JavaScriptで絶対値を簡単に扱う方法5選

JavaScriptで絶対値を扱う方法のイメージ図JS
この記事は約4分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読めば、JavaScriptで絶対値を簡単に扱えるようになります。

JavaScriptを触ったことがない初心者の方でも、わかりやすい説明とサンプルコードを用いて、絶対値の使い方、対処法、注意点、カスタマイズ方法を学ぶことができます。

●JavaScriptにおける絶対値の基本

○Math.abs()関数

JavaScriptで絶対値を計算する際には、Math.abs()関数を使用します。

この関数は引数に渡された数値の絶対値を返します。

let num = -5;
let absoluteNum = Math.abs(num);
console.log(absoluteNum); // 5

この例では、-5という数値をMath.abs()関数に渡して、絶対値である5を取得しています。

●絶対値を使ったサンプルコード

○サンプルコード1:絶対値を計算する基本的な例

let num = -10;
let absoluteNum = Math.abs(num);
console.log(absoluteNum); // 10

この例では、-10という数値の絶対値を計算しています。

○サンプルコード2:配列の要素を絶対値に変換

let numbers = [-10, 5, -3, 8, -6];
let absoluteNumbers = numbers.map(num => Math.abs(num));
console.log(absoluteNumbers); // [10, 5, 3, 8, 6]

この例では、配列numbersの要素を絶対値に変換しています。

map()関数を使って、配列の各要素にMath.abs()関数を適用しています。

○サンプルコード3:絶対値を利用したソート

let numbers = [-10, 5, -3, 8, -6];
let sortedNumbers = numbers.sort((a, b) => Math.abs(a) - Math.abs(b));
console.log(sortedNumbers); // [-3, 5, -6, 8, -10]

この例では、絶対値を利用して配列numbersをソートしています。

sort()関数に比較関数を渡すことで、絶対値の昇順にソートされます。

○サンプルコード4:絶対値を利用した条件分岐

let numbers = [-10, 5, -3, 8, -6];
let result = numbers.filter(num => Math.abs(num) >= 5);
console.log(result); // [-10, 5, 8, -6]

この例では、絶対値を利用して条件分岐を行っています。

filter()関数を使い、絶対値が5以上の要素のみを抽出しています。

○サンプルコード5:カスタマイズ例

function customAbs(num, threshold) {
  if (Math.abs(num) >= threshold) {
    return Math.abs(num);
  }
  return num;
}

let numbers = [-10, 5, -3, 8, -6];
let threshold = 5;
let result = numbers.map(num => customAbs(num, threshold));
console.log(result); // [10, 5, -3, 8, 6]

この例では、カスタマイズされた絶対値計算関数customAbs()を作成しています。

この関数は、絶対値が閾値threshold以上の場合は絶対値を返し、それ以外は元の値を返します。

これをmap()関数で適用し、結果を得ています。

●注意点と対処法

JavaScriptで絶対値を扱う際の注意点として、Math.abs()関数に数値以外のデータ型を渡すと、意図しない結果になることがあります。

数値以外のデータ型を扱う場合は、適切な型変換を行った上でMath.abs()関数を使用してください。

まとめ

この記事では、JavaScriptで絶対値を扱う方法を初心者目線で詳しく解説しました。

絶対値の計算にはMath.abs()関数を使用し、さまざまな応用例として配列の要素を絶対値に変換する方法、絶対値を利用したソートや条件分岐、カスタマイズ例をサンプルコードとともに紹介しました。

また、注意点として数値以外のデータ型を扱う際の対処法についても触れました。

JavaScriptの絶対値処理を理解し、実践的なコードに活用することで、効率的なプログラムを作成できるようになります。

今回学んだ知識をぜひ実際のコーディングに活かしてみてください。