HTMLで電話番号を見やすく表示!驚くほど簡単な5つの方法

HTMLで電話番号を見やすく表示する方法のイメージ画像HTML
この記事は約3分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読めば、HTMLで電話番号を見やすく表示する方法が身につきます。

ウェブサイト上で電話番号を表示する際に、見やすさや使いやすさを重視したいという方にはぜひお試しいただきたい内容です。

【HTMLで電話番号を見やすく表示する方法】

それでは早速、HTMLで電話番号を見やすく表示する方法をご紹介しましょう。

○方法1:テキストを整形する

まずは、電話番号を見やすくするためにテキストを整形する方法です。

下記のように、電話番号を表示する際にダッシュ(-)やスペースを利用して区切ります。

電話:03-1234-5678

○方法2:リンクを設定する

次に、電話番号にリンクを設定して、スマートフォンでの操作性を向上させる方法です。

下記のように、”tel:”プロトコルを利用して電話番号にリンクを設定します。

<a href="tel:0312345678">03-1234-5678</a>

○方法3:マークアップを適用する

さらに、電話番号の見た目を整えるために、マークアップを適用する方法です。

下記のように、<span>タグや<strong>タグを利用して電話番号を囲み、見た目を調整します。

<span><strong>電話:</strong>03-1234-5678</span>

○方法4:スタイルをカスタマイズする

次に、CSSを利用して電話番号のスタイルをカスタマイズする方法です。

下記のように、電話番号を囲む<span>タグにクラス名を付与し、CSSでスタイルを調整します。

HTML

<span class="phone-number"><strong>電話:</strong>03-1234-5678</span>

CSS

.phone-number {
  font-size: 1.2em;
  color: #333;
}

○方法5:応用例とサンプルコード

最後に、応用例として電話番号をクリックした際にダイアログが表示されるようなサンプルコードをご紹介します。

HTML

<a href="tel:0312345678" class="phone-number" onclick="return confirmCall();"><strong>電話:</strong>03-1234-5678</a>

JavaScript

function confirmCall() {
  return confirm("電話をかけますか?");
}

【注意点と対処法】

電話番号をHTMLで見やすく表示する際の注意点として、スマートフォンやタブレットなどの異なるデバイスでの表示を考慮することが重要です。

例えば、スマートフォンでは電話番号が小さく見える場合があるため、フォントサイズや行間を調整して見やすくすることが望ましいです。

また、電話番号にリンクを設定する際には、href属性の値に”tel:”プロトコルを利用することで、電話アプリが起動するようになります。

ただし、一部のデバイスやブラウザでは”tel:”プロトコルが正しく機能しない場合があるため、注意が必要です。

そのような場合には、JavaScriptを利用して電話アプリの起動を制御することが考えられます。

まとめ

本記事では、HTMLで電話番号を見やすく表示するための5つの方法をご紹介しました。

これらの方法を実践すれば、ウェブサイト上での電話番号表示が格段に見やすくなります。

注意点や対処法も念頭に置いて、ぜひお試しください。