PHP環境変数の活用法!初心者でもできる7つのステップ

PHP環境変数の使い方を学ぶ初心者向けのイラスト PHP

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスはSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

PHPの環境変数について学ぶことで、セキュリティ向上や設定の柔軟性が得られます。

この記事を読むことで、PHP環境変数の設定から読み出し、さらには応用例までを理解することができます。

サンプルコードを交えて具体的に解説していきますので、あなたもPHP環境変数のマスターになりましょう。

●PHP環境変数とは

PHP環境変数とは、PHPスクリプトが実行される環境に関する情報を格納する特殊な変数のことです。

これらの変数は、操作システムやサーバー、PHP自体の設定など、さまざまな情報を保持しています。

また、ユーザー定義の環境変数を設定することも可能で、設定ファイルやデータベースの接続情報など、アプリケーション全体で共有すべき情報を格納するのに役立ちます。

●PHP環境変数の設定方法

PHPでは、putenv関数を使用して環境変数を設定します。

putenv関数は、”変数名=値”という形式の文字列を引数として受け取り、指定した環境変数を設定します。

○サンプルコード1:PHP環境変数の設定

<?php
// 環境変数を設定
putenv('MY_VARIABLE=Hello, PHP!');

// 確認のため環境変数を表示
echo getenv('MY_VARIABLE');  // Hello, PHP!
?>

このコードではputenv関数を使ってMY_VARIABLEという環境変数に’Hello, PHP!’という値を設定しています。

そして、getenv関数を使用して設定した環境変数の値を表示しています。

●PHP環境変数の読み出し方法

PHPでは、getenv関数を使用して環境変数の値を読み出します。

getenv関数は、引数として環境変数名を受け取り、その値を返します。

○サンプルコード2:PHP環境変数の読み出し

<?php
// 環境変数を表示
echo getenv('MY_VARIABLE');  // Hello, PHP!
?>

このサンプルコードでは、先ほど設定したMY_VARIABLEという環境変数をgetenv関数を用いて読み出し、その結果を表示しています。

●PHP環境変数の応用例

PHPの環境変数は、セキュリティに関わる情報やアプリケーションの設定値を格納するために広く用いられます。

ここでは、データベース接続情報の管理やAPIキーの管理といった具体的な応用例を紹介します。

○サンプルコード3:DB接続情報の管理

<?php
// DB接続情報を環境変数に設定
putenv('DB_HOST=localhost');
putenv('DB_NAME=my_database');
putenv('DB_USER=username');
putenv('DB_PASSWORD=password');

// 環境変数からDB接続情報を読み出し
$dbHost = getenv('DB_HOST');
$dbName = getenv('DB_NAME');
$dbUser = getenv('DB_USER');
$dbPassword = getenv('DB_PASSWORD');
?>

このコードではputenv関数を使ってデータベース接続に必要な情報をそれぞれの環境変数に設定しています。

その後、getenv関数を用いて設定した環境変数から接続情報を取り出しています。

○サンプルコード4:APIキーの管理

<?php
// APIキーを環境変数に設定
putenv('API_KEY=your_api_key');

// 環境変数からAPIキーを読み出し
$apiKey = getenv('API_KEY');
?>

ここでは、putenv関数を使ってAPI_KEYという環境変数にAPIキーを設定し、その後getenv関数を使って設定したAPIキーを読み出しています。

●PHP環境変数の注意点と対処法

PHPの環境変数を使用する際の一つの注意点は、設定した環境変数がPHPの実行が終了すると同時に失われるということです。

そのため、永続的に環境変数を保存するには、それらを操作システムの環境変数に設定するか、.envファイルなどを利用する必要があります。

●PHP環境変数のカスタマイズ方法

PHPの環境変数はカスタマイズ可能で、その一つの方法として.envファイルを利用する方法があります。

.envファイルはテキストファイルの一種で、”変数名=値”という形式で環境変数を保存します。

このファイルを利用することで、アプリケーションが必要とする環境変数を一元管理し、必要に応じて読み出すことが可能となります。

○サンプルコード5:.envファイルの作成と読み込み

<?php
// .envファイルの読み込み
$dotenv = Dotenv\Dotenv::createImmutable(__DIR__);
$dotenv->load();

// 環境変数の読み出し
$dbHost = getenv('DB_HOST');
$dbName = getenv('DB_NAME');
$dbUser = getenv('DB_USER');
$dbPassword = getenv('DB_PASSWORD');
?>

このコードは、.envファイルから環境変数を読み出す一例を示しています。

Dotenvというライブラリを使用し、createImmutable関数で.envファイルがあるディレクトリを指定しています。

load関数で.envファイルを読み込み、その中に設定されている環境変数を使用可能にします。

そして、getenv関数で各種環境変数を読み出しています。

まとめ

PHPの環境変数は、アプリケーションの設定情報を安全かつ効率的に管理するための重要なツールです。

putenvやgetenv関数を使用すれば、環境変数の設定や読み出しは簡単に行うことができます。

また、.envファイルやDotenvライブラリを利用することで、環境変数を一元管理し、永続的に保存することも可能です。

これらの機能を活用し、アプリケーション開発をよりスムーズに進めましょう。