PHP環境構築の全手順!初心者でも10ステップで完了

PHP環境構築の全手順を示す図解PHP
この記事は約6分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読めば、PHPの環境構築から基本的な使い方、さらには応用例までを理解し、自分でコードを書くことができるようになります。

●PHPとは

PHPは、ウェブ開発で広く使用されるサーバーサイドのスクリプト言語です。

HTMLを動的に生成することができ、データベースとの連携も容易なため、ウェブアプリケーションの開発に適しています。

初心者でも学びやすいシンプルな文法が特徴で、PHPの環境を整えることで、あなたもウェブ開発の世界へ一歩踏み出すことができます。

●PHP環境構築の前提条件

PHPの環境を構築する前に、いくつか準備するべきものがあります。

まず、PCが必要となります。

WindowsでもMacでもLinuxでも構いません。次にインターネット接続環境が必要です。

これは必要なソフトウェアをダウンロードするためです。

●PHP環境構築の手順

それでは具体的な手順を見ていきましょう。

ここでは、PHPの環境構築を手軽に行うためのツールとしてXAMPPを使用します。

○ステップ1:XAMPPのインストール

まずはXAMPPの公式サイトから、自分のPCに合ったバージョンのXAMPPをダウンロードします。

ダウンロードが完了したら、インストーラを実行してXAMPPをインストールします。

途中、いくつかの設定項目が出てきますが、基本的にはデフォルトの設定で問題ありません。

○ステップ2:XAMPPの設定

XAMPPをインストールしたら、次にXAMPPの設定を行います。

XAMPP Control Panelを開き、「Apache」と「MySQL」のStartボタンをクリックします。

これにより、Webサーバとデータベースサーバが起動します。

○ステップ3:PHPの設定

PHPの設定を行います。

XAMPPではデフォルトでPHPが使用できる設定になっていますので、特に設定を変更する必要はありません。

○ステップ4:ブラウザからのアクセス確認

次に、ブラウザからXAMPPが正しく動作していることを確認します。

ブラウザを開き、アドレスバーに「localhost」と入力してEnterキーを押します。

そうするとXAMPPの起動画面が表示されれば成功です。

○ステップ5:PHPの基本的な文法

PHPの基本的な文法を学びましょう。

まずは、簡単なPHPのコードを書いてみましょう。

<?php
echo "Hello, World!";
?>

このコードではechoを使って文字列”Hello, World!”を出力しています。

この例では、まずPHPの開始タグ<?phpを書き、その後にecho文を記述し、最後にPHPの終了タグ?>を記述しています。

echoはPHPで文字列を出力するための命令で、ダブルクォーテーションで囲んだ文字列をそのまま表示します。

○ステップ6:PHPとHTMLの組み合わせ

PHPはHTMLと組み合わせて使うことが多いです。

<!DOCTYPE html>
<html>
<body>

<h1>My first PHP page</h1>

<?php
echo "Hello, World!";
?>

</body>
</html>

このコードでは、HTMLの中にPHPを埋め込んで”Hello, World!”と表示しています。

この例では、HTMLのタグの中にPHPの開始タグと終了タグを使ってPHPのコードを書き込んでいます。

これにより、PHPで生成した文字列をHTMLの中に直接埋め込むことができます。

○ステップ7:PHPとデータベースの接続

PHPはデータベースとの連携が容易です。

<?php
$servername = "localhost";
$username = "username";
$password = "password";

// Create connection
$conn = new mysqli($servername, $username, $password);

// Check connection
if ($conn->connect_error) {
  die("Connection failed: " . $conn->connect_error);
}
echo "Connected successfully";
?>

このコードでは、mysqliを使ってMySQLデータベースに接続しています。

この例では、まずデータベースのホスト名、ユーザー名、パスワードを変数に格納し、それらを使って新しいmysqliオブジェクトを作成して接続します。

接続が失敗した場合はエラーメッセージを表示し、成功した場合は”Connected successfully”と表示します。

○ステップ8:エラー対処法

PHP開発では、エラーが発生することもあります。

そのような場合、まずはエラーメッセージを確認しましょう。

エラーメッセージは通常、エラーが発生した箇所と原因を示しています。

また、エラーレベルにより、エラーの重要度を知ることもできます。

PHPでのエラー対処の一例として、未定義の変数を参照した場合のエラーをみてみましょう。

下記のコードは、未定義の変数を表示しようとした場合の例です。

<?php
echo $undefined_variable;
?>

このコードでは未定義の変数$undefined_variableをechoで出力しようとしています。

しかし、この変数は定義されていないため、エラーが発生します。

このようなエラーが発生した場合、まずはエラーメッセージを確認し、問題の箇所を特定しましょう。

○ステップ9:開発ツールの設定

PHP開発を効率的に行うためには、適切な開発ツールの設定が重要です。

一般的なテキストエディタ(VS CodeやSublime Textなど)や専用のIDE(PHPStormなど)を使用することで、シンタックスハイライトやコード補完などの機能を活用できます。

また、バージョン管理システム(Gitなど)と組み合わせることで、コードの変更履歴を管理し、必要に応じて以前の状態に戻すことも可能になります。

○ステップ10:PHPの応用例

PHPの応用例としては、Webアプリケーションのバックエンド開発が挙げられます。

また、WordPressなどのCMS(コンテンツ管理システム)の開発や、E-commerceサイトの開発など、多様な分野で活用されています。

●PHP環境構築の注意点

PHPの環境構築にはいくつかの注意点があります。

まず、開発環境と本番環境のPHPのバージョンが異なると、予期しないエラーが発生することがあります。

それぞれの環境で同じバージョンを使用することを推奨します。

また、重要な情報(データベースの接続情報など)を直接コードに書くのではなく、外部の設定ファイルに保存することが一般的です。

これにより、重要な情報が公に漏れるリスクを最小限に抑えることができます。

さらに、PHPは頻繁にアップデートされているため、新しいバージョンへのアップデート時には、既存のコードが新しいバージョンと互換性があるかを確認する必要があります。

まとめ

PHPはWeb開発に広く利用されるサーバーサイドスクリプト言語であり、その学習と理解はWeb開発者にとって重要なスキルです。

適切な開発環境の構築から基本的な文法の理解、エラー対処法まで、本記事で紹介した各ステップを一つずつ進めていけば、初心者でも安心してPHP開発を始めることができます。

学習を進める上で疑問点や困難に遭遇した場合には、エラーメッセージを見て問題の箇所を特定したり、適切な開発ツールを活用したりすることが重要です。

そして最も大切なのは、常に新しい知識を吸収し続け、試行錯誤を通じてスキルを磨くことです。