JavaScriptのvarとletの違いを徹底解説!6つのサンプルコードで理解しよう

JavaScriptのvarとletの違いと使い方を徹底解説JS
この記事は約4分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読めば、JavaScriptでの変数宣言の違いを理解し、varとletの使い方ができるようになります。

●JavaScriptの変数宣言:varとlet

JavaScriptでは、変数宣言には主にvarとletがあります。

この記事では、varとletの違いと使い方を詳しく解説していきます。

○varの特徴

varは古いバージョンのJavaScriptから存在する変数宣言です。

varの特徴として、関数スコープという範囲で変数が有効になることや、同じ名前の変数を再宣言してもエラーが発生しないことが挙げられます。

○letの特徴

letはES6から導入された変数宣言です。

letの特徴として、ブロックスコープという範囲で変数が有効になることや、同じ名前の変数を再宣言するとエラーが発生することが挙げられます

。また、letは変数の巻き上げ(Hoisting)が起こらないため、バグの発生を防ぐことができます。

●使い方:varとletの違いを理解するサンプルコード

○サンプルコード1:varを使った変数宣言

このコードでは、varを使って変数を宣言する方法を紹介しています。

この例では、変数aに1を代入して、その値をconsole.logで出力しています。

var a = 1;
console.log(a); // 1が出力されます。

○サンプルコード2:letを使った変数宣言

このコードでは、letを使って変数を宣言する方法を紹介しています。

この例では、変数bに2を代入して、その値をconsole.logで出力しています。

let b = 2;
console.log(b); // 2が出力されます。

○サンプルコード3:varとletのスコープの違い

このコードでは、varとletのスコープの違いを確認する例を紹介しています。

この例では、if文の中でvarとletを使って変数を宣言し、if文の外でそれぞれの変数を参照しています。

if (true) {
  var c = 3;
  let d = 4;
}

console.log(c); // 3が出力されます。
console.log(d); // エラーが発生します。letはブロックスコープのため、if文の外では参照できません。

○サンプルコード4:letとブロックスコープ

このコードでは、letを使った変数がブロックスコープであることを確認する例を紹介しています。

この例では、if文の中でletを使って変数を宣言し、そのスコープを確認しています。

if (true) {
  let e = 5;
  console.log(e); // 5が出力されます。
}

console.log(e); // エラーが発生します。letはブロックスコープのため、if文の外では参照できません。

○サンプルコード5:varと関数スコープ

このコードでは、varを使った変数が関数スコープであることを確認する例を紹介しています。

この例では、関数内でvarを使って変数を宣言し、そのスコープを確認しています。

function exampleFunction() {
  var f = 6;
  console.log(f); // 6が出力されます。
}

exampleFunction();
console.log(f); // エラーが発生します。varは関数スコープのため、関数の外では参照できません。

○サンプルコード6:varとletのループ内での挙動

このコードでは、forループ内でvarとletを使った変数宣言の挙動の違いを紹介しています。

この例では、ループの終了後に変数を参照して、その挙動を確認しています。

for (var i = 0; i < 3; i++) {
  console.log("varループ内: " + i); // 0, 1, 2が順に出力されます。
}

console.log("varループ外: " + i); // 3が出力されます。varは関数スコープなので、ループ外でも参照できます。

for (let j = 0; j < 3; j++) {
  console.log("letループ内: " + j); // 0, 1, 2が順に出力されます。
}

console.log("letループ外: " + j); // エラーが発生します。letはブロックスコープなので、ループ外では参照できません。

●注意点と対処法

  1. varは関数スコープであるため、ブロック内で宣言された変数が外部から参照できてしまうことがあります。
    これを避けるためには、letを使用して変数を宣言しましょう。
  2. letを使用する際は、同じ名前の変数を同じスコープ内で再宣言できないことに注意してください。
    同じ名前の変数が必要な場合は、別のスコープで宣言するか、別の変数名を使用しましょう。

まとめ

この記事では、JavaScriptのvarとletの使い方、違い、注意点をサンプルコードを通じて解説しました。

varとletの違いを理解し、適切な変数宣言方法を選択することで、より安全で効率的なコーディングが可能になります。

今後のプログラミングに活かしてください。