TypeScriptで未定義を判定する10の方法

TypeScriptでの未定義判定の方法を図解TypeScript
この記事は約31分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

TypeScriptを使って開発するとき、多くの開発者は「未定義」を安全に取り扱いたいと思います。

この記事では、TypeScriptを使って未定義の変数や関数を判定するための10の方法を詳細に紹介します。

日々のコーディングをより安全かつ効率的にするためのヒントとなることでしょう。

●TypeScriptとは

TypeScriptは、JavaScriptに静的型検査を追加したスーパーセット言語です。

これにより、開発者はコードの品質を高め、バグを早期にキャッチできるようになります。

○TypeScriptの特徴とメリット

TypeScriptはJavaScriptの上に構築されており、すべてのJavaScriptコードはそのままTypeScriptとしても動作します。

しかし、TypeScriptの真の力は、静的型検査と高度な型推論機能にあります。

これにより、コードのエラーをコンパイル時に検出することができ、ランタイムエラーを大幅に減少させることができます。

●未定義とは?

未定義とは、変数や関数、オブジェクトのプロパティなどが存在しない、または値が設定されていない状態を指します。

○未定義の概念の理解

JavaScriptでは、未宣言の変数にアクセスすると「ReferenceError」がスローされます。

しかし、宣言されたが値が設定されていない変数にアクセスすると「undefined」が返されます。

TypeScriptでもこの挙動は同じですが、型システムのおかげで、多くの未定義関連のエラーをコンパイル時に検出することができます。

○JavaScriptとTypeScriptの違い

最も重要な違いは、TypeScriptには静的型検査が存在することです。

これにより、未定義の変数や関数へのアクセスを試みると、コンパイルエラーが発生します。

この機能は、開発時に多くのバグを防ぐのに役立ちます。

●TypeScriptでの未定義判定の基本

未定義の変数や関数、プロパティへのアクセスは、多くのエラーの原因となるため、それを安全に取り扱う方法が求められます。

○なぜ未定義判定が必要なのか

未定義の値へのアクセスは、予期せぬエラーやバグを生む主な原因の一つです。

TypeScriptはこれを回避するためのいくつかのツールを提供しています。

●未定義判定の方法

TypeScriptは、静的型チェック機能を持つスクリプト言語で、JavaScriptに静的型チェックやクラスベースのオブジェクト指向を追加したものです。

この特性により、開発者は未定義の変数や関数の利用を未然に防ぐことができます。

未定義の変数や関数を安全に判定するための方法を学ぶことは、日々のコーディングをより安全かつ効率的にするための鍵となります。

ここでは、TypeScriptで未定義を判定する方法の一つ、「typeofを使用する方法」を紹介します。

○サンプルコード1:typeofを使用する方法

このコードではtypeofを使って、変数が未定義かどうかを判定する方法を表しています。

この例では、変数sampleVarの型を調べ、それが"undefined"かどうかで判定を行っています。

let sampleVar;

if (typeof sampleVar === "undefined") {
    console.log("変数sampleVarは未定義です");
} else {
    console.log("変数sampleVarは定義されています");
}

このコードを実行すると、変数sampleVarが定義されているかどうかに応じて、それぞれのメッセージがコンソールに表示されます。

初期状態では、sampleVarは何も代入されていないため、”変数sampleVarは未定義です”というメッセージが出力されるでしょう。

○サンプルコード2:Optional Chainingを活用する方法

TypeScriptでは、特定のオブジェクトや配列の中のプロパティや値が未定義かどうかを安全に判定する方法として、Optional Chaining(オプショナル チェイニング)という機能を提供しています。

この機能を使うと、簡潔なコードでディープなオブジェクトの構造の中の値が存在するかをチェックすることができます。

Optional Chainingは、.の前に?を付けることで、そのプロパティが存在しない場合にエラーを発生させずにundefinedを返します。

このコードではOptional Chainingを使って、ユーザー情報を持つオブジェクトの中のアドレス情報を取得する例を表しています。

この例では、ユーザーオブジェクトがアドレス情報を持っている場合にはその値を、持っていない場合にはundefinedを返すようにしています。

interface User {
    name: string;
    age: number;
    address?: {
        city: string;
        zipcode?: string;
    }
}

const user1: User = {
    name: "Taro",
    age: 25,
    address: {
        city: "Tokyo"
    }
}

const user2: User = {
    name: "Hanako",
    age: 30
}

// Optional Chainingを使用してアドレス情報を取得
const user1AddressCity = user1.address?.city;
const user2AddressCity = user2.address?.city;

この例では、user1はアドレス情報を持っているので、user1AddressCityには”Tokyo”という文字列が格納されます。

一方、user2はアドレス情報を持っていないので、user2AddressCityにはundefinedが格納されます。

このように、Optional Chainingを使用することで、存在しないかもしれないオブジェクトのプロパティを安全に参照することができます。

特に、APIから取得したデータなど、実際の構造が不定であるような場合に非常に役立ちます。

また、応用例として、ユーザーの郵便番号情報を取得する場合も考えてみましょう。

下記のサンプルコードでは、Optional Chainingを利用して、ユーザーの郵便番号情報を取得しています。

存在しない場合には、デフォルトの文字列”不明”を返すようにしています。

const user1Zipcode = user1.address?.zipcode || "不明";
const user2Zipcode = user2.address?.zipcode || "不明";

この例で、もしuser1user2がzipcode情報を持っていなければ、変数には”不明”という文字列が格納されます。

○サンプルコード3:nullish coalescing operatorの利用

TypeScriptでは、未定義の変数や値を安全に判定するための便利な機能が数多く提供されています。

その中でも、nullish coalescing operator(??)は、特に日々のコーディングで頻繁に使用される技術の一つです。

このオペレータは、左辺の値がnullまたはundefinedの場合に、右辺の値を返す特性を持っています。

このコードではnullish coalescing operatorを使って、左辺の値がnullまたはundefinedの場合に、右辺の値を返すコードを表しています。

この例では、変数aが未定義の場合に、デフォルトの値'default value'を返しています。

let a: string | undefined;
const result = a ?? 'default value';
console.log(result); // このコードを実行すると、'default value'が出力されます。

コメントによると、この例では変数aが初めて定義される際、undefinedとして設定されています。

そのため、a ?? 'default value'の式では、aundefinedであるため、'default value'resultに代入されることとなります。最終的にconsole.logを使用して、その結果が出力されます。

このように、nullish coalescing operatorは特にデフォルトの値を設定したい場合などに非常に役立ちます。

例えば、ユーザーからの入力がない場合にデフォルトのメッセージを表示するといったケースなどでの利用が考えられます。

また、この機能は次のような場面でも活用されることが多いです。

  1. APIからのレスポンスが不完全な場合、不足しているデータをデフォルト値で補完する。
  2. 設定値が部分的にしか提供されていない場合、デフォルトの設定を適用する。
  3. ユーザーの設定が未定義の場合、システムデフォルトを採用する。

具体的な応用例としては、次のようなコードが考えられます。

interface UserSettings {
    theme?: string;
    language?: string;
}

const fetchedSettings: UserSettings = { theme: 'dark' };
const defaultSettings: UserSettings = { theme: 'light', language: 'ja' };

const appliedSettings = {
    theme: fetchedSettings.theme ?? defaultSettings.theme,
    language: fetchedSettings.language ?? defaultSettings.language
};

console.log(appliedSettings);
// このコードを実行すると、{ theme: 'dark', language: 'ja' }が出力されます。

この例では、UserSettingsというinterfaceを定義しています。

そして、APIなどから取得した設定fetchedSettingsとデフォルトの設定defaultSettingsを元に、適用する設定appliedSettingsを生成しています。

nullish coalescing operatorを使うことで、不足している設定を簡単にデフォルトの値で補完することができています。

○サンプルコード4:interfaceとtypeの活用

TypeScriptでは、データ構造や関数の形を定義するためのツールとしてinterfacetypeが提供されています。

これらのツールを活用することで、未定義の変数や関数を安全に判定する手法を効果的に実現することができます。

ここでは、interfacetypeの基本的な使い方から、それを利用した未定義判定までの方法を詳しく解説していきます。

□interfaceとtypeの基本

このコードではinterfacetypeを使ってデータ構造を定義しています。

この例では、ユーザー情報と商品情報を表すためのデータ構造を定義しています。

// interfaceを使用したデータ構造の定義
interface User {
    id: number;
    name: string;
    email?: string; // 任意のプロパティ
}

// typeを使用したデータ構造の定義
type Product = {
    id: number;
    name: string;
    price: number;
    stock?: number; // 任意のプロパティ
};

interfaceは主にオブジェクトの形を定義する際に使用されます。

一方、typeはより柔軟なデータ構造の定義や既存の型の組み合わせに適しています。

□未定義判定の方法

次に、interfacetypeを用いた未定義判定の方法について詳しく見ていきましょう。

例として、前述のUserインターフェースを用いた関数を考えます。

この関数は、ユーザーのメールアドレスが存在するかどうかを判定し、存在すればそのメールアドレスを返すものとします。

function getEmail(user: User): string | undefined {
    return user.email;
}

この関数は、Userインターフェースのemailプロパティが任意のため、存在しない可能性があります。

したがって、戻り値としてstringまたはundefinedの型を持つことを明示しています。

このコードを実際に実行すると、次のようにユーザーがメールアドレスを持っているかどうかに応じて異なる結果が得られます。

例えば、メールアドレスを持つユーザーの場合、

const user1: User = {
    id: 1,
    name: "Taro",
    email: "taro@example.com"
};

console.log(getEmail(user1)); // taro@example.com

メールアドレスを持たないユーザーの場合、

const user2: User = {
    id: 2,
    name: "Hanako"
};

console.log(getEmail(user2)); // undefined

上記のように、interfacetypeを活用することで、未定義の変数やプロパティを安全に扱うことができるようになります。

□応用例

さらに、TypeScriptの型機能をフルに活用することで、より高度な未定義判定の応用が可能です。

例えば、複数の型の中から一つを選択するユニオン型を使って、未定義判定を行うケースを考えてみましょう。

商品情報のリストから指定したIDの商品を検索し、その商品が存在すればその情報を、存在しなければundefinedを返す関数の例を紹介します。

function findProduct(products: Product[], id: number): Product | undefined {
    return products.find(product => product.id === id);
}

この関数も、商品が見つからない場合にはundefinedを返すため、戻り値の型としてProduct | undefinedを明示しています。

○サンプルコード5:非同期関数での未定義判定

TypeScriptでのコーディング作業では、非同期処理を伴う関数も頻繁に使用されます。

こうした非同期関数の中で、変数やデータの未定義を安全に判定する方法を学ぶことは、日々の開発作業を効率的に進める上で非常に重要です。

ここでは、非同期関数内での未定義判定の一例を紹介します。

非同期関数内でデータの取得を試み、その結果が未定義かどうかを判定するサンプルコードを紹介します。

このコードでは、Promiseを使って非同期にデータを取得する関数fetchDataを定義しています。

この例では、fetchDataが成功した場合は文字列のデータを返し、失敗した場合にはundefinedを返すと仮定しています。

async function fetchData(): Promise<string | undefined> {
    // 仮に非同期でデータを取得するコードがここにあるとします。
    // この例では、50%の確率で取得に失敗すると仮定します。
    const isSuccess = Math.random() > 0.5;

    if (isSuccess) {
        return "取得成功したデータ";
    } else {
        return undefined;
    }
}

// 非同期関数の実行と未定義判定
async function checkUndefined() {
    const data = await fetchData();
    if (data === undefined) {
        console.log("データの取得に失敗しました。");
    } else {
        console.log(data);
    }
}

checkUndefined();

上記のコードを実行すると、fetchDataが成功した場合は取得されたデータがコンソールに出力されます。

一方、取得に失敗した場合には、「データの取得に失敗しました。」というメッセージが表示されます。

注意するべき点は、非同期関数fetchDataの戻り値型としてPromise<string | undefined>を指定している点です。

これにより、この関数が成功時にはstringを、失敗時にはundefinedを返すことがTypeScriptによって保証されています。

また、非同期関数を呼び出して実際のデータを取得する際はawaitキーワードを使用して、Promiseの解決を待っています。

その結果をdata変数に格納し、その変数がundefinedかどうかを判定しています。

○サンプルコード6:関数の引数としての未定義判定

関数を実装する際、引数として与えられる値が未定義かどうかを判定する必要がよくあります。

TypeScriptを使うことで、型の安全性を保ちながら、関数の引数が未定義かどうかの判定を行うことができます。

このコードでは、関数の引数として未定義を判定する方法を表しています。

この例では、関数の引数として与えられる値が未定義かどうかを確認し、未定義の場合はデフォルト値を設定しています。

function greet(name?: string): string {
  if (!name) {
    return "Hello, Guest!";
  }
  return `Hello, ${name}!`;
}

この関数では、name引数にはオプショナルマーク(?)を使っています。

これにより、nameが未指定の場合でも関数がエラーなく動作します。

関数内でif (!name)という条件を使ってnameが未定義、もしくは空文字であるかを確認しています。

もし未定義または空文字の場合、”Hello, Guest!”というメッセージを返します。

関数を次のように実行すると、

console.log(greet("Taro"));  // "Hello, Taro!"
console.log(greet());        // "Hello, Guest!"

1つ目のgreet("Taro")では、引数として”Taro”が渡されているので、Hello, Taro!という結果が返ってきます。

一方、2つ目のgreet()では引数を指定していないので、関数内のif (!name)の条件が真となり、Hello, Guest!というメッセージが返されます。

応用例として、関数の引数にオブジェクトを取る場合の判定を考えてみましょう。

function displayUser(user?: { name: string, age?: number }) {
  if (!user) {
    return "No user data provided.";
  }
  const userName = user.name || "Guest";
  const userAge = user.age || "Unknown";
  return `${userName}, Age: ${userAge}`;
}

この関数では、オブジェクトのプロパティごとに未定義を判定しています。

関数を次のように実行すると、

console.log(displayUser({ name: "Hanako", age: 25 })); // "Hanako, Age: 25"
console.log(displayUser({ name: "Hanako" }));         // "Hanako, Age: Unknown"
console.log(displayUser());                           // "No user data provided."

1つ目のdisplayUser({ name: "Hanako", age: 25 })では、nameageの両方が指定されているので、それに応じた結果が返ってきます。

2つ目のdisplayUser({ name: "Hanako" })ではageが未指定なので、”Unknown”が代入されます。

3つ目のdisplayUser()では、userオブジェクト自体が未指定なので、”No user data provided.”という結果が返されます。

○サンプルコード7:配列やオブジェクト内での未定義判定

JavaScriptやTypeScriptを使ったプログラムを書いていると、時折、配列やオブジェクトの中に存在しない要素やプロパティを参照しようとすることがあります。

そんな時、存在しない要素やプロパティを参照すると、通常はエラーが発生します。

このようなエラーはバグの原因となり得るので、未定義の参照を防ぐための判定が必要です。

このコードでは、配列やオブジェクト内の要素やプロパティが未定義かどうかを判定する方法を表しています。

この例では、存在しないインデックスの要素や、存在しないプロパティ名の値を参照しようとした場合の処理を行っています。

// 配列の未定義判定
const arraySample: number[] = [1, 2, 3];

// インデックスが存在する場合の参照
const value1 = arraySample[1]; // 2

// インデックスが存在しない場合の参照
const value2 = arraySample[5]; // undefined

// オブジェクトの未定義判定
const objectSample = {
    key1: 'value1',
    key2: 'value2'
};

// プロパティが存在する場合の参照
const prop1 = objectSample.key1; // 'value1'

// プロパティが存在しない場合の参照
const prop2 = objectSample.key3; // undefined

この例を見ると、配列のインデックス5やオブジェクトのプロパティkey3は存在しないので、参照した結果はundefinedとなります。このような未定義の参照を行う前に、事前に判定を行って、適切な処理をすることが推奨されます。

次に、具体的な未定義判定の方法として、条件分岐を用いた方法を示します。

// 配列の要素が未定義かどうかの判定
if (typeof arraySample[5] === 'undefined') {
    console.log('要素は存在しません。');
} else {
    console.log(arraySample[5]);
}

// オブジェクトのプロパティが未定義かどうかの判定
if (typeof objectSample.key3 === 'undefined') {
    console.log('プロパティは存在しません。');
} else {
    console.log(objectSample.key3);
}

上記のコードを実行すると、出力結果は「要素は存在しません。」と「プロパティは存在しません。」になります。

このように、事前に未定義かどうかの判定を行うことで、エラーを回避することができます。

○サンプルコード8:ジェネリクスを活用した未定義判定

このコードでは、ジェネリクスを使って未定義を判定するコードを表しています。

この例では、関数の引数が未定義かどうかを安全にチェックしています。

function isDefined<T>(value: T | undefined): value is T {
    return value !== undefined;
}

const sampleValue: string | undefined = "Hello, TypeScript!";
if (isDefined(sampleValue)) {
    console.log(`Value is defined: ${sampleValue}`);
} else {
    console.log("Value is undefined.");
}

上記のコードでは、isDefinedという関数を使用して、変数sampleValueが未定義かどうかを判定しています。

この関数は、ジェネリクスTを活用しており、任意の型の値を受け取ることができます。

戻り値としてvalue is Tという型ガードを使用しているため、この関数を使うことで、変数が未定義かどうかのチェックと同時に、その型も確定することができます。

上記のサンプルコードを実行すると、”Value is defined: Hello, TypeScript!”というメッセージがコンソールに出力されます。

これは、sampleValueが未定義ではないためです。

このようなジェネリクスを活用した未定義判定は、様々な型の値に対して安全に未定義のチェックを行いたい場合に非常に役立ちます。

○サンプルコード9:ユーザー定義のtype guardを作成する

TypeScriptでは、既存の型チェック機能だけでなく、ユーザーが独自に型のガードを定義することもできます。

このユーザー定義のtype guardは、特定の条件に合致するかどうかをチェックし、その結果に基づいて型の絞り込みを行うことができます。

このコードでは、ユーザー定義のtype guardを使って、特定のオブジェクトが特定の型に合致するかどうかをチェックする例を表しています。

この例では、Animalという型が与えられ、isCatという関数を使ってそのオブジェクトがCat型に合致するかどうかを確認しています。

// 定義したい型の定義
interface Animal {
    name: string;
}

interface Cat extends Animal {
    meow(): void;
}

// ユーザー定義のtype guard
function isCat(animal: Animal): animal is Cat {
    return 'meow' in animal;
}

// 使用例
const myAnimal: Animal = {
    name: 'Tama',
    meow: () => console.log('Meow!')
}

if (isCat(myAnimal)) {
    // このブロック内ではmyAnimalはCat型として扱われる
    myAnimal.meow();  // "Meow!"と出力
}

上記の例では、isCat関数を用いて、Animal型のオブジェクトがCat型であるかどうかをチェックしています。

このisCat関数がtrueを返すと、そのオブジェクトはCat型として扱われ、meowメソッドを呼び出すことができます。

この方法を利用することで、既存の型チェック機能だけでなく、独自の条件に基づく型のチェックも可能となります。

これにより、より柔軟な型の管理が可能となり、コードの安全性を向上させることができます。

このコードを実際に実行すると、Meow!という文字列がコンソールに出力されることを確認することができます。

これは、isCat関数がtrueを返し、myAnimalCat型として認識され、そのメソッドが正しく呼び出されたためです。

○サンプルコード10:assertsキーワードを使用する方法

TypeScriptの中で、特に関数が特定の条件を満たしていることを強制するのに役立つのが「asserts」キーワードです。

このキーワードは、関数が特定の条件を満たしていることを確認し、そうでなければエラーをスローすることで、コードの安全性を高めます。

このコードでは、assertsキーワードを使用して、関数の引数がnullやundefinedでないことを保証するコードを表しています。

この例では、関数の引数がnullやundefinedであれば、エラーをスローし、そうでなければ何もしません。

function assertIsDefined<T>(value: T | undefined | null): asserts value is T {
    if (value === undefined || value === null) {
        throw new Error('値が未定義またはnullです');
    }
}

let x: string | undefined | null = "hello";
assertIsDefined(x);
console.log(x);  // xはここではstring型として扱われる

このサンプルコードの中で、assertIsDefined関数を定義しています。

この関数は、引数valueundefinedまたはnullでないことを確認し、そうでなければエラーをスローします。

この関数を使用することで、変数xが確かに定義されていることが保証され、その後のコード内でxを安全に使用することができます。

実際に上のコードを実行すると、xが正しく定義されているため、エラーは発生せずに”hello”という文字列がコンソールに出力されます。

しかし、もしxをundefinedやnullに設定した場合、assertIsDefined関数はエラーをスローし、コードの実行はそこで中断されます。

●応用例:未定義判定を活用するシーン

Web開発やアプリケーション開発を進めていると、APIから取得したデータの形式が不確定であったり、DOM要素が想定通り存在するかどうか不明確な場合が多々あります。

TypeScriptを活用して未定義の変数や関数を安全に判定することで、これらの課題を効果的に解決することができます。

○サンプルコード11:API応答のデータ整形時

このコードではAPIから取得したデータの形式が不確定である場合の対応策を表しています。

この例ではOptional Chainingを使ってネストされたオブジェクト内のプロパティにアクセスし、nullish coalescing operatorを使用してデフォルト値を設定しています。

// APIから取得したデータの例
const apiResponse = {
  data: {
    user: {
      name: "Taro",
      address: {
        city: "Tokyo",
        postalCode: null
      }
    }
  }
}

// Optional Chainingとnullish coalescing operatorを使用してデータを整形
const userName = apiResponse.data?.user?.name ?? "名無し";
const userCity = apiResponse.data?.user?.address?.city ?? "不明";
const postalCode = apiResponse.data?.user?.address?.postalCode ?? "不明";

console.log(userName);  // 出力:Taro
console.log(userCity);  // 出力:Tokyo
console.log(postalCode);  // 出力:不明

API応答によっては、期待するデータの形式が変わることが考えられます。

このような場合、Optional Chainingを活用することで、安全にデータのプロパティにアクセスすることができます。

また、nullish coalescing operatorを使用することで、undefinedやnullの場合にデフォルト値を設定することができます。

上記のコードでは、ユーザーの名前、住所、郵便番号を安全に取得しています。

○サンプルコード12:DOM操作時の未定義対応

Webページの構築やアプリケーションの開発において、DOM(Document Object Model)の操作は非常に頻繁に行われます。

このような操作中にエレメントやその属性が存在しない場合に、未定義のエラーが生じる可能性があります。

そのため、TypeScriptを使用してDOMのエレメントや属性が未定義かどうかを安全に判定する方法を紹介します。

このコードでは、document.querySelectorを使って特定のエレメントを取得し、そのエレメントの属性や子要素が未定義かどうかを判定する方法を表しています。

この例では、id="sample"のエレメントを取得し、そのtextContent属性が未定義かどうかを判定しています。

// エレメントを取得
const element = document.querySelector('#sample');

// エレメントの存在確認
if (element) {
    // textContentが未定義かどうかの判定
    const content = element.textContent;
    if (content) {
        console.log(`エレメントのテキスト: ${content}`);
    } else {
        console.log('エレメントにテキストは存在しない');
    }
} else {
    console.log('指定したエレメントは存在しない');
}

このサンプルコードを実際にブラウザで動かした場合、次のような結果を得ることができます。まず、#sampleのIDを持つエレメントがページ上に存在するかを判定しています。

エレメントが存在すれば、そのエレメントのtextContent属性が未定義かどうかをチェックします。

未定義であれば「エレメントにテキストは存在しない」と出力され、定義されていればそのテキスト内容が出力されます。

エレメント自体が存在しなければ、「指定したエレメントは存在しない」と出力されます。

また、DOM操作においては、エレメントの子要素や属性、イベントリスナーなど、さまざまな要素が未定義になる可能性があります。

したがって、このような基本的な未定義判定の方法をマスターすることで、より高度なDOM操作を安全に行うことができるようになります。

例えば、特定のエレメントに子要素が存在するかどうかを判定する場合、次のように書くことができます。

const parentElement = document.querySelector('#parent');
if (parentElement && parentElement.firstChild) {
    console.log('子要素が存在する');
} else {
    console.log('子要素は存在しない');
}

このコードでは、まず#parentのIDを持つエレメントを取得し、そのエレメントが存在するかを判定します。

次に、そのエレメントのfirstChild属性が未定義かどうかを判定しています。

このように、DOM操作時にはエレメントやその属性、子要素の存在を前提とせずに、事前に未定義判定を行うことで、エラーを回避することができます。

●注意点と対処法

未定義の変数や関数を扱う際、様々な注意点が存在します。

特にTypeScriptでは、強力な型システムが導入されているため、注意しなければならないポイントが増えます。

○スコープ外の変数を参照する場合

TypeScriptでは変数のスコープに厳密なルールが適用されています。

スコープ外の変数を参照しようとすると、コンパイルエラーとなります。

このコードではスコープ外の変数outsideVariableを参照している例を表しています。

この例では、関数exampleFunction内からスコープ外の変数を参照しようとしてエラーとなっています。

let outsideVariable: string = "I am outside!";

function exampleFunction() {
  console.log(outsideVariable); // Error: Cannot find name 'outsideVariable'.
}

この例を実行すると、Cannot find name 'outsideVariable'というエラーが表示されます。

○any型の危険性と対策

any型はTypeScriptで任意の型を持つことができる型です。

しかし、その柔軟性が仇となり、型安全性を損なうことがあります。

未定義の変数や関数をany型で扱う場合、期待しない動作やエラーが発生するリスクが高まります。

このコードではany型を使用している変数に対して、存在しないメソッドを呼び出す例を表しています。

この例では、any型の変数dataに対して、存在しないメソッドnonExistentMethodを呼び出そうとしています。

let data: any = { value: "Hello World" };

data.nonExistentMethod(); // 実行時エラー

この例を実行すると、実行時にTypeError: data.nonExistentMethod is not a functionというエラーが発生します。

対策としては、any型の使用を極力避け、具体的な型を指定することを推奨します。

例えば、上記のコードのdata変数は{ value: string }の型として宣言することで、型安全性を高めることができます。

●カスタマイズ方法

TypeScriptを日々の開発に取り入れる中で、多くの開発者が直面するのは、変数や関数が未定義かどうかを確認する過程です。

TypeScriptの静的型付けのメリットを最大限に生かすためには、未定義判定のカスタマイズが非常に役立ちます。

ここでは、独自の型ガードを設定して、未定義判定を効率的に行う方法を説明します。

○独自の型ガードを設定して未定義判定を効率化する

型ガードは、特定の型が保証されるスコープ内でのみ動作する条件式です。

この型ガードを独自に定義することで、未定義判定の処理をより簡潔に、そして的確に行うことができます。

このコードでは、isDefinedという独自の型ガードを使って、未定義かどうかを判定するコードを表しています。

この例では、関数isDefinedを利用して、変数がundefinedもしくはnullでないことを確認しています。

function isDefined<T>(arg: T | undefined | null): arg is T {
    return arg !== undefined && arg !== null;
}

const sampleVar: string | undefined | null = "Hello, TypeScript!";

if (isDefined(sampleVar)) {
    console.log(sampleVar.toLocaleUpperCase()); // このスコープ内ではsampleVarはstring型として扱われる
} else {
    console.log("変数は未定義またはnullです");
}

この型ガードを使用すると、if (isDefined(sampleVar))の条件ブロック内で、sampleVarundefinednullではないことが確定するため、その後のコード内で安全に変数を使用することができます。

実行すると、コンソールに「HELLO, TYPESCRIPT!」と表示されます。

これは、sampleVarundefinednullではないため、isDefined関数がtrueを返し、ifブロック内のコードが実行されるからです。

もしsampleVarが未定義またはnullだった場合、elseブロックのコードが実行され、「変数は未定義またはnullです」と表示されます。

このように、独自の型ガードを活用することで、未定義判定を効率化し、コードの品質や可読性を向上させることができます。

特に大規模なプロジェクトや複数人での開発を行っている場合、一貫した未定義判定のロジックを持つことでバグのリスクを減少させることが期待できます。

まとめ

TypeScriptでの未定義判定は、日々の開発をより安全かつ効率的に行うための重要なスキルです。

本記事では、TypeScriptを使用して未定義の変数や関数を安全に判定する10の方法を紹介しました。

未定義判定の技術は、安全なコードを書くための基盤となります。

これらのテクニックを理解し、適切な場面で使い分けることで、日々のコーディングがより確実かつ効率的に進むでしょう。