【Ruby】Numericを15手順で完全理解

Ruby Numeric解説記事のサムネイルRuby
この記事は約8分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

本記事では、RubyのNumericクラスの使い方から詳細な対処法、カスタマイズ方法まで、15の手順と具体的なコード例を通じて徹底的に解説します。

この記事を読むことで、Ruby Numericクラスの使い方を完全に理解できるでしょう。

●Rubyとは

Rubyは、高い生産性と読みやすさを重視したプログラミング言語です。

Rubyはオブジェクト指向の言語で、全てのデータがオブジェクトとして扱われます。

今回はその中からNumericクラスについて詳しく見ていきましょう。

●Numericクラスとは

RubyにおけるNumericクラスは、数値を表すクラスで、整数や浮動小数点数など、全ての数値クラスの基底クラスとなります。

Numericクラスは非常に便利なメソッドを多数持っており、日々のプログラミング作業をスムーズに進めるための重要なツールです。

○整数オブジェクトと浮動小数点数オブジェクト

Rubyにおいて、整数はIntegerクラスのオブジェクト、浮動小数点数はFloatクラスのオブジェクトとして扱われます。

これらはNumericクラスを継承したクラスで、Numericクラスで定義されているメソッドを使用することができます。

●Numericクラスの主なメソッド

Numericクラスには様々なメソッドが用意されていますが、ここでは特によく使う基本的なメソッドをいくつか紹介します。

○加算、減算、乗算、除算

Rubyでは通常の四則演算がメソッドとして定義されています。

“+”は加算、”-“は減算、”*”は乗算、”/”は除算を行います。

# 加算
puts 5 + 3  # 8

# 減算
puts 5 - 3  # 2

# 乗算
puts 5 * 3  # 15

# 除算
puts 5 / 3  # 1

ここでは、整数5と3を使って基本的な四則演算を行っています。

除算の結果が1になるのは、Rubyでは整数同士の除算の結果も整数となるためです。

○絶対値、丸め、比較

その他、Numericクラスには絶対値を求めるabsメソッドや、数値を丸めるroundメソッド、二つの数値を比較する”<=>”メソッドなども用意されています。

# 絶対値
puts -5.abs  # 5

# 丸め
puts 5.8.round  # 6

# 比較
puts 5 <=> 3  # 1

ここでは、-5の絶対値を求めたり、5.8を最も近い整数に丸めたり、5と3を比較しています。

“<=>”メソッドは、左の数値が大きい場合は1、等しい場合は0、小さい場合は-1を返します。

●具体的なコード例

ここでは、Numericクラスを用いて行う基本的な計算や比較、そしてその応用例を表していきます。

○基本的な計算

Rubyにおける基本的な計算は非常に直感的に行うことができます。

ここでは、乗算と除算の基本的な計算方法を示します。

# 乗算
puts 5 * 2  # 10

# 除算
puts 9 / 2  # 4

ここでは整数5と2の乗算と、9と2の除算を行っています。

Rubyの除算は整数同士の場合、小数点以下は切り捨てられます。そのため、9を2で除算した結果は4となります。

○比較の例

Rubyでは、数値同士の比較も簡単に行うことができます。

ここでは”<“, “>”, “<=”, “>=”といった比較演算子の使用方法を示します。

# "<" は小さいかを判断
puts 5 < 3  # false

# ">" は大きいかを判断
puts 5 > 3  # true

# "<=" は小さいかまたは等しいかを判断
puts 5 <= 5  # true

# ">=" は大きいかまたは等しいかを判断
puts 5 >= 6  # false

ここでは、5と3、5と5、そして5と6の比較を行っています。

それぞれの比較演算子の意味に基づいて、比較の結果は真(true)か偽(false)となります。

○コードの応用例

次に、これまで学んだNumericクラスのメソッドを応用した例を示します。

具体的には、数値の配列を扱い、その合計と平均を求めるコードです。

# 数値の配列
numbers = [5, 3, 6, 1, 4]

# 合計を求める
sum = numbers.sum
puts sum  # 19

# 平均を求める
average = sum.to_f / numbers.size
puts average  # 3.8

ここでは、配列内の数値の合計と平均を求めています。

‘sum’メソッドで合計を求め、’size’メソッドで配列の要素数を求めて平均を算出しています。

●Ruby Numericクラスの使い方

以上の例からわかるように、RubyのNumericクラスは非常に直感的で使いやすいです。

基本的な数値操作はもちろん、配列のようなデータ構造と組み合わせても便利に使用することができます。

Numericクラスのメソッドは、数値に対する操作を直接書けばよいため、簡潔なコードを書くことができます。

また、Rubyにはビルトインのメソッドが豊富にあるため、様々な計算を簡単に行うことができます。

●Ruby Numericクラスの注意点

RubyのNumericクラスを使用する際には、いくつか注意すべきポイントがあります。

それらを把握し、適切なコードを書くことが重要です。

第一に、整数同士の除算は、結果が切り捨てられる点です。つまり、次のコードの場合、結果は2.5ではなく、2になります。

puts 5 / 2  # 2

ここでは、5を2で除算していますが、Rubyでは整数同士の除算では小数部分が切り捨てられます。

そのため、正確な小数値を求める場合には、少なくとも一方を浮動小数点数にする必要があります。

puts 5.0 / 2  # 2.5

この例では、5を2で除算した結果は2.5となります。

整数を浮動小数点数に変換するためには、数値に’.0’を付けるか、’to_f’メソッドを使用します。

第二の注意点として、Rubyでは0で除算を行うとエラーが発生します。

puts 5 / 0  # ZeroDivisionError

このコードでは、5を0で除算しようとしており、ZeroDivisionErrorが発生します。

プログラムを書く際には、このような0で除算する可能性のある状況を予測し、それを避けるコードを書くことが重要です。

これらの点を踏まえて、RubyのNumericクラスをうまく使いこなしましょう。

●Ruby Numericクラスの対処法

Ruby Numericクラスで問題が発生した場合の対処法について説明します。

先ほど触れた0での除算エラーに対処する方法の一つは、例外処理を利用することです。

Rubyでは例外処理を行うために、begin-rescue-endを使用します。

下記のコードは、0での除算エラーが発生した場合に対応する例です。

begin
  puts 5 / 0
rescue ZeroDivisionError
  puts "0で除算することはできません。"
end

ここでは、5を0で除算しようとし、ZeroDivisionErrorが発生すると、エラーメッセージ”0で除算することはできません。”を表示します。

これにより、プログラムはエラーによる停止を防ぎ、処理を続行することができます。

また、整数同士の除算で小数部分が切り捨てられる問題に対処する方法として、浮動小数点数での計算を行うことがあります。

puts 5.to_f / 2  # 2.5

このコードでは、5を浮動小数点数に変換した上で2で除算しています。

その結果、期待した通りの2.5が出力されます。

以上がRuby Numericクラスで発生しうる問題の対処法の一例です。

特に除算は、多くのプログラミング初心者がつまずくポイントであるため、注意深く扱いましょう。

●Ruby Numericクラスのカスタマイズ方法

RubyのNumericクラスをカスタマイズする方法について学びましょう。

Rubyではオープンクラスという特性を利用して、既存のクラスに新たなメソッドを追加することができます。

たとえば、Numericクラスに平方根を計算するメソッドを追加してみましょう。

下記のコードでは、Numericクラスにsqrtというメソッドを定義しています。

class Numeric
  def sqrt
    Math.sqrt(self)
  end
end

このコードでは、Numericクラスに新たにsqrtというメソッドを追加しています。

そして、そのメソッドではMathモジュールのsqrtメソッドを使って自分自身(self)の平方根を計算しています。

これにより、全ての数値に対してsqrtメソッドを呼び出すことができるようになります。

puts 4.sqrt  # 2.0

このコードを実行すると、数値の4に対してsqrtメソッドを呼び出し、その結果として2.0が出力されます。

以上がRuby Numericクラスのカスタマイズの一例です。

このようにRubyでは、既存のクラスを自由にカスタマイズして、自分だけのメソッドを追加することができます。

しかし、既存のメソッドを上書きしないように注意しましょう。それは予期せぬバグの原因となります。

まとめ

これまでの内容を整理すると、RubyのNumericクラスは数値を扱う基本的なクラスであり、整数や浮動小数点数などの様々な種類の数値を表現するためのメソッドが豊富に用意されています。

今後もプログラミングスキルを磨くために、日々のコーディングやデバッグの中で、ここで学んだ知識を活用してみてください。

この記事がRubyのNumericクラスを理解し、効率的にコーディングするための一助となれば幸いです。

引き続き、他の記事もお楽しみください。