PHP初心者のための5つのステップ!標準入力・出力の理解と活用法

PHP初心者向けの標準入力・出力学習ガイド PHP
この記事は約5分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

PHPの世界へようこそ!

今回の記事では、プログラミング初心者がPHPで最初に学ぶべきテーマの1つである、「標準入力・出力」について、基本的な使い方から応用例まで詳しく解説します。

この記事を読むことで、PHPの基礎をしっかりと理解し、自分自身でコードを書く第一歩を踏み出すことができるようになります。

それでは、一緒に学んでいきましょう。

●PHPとは

PHPは、「Personal Home Page Tools (PHP Tools)」から始まった、サーバーサイドで動作するスクリプト言語です。

ウェブ開発に広く利用されており、動的なウェブページを作成するための機能が豊富に用意されています。

○標準入力・出力とは

「標準入力」とは、プログラムに情報を与えるためのデータ入力方法の1つです。

一方、「標準出力」は、プログラムが処理した結果を出力する方法です。

これらはプログラミングの基本であり、PHPでも重要な役割を果たします。

●PHPでの標準入力の使い方

それでは、具体的なコードを見ていきましょう。

まずは、PHPでの標準入力の使い方を見ていきます。

○サンプルコード1:基本的な標準入力

PHPでは、コンソールからの標準入力を取得するために、「fgets(STDIN)」という関数を使用します。

<?php
echo "名前を入力してください:";
$name = trim(fgets(STDIN));
echo "こんにちは、{$name}さん!\n";
?>

このコードでは、「fgets(STDIN)」を使ってコンソールからの入力を取得し、その入力値を用いてメッセージを出力するサンプルを紹介しています。

この例では、「trim」関数を使用して入力時の改行を除去し、「{$name}」を用いて取得した名前をメッセージ中に挿入しています。

次に、PHPでの標準出力について見ていきましょう。

●PHPでの標準出力の使い方

PHPにおける標準出力は非常にシンプルで、主に「echo」や「print」のような関数を用いて行います。

○サンプルコード2:基本的な標準出力

このコードでは、「echo」と「print」を用いてメッセージをコンソールに出力する基本的な方法を示しています。

どちらも同じような役割を果たすため、どちらを使うかは好みや状況によります。

<?php
echo "PHPの世界へようこそ!\n";
print "楽しいプログラミングの旅が始まります。\n";
?>

これで、標準入力・出力の基本的な使い方を学ぶことができました。

次に、これらを活用した具体的な例を見ていきましょう。

●PHPでの標準入力・出力の応用例

これから紹介するのは、標準入力・出力を応用したPHPのコードです。

○サンプルコード3:標準入力からのデータを標準出力する

このコードでは、標準入力からのデータを取得し、それを用いてメッセージを標準出力する例を示しています。

具体的には、「fgets(STDIN)」で年齢の入力を受け付け、「echo」でその年齢を含んだメッセージを出力しています。

<?php
echo "あなたの年齢を入力してください:";
$age = trim(fgets(STDIN));
echo "あなたは{$age}歳ですね。\n";
?>

○サンプルコード4:条件分岐を組み込んだ標準入力・出力

次に、標準入力と出力を使った条件分岐の例を見てみましょう。

<?php
echo "あなたの年齢を入力してください:";
$age = trim(fgets(STDIN));

if ($age >= 20) {
    echo "あなたは成人です。\n";
} else {
    echo "あなたは未成年です。\n";
}
?>

このコードでは、標準入力で受け取った年齢に基づいて条件分岐を行い、成人か未成年かを判断する例を紹介しています。

具体的には、「if」文を用いて年齢が20歳以上かどうかを判断し、その結果に応じて異なるメッセージを出力しています。

○サンプルコード5:ループ処理を組み込んだ標準入力・出力

最後に、ループ処理を含んだ例を見てみましょう。

<?php
for ($i = 0; $i < 3; $i++) {
    echo "名前を入力してください:";
    $name = trim(fgets(STDIN));
    echo "こんにちは、{$name}さん!\n";
}
?>

このコードでは、3回名前の入力を受け付けて、その都度挨拶をする例を紹介しています。

「for」ループを用いて3回の入力・出力を繰り返し行っています。

●注意点と対処法

標準入力・出力を扱う上で、注意すべき点があります。

それは、入力されたデータが想定した形式になっていない場合があるということです。

例えば、年齢を尋ねているにも関わらず文字列が入力された場合などです。

そのような場合には、入力値のチェックを行い、不適切な入力があった場合にはエラーメッセージを表示するなどの対処が必要です。

まとめ

以上が、PHPにおける標準入力・出力の基本的な使い方と応用例についての解説です。

標準入力・出力は、ユーザーとプログラムが直接対話するための基本的な手段です。

今回学んだ知識をベースに、さらなる学習を深めていくことをおすすめします。