【Ruby】インタプリタの作り方10選をプロが実例コードで解説 – JPSM

【Ruby】インタプリタの作り方10選をプロが実例コードで解説

初心者向けRubyインタプリタの作り方ガイドのカバー画像Ruby

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスは複数のSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

また、理解しにくい説明や難しい問題に躓いても、JPSMがプログラミングの解説に特化してオリジナルにチューニングした画面右下のAIアシスタントに質問していだければ、特殊な問題でも指示に従い解決できるように作ってあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

あなたはプログラミングの世界に初めて足を踏み入れ、まだあまり経験がないかもしれません。

しかし、Rubyという素晴らしい言語を選んで学び始めることは、あなたが成功への大きな一歩を踏み出した証拠です。

この記事を通じて、Rubyの中核的な部分である「インタプリタ」を自身で作る方法を学びます。

さらに、その作成方法を通じてRubyの深層を理解し、自分自身のコーディングスキルを向上させる手助けとなるでしょう。

●Rubyインタプリタとは

まず最初に、Rubyインタプリタについて理解しましょう。

○Rubyインタプリタの役割

Rubyインタプリタとは、Rubyというプログラミング言語を解釈し、それに基づいて操作を実行するためのソフトウェアの一種です。

このインタプリタがなければ、我々が書いたRubyのコードはただのテキストにすぎず、コンピュータは何をすべきかを理解できません。

したがって、Rubyインタプリタは、我々が書いたコードをコンピュータが理解できる形に翻訳します。

○Rubyインタプリタの種類

Rubyインタプリタには、C言語で書かれたMRI(Matz’s Ruby Interpreter)やJavaで書かれたJRubyなど、様々な種類があります。

それぞれ特性や利点が異なり、用途に応じて選ぶことができます。

しかし、ここでの目的は、Rubyインタプリタ自体を作成することで深い理解を得ることです。

したがって、言語の特性や実行速度などを気にする必要はありません。

●Rubyインタプリタの作り方

それでは具体的に、どのようにRubyインタプリタを作成するのか見ていきましょう。

10のステップで詳細なサンプルコードを紹介していきます。

○サンプルコード1:簡単なRubyインタプリタの作成

最初に、非常に基本的な形のRubyインタプリタを作成します。

このサンプルコードは、単純な整数の足し算だけを行うインタプリタを作成します。

class Interpreter
  def initialize
    @stack = []
  end

  def eval(expression)
    tokens = expression.split


    tokens.each do |token|
      if token == '+'
        @stack.push(@stack.pop + @stack.pop)
      else
        @stack.push(token.to_i)
      end
    end
    @stack.pop
  end
end

interpreter = Interpreter.new
puts interpreter.eval('2 3 +')

このコードではInterpreterというクラスを作成し、それを使って足し算をするインタプリタを実装しています。

この例では数字とプラス記号を文字列として受け取り、それを解析して計算しています。

Interpreterクラスは内部的にスタックを持っており、数字をスタックに積んだり、プラス記号が来たらスタックの上2つの数字を取り出して足し算した結果をスタックに積み直すという操作を行っています。

上記のコードを実行すると、「2 3 +」という文字列が与えられ、それを解析して「2 + 3」の計算を行い、結果の「5」が出力されます。

このように、この単純なインタプリタはプログラムの解析と実行の基本的な部分を理解するための出発点となります。

○サンプルコード2:複雑な式を扱うインタプリタの作成

次に、より複雑な式を解析・計算できるようにインタプリタを改良してみましょう。

加えて、掛け算や割り算も扱えるようにしましょう。

class Interpreter
  def initialize
    @stack = []
  end

  def eval(expression)
    tokens = expression.split
    tokens.each do |token|
      case token
      when '+'
        @stack.push(@stack.pop + @stack.pop)
      when '-'
        second_operand = @stack.pop
        first_operand = @stack.pop
        @stack.push(first_operand - second_operand)
      when '*'
        @stack.push(@stack.pop * @stack.pop)
      when '/'
        second_operand = @stack.pop
        first_operand = @stack.pop
        @stack.push(first_operand / second_operand)
      else
        @stack.push(token.to_i)
      end
    end
    @stack.pop
  end
end

interpreter = Interpreter.new
puts interpreter.eval('5 3 - 2 *')

このコードでは、前回のインタプリタにマイナス、掛け算、割り算の演算子を追加しています。

これらの新たな演算子はcase文を使って解析し、それぞれの動作を行います。

マイナスと割り算では、演算の順番が重要なため、二つのオペランド(操作対象の数)の順序に気をつけています。

上記のコードを実行すると、「5 3 – 2 *」という文字列が与えられ、それを解析して「(5 – 3) * 2」の計算を行い、結果の「4」が出力されます。

○サンプルコード3:制御構文を扱うインタプリタの作成

次に、Rubyのif文などの制御構文を解析・実行できるようなインタプリタを作成します。

class Interpreter
  # 初期化と評価のメソッドは前と同じため省略

  def eval_if(expression)
    tokens = expression.split
    condition = tokens[1] == 'true'
    if condition
      eval(tokens.slice(3, tokens.length - 4).join(' '))
    else
      eval(tokens.slice(tokens.length - 2, 1).join(' '))
    end
  end
end

interpreter = Interpreter.new
puts interpreter.eval_if('if true then 2 3 + else 4 end')

このコードでは、制御構文であるif文を解析・実行するためのeval_ifメソッドを新たに定義しています。

このメソッドは、条件部分がtrueであるかfalseであるかによって実行する式を選択します。

それぞれの式は通常のevalメソッドを使って評価されます。

このコードを実行すると、「if true then 2 3 + else 4 end」という文字列が与えられ、それを解析して「if true then (2 + 3) else 4 end」の計算を行い、結果の「5」が出力されます。

○サンプルコード4:エラーハンドリングを行うインタプリタの作成

それでは、エラーハンドリングを行うインタプリタの作成に進みましょう。

下記のサンプルコードでは、スタックが空の場合にエラーメッセージを出力するように改良します。

class Interpreter
  def initialize
    @stack = []
  end

  def eval(expression)
    tokens = expression.split
    tokens.each do |token|
      case token
      when '+'
        raise 'スタックが空です' if @stack.size < 2
        @stack.push(@stack.pop + @stack.pop)
      else
        @stack.push(token.to_i)
      end
    end
    raise 'スタックが空です' if @stack.empty?
    @stack.pop
  end
end

interpreter = Interpreter.new
begin
  puts interpreter.eval('5 +')
rescue => e
  puts e.message
end

このコードでは、「raise」を使って例外を発生させ、エラーメッセージを出力しています。

この例では、加算演算子「+」が与えられたとき、スタックに2つ以上の数値が存在しなければエラーメッセージを出力します。

また、最後にスタックが空になった場合にもエラーメッセージを出力します。

上記のコードを実行すると、「5 +」という文字列が与えられ、それを解析しますが、スタックには1つの数値しかないため、「スタックが空です」というエラーメッセージが出力されます。

このように、インタプリタはエラーハンドリングを適切に行うことで、プログラムの安全性と信頼性を高めることができます。

●Rubyインタプリタの応用例

Rubyインタプリタを作成すると、その応用範囲は幅広くなります。

ここではRubyインタプリタの一つの応用例として、独自のドメイン特化言語(DSL)を作成することを考えてみましょう。

まず、下記のコードは、特定のコマンドを実行するためのDSLを作成するサンプルコードです。

class MyDSL
  def initialize
    @commands = []
  end

  def command(name, &block)
    @commands << { name: name, action: block }
  end

  def execute(name)
    command = @commands.find { |c| c[:name] == name }
    command[:action].call if command
  end
end

dsl = MyDSL.new
dsl.command('hello') { puts 'Hello, World!' }
dsl.execute('hello')

このコードでは、MyDSLクラスを作成して、その中に「command」というメソッドを定義しています。

このメソッドは、引数として与えられた名前とブロックを、@commandsという配列に追加します。

また、「execute」メソッドは、与えられた名前のコマンドを@commandsから探し、見つけたらそのコマンドのアクション(ブロック)を実行します。

このサンプルコードを実行すると、”hello”という名前のコマンドを定義し、その後でそのコマンドを実行します。

結果として、”Hello, World!”という文字列が出力されます。

このように、Rubyインタプリタを用いると、独自のDSLを作成することも可能です。

DSLを作成することで、特定のタスクやビジネスロジックに特化した言語を設計することが可能となり、コードの可読性や保守性を向上させることができます。

下記では、ユーザー定義関数を扱うインタプリタの作成について解説していきます。

ユーザー定義関数を扱えるようになると、Rubyの強力なメタプログラミング機能を利用して、コードの再利用性を高めることができます。

また、ユーザー定義関数を使うことで、複雑なロジックを簡潔に表現することも可能となります。

これらのテクニックを駆使することで、Rubyの真価を最大限に引き出すことができるでしょう。

○サンプルコード5:ユーザー定義関数を扱うインタプリタの作成

Rubyはその動的な特性から、ユーザー定義関数を利用することが可能です。

そのため、ここではユーザーが自分で定義した関数をインタプリタで扱えるようにする方法を解説します。

下記のサンプルコードでは、ユーザーが関数を定義し、その関数を後から呼び出すことが可能なインタプリタを作成します。

class MyInterpreter
  def initialize
    @functions = {}
  end

  def define_function(name, &block)
    @functions[name] = block
  end

  def call_function(name, *args)
    @functions[name].call(*args) if @functions[name]
  end
end

interpreter = MyInterpreter.new
interpreter.define_function('say_hello') { puts 'Hello, World!' }
interpreter.call_function('say_hello')

このコードでは、まずMyInterpreterという新しいクラスを定義します。

このクラスには、@functionsというハッシュを持たせています。このハッシュは関数名をキーとし、対応するブロック(関数の本体)を値とします。

次に、define_functionというメソッドを定義します。

このメソッドは引数として関数名とブロックを取り、その関数名とブロックを@functionsハッシュに保存します。

最後に、call_functionというメソッドを定義します。

このメソッドは引数として関数名と任意の数のパラメータを取り、対応する関数を呼び出します。

このサンプルコードを実行すると、まずsay_helloという名前の関数が定義されます。

この関数はputs 'Hello, World!'というコマンドを実行します。

次に、この関数が呼び出され、結果として”Hello, World!”という文字列が出力されます。

これにより、Rubyの強力なメタプログラミング機能を活用して、ユーザーが独自の関数を定義し、それを呼び出すことができるインタプリタを作成することができました。

このようなインタプリタは、例えばDSLの設計や、プログラムの動的な振る舞いを実現するのに役立ちます。

○サンプルコード6:クラスとオブジェクトを扱うインタプリタの作成

Rubyは真のオブジェクト指向言語であり、クラスとオブジェクトを活用することでコードの再利用や拡張が容易になります。

それでは、クラスとオブジェクトを扱うインタプリタを作成する方法について見ていきましょう。

下記のサンプルコードでは、クラスの定義とインスタンス化、メソッドの呼び出しが行えるインタプリタを作成します。

class MyInterpreter
  def initialize
    @classes = {}
  end

  def define_class(name, &block)
    @classes[name] = Class.new(&block)
  end

  def new_instance(name, *args)
    @classes[name].new(*args) if @classes[name]
  end
end

interpreter = MyInterpreter.new
interpreter.define_class('MyClass') do
  def initialize(name)
    @name = name
  end

  def say_hello
    "Hello, #{@name}!"
  end
end

my_instance = interpreter.new_instance('MyClass', 'Ruby')
puts my_instance.say_hello

このコードでは、まずMyInterpreterクラスを定義し、クラスを保存するための@classesというハッシュを初期化します。

次に、クラスを定義するためのメソッドdefine_classを定義します。

ここでは引数としてクラス名とブロックを受け取り、ブロックで新しいクラスを定義し、そのクラスを@classesハッシュに保存します。

さらに、新しいインスタンスを生成するためのメソッドnew_instanceを定義します。

ここでは引数としてクラス名と任意の数の引数を受け取り、対応するクラスの新しいインスタンスを生成します。

このサンプルコードを実行すると、まず’MyClass’という名前のクラスが定義されます。

このクラスにはinitializesay_helloという2つのメソッドが定義されています。

initializeメソッドはオブジェクトが生成されるときに呼び出され、名前を受け取ってインスタンス変数@nameに保存します。

say_helloメソッドは、”Hello, [名前]!”というメッセージを生成します。

次に、このクラスの新しいインスタンスが生成され、そのインスタンスのsay_helloメソッドが呼び出されます。

その結果として、”Hello, Ruby!”というメッセージが出力されます。

○サンプルコード7:例外処理を行うインタプリタの作成

プログラミングにおいて、想定外の状況やエラーに対処するために例外処理が必要になります。

Rubyではbegin/rescue/endを使用して例外処理を行います。

では、例外処理を行うインタプリタを作成する方法を見ていきましょう。

下記のサンプルコードでは、エラーが発生した場合に適切なメッセージを出力するインタプリタを作成します。

class MyInterpreter
  def initialize
    @commands = {}
  end

  def register_command(name, &block)
    @commands[name] = block
  end

  def execute_command(name, *args)
    begin
      @commands[name].call(*args) if @commands[name]
    rescue => e
      puts "Error: #{e.message}"
    end
  end
end

interpreter = MyInterpreter.new
interpreter.register_command('divide') do |x, y|
  x / y
end

interpreter.execute_command('divide', 10, 0)

このコードでは、まずMyInterpreterクラスを定義し、コマンドを保存するための@commandsというハッシュを初期化します。

次に、コマンドを登録するためのメソッドregister_commandを定義します。

ここでは引数としてコマンド名とブロックを受け取り、そのブロックを@commandsハッシュに保存します。

さらに、コマンドを実行するためのメソッドexecute_commandを定義します。

ここでは引数としてコマンド名と任意の数の引数を受け取り、対応するコマンドを実行します。

ここでポイントは、コマンドの実行はbegin/rescue/endで囲まれていることです。

これにより、コマンドの実行中にエラーが発生した場合、そのエラーメッセージが出力されます。

このサンプルコードを実行すると、まず’divide’という名前のコマンドが登録されます。

このコマンドは2つの数値を引数に取り、それらを除算します。

次に、このコマンドが実行されますが、ここでは分母として0が与えられているため、ZeroDivisionErrorが発生します。

しかし、このエラーはbegin/rescue/endにより捕捉され、エラーメッセージ”Error: divided by 0″が出力されます。

○サンプルコード8:モジュールを扱うインタプリタの作成

Rubyのモジュールは、関連するメソッドや定数を一つの単位にまとめるための仕組みです。

これを利用すると、コードの再利用性や保守性を向上させることができます。

それでは、モジュールを扱うインタプリタの作成方法を見ていきましょう。

下記のサンプルコードでは、Mathモジュールのsinメソッドを呼び出すインタプリタを作成します。

class MyInterpreter
  def initialize
    @modules = {}
  end

  def register_module(name, mod)
    @modules[name] = mod
  end

  def execute_method(mod_name, method_name, *args)
    @modules[mod_name].send(method_name, *args) if @modules[mod_name]
  end
end

interpreter = MyInterpreter.new
interpreter.register_module('Math', Math)

puts interpreter.execute_method('Math', 'sin', 0)

このコードでは、初めにMyInterpreterというクラスを定義しています。

このクラスには@modulesというハッシュが定義され、モジュール名とそれに対応するモジュールを保存します。

次に、モジュールを登録するためのメソッドregister_moduleを定義します。

ここでは引数としてモジュール名とモジュールを受け取り、そのモジュールを@modulesハッシュに保存します。

さらに、モジュールのメソッドを実行するためのメソッドexecute_methodを定義します。

ここでは引数としてモジュール名、メソッド名、そして任意の数の引数を受け取り、対応するメソッドを実行します。

このサンプルコードを実行すると、まずMathモジュールが登録され、次にそのsinメソッドが呼び出されます。

引数として0を与えると、sin(0)の計算結果である0.0が出力されます。

○サンプルコード9:メタプログラミングを行うインタプリタの作成

Rubyはメタプログラミングに強く、プログラム実行中にコードを生成、変更、または評価することが可能です。

メタプログラミングを利用すると、動的に振る舞いを変えるソフトウェアを作成することができます。

ここでは、メタプログラミングを行うインタプリタの作成方法を見ていきましょう。

下記のサンプルコードでは、メタプログラミングを用いてインタプリタが自身の状態を変更する例を表します。

class MyInterpreter
  attr_accessor :value

  def initialize
    @value = 0
  end

  def execute(code)
    instance_eval(code)
  end
end

interpreter = MyInterpreter.new

interpreter.execute('self.value = 10')
puts interpreter.value

このコードでは、まずMyInterpreterというクラスを定義しています。

このクラスには、@valueというインスタンス変数が定義され、アクセサメソッドが作られています。

次に、コードを実行するメソッドexecuteを定義しています。

このメソッドでは引数として受け取ったコードをinstance_evalメソッドを使って実行します。

instance_evalは、引数として受け取ったコードをレシーバーのコンテキストで評価します。

このサンプルコードを実行すると、まずMyInterpreterのインスタンスが作成され、次にexecuteメソッドが呼び出されます。

executeメソッドの引数として与えられたコード'self.value = 10'は、インタプリタの@valueの値を10に変更します。

そして最後に、@valueの値を出力します。

ここでは先ほどのコードにより@valueの値が10に変更されているため、10が出力されます。

○サンプルコード10:DSLを作成するインタプリタの作成

RubyはDSL(Domain Specific Language)の作成に向いています。

DSLとは、特定の問題領域を解決するために設計された言語です。

DSLを作ることで、その問題領域におけるソリューションを直感的で短いコードで表現することができます。

ここでは、DSLを作成するためのインタプリタの作成方法を見ていきましょう。

下記のサンプルコードでは、DSLを作成するインタプリタを作る例を表します。

class MyInterpreter
  def run(&block)
    instance_eval(&block)
  end

  def output(text)
    puts text
  end
end

MyInterpreter.new.run do
  output("Hello, world!")
end

このコードでは、まずMyInterpreterというクラスを定義しています。このクラスには、runoutputという2つのメソッドが定義されています。

runメソッドは、引数としてブロックを受け取り、そのブロックをinstance_evalで評価します。instance_evalは、引数として受け取ったブロックをレシーバーのコンテキストで評価します。

outputメソッドは、引数としてテキストを受け取り、そのテキストを出力します。

このサンプルコードを実行すると、まずMyInterpreterのインスタンスが作成され、次にrunメソッドが呼び出されます。

runメソッドの引数として与えられたブロックは、output("Hello, world!")という命令を含んでいます。

これは、outputメソッドを呼び出し、引数として”Hello, world!”というテキストを渡す命令です。

そして、outputメソッドが呼び出されると、”Hello, world!”というテキストが出力されます。

●注意点と対処法

Rubyインタプリタの作成には、さまざまな要素が関わります。

それぞれの要素には特有の注意点がありますので、下記に挙げた注意点と対処法を頭に入れておくと良いでしょう。

○実行環境の違い

Rubyインタプリタは、開発環境と実行環境が同じでないと予期せぬエラーが発生する可能性があります。

これを避けるためには、実行環境をしっかりと確認し、それに合わせたコーディングを心掛けましょう。

また、Dockerなどの仮想環境を利用すると、開発環境と実行環境を一致させやすくなります。

○エラーハンドリング

インタプリタは、入力されたコードの構文や文脈によってエラーが発生することがあります。

それらのエラーを適切にハンドリングすることで、ユーザーに対して明確なエラーメッセージを提供し、問題の解決を支援できます。

begin/rescueを使ってエラーを捕捉し、必要な情報を提供しましょう。

○リソース管理

インタプリタが長時間動作する場合、リソースの消費が問題になることがあります。

メモリリークを防ぐためには、オブジェクトの生存期間を管理し、不要になったオブジェクトは適時解放することが重要です。

以上、Rubyでインタプリタを作成する際の注意点と対処法について述べました。

これらのポイントを意識しながら開発を進めることで、より品質の高いインタプリタを作成できるでしょう。

●Rubyインタプリタのカスタマイズ方法

ここでは、Rubyインタプリタをカスタマイズするための基本的な方法をいくつか紹介します。

既存の機能を拡張したり、新たな機能を追加したりすることで、自分だけのオリジナルなインタプリタを作り上げることが可能です。

○新しい演算子の追加

Rubyインタプリタをカスタマイズする一つの方法は、新たな演算子を追加することです。

例えば、新たな算術演算子を追加することを考えてみましょう。

これを実現するためには、まずトークナイザに新たなトークンを追加し、次にパーサにそのトークンを解析する新たなルールを追加します。

最後に、その新たなトークンに対応する動作をインタプリタに追加します。

○新しい文法の追加

Rubyのシンタックスを拡張することも可能です。

例えば、新たな制御構造を追加することができます。

この場合も、トークナイザ、パーサ、インタプリタの3つの部分をそれぞれ拡張する必要があります。

○エラーハンドリングの改善

より詳細なエラーメッセージを提供するために、エラーハンドリングを改善することもできます。

例えば、構文エラーが発生した場合に、エラーが発生した位置と具体的な原因を示すメッセージを表示するように改良することができます。

これらのカスタマイズ方法を活用することで、Rubyインタプリタはさらにパワフルかつ使いやすいツールになります。

自分のニーズに合わせてカスタマイズし、より効率的なコーディングを実現しましょう。

まとめ

本記事ではRubyインタプリタの作り方を初心者でも理解できるように、基本概念から具体的な実装までを詳細に解説しました。

また、インタプリタの内部構造を理解することで、Ruby言語がどのように動作しているのかを理解することができ、それによりRubyの深い部分を理解する助けになることでしょう。

また、実際にRubyインタプリタを作ることにより、プログラミング言語がどのように動作するのか、またプログラムがどのように実行されるのかという、プログラミング全般に関する深い理解を得ることができます。

さらに、自分自身でインタプリタをカスタマイズすることで、プログラミング言語の設計や構文解析など、プログラミングにおける高度なトピックについて学ぶ機会にもなります。

以上のような経験は、Rubyだけでなく、他のプログラミング言語に対する理解や、新たなプログラミング言語の学習にも役立つことでしょう。

それでは、この知識を活かして、あなたのRubyプログラミング能力を次のレベルへと引き上げましょう。

これからも学習を続けて、更なる高みを目指してください。