CSS borderの使い方とサンプルコード解説!初心者でも簡単に理解できる! – JPSM

CSS borderの使い方とサンプルコード解説!初心者でも簡単に理解できる!

CSS borderを徹底解説CSS

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスは複数のSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

また、理解しにくい説明や難しい問題に躓いても、JPSMがプログラミングの解説に特化してオリジナルにチューニングした画面右下のAIアシスタントに質問していだければ、特殊な問題でも指示に従い解決できるように作ってあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

ウェブサイトをデザインする上で、CSSの使い方は欠かせません。

その中でも、要素に枠線をつける「border」は、デザインのアクセントに欠かせない機能です。

今回は、「CSS border」の使い方を初心者でも理解しやすく、具体的な応用例を紹介していきます。

●CSS borderの基礎知識

CSSのborderプロパティは、ウェブページのデザインにおいて重要な役割を果たします。

これにより、HTML要素に枠線を追加し、外観やレイアウトを強調することが可能です。

ここでは、borderプロパティの基本的な概念と構文について解説します。

○borderプロパティとは?

borderプロパティは、HTML要素に枠線を追加するためのプロパティです。

このプロパティを使用することで、要素の境界を明確にし、視覚的な区別をつけることができます。

また、borderプロパティは、枠線の太さ、スタイル、色を指定することが可能です。

○borderプロパティの基本構文

borderプロパティの基本構文は次のようになります。

要素セレクタ {
    border: [太さ] [スタイル] [色];
}

例えば、次のCSSコードは、要素に2pxの太さ、実線のスタイル、青色の枠線を追加します。

.box {
    border: 2px solid blue;
}

この構文により、要素に対して簡単に枠線を追加することができます。

○borderスタイルの種類

borderプロパティにおいて、枠線のスタイルを指定するには、さまざまなオプションがあります。

主要なスタイルには次のようなものがあります。

  • solid:実線の枠線
  • dashed:破線の枠線
  • dotted:点線の枠線
  • double:二重線の枠線
  • groove:溝状の枠線
  • ridge:稜線状の枠線
  • inset:内側に影を持つ枠線
  • outset:外側に影を持つ枠線

これらのスタイルを使用することで、様々なデザインの枠線を作成することができます。

例えば、次のコードは点線の枠線を要素に追加します。

.box {
    border-style: dotted;
}

このように、borderプロパティを使いこなすことで、ウェブページの見た目を効果的に強調し、ユーザーの注目を引くことができます。

●実践的なborderの使用例

CSSのborderプロパティを実践的に活用する方法は多岐にわたります。

ここでは、具体的なサンプルコードを交えながら、いくつかの使用例を紹介します。

○サンプルコード1:ボックスに枠線を追加

ウェブページのデザインにおいて、テキストや画像を含むボックスに枠線を追加することは一般的です。

下記のサンプルコードでは、ボックスに赤い実線の枠線を追加しています。

.box {
    border: 2px solid red;
}

このコードを適用することで、.box クラスを持つ要素には、太さ2pxの赤い実線の枠線が追加されます。

○サンプルコード2:画像に枠線を追加

画像に枠線を追加することで、視覚的なインパクトを高めることができます。

下記のコードは、画像に青い点線の枠線を追加する方法を表しています。

img {
    border: 3px dotted blue;
}

このコードを使用することで、全ての<img>タグに3pxの太さの青い点線の枠線が追加されます。

○サンプルコード3:角丸のボックス作成

現代のウェブデザインでは、角丸のボックスが好まれることが多いです。

下記のコードは、ボックスの角を丸くし、緑色の枠線を追加する方法を表しています。

.rounded-box {
    border: 4px solid green;
    border-radius: 10px;
}

このコードにより、.rounded-box クラスを持つ要素は、角が10pxで丸くなり、太さ4pxの緑色の実線の枠線が追加されます。

○サンプルコード4:影付きボックスの作成

影付きボックスは、要素に立体感を与える効果があります。

下記のコードは、ボックスに影と枠線を追加する方法を表しています。

.shadow-box {
    border: 5px solid black;
    box-shadow: 5px 5px 10px rgba(0, 0, 0, 0.5);
}

このCSSを適用することで、.shadow-box クラスを持つ要素には、太さ5pxの黒い実線の枠線と、右下に5pxずつオフセットされた影が追加されます。

影のぼかしは10pxで、透明度は0.5です。

●borderのカスタマイズ方法

CSS borderプロパティのカスタマイズにはさまざまな方法があり、これらを理解することで、ウェブページのデザインをより豊かにすることができます。

ここでは、主要なカスタマイズ方法と具体的なサンプルコードを紹介します。

○border-colorの設定

border-colorプロパティは、枠線の色を指定するために使用されます。

色の指定には、キーワード、RGB値、16進数値などが使用できます。

下記のサンプルコードは、枠線に青色を指定する例です。

.box {
    border-color: blue;
}

このコードを適用すると、.box クラスを持つ要素の枠線は青色になります。

○border-widthの調整

border-widthプロパティを使用すると、枠線の太さを調整できます。

このプロパティでは、’thin’、’medium’、’thick’ などのキーワードや、ピクセルやem単位での数値指定が可能です。

下記のサンプルコードでは、枠線の太さを4pxに設定しています。

.box {
    border-width: 4px;
}

このコードにより、.box クラスを持つ要素の枠線は4pxの太さになります。

○border-styleの選択

border-styleプロパティは、枠線のスタイルを指定するために使用されます。

‘solid’、’dotted’、’dashed’ など、さまざまなスタイルを選択できます。

下記のコードは、枠線に破線スタイルを適用する例です。

.box {
    border-style: dashed;
}

このコードを適用すると、.box クラスを持つ要素には破線の枠線が追加されます。

○複数のborderスタイルの組み合わせ

border-color、border-width、border-styleは個別に設定することもできますが、一つのプロパティとして組み合わせて指定することも可能です。

下記のサンプルコードは、枠線の色、太さ、スタイルを一度に指定しています。

.box {
    border: 3px solid red;
}

このコードにより、.box クラスを持つ要素には、太さ3pxで赤色の実線の枠線が追加されます。

●borderの応用デザイン

CSS borderプロパティの応用デザインでは、革新的で創造的なビジュアル表現が可能です。

デザイナーは、borderプロパティを用いて、ウェブサイトにユニークな視覚効果を加えることができます。

○クリエイティブなborderの活用方法

borderプロパティは、単なる枠線を超えた多様な表現が可能です。

例えば、borderを使って異なる幾何学模様を作成したり、アニメーション効果を付加することができます。

下記のサンプルコードは、borderを使って斜線模様の背景を作成する方法を表しています。

.pattern-box {
    border-style: solid;
    border-width: 10px;
    border-image: linear-gradient(45deg, rgba(255,0,0,0.5), rgba(0,0,255,0.5)) 1;
}

このコードは、pattern-boxクラスを持つ要素に斜めのグラデーション枠線を適用します。

○ユーザーインターフェースにおけるborderの役割

ユーザーインターフェースのデザインにおいて、borderは要素の区別や階層の視覚化に役立ちます。

例えば、ボタンやフォームフィールドに明確な枠線を付けることで、ユーザビリティを向上させることができます。

下記のコードは、ユーザーインタラクションのためのボタンにborderを適用する例です。

.button {
    border: 2px solid #333;
    padding: 10px 20px;
    background-color: #fff;
    cursor: pointer;
}

このコードにより、ボタンはよりクリックしやすく、視覚的に際立つようになります。

○レスポンシブデザインにおけるborderの活用

レスポンシブデザインでは、デバイスの画面サイズに応じてborderのスタイルを変更することが重要です。

メディアクエリを使用して、特定の画面サイズでborderのスタイルを調整できます。

下記のサンプルコードは、画面サイズに応じてborderの太さを変更する方法を示しています。

.box {
    border: 1px solid black;
}

@media (min-width: 600px) {
    .box {
        border-width: 4px;
    }
}

このコードは、画面幅が600px以上の場合に.boxクラスの要素の枠線の太さを4pxに増やします。

まとめ

本記事では、CSSのborderプロパティについて解説しました。

borderプロパティは、要素に枠線をつけるためのプロパティであり、太さ、スタイル、色を指定することができます。

borderプロパティは、border-width、border-style、border-colorの3つの値をまとめて指定することができます。

また、簡略表記であるborderプロパティを使う場合は、上から時計回りにborder-width、border-style、border-colorの値を指定する必要があります。

本記事を参考にして、borderプロパティを使ったデザインの幅を広げてみてください。