされていることがわかります。

decimalsに4を指定すると"1,234,000"、6を指定すると"1,234,570"、8を指定すると"1,234,567.9"と表示されます。

まとめ

JavaScriptのtoPrecisionメソッドは、数値の有効桁数を指定して表示形式を制御するためのメソッドです。

基本的な使い方から応用例まで、様々な場面で活用できる便利な機能ですね。

toPrecisionメソッドを使いこなすことで、数値の表示を柔軟にカスタマイズできます。

小数点以下の桁数を揃えたり、指数表記を使ったり、数値をグループ化したりと、プロジェクトの要件に合わせて最適な表示形式を実現できるでしょう。

また、JavaScriptの数値型の特性や注意点についても理解を深めることが大切です。

Number型の最大値や最小値、浮動小数点数の誤差など、数値を扱う上での落とし穴を知っておくことで、より堅牢なコードを書けるようになります。

toPrecisionメソッドを適切に使用し、JavaScriptの数値処理のベストプラクティスを身につけることで、プロフェッショナルなエンジニアへの一歩を踏み出せるでしょう。

これからも、数値処理の知識を深め、品質の高いコードを書いていきましょう!