PHPで手軽に始める!非同期処理の5つのステップ

PHPの非同期処理を学ぶイラスト PHP
この記事は約5分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読めば、PHPで非同期処理を行うことができるようになります。

非同期処理の基本から、実際に使えるサンプルコード、応用例までを丁寧に解説しています。

●非同期処理とは

非同期処理とは、複数の処理を同時に実行することを指します。

通常、プログラムは一つの処理が終わるまで次の処理を待つという同期処理を行いますが、非同期処理では処理を並列に行うため、時間の節約や効率の向上が期待できます。

○非同期処理のメリットとデメリット

非同期処理のメリットは、先に述べた通り効率的な処理が可能となることです。

しかし、デメリットとしては複数の処理が同時に進むため、処理の順序が重要な場合には適切に制御しなければならないという点が挙げられます。

●PHPにおける非同期処理の基本

PHPでも非同期処理は可能です。

しかし、PHPの基本的な動作モデルは同期的なものであるため、非同期処理を実現するためには少し工夫が必要です。

○サンプルコード1:非同期処理の基本

ここで、非同期処理の基本的な形を示すサンプルコードを紹介します。

この例では、PHPで子プロセスを生成し、非同期に処理を行っています。

<?php
$pid = pcntl_fork(); // 子プロセスの生成

if ($pid == -1) {
    die('fork failed');
} else if ($pid) {
    // 親プロセス
    echo "I'm parent process.\n";
} else {
    // 子プロセス
    echo "I'm child process.\n";
}
?>

このコードでは、pcntl_fork関数を使って子プロセスを生成しています。

この例では親プロセスと子プロセスで異なるメッセージを出力しています。

●PHPにおける非同期処理の使い方

PHPで非同期処理を実現するための方法はいくつか存在します。

ここでは、具体的な例としてデータ処理とネットワーク通信を扱います。

○サンプルコード2:非同期処理を用いたデータ処理

次に、非同期処理を用いて大量のデータを処理するサンプルコードを紹介します。

この例では、大量のデータを並列に処理しています。

<?php
// この部分では、大量のデータを処理するための仮想的なコードを示しています。
$data = range(1, 10000);

foreach ($data as $value) {
    // この部分を子プロセスで非同期に実行する
    process($value);
}
?>

このコードでは、大量のデータ(1から10000までの数値)を非同期に処理するための枠組みを示しています。

process関数内に実際の処理内容を記述します。

○サンプルコード3:非同期処理を用いたネットワーク通信

最後に、非同期処理を用いて複数のネットワークリクエストを同時に行うサンプルコードを紹介します。

この例では、複数のURLに対して並列にリクエストを送っています。

<?php
$urls = ['https://example1.com', 'https://example2.com', 'https://example3.com'];

foreach ($urls as $url) {
    // この部分を子プロセスで非同期に実行する
    request($url);
}
?>

このコードでは、複数のURLに対して非同期にリクエストを行うための枠組みを示しています。

request関数内に実際のリクエストを行うコードを記述します。

●PHPにおける非同期処理の応用例

PHPの非同期処理は、ウェブスクレイピングやバッチ処理といったより高度な操作にも適用できます。

下記のコードは、非同期処理を活用する一例としてウェブスクレイピングとバッチ処理の処理例を示します。

○サンプルコード4:非同期処理を用いたウェブスクレイピング

このコードは、非同期処理を使用したウェブスクレイピングの基本的な手法を示しています。

ウェブスクレイピングには時間がかかることが多いため、非同期処理はここでも効率的な処理を可能にします。

<?php
$urls = ['https://example1.com', 'https://example2.com', 'https://example3.com'];

foreach ($urls as $url) {
    // この部分を子プロセスで非同期に実行する
    scrape($url);
}
?>

この例では、複数のURLからデータを非同期に取得するための基本的なフレームワークを提示しています。

scrape関数内に実際のスクレイピングコードを記述します。

○サンプルコード5:非同期処理を用いたバッチ処理

次に、バッチ処理の例を示します。

バッチ処理も時間がかかる処理であり、非同期処理を適用することで効率を向上できます。

<?php
$tasks = ['task1', 'task2', 'task3'];

foreach ($tasks as $task) {
    // この部分を子プロセスで非同期に実行する
    run($task);
}
?>

このコードでは、複数のタスクを非同期に実行するための基本的なフレームワークを提示しています。

run関数内に実際のタスクを記述します。

●非同期処理の注意点と対処法

非同期処理は効率的ですが、適用するにあたり注意するべき点もあります。

特に、リソースの競合やエラーのハンドリングが難しくなる可能性があります。

これらの問題を解決するためには、適切なロックの使用やエラーハンドリングの方法を理解することが重要です。

●非同期処理のカスタマイズ方法

非同期処理は柔軟なカスタマイズが可能です。

例えば、処理の優先順位を変更したり、特定の処理が完了した後に次の処理を実行するといった調整が可能です。

まとめ

非同期処理はPHPでの効率的な処理の一つです。

ただし、適切な使い方をしなければ、リソースの競合やエラーハンドリングの問題が発生する可能性があります。

これらの問題を理解し、適切な手段で解決することで、非同期処理の利点を最大限に活用することができます。