CSSにおけるBorder Radiusの使い方6選 – JPSM

CSSにおけるBorder Radiusの使い方6選

CSS Border Radiusのサンプルコードと応用例を解説する画像CSS

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスは複数のSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

また、理解しにくい説明や難しい問題に躓いても、JPSMがプログラミングの解説に特化してオリジナルにチューニングした画面右下のAIアシスタントに質問していだければ、特殊な問題でも指示に従い解決できるように作ってあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

Webデザインでは、ビジュアルの印象を大きく左右する要素の一つが、角の形状です。

特にCSSにおいて、角を滑らかに丸める「Border Radius」は、デザインにおいて重要な役割を果たします。

この記事では、CSSでのBorder Radiusの基本から応用、さらにはよくあるエラーとその対処法までを網羅的に解説します。

初心者の方でも理解しやすいように、基本的な用途から、応用的なデザインまで、一歩一歩丁寧に説明していきます。

●CSSとBorder Radiusの基本

CSS(Cascading Style Sheets)とは、Webページの見た目を整えるための言語です。

HTMLがWebページの構造を決定するのに対して、CSSはそのHTML要素にスタイルを適用し、より視覚的に魅力的なページを作成することができます。

文字の色、サイズ、配置、そしてもちろん、要素の枠線の形状や色など、Webページの「見た目」を細かく指定することが可能です。

○CSSとは?

CSSは、「スタイルシート」と呼ばれるコードの集まりで、HTML要素に対して、どのようなビジュアルスタイルを適用するかをブラウザに指示します。

例えば、ある段落の文字を赤色にしたい、特定のボタンを丸くしたいなど、Webページの具体的な見た目を定義するために使われます。

CSSは、HTMLとは別のファイルに記述されることが一般的であり、一つのCSSファイルで複数のHTMLページに対してスタイルを適用することが可能です。

○Border Radiusとは?

Border Radiusは、要素の角を丸くするために使用されるCSSプロパティです。

四角形の要素に適用することで、角を滑らかに丸めることができ、ボタンや画像、各種コンテナなど、様々な要素に応用することが可能です。

Border Radiusの値を変更することにより、角の丸みの度合いを調整でき、より柔らかくフレンドリーな印象を与えるデザインを実現できます。

また、全角を均一に丸めるだけでなく、個別の角に異なる丸みを設定することもできます。

●Border Radiusの基本的な使い方

CSSにおけるBorder Radiusの使用方法を理解するには、まず基本的な構文とその効果を把握することが重要です。

Border Radiusは、要素の角を丸めることで、より柔らかく親しみやすいデザインを作り出すことができます。

このプロパティは、四角形の要素だけでなく、さまざまな形状に応用可能で、デザインの幅を大きく広げてくれます。

○サンプルコード1:四角形にBorder Radiusを適用

まずは最も基本的な形、四角形の要素にBorder Radiusを適用してみましょう。

下記のサンプルコードは、単純な四角形の要素に対して角を丸める方法を表しています。

.box {
    width: 100px;
    height: 100px;
    background-color: lightblue;
    border-radius: 15px;
}

このコードでは、.box というクラスを持つ要素の幅と高さを100pxに設定し、背景色をlightblueにしています。

そして、border-radius: 15px; の部分で角を丸めています。

ここでの 15px は角の丸みの大きさを表し、数値を変えることで丸みの度合いを調整できます。

このコードを実行すると、普通の四角形が丸みを帯びた形に変わります。

○サンプルコード2:画像にBorder Radiusを適用

次に、画像要素にBorder Radiusを適用する方法を見ていきます。

画像の四隅を丸くすることで、より柔らかな印象を与えることができます。

下記のサンプルコードは、画像にBorder Radiusを適用する一例です。

.image-rounded {
    border-radius: 50%;
}

このコードでは、.image-rounded というクラスを持つ画像要素に対して border-radius: 50%; を適用しています。

パーセンテージを使用することで、要素の大きさに応じた丸みを適用することができます。

50%を指定すると、円形に近い形になります。これにより、角のある画像が円形または楕円形に変形し、柔らかな印象を与えることが可能になります。

●応用的なBorder Radiusの使い方

CSSのBorder Radiusは基本的な使い方だけでなく、さらに応用的なデザインにも対応しています。

ここでは、少し複雑な形状や背景を持つ要素にBorder Radiusを適用する方法を紹介します。

これにより、ウェブデザインの表現の幅が広がり、より創造的なデザインが可能になります。

○サンプルコード3:楕円形のボタンを作成

楕円形のボタンは、ウェブサイト上で目を引くエレメントとしてよく使用されます。

Border Radiusを使って簡単に楕円形のボタンを作成できます。

下記のコードは、楕円形のボタンを作成する一例です。

.oval-button {
    width: 200px;
    height: 100px;
    background-color: #4CAF50;
    color: white;
    border: none;
    border-radius: 50px / 25px;
    text-align: center;
    text-decoration: none;
    display: inline-block;
    font-size: 16px;
    margin: 4px 2px;
    cursor: pointer;
}

このコードでは、幅が200px、高さが100pxのボタンに対して border-radius: 50px / 25px; という値を設定しています。

この値は水平方向の半径と垂直方向の半径を意味し、それぞれ異なる値を設定することで楕円形を作成できます。

このスタイルを適用すると、標準的な長方形のボタンが楕円形に変形し、ユーザーに対してより魅力的に映ります。

○サンプルコード4:グラデーション背景にBorder Radiusを適用

グラデーション背景にBorder Radiusを適用することで、モダンで洗練されたデザインを作り出すことができます。

下記のコードでは、グラデーション背景の要素に角丸を適用しています。

.gradient-box {
    width: 300px;
    height: 200px;
    background: linear-gradient(45deg, #FFB6C1, #FF69B4);
    border-radius: 20px;
}

このサンプルでは、widthheight を設定して箱形の要素を作成し、background プロパティで45度の角度を持つピンク系のグラデーションを適用しています。

そして、border-radius: 20px; により、角を丸くしています。

このコードを実装すると、グラデーション背景が美しい丸みを帯びたボックスに変わります。

●よくあるエラーと対処法

CSSにおけるBorder Radiusの応用は多岐にわたりますが、時には思わぬエラーに遭遇することもあります。

ここでは、Border Radiusを使用する際に発生しがちなエラーとその対処法を解説します。

これらのエラーを理解し、適切に対応することで、より効果的にBorder Radiusを使用することができます。

○エラー事例1:Border Radiusが適用されない

一つ目の一般的なエラーは、Border Radiusが適用されない場合です。

これは主に、対象となる要素の他のプロパティがBorder Radiusの適用を妨げていることにより起こります。

例えば、下記のようなコードでは、Border Radiusが期待通りに機能しない可能性があります。

.box {
    width: 100px;
    height: 100px;
    background-color: lightblue;
    border: 5px solid black;
    border-radius: 15px;
}

このコードの問題点は、border プロパティが設定されていることです。

border プロパティはBorder Radiusの影響を受けないため、角が丸くならないことがあります。

この問題を解決するには、border プロパティを削除するか、Border Radiusの値を増やして角をより丸くする必要があります。

○エラー事例2:不均一な角丸の作成

もう一つのエラー事例は、不均一な角丸を意図せずに作成してしまうケースです。

これは、Border Radiusの値を個別に指定する際に、誤った値が設定されていることにより発生します。

例えば、下記のコードでは、四つの角に異なる丸みを意図的に設定しています。

.box {
    width: 100px;
    height: 100px;
    background-color: lightblue;
    border-radius: 15px 30px 45px 60px;
}

このコードでは、四つの角にそれぞれ異なる半径の丸みを設定しています。

もし意図せず不均一な角丸を作成してしまった場合は、border-radius プロパティの値を見直し、必要に応じて修正することが重要です。

●Border Radiusの応用例

CSSのBorder Radiusは、単に角を丸めるだけでなく、さまざまなクリエイティブな応用が可能です。

ここでは、特に印象的な応用例をいくつか紹介し、それぞれのサンプルコードとともに詳しく解説します。

これらの応用例を理解し活用することで、ウェブページにユニークで魅力的なビジュアル効果を加えることができます。

○サンプルコード5:レスポンシブデザインにおけるBorder Radius

レスポンシブデザインでは、デバイスの画面サイズに応じて要素のスタイルを変更することが一般的です。

Border Radiusも、レスポンシブデザインの中で効果的に使用することができます。

ここでは、画面サイズに応じてBorder Radiusを変更するサンプルコードを紹介します。

.box {
    border-radius: 10px;
}

@media (max-width: 600px) {
    .box {
        border-radius: 5px;
    }
}

このコードでは、.box クラスを持つ要素に対して標準の border-radius を設定し、さらにメディアクエリを使用して、画面幅が600px以下の場合には border-radius を小さく設定しています。

これにより、小さい画面ではより繊細な印象のデザインに、大きい画面ではより強い印象のデザインに調整されます。

○サンプルコード6:アニメーションと組み合わせたBorder Radius

Border Radiusをアニメーションと組み合わせることで、動的で目を引くデザインを作成することができます。

下記のコードは、ホバー時にBorder Radiusが変化するアニメーションの例です。

.animated-box {
    width: 100px;
    height: 100px;
    background-color: lightblue;
    border-radius: 20px;
    transition: border-radius 0.3s;
}

.animated-box:hover {
    border-radius: 50%;
}

このサンプルでは、.animated-box クラスを持つ要素に対して初期状態で border-radius: 20px; を設定し、ホバー時に border-radius: 50%; に変化させています。

transition: border-radius 0.3s; の部分がアニメーションの速度とタイプを指定しており、この例では0.3秒でスムーズに変化します。

●エンジニアなら知っておくべき豆知識

CSSを扱う上で、特にBorder Radiusの使用に関連する豆知識は、効果的なウェブデザインを実現する上で非常に役立ちます。

ここでは、Border Radiusを使用する際にエンジニアとして押さえておくべき重要なポイントをいくつか紹介します。

○豆知識1:最新のCSS仕様とBorder Radius

CSSの仕様は常に更新されており、新しい機能や改善が行われています。

特にBorder Radiusに関連する部分では、新しい形状の作成やより複雑なデザインが可能になっています。

例えば、CSS Borders Module Level 3では、Border Radiusに楕円形や円形だけでなく、角度を指定することも可能になっています。

このような最新の仕様を常に追いかけ、活用することで、より革新的で魅力的なデザインを生み出すことができます。

○豆知識2:パフォーマンスに関する考慮事項

Border Radiusは見た目の美しさだけでなく、パフォーマンスにも影響を及ぼす可能性があります。

特に、大量の要素に対して複雑なBorder Radiusを適用する場合、レンダリングの負荷が高まり、ページのパフォーマンスに影響を与えることがあります。

また、古いブラウザや一部のデバイスでは、Border Radiusの処理に制限がある場合もあります。

このため、デザインの実装時には、ページのパフォーマンスと互換性のバランスを考慮し、適切なテストを行うことが重要です。

まとめ

この記事を通じて、CSSのBorder Radiusの基本から応用まで幅広く解説しました。

初心者から上級者までが理解できるよう、具体的なサンプルコードを交えながら詳細に説明しました。

Border Radiusは単なるデザインの要素ではなく、ウェブページの使いやすさや視覚的魅力を高めるための重要なツールです。

この知識を活用して、より効果的で魅力的なウェブデザインを実現しましょう。