初心者向け!DartのCompleterを完全マスターする10のステップ

初心者がDartのCompleterを理解するためのイラストガイドDart
この記事は約18分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読めば、DartのCompleterについての理解が深まり、実際に使いこなすことができるようになります。

DartはGoogleによって開発されたプログラミング言語で、特にフロントエンド開発やモバイルアプリ開発で人気があります。

CompleterはDartの非同期プログラミングにおいて重要な役割を果たします。

この記事では、Completerが何であるか、なぜそれが重要なのかを初心者にもわかりやすく説明します。

●DartのCompleterとは

DartのCompleterは非同期プログラミングの一部として使用されます。

非同期プログラミングとは、プログラムの主要な実行フローをブロックせずに、バックグラウンドでタスクを実行する方法です。

Completerを使うことで、DartのFutureオブジェクトを手動で制御し、非同期操作が完了したときに結果を返すことができます。

Completerは特に、結果が後からわかるような操作に有用です。

例えば、ユーザー入力を待つ、ファイルの読み込みを行う、インターネットからデータを取得するといった場面で使われます。これらの操作は、すぐには完了せず、完了するまでの時間が不定です。

Completerを使用すると、これらの操作が完了した時点でFutureに結果を渡し、他の部分のコードに制御を戻すことができます。

○Completerの基本概念

Completerは、Futureオブジェクトを生成し、その完了を手動で通知するためのメカニズムです。

Completerを使用することで、開発者は非同期処理の結果をFutureオブジェクトに紐づけることができます。

これにより、非同期処理の完了を待っている他の部分のコードに対して、処理の結果を渡すことができるようになります。

Completerには主に二つの重要なメソッドがあります。

一つはcompleteメソッドで、これを使用して非同期処理の結果をFutureに渡します。

もう一つはcompleteErrorメソッドで、これを使用して非同期処理中に発生したエラーをFutureに渡します。

○なぜCompleterが必要なのか

Completerは、非同期処理の完了や結果を外部から制御する必要がある場合に特に有用です。

Dartでは、非同期処理は主にFutureオブジェクトを使用して行われますが、Futureはその生成時に非同期処理を開始し、その処理が完了するまで待機するものです。

しかし、すべての非同期処理がFutureの生成時に開始されるわけではありません。

例えば、ユーザーのアクションを待つような場合や、他の非同期処理の結果に基づいて処理を開始する場合など、非同期処理の開始を遅らせる必要がある場合にCompleterが役立ちます。

Completerを使用することで、非同期処理の開始と完了をより柔軟に制御でき、複雑な非同期フローを簡潔に記述することが可能になります。

●Completerの基本的な使い方

DartのCompleterの基本的な使い方を理解するには、まずCompleterがどのように動作するかを把握することが重要です。

Completerは、非同期処理を開始し、その結果をFutureオブジェクトに紐づけるためのメカニズムを提供します。

これにより、非同期処理の結果を待つコードが、結果が利用可能になるまで効率的に待機できるようになります。

Completerの使用は非常にシンプルです。

まず、Completerのインスタンスを生成します。

このインスタンスは、非同期処理の結果を保持するためのFutureオブジェクトも同時に生成します。

次に、非同期処理が完了した時、completeメソッドを呼び出して処理の結果をFutureに渡します。

もし非同期処理中にエラーが発生した場合は、completeErrorメソッドを使用してエラーをFutureに伝えます。

このシンプルな構造により、Completerは非同期処理の完了を効果的に管理する強力なツールとなります。

○サンプルコード1:単純なCompleterの作成

Completerの基本的な使い方を紹介するために、サンプルコードを交えて紹介します。

この例では、簡単な非同期処理を実行し、その結果をCompleterを使用してFutureに渡す方法を説明しています。

import 'dart:async';

void main() {
  final completer = Completer<String>();
  Future<String> future = completer.future;

  // 何らかの非同期処理を実行
  Future.delayed(Duration(seconds: 2), () {
    // 非同期処理が成功したと仮定して、結果をCompleterに渡す
    completer.complete('非同期処理完了');
  });

  // Futureが完了するのを待つ
  future.then((value) => print(value));
}

このコードでは、Completer<String>のインスタンスを作成し、futureプロパティを使用して関連付けられたFuture<String>オブジェクトを取得しています。

Future.delayedを使用して、2秒後に非同期処理が完了すると仮定し、completeメソッドを呼び出して結果をCompleterに渡しています。

最後に、thenメソッドを使用して、Futureが完了するのを待ち、結果を表示しています。

この例では、非同期処理が成功したと仮定していますが、もし処理中に何か問題が発生した場合は、completeErrorメソッドを使用してエラーをFutureに伝えることができます。

○サンプルコード2:CompleterとFutureの関係

CompleterとFutureの関係をより深く理解するために、別のサンプルコードを紹介します。

この例では、Completerを使用して複数の非同期処理の結果を一つのFutureにまとめる方法を説明しています。

import 'dart:async';

void main() {
  final completer = Completer<String>();

  // 2つの非同期処理を実行
  Future.delayed(Duration(seconds: 2), () => '最初の処理').then((value) {
    // 最初の非同期処理が完了したら、結果をCompleterに渡す
    completer.complete(value);
  });
  Future.delayed(Duration(seconds: 3), () => '次の処理').then((value) {
    // 次の非同期処理が完了したら、結果をCompleterに渡す(ここでは実際には無視される)
    completer.complete(value);
  });

  // CompleterのFutureが完了するのを待つ
  completer.future.then((value) => print(value));
}

このコードでは、2つの非同期処理をFuture.delayedを使用して実行しています。

各非同期処理が完了した時に、thenメソッドを使用して、その結果をCompleterに渡しています。

しかし、Completerは最初にcompleteが呼び出された時のみ結果を受け入れ、以降の呼び出しは無視されます。

そのため、この例では最初の非同期処理の結果のみがCompleterのFutureに渡されます。

●Completerの詳細な使い方

DartのCompleterをより深く理解するためには、それを応用した使い方を知ることが重要です。

Completerは、単純な非同期処理だけでなく、複雑な非同期のフローを管理する際にも有用です。

特に、複数の非同期処理を扱う場合や、例外処理を行う場合にCompleterの力が発揮されます。

Completerの進んだ使い方には、例外処理を組み込むことが含まれます。

非同期処理中にエラーが発生した場合、Completerを使用してエラーを適切にFutureに伝えることができます。

これにより、エラー発生時の挙動を細かく制御し、非同期処理の失敗を適切に処理することが可能になります。

また、Completerを使用して複数の非同期処理の結果を一つのFutureに結合することもできます。

これにより、複数の非同期処理がすべて完了したことを一度に検知し、その結果に基づいて次のステップを進めることができます。

○サンプルコード3:非同期処理の完了通知

Completerの応用例として、複数の非同期処理を扱い、すべての処理が完了したことを通知するサンプルコードを紹介します。

import 'dart:async';

void main() {
  final completer = Completer<void>();

  void processAsyncTask() async {
    await Future.delayed(Duration(seconds: 2));
    print("タスク1完了");
    await Future.delayed(Duration(seconds: 2));
    print("タスク2完了");

    completer.complete(); // すべてのタスクが完了したことを通知
  }

  processAsyncTask();

  completer.future.then((_) => print("すべてのタスクが完了しました"));
}

この例では、2つのタスクを順番に実行しています。

各タスクが完了した後に、completer.complete()を呼び出して、すべてのタスクが完了したことをCompleterを通じて通知しています。

最後に、completer.future.then()を使用して、すべてのタスクが完了したことを検知し、結果を出力しています。

○サンプルコード4:例外処理の取り扱い

次に、非同期処理中に例外が発生した場合のCompleterの使用方法を表すサンプルコードを紹介します。

import 'dart:async';

void main() {
  final completer = Completer<void>();

  void processAsyncTask() async {
    try {
      await Future.delayed(Duration(seconds: 2));
      throw Exception("エラー発生");
    } catch (e) {
      completer.completeError(e); // エラーをCompleterに伝える
    }
  }

  processAsyncTask();

  completer.future.catchError((error) {
    print("エラーが発生しました: $error");
  });
}

このコードでは、非同期処理中に意図的に例外を発生させています。

try-catchブロックを使用して例外を捕捉し、completer.completeError()を呼び出してエラーをCompleterに伝えています。

completer.future.catchError()を使用して、発生したエラーを検知し、対応する処理を行っています。

●Completerの注意点

DartのCompleterを使用する際には、いくつかの重要な注意点を理解しておく必要があります。

これらの注意点を無視すると、プログラムのバグや予期しない動作を引き起こす可能性があります。

特に重要なのは、メモリリークの防止と重複呼び出しの防止です。

まず、メモリリークに関しては、Completerが生成するFutureオブジェクトが解決されるまでメモリに残り続けることを意味します。

Completerを適切に使用しないと、Futureオブジェクトが不要になってもメモリから解放されず、アプリケーションのパフォーマンスに悪影響を与える可能性があります。

そのため、非同期処理が完了した後には、必ずCompleterのFutureオブジェクトを解決することが重要です。

次に、重複呼び出しに関しては、CompleterのcompletecompleteErrorメソッドは一度だけ呼び出すべきであり、複数回呼び出すことは避けるべきです。

重複して呼び出されると、最初の呼び出しのみが有効で、それ以降の呼び出しは無視されます。

これにより、意図しない動作やバグの原因となることがあります。

○メモリリークを避ける

メモリリークを避けるためには、CompleterのFutureオブジェクトが必ず解決されるようにすることが重要です。

ここでは、メモリリークを防ぐためのサンプルコードを紹介します。

import 'dart:async';

void main() {
  final completer = Completer<void>();

  // 非同期処理を開始
  Future.delayed(Duration(seconds: 2), () {
    // 処理完了
    completer.complete();
  });

  // Futureが解決されるのを待つ
  completer.future.then((_) => print("処理が完了しました"));
}

このコードでは、Future.delayedを使用して2秒後に非同期処理が完了するように設定しています。

そして、completer.complete()を呼び出して、CompleterのFutureオブジェクトを解決しています。

これにより、メモリリークを防ぐことができます。

○重複呼び出しの防止

CompleterのcompletecompleteErrorメソッドを複数回呼び出さないように注意する必要があります。

ここでは、重複呼び出しを防ぐためのサンプルコードを紹介します。

import 'dart:async';

void main() {
  final completer = Completer<void>();

  void processAsyncTask() async {
    await Future.delayed(Duration(seconds: 2));
    if (!completer.isCompleted) {
      completer.complete(); // 処理が未完了の場合のみ完了を通知
    }
  }

  processAsyncTask();

  completer.future.then((_) => print("処理が完了しました"));
}

このコードでは、completer.isCompletedをチェックすることで、Completerがすでに完了していないかを確認しています。

これにより、Completerのcompleteメソッドを重複して呼び出すことを防ぐことができます。

●Completerのカスタマイズ方法

DartのCompleterは非常に柔軟性が高く、様々な用途に合わせてカスタマイズすることが可能です。

特に、複雑な非同期処理や特殊な条件下での処理において、Completerをカスタマイズすることでより効果的に処理を管理できます。

ここでは、Completerをカスタマイズする際の方法と、その応用例をいくつか紹介します。

Completerをカスタマイズする際には、特定の条件下でのみFutureを完了させるようなロジックを組み込むことが一つのアプローチです。

また、Completerに追加のロジックを組み込むことで、非同期処理の進行状況をより細かく制御することも可能になります。

○サンプルコード5:カスタムCompleterの作成

カスタムCompleterを作成する方法を表すサンプルコードを紹介します。

この例では、特定の条件を満たした場合のみCompleterを完了させるカスタムロジックを実装しています。

import 'dart:async';

void main() {
  final completer = Completer<void>();

  void processAsyncTask(int value) async {
    await Future.delayed(Duration(seconds: 2));
    if (value > 10) {
      completer.complete(); // 特定の条件を満たした場合のみ完了させる
    }
  }

  processAsyncTask(15);

  completer.future.then((_) => print("特定の条件を満たしました"));
}

このコードでは、processAsyncTask関数内で非同期処理を行い、引数の値が10より大きい場合にのみcompleter.complete()を呼び出しています。

これにより、特定の条件を満たした場合のみCompleterのFutureが完了するようにカスタマイズしています。

○サンプルコード6:特殊な条件での完了

特殊な条件下でCompleterを完了させる方法を表すサンプルコードを紹介します。

この例では、複数の非同期処理のうち、最初に完了した処理に基づいてCompleterを完了させるロジックを実装しています。

import 'dart:async';

void main() {
  final completer = Completer<void>();

  Future<void> firstTask = Future.delayed(Duration(seconds: 2), () => print("最初のタスク完了"));
  Future<void> secondTask = Future.delayed(Duration(seconds: 4), () => print("次のタスク完了"));

  Future.any([firstTask, secondTask]).then((_) => completer.complete());

  completer.future.then((_) => print("最初に完了したタスクに基づいてCompleterが完了しました"));
}

この例では、Future.anyを使用して複数の非同期処理のうち最初に完了したものを検知し、その完了に基づいてCompleterを完了させています。

これにより、特定の条件下でのCompleterの完了を制御することができます。

●Completerの応用例

DartのCompleterは多様な応用が可能で、その用途はデータローディングや複数の非同期処理の調整など、多岐にわたります。

これらの応用例を通じて、Completerがいかに柔軟で強力なツールであるかを理解することができます。

ここでは、Completerを使った具体的な応用例とその実装方法について詳細に説明します。

Completerは、データの非同期ローディングや、複数の非同期処理を同時に管理し、その結果を一つのFutureオブジェクトで取り扱うなど、複雑な非同期処理のパターンに対応できる柔軟性を持っています。

○サンプルコード7:Completerを使ったデータローディング

Completerを使用してデータを非同期にロードする方法を示すサンプルコードを紹介します。

この例では、外部のAPIからデータを取得し、取得したデータをCompleterを通じて処理する様子を表しています。

import 'dart:async';

Future<String> fetchData() async {
  // ここではシミュレーションのためにダミーの遅延を設定
  await Future.delayed(Duration(seconds: 2));
  return "取得したデータ";
}

void main() {
  final completer = Completer<String>();

  fetchData().then((data) {
    completer.complete(data); // データ取得後、Completerを通じてデータを渡す
  });

  completer.future.then((data) => print(data));
}

このコードでは、fetchData関数を非同期で実行し、取得したデータをCompleterを通じて別の部分のコードに渡しています。

これにより、非同期で取得したデータを効率的に処理することが可能です。

○サンプルコード8:複数の非同期処理の調整

Completerを使用して複数の非同期処理を調整する方法を表すサンプルコードを紹介します。

この例では、複数の非同期処理が完了した後に特定のアクションを実行する様子を表しています。

import 'dart:async';

void main() {
  final completer1 = Completer<void>();
  final completer2 = Completer<void>();

  // 最初の非同期処理
  Future.delayed(Duration(seconds: 2), () {
    print("最初の処理完了");
    completer1.complete();
  });

  // 次の非同期処理
  Future.delayed(Duration(seconds: 3), () {
    print("次の処理完了");
    completer2.complete();
  });

  // すべての非同期処理が完了したことを確認
  Future.wait([completer1.future, completer2.future]).then((_) {
    print("すべての処理が完了しました");
  });
}

このコードでは、Future.delayedを使用して2つの非同期処理を実行し、それぞれの処理が完了したらCompleterを通じて通知しています。

Future.waitを使用してすべての非同期処理が完了するのを待ち、完了した後にメッセージを表示しています。

まとめ

この記事を通じて、Dart言語におけるCompleterの使用法、重要な特徴、カスタマイズ方法、そして実用的な応用例について詳細に解説してきました。

CompleterはDartの非同期プログラミングにおいて非常に強力なツールであり、その理解と適切な使用は、効率的でバグの少ないアプリケーション開発を実現する鍵となります。

Completerの理解と適切な使用は、Dartでの非同期処理の管理において非常に重要です。

この記事が、Dartを用いたアプリケーション開発におけるあなたの理解とスキルの向上に役立つことを願っています。