JavaScriptでサーバーサイド開発しよう!初心者から上級者まで役立つ10のサンプルコード – JPSM

JavaScriptでサーバーサイドを実現!7つの基本と15種類のサンプルコード

初心者が理解できるJavaScriptサーバーサイドの解説とサンプルコードJS

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスは複数のSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

また、理解しにくい説明や難しい問題に躓いても、JPSMがプログラミングの解説に特化してオリジナルにチューニングした画面右下のAIアシスタントに質問していだければ、特殊な問題でも指示に従い解決できるように作ってあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

JavaScriptでサーバーサイド開発を始めることは、多くの開発者にとって大きな一歩です。

この記事では、JavaScriptを使用したサーバーサイド開発の基礎から応用まで、初心者から上級者までが理解できるように、実践的なサンプルコードを交えて詳しく解説します。

読者の皆さんがこの記事を読むことで、JavaScriptの基本概念を把握し、サーバーサイド開発におけるその役割と重要性を理解することができます。

●JavaScriptとサーバーサイド開発の基本

JavaScriptはもともとウェブブラウザで動作するクライアントサイドの言語として広く利用されていました。

しかし、Node.jsの登場により、JavaScriptはサーバーサイド開発にも用いられるようになりました。

サーバーサイドJavaScriptは、データベースの操作、ファイルシステムの操作、ネットワークの通信など、ウェブアプリケーションのバックエンドを構築するための幅広い機能を提供します。

○JavaScriptの基本概念

JavaScriptの特徴としては、イベント駆動、非同期処理、プロトタイプベースのオブジェクト指向プログラミングなどが挙げられます。

イベント駆動とは、ユーザーからの入力や他のプロセスからの信号などのイベントに基づいて動作するプログラミングスタイルを指します。

非同期処理では、ウェブページの読み込みをブロックすることなく、バックグラウンドでデータの取得や処理を行うことができます。

プロトタイプベースのオブジェクト指向は、クラスを使用せずにオブジェクトを直接作成し、継承する方法です。

○サーバーサイド開発の役割と重要性

サーバーサイド開発の主な役割は、アプリケーションの核となるビジネスロジックの処理、データベースとの連携、クライアントとのデータのやり取りなどを行うことです。

サーバーサイドのコードは、クライアントサイドのコードと比較して、セキュリティ、スケーラビリティ、パフォーマンスに対する要求が高いため、開発者には高度な技術が求められます。

また、サーバーサイドの開発は、ウェブアプリケーション全体の機能と性能を大きく左右するため、非常に重要な役割を担っています。

●JavaScriptでのサーバーサイドプログラミングの始め方

JavaScriptでサーバーサイドプログラミングを始める際、最初に必要なのは適切な開発環境の構築です。

Node.jsは、JavaScriptをサーバーサイドで実行するために広く利用されるプラットフォームであり、このセットアップから始めます。

Node.jsのインストール後、プロジェクト用のディレクトリを作成し、Node.jsのパッケージマネージャであるnpmを使用して、プロジェクトの初期設定を行います。

これには、新しいプロジェクトに必要なpackage.jsonファイルの作成が含まれます。

このファイルは、プロジェクトの依存関係と設定を管理するためのものです。

さらに、サーバーサイドアプリケーションを構築するためには、フレームワークの選択も重要です。

多くの開発者は、その柔軟性と簡潔さからExpressフレームワークを選択します。

Expressは、簡単にWebサーバーを立ち上げ、ルーティングを管理するための機能を提供します。

Expressを利用することで、開発者はAPIのエンドポイントの設定やミドルウェアの統合など、多様なWebアプリケーションの機能を簡単に構築できます。

○環境構築のステップ

JavaScriptを用いたサーバーサイドプログラミングの環境構築プロセスは、初心者にとっても取り組みやすいものです。

最初にNode.jsを公式サイトからダウンロードしてインストールします。

次に、開発を行うプロジェクトディレクトリを作成し、その中でnpmを使ってプロジェクトの設定を初期化します。

これにより、package.jsonファイルが生成され、プロジェクトの依存関係を管理する準備が整います。

そして、必要なパッケージやフレームワーク、例えばExpressをnpmを通じてインストールします。

これらのステップを経ることで、基本的な開発環境が整い、実際のアプリケーション開発を開始できます。

○最初のサーバーサイドアプリケーション

環境構築が完了したら、最初のサーバーサイドアプリケーションを作成します。

一般的には、簡単なWebサーバーの立ち上げから始めます。

Expressを使った基本的なサーバーの設定を行い、ポート番号を指定してサーバーを起動します。

また、基本的なルーティングの設定を行い、例えばルートURLにアクセスがあった際に特定のレスポンスを返すように設定することができます。

これにより、簡単なWebアプリケーションやAPIの基礎が構築されます。

この段階でのアプリケーションは非常に基本的なものですが、ここから機能を追加し、より複雑なアプリケーションへと発展させていくことができます。

例えば、データベースとの連携、認証システムの実装、APIエンドポイントの追加など、具体的な機能を段階的に組み込んでいくことになります。

●実践的なサンプルコード

JavaScriptでサーバーサイド開発を行う上で、実際に手を動かしてみることは非常に重要です。

ここでは、Node.jsとExpressフレームワークを使った実践的なサンプルコードを通じて、基本的なAPIサーバーの作成からRESTful APIの実装までを学びます。

○サンプルコード1:簡単なAPIサーバーの作成

まずは、最も基本的なAPIサーバーの作成から始めます。

Node.jsとExpressを使って、簡単なWebサーバーを立ち上げ、特定のルートにアクセスした際にJSON形式のレスポンスを返すように設定します。

下記のコードは、ポート3000でサーバーを起動し、ルートURL(’/’)にGETリクエストがあった際に、簡単なメッセージをJSON形式で返す例です。

const express = require('express');
const app = express();

app.get('/', (req, res) => {
  res.json({ message: 'Welcome to the API' });
});

app.listen(3000, () => {
  console.log('Server running on port 3000');
});

このコードでは、expressモジュールを使用し、新しいExpressアプリケーションを作成しています。

app.getメソッドを使ってルートURLへのルーティングを定義し、リクエストに対してJSON形式のレスポンスを返しています。

○サンプルコード2:データベース接続

次に、データベースとの接続を行うサンプルコードを見ていきます。

ここでは、MongoDBを例に、データベースにデータを保存し、取得する基本的なAPIを作成します。

Node.jsでMongoDBに接続するには、mongooseというライブラリを使用します。

下記のコードは、MongoDBに接続し、簡単なデータの保存と取得を行うAPIの例です。

const express = require('express');
const mongoose = require('mongoose');
const app = express();

mongoose.connect('mongodb://localhost:27017/exampleDb', { useNewUrlParser: true, useUnifiedTopology: true });

const Item = mongoose.model('Item', { name: String });

app.post('/items', async (req, res) => {
  const newItem = new Item({ name: req.body.name });
  await newItem.save();
  res.status(201).send(newItem);
});

app.get('/items', async (req, res) => {
  const items = await Item.find();
  res.status(200).send(items);
});

app.listen(3000, () => {
  console.log('Server running on port 3000');
});

このコードでは、まずmongoose.connectを使用してMongoDBデータベースに接続しています。

Itemモデルを作成し、このモデルを使ってデータを保存(POSTリクエスト)と取得(GETリクエスト)を行っています。

○サンプルコード3:RESTful APIの実装

RESTful APIは、リソース指向のアーキテクチャスタイルを用いて、Webサービスを設計する方法です。

このアプローチでは、HTTPメソッド(GET、POST、PUT、DELETE)とURLを使用してリソース(データ)にアクセスし、操作を行います。

下記のサンプルコードでは、Node.jsとExpressを使用して簡単なRESTful APIを実装する方法を表します。

この例では、メモリ内の配列を使用してデータを管理します。

実際のアプリケーションでは、データベースなどの永続的なデータストレージを使用することが一般的ですが、この例ではシンプルさを重視しています。

const express = require('express');
const app = express();
app.use(express.json());

const items = []; // データを保存する配列

// 全てのアイテムを取得
app.get('/items', (req, res) => {
  res.status(200).json(items);
});

// 新しいアイテムを作成
app.post('/items', (req, res) => {
  const item = { id: items.length + 1, name: req.body.name };
  items.push(item);
  res.status(201).json(item);
});

// 特定のアイテムを取得
app.get('/items/:id', (req, res) => {
  const item = items.find(i => i.id === parseInt(req.params.id));
  if (!item) res.status(404).send('Item not found');
  res.json(item);
});

// アイテムの更新
app.put('/items/:id', (req, res) => {
  const item = items.find(i => i.id === parseInt(req.params.id));
  if (!item) {
    res.status(404).send('Item not found');
    return;
  }
  item.name = req.body.name;
  res.json(item);
});

// アイテムの削除
app.delete('/items/:id', (req, res) => {
  const index = items.findIndex(i => i.id === parseInt(req.params.id));
  if (index === -1) {
    res.status(404).send('Item not found');
    return;
  }
  items.splice(index, 1);
  res.status(204).send();
});

app.listen(3000, () => {
  console.log('Server running on port 3000');
});

このコードでは、express.json()ミドルウェアを使用して、POSTおよびPUTリクエストのJSONペイロードを解析しています。

/itemsエンドポイントに対するGETリクエストは全てのアイテムを返し、POSTリクエストでは新しいアイテムを配列に追加しています。

また、/items/:idエンドポイントでは、特定のIDを持つアイテムに対してGET、PUT、DELETEリクエストを行うことができます。

○サンプルコード4:認証機能の追加

サーバーサイドアプリケーションにおいて認証機能の追加は、ユーザー情報を安全に管理し、不正アクセスを防ぐために重要です。

ここでは、基本的な認証システムをNode.jsとExpressで実装する方法を紹介します。

JWT(JSON Web Tokens)を使用し、ユーザーのログインとトークンの生成を行います。

const express = require('express');
const jwt = require('jsonwebtoken');
const app = express();
app.use(express.json());

const users = [{ id: 1, username: 'user1', password: 'pass1' }]; // ユーザー情報のサンプル

app.post('/login', (req, res) => {
  const user = users.find(u => u.username === req.body.username && u.password === req.body.password);
  if (!user) return res.status(401).send('Username or password is incorrect');

  const token = jwt.sign({ id: user.id }, 'secretKey', { expiresIn: '1h' });
  res.send({ token });
});

app.get('/secure', (req, res) => {
  const token = req.headers.authorization.split(' ')[1];
  if (!token) return res.status(401).send('Access Denied');

  try {
    const verified = jwt.verify(token, 'secretKey');
    res.send('Secure Data');
  } catch (error) {
    res.status(400).send('Invalid Token');
  }
});

app.listen(3000, () => {
  console.log('Server running on port 3000');
});

このコードでは、まずJWTライブラリをインポートし、ユーザーデータをハードコーディングしています。

/loginルートでは、ユーザー名とパスワードを検証し、正しい場合にはJWTトークンを生成して返却します。

また、/secureルートでは、リクエストヘッダーからトークンを取得し、検証を行っています。

トークンが有効な場合のみセキュアなデータを返却し、そうでなければエラーを返します。

○サンプルコード5:リアルタイム通信の実現

リアルタイム通信は、現代のWebアプリケーションにおいて一般的な要件の一つです。

WebSocketを使用することで、サーバーとクライアント間の双方向通信が可能になります。

Node.jsでは、socket.ioライブラリを利用してWebSocketを簡単に実装できます。

const express = require('express');
const http = require('http');
const socketIo = require('socket.io');
const app = express();
const server = http.createServer(app);
const io = socketIo(server);

io.on('connection', socket => {
  console.log('New client connected');

  socket.on('message', data => {
    io.emit('message', data);
  });

  socket.on('disconnect', () => {
    console.log('Client disconnected');
  });
});

server.listen(3000, () => {
  console.log('Server running on port 3000');
});

このコードでは、まずsocket.ioライブラリを使用してWebSocketサーバーを設定しています。

クライアントからの接続が確立されると、メッセージを受信して他のクライアントにブロードキャストするイベントハンドラーを設定しています。

これにより、クライアントはリアルタイムでメッセージを交換できるようになります。

●よくあるエラーとその対処法

JavaScriptやサーバーサイド開発においては、様々なエラーに遭遇することがあります。

これらのエラーを効果的に処理し、解決する方法を知ることは、開発者としてのスキルを向上させる上で非常に重要です。

エラーハンドリングは、プログラム内で発生する可能性のあるエラーや例外に対処するプロセスです。

適切なエラーハンドリングを行うことで、プログラムの信頼性とメンテナンス性が向上し、ユーザーエクスペリエンスも改善されます。

○エラーハンドリングの基本

エラーハンドリングの基本的なアプローチには、try-catch文の使用が含まれます。

この方法を使うことで、エラーが発生した際にそれをキャッチし、適切に処理することができます。

ここでは、try-catch文を使用した基本的なエラーハンドリングの例を紹介します。

try {
  // エラーが発生する可能性のあるコード
  const result = riskyOperation();
  console.log(result);
} catch (error) {
  console.error('エラーが発生しました:', error);
}

このコードでは、riskyOperation関数内でエラーが発生する可能性があります。

もしエラーが発生した場合、catchブロックが実行され、コンソールにエラーメッセージが出力されます。

○典型的なエラー例と対処法

開発においてよく遭遇するエラーの一つに、undefinednullに対する操作があります。

例えば、存在しないオブジェクトのプロパティにアクセスしようとすると、TypeErrorが発生します。

このようなエラーに対処するには、事前に変数やプロパティが存在するかどうかをチェックすることが重要です。

function printName(user) {
  if (user && user.name) {
    console.log(user.name);
  } else {
    console.log('ユーザー名は利用できません');
  }
}

const user = { name: 'Alice' };
printName(user); // Alice
printName(null); // ユーザー名は利用できません

このコードでは、printName関数内でユーザーオブジェクトが存在し、nameプロパティが定義されているかどうかをチェックしています。

このように条件分岐を用いることで、エラーを未然に防ぐことができます。

●JavaScriptでのサーバーサイド開発の応用例

JavaScriptとサーバーサイドの技術は、多様なアプリケーションの開発に応用できます。

その幅広い応用例の中から、特に注目すべきいくつかの例を紹介します。

○サンプルコード6:チャットアプリケーション

リアルタイムの通信機能は、チャットアプリケーションなどの開発において必要不可欠です。

Node.jsとSocket.IOを利用することで、簡単にリアルタイムチャットアプリケーションを構築できます。

下記のサンプルコードは、基本的なチャットサーバーを実装する方法を表しています。

const express = require('express');
const http = require('http');
const socketIo = require('socket.io');

const app = express();
const server = http.createServer(app);
const io = socketIo(server);

io.on('connection', (socket) => {
  console.log('新しいユーザーが接続しました');

  socket.on('chat message', (msg) => {
    io.emit('chat message', msg);
  });

  socket.on('disconnect', () => {
    console.log('ユーザーが切断しました');
  });
});

server.listen(3000, () => {
  console.log('チャットサーバーがポート3000で起動しました');
});

このコードでは、WebSocketを使用してクライアント間のリアルタイム通信を可能にしています。

サーバーは、ユーザーからのメッセージを受け取り、それを他のすべてのユーザーにブロードキャストします。

○サンプルコード7:Eコマースサイトのバックエンド

Eコマースサイトのバックエンド開発には、商品の管理、注文処理、支払いシステムなど、多岐にわたる機能が必要です。

Node.jsを使ってこれらの機能を持つバックエンドを構築することが可能です。

ここでは、簡単な商品管理システムのサンプルコードを紹介します。

const express = require('express');
const app = express();
app.use(express.json());

const products = []; // 商品のリスト

app.post('/products', (req, res) => {
  const product = { id: products.length + 1, name: req.body.name, price: req.body.price };
  products.push(product);
  res.status(201).send(product);
});

app.get('/products', (req, res) => {
  res.status(200).send(products);
});

app.listen(3000, () => {
  console.log('Eコマースサイトのバックエンドがポート3000で起動しました');
});

このコードでは、商品の追加と取得のためのAPIを実装しています。商品情報はサーバーのメモリ内に一時的に保存されます。

○サンプルコード8:IoTデバイス管理システム

IoT(Internet of Things)デバイスの管理システムは、デバイスからのデータ収集、状態の監視、制御命令の送信などを行うために必要です。

Node.jsを利用することで、IoTデバイスと通信するための効率的なバックエンドシステムを構築できます。

下記のサンプルコードでは、MQTTプロトコルを用いた基本的なIoTデバイス管理システムを表しています。

const express = require('express');
const mqtt = require('mqtt');
const app = express();
app.use(express.json());

// MQTTブローカーに接続
const client = mqtt.connect('mqtt://broker.hivemq.com');

client.on('connect', () => {
  console.log('MQTTクライアントが接続しました');
  client.subscribe('iot/devices/#', { qos: 1 });
});

// デバイスからのメッセージを監視
client.on('message', (topic, message) => {
  console.log(`受信トピック: ${topic}, メッセージ: ${message.toString()}`);
});

// デバイス制御コマンドの送信
app.post('/device/control', (req, res) => {
  const { deviceId, command } = req.body;
  client.publish(`iot/devices/${deviceId}/control`, command);
  res.send({ message: 'コマンドを送信しました' });
});

app.listen(3000, () => {
  console.log('IoTデバイス管理システムがポート3000で起動しました');
});

このコードでは、mqttパッケージを使用して、MQTTブローカーに接続し、IoTデバイスからのメッセージを購読しています。

また、特定のデバイスに対する制御コマンドをMQTTメッセージとして送信するエンドポイントを提供しています。

これにより、Web APIを通じてリモートのIoTデバイスを管理することが可能になります。

IoTデバイスの監視や制御には、リアルタイムでの通信が重要です。

MQTTは、その軽量さと効率の良さから、IoT環境において広く採用されている通信プロトコルです。

Node.jsとMQTTを組み合わせることで、柔軟かつ効果的なIoTデバイス管理システムを実現できます。

○サンプルコード9:ビッグデータの分析と処理

ビッグデータの分析と処理は、現代のビジネスおよび技術の世界において極めて重要です。

JavaScriptとサーバーサイド技術を活用することで、大量のデータを効率的に扱うシステムを構築できます。

下記のサンプルコードでは、Node.jsを使用してビッグデータを分析し、処理する基本的な方法を表しています。

const express = require('express');
const { BigQuery } = require('@google-cloud/bigquery');
const app = express();
app.use(express.json());

const bigquery = new BigQuery();

app.get('/analyze', async (req, res) => {
  const query = `SELECT name, COUNT(*) as total FROM bigquery-public-data.samples.shakespeare GROUP BY name`;

  const options = {
    query: query,
    location: 'US',
  };

  const [job] = await bigquery.createQueryJob(options);
  const [rows] = await job.getQueryResults();

  res.send(rows);
});

app.listen(3000, () => {
  console.log('ビッグデータ分析サーバーがポート3000で起動しました');
});

このコードでは、Google CloudのBigQueryサービスを利用して、シェイクスピアの作品に含まれるキャラクター名とその出現回数を分析しています。

ビッグデータ分析には適切なツールと技術が必要であり、Node.jsとクラウドサービスを組み合わせることで、強力な分析能力を備えたアプリケーションを作成できます。

○サンプルコード10:クラウドベースのサービス

クラウドコンピューティングは、リソースの柔軟性、スケーラビリティ、効率性を提供します。

クラウドベースのサービスを構築することで、幅広いユーザーにサービスを提供し、管理を容易にできます。

ここでは、クラウド上で動作するWeb APIのサンプルコードを紹介します。

const express = require('express');
const app = express();
app.use(express.json());

app.get('/data', (req, res) => {
  // クラウドストレージからデータを取得する仮想的な関数
  const data = cloudGetData();
  res.send(data);
});

app.post('/data', (req, res) => {
  // クラウドストレージにデータを保存する仮想的な関数
  cloudSaveData(req.body);
  res.send({ message: 'データが保存されました' });
});

app.listen(3000, () => {
  console.log('クラウドベースのサービスがポート3000で起動しました');
});

このコードは、クラウドストレージと連携してデータの取得と保存を行う簡単なWeb APIを提供しています。

実際には、AWS S3、Google Cloud Storage、Azure Blob Storageなどのクラウドストレージサービスを利用できます。

クラウドサービスを使用することで、データの永続化、大規模な処理能力、グローバルなアクセスが可能になります。

●エンジニアが知っておくべき豆知識

現代のソフトウェア開発において、エンジニアは常に最新の技術トレンドを追い、セキュリティとパフォーマンスの最適化に関するベストプラクティスを理解する必要があります。

特にJavaScriptとサーバーサイド開発に関連して、これらの知識は重要な要素となります。

○最新のJavaScriptトレンド

JavaScriptの世界は常に進化しています。

最新のフレームワークやライブラリ、ECMAScriptの新しい標準など、技術の流行は絶えず変わっています。

たとえば、現在のトレンドとしては、ReactやVue.jsのようなフロントエンドフレームワークの人気が高まっている一方で、サーバーサイドではNode.jsが強固な地位を保持しています。

また、TypeScriptのようなJavaScriptのスーパーセットが型安全性を提供し、大規模アプリケーションの開発において重要な役割を果たしています。

○セキュリティのベストプラクティス

ソフトウェア開発におけるセキュリティは、非常に重要な側面です。

特にWebアプリケーションにおいては、SQLインジェクション、クロスサイトスクリプティング(XSS)、クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)などの脆弱性に対応する必要があります。

これらの攻撃を防ぐためには、入力の検証、適切なエンコーディングの使用、トークンベースの認証などのセキュリティ対策を実装することが重要です。

また、依存関係のあるライブラリやフレームワークを最新に保ち、既知のセキュリティ問題から保護することも不可欠です。

○パフォーマンス最適化のテクニック

Webアプリケーションのパフォーマンスを最適化することは、ユーザーエクスペリエンスの向上に直結します。

サーバーサイドJavaScriptのパフォーマンスを向上させるためには、非同期プログラミングの効果的な利用、メモリ管理の最適化、適切なデータベースのインデックス付けなどのテクニックが有効です。

また、フロントエンドでは、画像の遅延ロード、JavaScriptやCSSのミニファイ、Webページのキャッシュ戦略などを実装することで、ロード時間を短縮し、パフォーマンスを向上させることができます。

まとめ

この記事では、JavaScriptを用いたサーバーサイド開発の基礎から応用まで、幅広いトピックを詳しく解説しました。

初心者から上級者までのエンジニアが理解しやすい形で、10のサンプルコードを交えて技術の要点を説明しました。

さらに、エンジニアとして知っておくべき最新のトレンド、セキュリティとパフォーマンスの最適化についても触れました。

この情報が、読者のスキルアップや日々の開発作業に役立つことを願っています。