PHPで和暦を扱う5つのステップ

PHPで和暦を扱う方法を解説する記事のサムネイルPHP
この記事は約6分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

PHPで和暦を扱う方法を学びたいと思っているあなたへ。

この記事は、PHPで和暦を扱うための具体的なステップとサンプルコードを提供します。

初心者でも理解できるように、詳細な説明とともに、使い方、注意点、カスタマイズ方法を解説します。

この記事を読むことで、PHPで和暦を扱う技術を身につけることができます。

●PHPと和暦の基本

PHPは、Web開発に広く使用されるサーバーサイドのスクリプト言語です。

一方、和暦は日本特有の年号システムで、明治、大正、昭和、平成、令和といった元号を用いて年を表します。

PHPで和暦を扱うには、西暦と和暦の変換が必要となります。

●PHPで和暦を扱う方法

PHPで和暦を扱うための基本的なステップを紹介します。

○サンプルコード1:基本的な和暦の取得

下記のコードは、現在の日付を和暦で表示する基本的な方法を示しています。

この例では、date関数を使って現在の日付を取得し、その日付を和暦に変換しています。

<?php
// 現在の日付を取得
$today = date('Y-m-d');

// 和暦に変換
$wareki = convertToWareki($today);

echo $wareki;

// 西暦を和暦に変換する関数
function convertToWareki($seireki) {
    // 和暦の元号と開始日
    $gengo = array(
        array('令和', '2019-05-01'),
        array('平成', '1989-01-08'),
        array('昭和', '1926-12-25'),
        array('大正', '1912-07-30'),
        array('明治', '1868-01-25')
    );

    foreach ($gengo as $g) {
        if ($seireki >= $g[1]) {
            $year = substr($seireki, 0, 4) - substr($g[1], 0, 4) + 1;
            return $g[0] . ($year == 1 ? '元' : $year) . '年';
        }
    }
}
?>

このコードでは、convertToWarekiという関数を定義しています。

この関数は、西暦の日付を引数として受け取り、それを和暦に変換して返します。

和暦の元号とその開始日は、$gengoという配列で管理しています。

次に、サンプルコード2と3では、特定の日付や現在の日付を和暦に変換する方法を見ていきましょう。

○サンプルコード2:特定の日付の和暦を取得

下記のコードは、特定の日付を和暦に変換する方法を示しています。

この例では、convertToWareki関数を使って、指定した日付を和暦に変換しています。

<?php
// 特定の日付を設定
$date = '2023-05-26';

// 和暦に変換
$wareki = convertToWareki($date);

echo $wareki;
?>

このコードでは、$date変数に特定の日付を設定し、それを和暦に変換して表示しています。

この方法を使えば、任意の日付を和暦に変換することができます。

○サンプルコード3:現在の日付の和暦を取得

次に、現在の日付を和暦に変換する方法を見てみましょう。

この例では、date関数を使って現在の日付を取得し、それを和暦に変換しています。

<?php
// 現在の日付を取得
$today = date('Y-m-d');

// 和暦に変換
$wareki = convertToWareki($today);

echo $wareki;
?>

このコードでは、date関数を使って現在の日付を取得し、それを和暦に変換して表示しています。

この方法を使えば、現在の日付を和暦で表示することができます。

●和暦の応用例

和暦を扱う技術は、さまざまな場面で応用することができます。

次に、和暦を使用した日付の計算と比較の方法を見てみましょう。

○サンプルコード4:和暦を使用した日付の計算

下記のコードは、和暦を使用した日付の計算方法を示しています。

この例では、和暦の日付を西暦に変換し、その日付を基に計算を行っています。

<?php
// 和暦の日付を設定
$wareki_date = '令和5年5月26日';

// 和暦を西暦に変換
$seireki_date = convertToSeireki($wareki_date);

// 日付を1週間後に設定
$one_week_later = date('Y-m-d', strtotime($seireki_date . ' +1 week'));

echo $one_week_later;
?>

このコードでは、convertToSeireki関数を使って和暦の日付を西暦に変換し、その日付を基に1週間後の日付を計算しています。

この方法を使えば、和暦の日付を基に日付の計算を行うことができます。

○サンプルコード5:和暦を使用した日付の比較

次に、和暦を使用した日付の比較方法を見てみましょう。

この例では、二つの和暦の日付を西暦に変換し、それらを比較しています。

<?php
// 和暦の日付を設定
$wareki_date1 = '令和5年5月26日';
$wareki_date2 = '令和5年6月26日';

// 和暦を西暦に変換
$seireki_date1 = convertToSeireki($wareki_date1);
$seireki_date2 = convertToSeireki($wareki_date2);

// 日付を比較
if ($seireki_date1 < $seireki_date2) {
    echo $wareki_date1 . ' is earlier than ' . $wareki_date2;
} else {
    echo $wareki_date1 . ' is later than ' . $wareki_date2;
}
?>

このコードでは、convertToSeireki関数を使って二つの和暦の日付を西暦に変換し、それらを比較しています。

この方法を使えば、和暦の日付を比較することができます。

●注意点と対処法

PHPで和暦を扱う際には、いくつかの注意点があります。

まず、PHPのdate関数は西暦の日付しか扱えません。そのため、和暦の日付を扱うには、自分で変換関数を作成するか、外部のライブラリを使用する必要があります。

また、和暦の元号は政府の決定により変わるため、新しい元号が出た場合には、それを反映させるためにコードを更新する必要があります。

●カスタマイズ方法

和暦を扱うコードは、自分のニーズに合わせてカスタマイズすることができます。

例えば、和暦の日付を表示する形式を変更したい場合には、変換関数の中でその形式を指定することができます。

また、特定の元号だけを扱いたい場合には、その元号だけを含むように変換関数を修正することができます。

まとめ

この記事では、PHPで和暦を扱う方法を初心者向けに詳しく解説しました。

具体的なサンプルコードとともに、使い方、注意点、カスタマイズ方法を学びました。

これらの知識を活用して、PHPで和暦を扱う技術を身につけてください。