PHPでのpreg_replaceの活用法!簡単な8ステップでマスターしよう

PHPの関数preg_replaceを使用してコードを改善する例PHP
この記事は約6分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

PHPでテキスト操作をする際に必要不可欠なのが正規表現を使った置換機能です。

この記事を読むことで、PHPのpreg_replace関数の使い方を8つの簡単なステップでマスターすることができます。

●PHPのpreg_replaceとは

PHPのpreg_replace関数は、正規表現パターンにマッチした部分を新しい文字列で置換するための関数です。

置換対象の文字列は、単一の文字列でも、配列でも可能です。

○基本的な概念と構文

基本的な構文は次の通りです。

preg_replace($pattern, $replacement, $subject)

ここで、

  • $pattern:置換する対象の正規表現パターン
  • $replacement:置換後の文字列
  • $subject:対象となる文字列

となります。

●preg_replaceの使い方

preg_replace関数の使い方をいくつかのサンプルコードと共に説明します。

○サンプルコード1:簡単な文字列の置換

まずは、シンプルな置換から始めましょう。

下記のコードでは、文字列内の’apple’を’orange’に置換しています。

<?php
$text = "I have an apple.";
$text = preg_replace('/apple/', 'orange', $text);
echo $text;
?>

このコードを実行すると、出力結果は “I have an orange.” となります。

○サンプルコード2:数字の置換

次に、数字の置換について見てみましょう。

下記のコードでは、文字列内の数字をすべて’*’に置換しています。

<?php
$text = "My phone number is 1234567890.";
$text = preg_replace('/\d/', '*', $text);
echo $text;
?>

このコードを実行すると、出力結果は “My phone number is **.” となります。

○サンプルコード3:正規表現を使用した複雑な置換

次に、正規表現を使用した複雑な置換について見てみましょう。

下記のコードでは、複数行にわたる文字列内のHTMLタグを除去しています。

<?php
$text = "<p>PHP is a server scripting language.</p><p>It is a powerful tool for making dynamic and interactive Web pages.</p>";
$text = preg_replace('/<.*?>/', '', $text);
echo $text

;
?>

このコードを実行すると、出力結果は “PHP is a server scripting language.It is a powerful tool for making dynamic and interactive Web pages.” となります。

●preg_replaceの応用例

さて、上記で基本的な使い方を見てきましたが、preg_replaceはより複雑な処理にも対応しています。

次にいくつかの応用例を見てみましょう。

○サンプルコード4:マルチバイト文字列の置換

次のサンプルコードでは、マルチバイト文字列を扱う場合の置換の例を示しています。

この例では、全角のカタカナを半角のカタカナに変換しています。

<?php
$text = "アイウエオ";
$text = preg_replace('/\p{Katakana}/u', mb_convert_kana('$0', 'k'), $text);
echo $text;
?>

このコードを実行すると、出力結果は “アイウエオ” となります。

正規表現パターンの’\p{Katakana}’は全角カタカナを指定し、mb_convert_kana関数はカタカナを半角に変換します。

○サンプルコード5:HTMLタグの取り扱い

次のサンプルコードでは、HTMLタグの取り扱いについて説明します。

具体的には、HTMLタグを取り除くことで、タグ内のテキストのみを取り出すことができます。

<?php
$text = "<div>こんにちは、<span>世界</span>!</div>";
$text = preg_replace('/<[^>]+>/', '', $text);
echo $text;
?>

このコードを実行すると、出力結果は “こんにちは、世界!” となります。

○サンプルコード6:正規表現による複雑なパターンマッチング

正規表現を使うと、更に複雑なパターンマッチングも可能になります。

次のサンプルコードでは、特定のフォーマットを持つ電話番号を見つけて、異なるフォーマットに置換します。

<?php
$text = "私の電話番号は080-1234-5678です。";
$text = preg_replace('/(\d{3})-(\d{4})-(\d{4})/', '$1$2$3', $text);
echo $text;
?>

このコードを実行すると、出力結果は “私の電話番号は08012345678です。” となります。

このコードでは、正規表現を使って電話番号のパターンを認識し、そのパターンを異なるフォーマットに置換しています。

●preg_replaceの注意点と対処法

preg_replace関数は強力な機能を持っていますが、正しく使用しないと予期しない結果をもたらすこともあります。

特に、正規表現におけるエスケープの扱いや、マルチバイト文字列の扱いに注意が必要です。

また、preg_replaceは置換後の結果を返す関数であり、元の変数の内容自体を変更しない点にも注意が必要です。

置換結果を保存するには、戻り値を適切な変数に代入する必要があります。

さらに、正規表現パターンが複雑になるほど、パターンのエラーを見つけるのが難しくなります。

そのため、正規表現を使用する際は、段階的にパターンを構築し、各段階でテストすることを推奨します。

●preg_replaceのカスタマイズ方法

次に、preg_replaceのカスタマイズ方法を見てみましょう。

ここでは、置換パターンと置換結果のカスタマイズについて説明します。

○サンプルコード7:置換パターンと置換結果のカスタマイズ

この例では、置換するパターンと置換後の結果をカスタマイズしています。

特に、置換パターンに複数のパターンを指定し、それぞれに対応する置換結果を指定しています。

<?php
$text = "appleとorangeが好きです。";
$patterns = array('/apple/', '/orange/');
$replacements = array('banana', 'grape');
$text = preg_replace($patterns, $replacements, $text);
echo $text;
?>

このコードを実行すると、出力結果は “bananaとgrapeが好きです。” となります。

まとめ

以上、PHPのpreg_replace関数の使用方法について詳しく解説しました。

これにより、あなたは文字列の検索と置換を行う強力なツールを手に入れることができました。

それは正規表現を使って複雑なパターンマッチングを行うことが可能で、PHPのプログラミング能力を大幅に向上させることができます。

これからも学び続け、スキルアップしていきましょう。