Swiftで簡単!リモート通知の完璧な実装方法10選

Swiftでリモート通知を実装する男性デベロッパーSwift
この記事は約22分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

スマートフォンのアプリケーションにおいて、リモート通知はユーザーエンゲージメントを高めるための重要なツールとなっています。

この記事を読めば、Swiftを使用してリモート通知の実装を完璧に理解し、実際のアプリ開発でスムーズに通知を実装することができるようになります。

リモート通知の基本概念から、その設定やカスタマイズ方法まで、実際のコードを交えて詳しく解説していきます。

●Swiftとリモート通知とは

SwiftはAppleが開発したプログラミング言語で、iOS、macOS、watchOS、tvOSといったAppleの各プラットフォームで動作するアプリケーションの開発に用いられます。

リモート通知は、アプリがバックグラウンドにいる時や完全に終了している時でも、サーバーから特定のメッセージやデータをアプリに送信する機能を指します。

○Swiftの基本的な特性

Swiftは、安全性と高速性を兼ね備えた言語として設計されています。

従来のObjective-Cと比べてシンタックスがシンプルであり、初心者でも学びやすい特性を持っています。

また、Playgroundという機能を利用することで、コードの結果をリアルタイムで確認しながらプログラミングを行うことができます。

○リモート通知の重要性

リモート通知は、ユーザーに対して新しい情報やプロモーション、リマインダーなどを伝えるための手段として用いられます。

例えば、ゲームアプリであれば、新しいイベントの開始を通知するためや、ビジネスアプリであれば、新しいメッセージが届いたことをユーザーに知らせるために利用されます。

正しく設定・実装することで、ユーザーの再訪問率やアクティブユーザー数の向上が期待できます。

●リモート通知の準備

アプリにリモート通知を実装する際の準備は、次の3つのステップに分けられます。

  1. Xcodeでのプロジェクトの設定
  2. APNs(Apple Push Notification service)の設定
  3. プッシュ通知の許可のリクエスト

それぞれのステップで必要な操作や設定について詳しく解説します。

○Xcodeでのプロジェクトの設定

アプリでリモート通知を利用するためには、まずXcode上でのプロジェクト設定が必要です。

  1. Xcodeを開き、対象のプロジェクトを選択します。
  2. ターゲットを選び、「Capabilities」タブをクリック。
  3. こちらで「Push Notifications」をオンに切り替えます。

これで、アプリはリモート通知を受信する設定が有効化されました。次に、APNsの設定に移ります。

○APNsの設定

APNs(Apple Push Notification service)は、iOSデバイスへの通知を配信するためのサービスです。

このサービスを利用するためには、開発者アカウントでAPNsキーを作成し、それをサーバーサイドで使用する必要があります。

  1. Apple Developer Centerにログインし、「Certificates, Identifiers & Profiles」に移動します。
  2. 左サイドバーの「Keys」をクリックし、「+」ボタンで新しいキーを作成。
  3. キーの名前を指定し、「Apple Push Notification service (APNs)」を有効にします。
  4. キーをダウンロードし、サーバーサイドでの通知の配信に利用します。

このキーは、アプリに通知を送るための認証情報として使われます。

○プッシュ通知の許可のリクエスト

最後に、アプリ利用者から通知の許可を取得する設定を行います。

ユーザーが通知を受け取るかどうかを選択できるようにすることは、Appleのガイドラインでも推奨されています。

ここでは、通知の許可をリクエストするサンプルコードを紹介します。

import UserNotifications

// 通知の許可をリクエスト
let center = UNUserNotificationCenter.current()
center.requestAuthorization(options: [.alert, .sound, .badge]) { (granted, error) in
    if granted {
        print("通知の許可が得られました")
    } else {
        print("通知の許可が得られませんでした")
    }
}

このコードではUNUserNotificationCenterを使って通知の許可をリクエストしています。

この例では、アラート、サウンド、バッジの3つの通知タイプの許可を求めています。

●リモート通知の基本的な実装方法

Swiftでのリモート通知の実装には、基本的なステップが存在します。

初心者から上級者まで、このセクションでリモート通知の基本的な実装方法を把握することができます。

サンプルコードとともに2つの主要な実装方法を徹底解説します。

○サンプルコード1:通知の受信と表示

アプリケーションがリモート通知を正しく受信し、それを適切に表示するための基本的なコードを紹介します。

import UIKit
import UserNotifications

@UIApplicationMain
class AppDelegate: UIResponder, UIApplicationDelegate, UNUserNotificationCenterDelegate {

    func application(_ application: UIApplication, didFinishLaunchingWithOptions launchOptions: [UIApplication.LaunchOptionsKey: Any]?) -> Bool {

        let center = UNUserNotificationCenter.current()
        center.delegate = self

        center.requestAuthorization(options: [.alert, .sound, .badge]) { (granted, error) in
            if granted {
                DispatchQueue.main.async {
                    application.registerForRemoteNotifications()
                }
            }
        }

        return true
    }

    // 通知を受信したときの動作
    func userNotificationCenter(_ center: UNUserNotificationCenter, willPresent notification: UNNotification, withCompletionHandler completionHandler: @escaping (UNNotificationPresentationOptions) -> Void) {
        completionHandler([.alert, .sound, .badge])
    }
}

このコードではUNUserNotificationCenterを使用して、通知の許可を取得後、リモート通知を受信する設定を行っています。

また、userNotificationCenterメソッドを使って、通知を受信した際の表示動作を定義しています。

○サンプルコード2:通知内容のカスタマイズ

次に、通知の内容をカスタマイズする方法を紹介します。

例えば、特定の条件下で通知のメッセージを変更したい場合や、通知のデザインを変えたい場合に使用します。

func userNotificationCenter(_ center: UNUserNotificationCenter, willPresent notification: UNNotification, withCompletionHandler completionHandler: @escaping (UNNotificationPresentationOptions) -> Void) {

    let content = notification.request.content
    let customTitle = "カスタムタイトル: \(content.title)"

    let customContent = UNMutableNotificationContent()
    customContent.title = customTitle
    customContent.body = content.body
    customContent.sound = content.sound

    let trigger = UNTimeIntervalNotificationTrigger(timeInterval: 1, repeats: false)
    let request = UNNotificationRequest(identifier: "custom", content: customContent, trigger: trigger)

    center.add(request) { (error) in
        if let error = error {
            print("エラー: \(error)")
        }
    }

    completionHandler([])
}

この例では、受信した通知のタイトルに「カスタムタイトル:」という文字列を追加して表示します。

このようにして、通知の内容を動的にカスタマイズすることができます。

●応用的な通知の実装

リモート通知の基本的な実装をマスターした後、次のステップは通知の機能をさらに拡張する応用的な実装です。

Swiftを使用して、通知内容に画像を追加する方法や通知をタップしたときの動作をカスタマイズする方法、さらには通知音を独自に設定する方法まで、詳しく解説していきます。

○サンプルコード3:画像を含む通知の送信

通知内容に画像を追加することで、ユーザーの注目を引きやすくなります。

下記のサンプルコードは、通知に画像を添付する方法を表しています。

let content = UNMutableNotificationContent()
content.title = "新しい写真が追加されました!"
content.body = "最新のイベント写真をチェックしてみましょう。"

if let imageUrl = Bundle.main.url(forResource: "eventImage", withExtension: "jpg"),
   let attachment = try? UNNotificationAttachment(identifier: "image", url: imageUrl, options: nil) {
    content.attachments = [attachment]
}

let trigger = UNTimeIntervalNotificationTrigger(timeInterval: 5, repeats: false)
let request = UNNotificationRequest(identifier: "imageNotification", content: content, trigger: trigger)
UNUserNotificationCenter.current().add(request, withCompletionHandler: nil)

このコードでは、ローカルのイメージ「eventImage.jpg」を通知に添付しています。添付されたイメージは通知が表示されるときにユーザーに見せられます。

○サンプルコード4:通知をタップした時のアクションの実装

通知をタップした際のアクションをカスタマイズすることができます。

下記のサンプルは、通知をタップしたときに特定の画面に遷移する方法を表しています。

func application(_ application: UIApplication, didReceiveRemoteNotification userInfo: [AnyHashable : Any], fetchCompletionHandler completionHandler: @escaping (UIBackgroundFetchResult) -> Void) {
    if let targetScreen = userInfo["targetScreen"] as? String {
        switch targetScreen {
        case "eventDetail":
            // イベント詳細画面に遷移するロジック
            break
        default:
            break
        }
    }
    completionHandler(.newData)
}

この例では、通知のペイロードに含まれるtargetScreenというキーを基に、特定の画面への遷移を行っています。

○サンプルコード5:カスタムサウンドの通知

デフォルトの通知音ではなく、独自のサウンドを設定することも可能です。

ここでは、カスタムサウンドを設定する方法を表すサンプルコードを紹介します。

let content = UNMutableNotificationContent()
content.title = "新しいメッセージが届きました"
content.body = "友人からの新しいメッセージを確認しましょう。"
content.sound = UNNotificationSound(named: UNNotificationSoundName(rawValue: "customSound.caf"))

let trigger = UNTimeIntervalNotificationTrigger(timeInterval: 5, repeats: false)
let request = UNNotificationRequest(identifier: "customSoundNotification", content: content, trigger: trigger)
UNUserNotificationCenter.current().add(request, withCompletionHandler: nil)

このコードでは、ローカルの音声ファイル「customSound.caf」を通知音として設定しています。

●リモート通知の高度な実装

Swiftにおけるリモート通知の高度な実装方法を探求するには、ユーザーエクスペリエンスを最大限に高めるための多様なテクニックや機能を取り入れることが鍵となります。

ここでは、通知グループの使用方法、サイレントプッシュの実装、および動的カテゴリの追加に関して詳細に解説していきます。

○サンプルコード6:通知グループの利用

通知グループを使用すると、複数の通知を一つのグループとしてユーザーに表示することができます。

これは通知の整理や管理を簡単にするための優れた手法となります。

let content = UNMutableNotificationContent()
content.title = "新しいメッセージ5件"
content.body = "チャットルームからの新しいメッセージが5件あります。"
content.threadIdentifier = "chatRoomIdentifier"

let trigger = UNTimeIntervalNotificationTrigger(timeInterval: 5, repeats: false)
let request = UNNotificationRequest(identifier: "groupNotification", content: content, trigger: trigger)
UNUserNotificationCenter.current().add(request, withCompletionHandler: nil)

このコードではthreadIdentifierを使用して、特定のチャットルームに関連する通知を一つのグループとしてまとめています。

○サンプルコード7:サイレントプッシュの実装

サイレントプッシュは、ユーザーに通知を表示せずにアプリのデータをバックグラウンドで更新する方法です。

func application(_ application: UIApplication, didReceiveRemoteNotification userInfo: [AnyHashable : Any], fetchCompletionHandler completionHandler: @escaping (UIBackgroundFetchResult) -> Void) {
    if let silentUpdate = userInfo["silentUpdate"] as? Bool, silentUpdate {
        // バックグラウンドデータ更新処理
        // 例: データのダウンロード、DBの更新など
        completionHandler(.newData)
    }
}

このサンプルコードでは、通知ペイロード内のsilentUpdateというキーを確認して、サイレントプッシュの処理を実行しています。

○サンプルコード8:動的カテゴリの追加

動的カテゴリを使用すると、特定の条件や状況に応じて通知のアクションをカスタマイズすることができます。

let replyAction = UNTextInputNotificationAction(identifier: "reply", title: "返信", options: [], textInputButtonTitle: "送信", textInputPlaceholder: "メッセージを入力...")
let category = UNNotificationCategory(identifier: "messageCategory", actions: [replyAction], intentIdentifiers: [], options: [])

UNUserNotificationCenter.current().setNotificationCategories([category])

let content = UNMutableNotificationContent()
content.title = "新しいメッセージ"
content.body = "友人からの新しいメッセージがあります。"
content.categoryIdentifier = "messageCategory"

let trigger = UNTimeIntervalNotificationTrigger(timeInterval: 5, repeats: false)
let request = UNNotificationRequest(identifier: "dynamicCategoryNotification", content: content, trigger: trigger)
UNUserNotificationCenter.current().add(request, withCompletionHandler: nil)

このコードでは、通知に返信アクションを追加し、そのアクションが含まれるカテゴリを定義しています。

そして、そのカテゴリを通知コンテンツに関連付けることで、動的な通知アクションを実装しています。

●注意点と対処法

Swiftでのリモート通知の実装に際しては、さまざまな問題やトラブルが発生する可能性があります。

そのため、リモート通知を適切に利用するための注意点と、問題が発生した際の対処法について知っておくことが重要です。

○通知が表示されない時の対処法

Swiftを用いたリモート通知の実装時に、通知が表示されないという問題に直面することがあります。

ここでは、そのような場合の主な原因と、それぞれの対処法についての解説をしていきます。

□通知の許可が得られていない場合

ユーザーがアプリの通知を許可していない場合、通知が表示されません。

対処法としては、アプリ内で通知の許可をリクエストするプロンプトを表示することが考えられます。

let center = UNUserNotificationCenter.current()
center.requestAuthorization(options: [.alert, .sound, .badge]) { (granted, error) in
    if granted {
        // 通知許可を得られた場合の処理
    } else {
        // 通知許可が得られなかった場合の処理
    }
}

このコードでは、通知の許可をユーザーにリクエストしています。

許可が得られた場合と得られなかった場合の処理をそれぞれ記述することができます。

□デバイスの通知設定がオフになっている場合

デバイス自体の通知設定がオフになっていると、アプリの通知も表示されません。

このような場合、ユーザーに対してデバイスの設定を変更するよう案内する必要があります。

○デバイス毎の差異への対応

リモート通知の表示や振る舞いには、デバイスやOSのバージョンによる差異が存在します。

特定のデバイスやバージョンで問題が発生する場合、次のような対処法を考慮することが有効です。

□OSバージョンの確認

アプリの動作を確認する前に、デバイスのOSバージョンを確認することで、特定のバージョンに起因する問題を特定しやすくなります。

let osVersion = UIDevice.current.systemVersion

このコードでは、現在のデバイスのOSバージョンを取得しています。

□デバイスの種類に応じた実装

異なるデバイスのサイズや特性に対応するため、デバイスの種類を判断して処理を分岐させることも考えられます。

if UIDevice.current.userInterfaceIdiom == .pad {
    // iPadの場合の処理
} else {
    // iPhoneの場合の処理
}

上記のコードは、デバイスがiPadであるか、iPhoneであるかを判断して、それぞれの処理を行う例です。

●カスタマイズ方法

Swiftを使用してリモート通知を実装する際、アプリケーションの特性やターゲットユーザーのニーズに合わせて、通知のスタイルや挙動をカスタマイズすることが求められます。

ここでは、通知のカスタマイズ方法を中心に、実用的なサンプルコードを交えながら詳細に解説していきます。

○サンプルコード9:通知のスタイルのカスタマイズ

通知の見た目や振る舞いをカスタマイズすることで、ユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。

ここでは、通知のスタイルをカスタマイズするためのサンプルコードを紹介します。

import UserNotifications

let content = UNMutableNotificationContent()
content.title = "カスタマイズされた通知"
content.body = "この通知は特別なスタイルで表示されます。"
content.sound = UNNotificationSound.default

let trigger = UNTimeIntervalNotificationTrigger(timeInterval: 5, repeats: false)
let request = UNNotificationRequest(identifier: "customStyleNotification", content: content, trigger: trigger)

let center = UNUserNotificationCenter.current()
center.add(request) { (error) in
    if let error = error {
        print("通知の追加に失敗しました: \(error)")
    }
}

このコードでは、タイトルや本文を指定して、カスタマイズされたスタイルの通知を5秒後に表示するリクエストを作成しています。

特に、UNMutableNotificationContentを使用して、通知の内容を定義する点がポイントです。

このコードを実行すると、5秒後に指定した内容の通知がデバイス上で表示されることを確認できます。

○サンプルコード10:ローカル通知との連携

Swiftでのリモート通知とローカル通知は、異なるトリガーを持ちながらも、連携して使用することが可能です。

ここでは、リモート通知の受信をトリガーにローカル通知をスケジュールするサンプルコードの例を紹介します。

import UserNotifications

// リモート通知受信時のデリゲートメソッド
func userNotificationCenter(_ center: UNUserNotificationCenter, didReceive response: UNNotificationResponse, withCompletionHandler completionHandler: @escaping () -> Void) {

    // ローカル通知の内容を設定
    let content = UNMutableNotificationContent()
    content.title = "ローカル通知"
    content.body = "リモート通知をトリガーとしてスケジュールされました。"
    content.sound = UNNotificationSound.default

    let trigger = UNTimeIntervalNotificationTrigger(timeInterval: 10, repeats: false)
    let request = UNNotificationRequest(identifier: "localTriggeredByRemote", content: content, trigger: trigger)

    center.add(request) { (error) in
        if let error = error {
            print("ローカル通知のスケジュールに失敗しました: \(error)")
        }
    }

    completionHandler()
}

上記のコードでは、リモート通知を受信した際のデリゲートメソッド内で、ローカル通知をスケジュールしています。

リモート通知の受信をトリガーに、10秒後にローカル通知を表示するリクエストを作成しています。

このコードを実装することで、リモート通知を受信した際に指定した時間後にローカル通知がデバイス上で表示されることを確認できます。

まとめ

Swiftを用いたリモート通知の実装は、アプリケーションにとって非常に重要な機能の一つです。

この記事では、リモート通知の基本的な設定から、高度なカスタマイズ方法まで、徹底的に解説してきました。

Swiftでのリモート通知の実装は日々進化しており、新しい機能や改善が行われています。

そのため、常に最新の情報をチェックし、アプリケーションを最適な状態に保つことが重要です。

これからも、リモート通知を最大限に活用して、素晴らしいアプリケーションを開発していきましょう。