JavaScriptでネットワーク図を10ステップで作成!初心者も楽々マスター!

JavaScriptで作成するネットワーク図のイメージJS
この記事は約6分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読めば、JavaScriptでネットワーク図を作成することができるようになります。

初心者でも分かりやすい内容で、詳しく徹底解説しています。

サンプルコードや応用例も満載なので、ぜひ参考にしてください。

●JavaScriptとは

JavaScript(JS)は、Webページにインタラクティブな機能を追加するために使用されるプログラミング言語です。

HTMLとCSSと共に、Webページの見た目や振る舞いを制御するのに役立ちます。

●ネットワーク図とは

ネットワーク図は、ノード(点)とエッジ(線)で構成されるグラフィカルな表現で、さまざまなオブジェクト間の関係を視覚的に理解しやすくするために使用されます。

●JavaScriptでネットワーク図を作成する手順

下記の手順で、JavaScriptを使ってネットワーク図を作成していきます。

○手順1:開発環境の準備

まずは、開発環境を整えましょう。

次のソフトウェアをインストールしてください。

  • テキストエディタ(例:Visual Studio Code)
  • Webブラウザ(例:Google Chrome)

○手順2:HTMLファイルの作成

テキストエディタで新しいHTMLファイル(例:index.html)を作成し、下記のような基本構造を入力します。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <title>JavaScriptでネットワーク図を作成</title>
</head>
<body>
  <!-- ネットワーク図を表示する要素 -->
  <div id="network"></div>

  <!-- JavaScriptのコードを記述する -->
  <script src="main.js"></script>
</body>
</html>

○手順3:JavaScriptライブラリの導入

ネットワーク図を簡単に作成できるライブラリ(例:vis.js)を利用します。

CDNから読み込むか、ダウンロードしてプロジェクトに配置します。

HTMLファイルにライブラリを読み込むコードを追加します。

<head>
  <!-- ライブラリの読み込み -->
  <script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/vis/4.21.0/vis.min.js"></script>
  <link href="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/vis/4.21.0/vis.min.css" rel="stylesheet" type="text/css" />
</head>

○手順4:ネットワーク図のデータ構造

新しいJavaScriptファイル(例:main.js)を作成し、ネットワーク図のデータ構造を定義します。

ノードとエッジの情報を含むオブジェクトを作成します。

// ノードのデータ
var nodes = new vis.DataSet([
  { id: 1, label: 'Node 1' },
  { id: 2, label: 'Node 2' },
  // 他のノードも追加
]);

// エッジのデータ
var edges = new vis.DataSet([
  { from: 1, to: 2 },
  // 他のエッジも追加
]);

○手順5:ネットワーク図の描画

下記のコードで、ネットワーク図を描画します。

// ネットワーク図の表示領域を取得
var container = document.getElementById('network');

// ネットワーク図のデータ(ノードとエッジ)
var data = {
  nodes: nodes,
  edges: edges
};

// ネットワーク図のオプション
var options = {};

// ネットワーク図を描画
var network = new vis.Network(container, data, options);

○手順6:ノードとエッジのスタイル調整

ノードやエッジの色、形状などをカスタマイズすることができます。

オプションに設定を追加します。

var options = {
  nodes: {
    shape: 'circle', // ノードの形状
    color: '#ff0000' // ノードの色
  },
  edges: {
    color: '#0000ff', // エッジの色
    width: 2 // エッジの太さ
  }
};

○手順7:インタラクションの実装

ユーザーがネットワーク図とインタラクションできるように、イベントリスナを設定します。

例えば、ノードをクリックしたときの処理を追加します。

network.on('click', function (params) {
  // クリックされたノードのIDを取得
  var nodeId = params.nodes[0];

  // ノードがクリックされた場合の処理
  if (nodeId) {
    console.log('クリックされたノードのID:', nodeId);
  }
});

○手順8:レスポンシブ対応

ネットワーク図がウィンドウサイズに応じて自動的にリサイズされるように、オプションに設定を追加します。

var options = {
  autoResize: true, // 自動リサイズを有効化
  height: '100%', // 高さを100%に設定
  width: '100%' // 幅を100%に設定
};

○手順9:カスタマイズ例

他にも様々なカスタマイズが可能です。

例えば、エッジの矢印を表示する設定を追加します。

var options = {
  edges: {
    arrows: 'to' // エッジに矢印を表示
  }
};

○手順10:注意点と対策

  • ネットワーク図が大規模になると描画が重くなることがあります。
    適切なレベルでデータを抽象化し、表示範囲を制限することでパフォーマンスを向上させることができます。
  • ユーザーが操作しやすいインターフェースを提供することが重要です。
    ズームやパン操作をサポートすることで、ユーザーがネットワーク図内を自由に探索できるようにしましょう。
  • ネットワーク図のデータが動的に変更される場合、適切なアップデート方法を選択することが重要です。
    データの変更範囲に応じて、ネットワーク図全体を再描画するか、部分的に更新するかを検討しましょう。

まとめ

本記事では、JavaScriptを使用してネットワーク図を作成する方法を、初心者目線で徹底解説しました。

手順を追って、ネットワーク図の作成やカスタマイズ、インタラクションの実装などを学ぶことができました。

また、注意点と対策についても触れました。

これらの知識を活用して、独自のネットワーク図を作成してみてください。