Objective-CでmutableCopyを使う5つの方法

Objective-CでのmutableCopyの使用方法を解説する画像Objctive-C
この記事は約22分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

Objective-Cを学ぶプログラマーにとって、mutableCopyは欠かせない概念です。

これはObjective-Cの基本的なコレクションクラスのインスタンスを変更可能なものにする際に使用されるメソッドです。

この記事では、mutableCopyを使うことでどのようにNSArray、NSDictionary、NSSetなどのイミュータブル(変更不可能)なコレクションを変更可能に変換するかに焦点を当てて解説します。

また、mutableCopyの動作原理、使用する際のメモリ管理の注意点、そしてmutableCopyをカスタマイズする方法まで、様々な側面から深掘りしていきます。

●Objective-C入門

Objective-Cは、C言語にオブジェクト指向の機能を追加したプログラミング言語です。

Smalltalkのメッセージング概念に影響を受けており、その結果、Objective-Cのコードは独特の構文を持つことになります。

この言語は主にAppleのソフトウェア開発に用いられ、iOSやmacOSのアプリケーション開発に不可欠です。

Objective-Cの学習は、Appleのエコシステム内で強力なアプリケーションを開発したい開発者にとって、基礎として極めて重要です。

○Objective-Cの概要

Objective-Cは、クラス、メソッド、プロパティ、およびメッセージ送信といった基本的なオブジェクト指向概念をサポートします。

Objective-Cでのプログラミングは、パフォーマンスと高度なユーザーインターフェースの両方を実現するための柔軟性を提供し、C言語の強力な機能とオブジェクト指向プログラミングの便利さを組み合わせています。

○なぜObjective-Cなのか?

Objective-Cを選ぶ理由は多岐にわたりますが、その主なものはAppleの開発環境との親和性にあります。

Objective-Cは、Swiftと並んでAppleのオペレーティングシステムに対するネイティブアプリケーション開発のための主力言語として長らく活用されてきました。

レガシーコードや既存のライブラリ、フレームワークに対する広範なサポートは、多くのプロジェクトにとってObjective-Cを重要な選択肢として位置付けています。

また、Objective-Cには、長年にわたる開発の経験からくる安定したコミュニティと豊富なドキュメントが存在し、新たな開発者が学びやすい環境が整っています。

●mutableCopyの基礎知識

Objective-Cの世界では、データ構造を扱う際に、オブジェクトのコピーが頻繁に行われます。

これは、変更可能なコピーを作成する必要がある場面で特に重要となります。

mutableCopyは、非変更可能なインスタンス(NSArray、NSDictionary、NSSetなど)からその変更可能なバージョン(NSMutableArray、NSMutableDictionary、NSMutableSetなど)を作成するメソッドです。

このメソッドは深いコピーを生成し、オリジナルのコレクションの内容が変わったとしても、mutableCopyによって生成されたオブジェクトには影響しません。

つまり、オブジェクトの状態を安全に変更や拡張ができる新しいインスタンスを得ることが可能になるのです。

○mutableCopyって何?

mutableCopyメソッドは、コレクションの内容を変更可能な形で複製するために用います。

例えば、NSArrayの各要素を変更可能なNSMutableArrayにコピーしたい場合、mutableCopyを使用することで簡単に実現できます。

これは、オリジナルのNSArrayインスタンスを変更せずに、その内容を変更可能な形で利用したい場合に非常に役立ちます。

○mutableCopyの必要性

プログラムが進化しデータが動的に変わるアプリケーションを開発する中で、既存のコレクションに対して変更を加える必要が頻繁に生じます。

しかし、不変のコレクションはその性質上、内容を変更できません。

このため、変更を加えるための一つの手法としてmutableCopyが存在するわけです。

たとえば、ユーザーからの入力によって配列に要素を追加したり、既存の要素を更新したり、削除する機能を実装する場合、mutableCopyを使用して、まず変更可能なコピーを作成し、そのコピーに対して操作を行うという流れになります。

このプロセスは、コードの保守性を高めると共に、プログラムの安定性を保つ上でも重要な役割を果たします。

また、コピーを作成する過程でメモリ管理の観点からも注意が必要であり、Objective-Cでは参照カウントに基づくメモリ管理が行われるため、mutableCopyを使用する際にはその後のリリース処理も忘れてはならない点です。

●Objective-CでmutableCopyを使う

Objective-Cプログラミング言語では、コレクションの要素やその他のオブジェクトの変更可能なコピーを作成する際に「mutableCopy」メソッドが広く利用されています。

この記事では、Objective-CでmutableCopyメソッドを用いる様々なシナリオを紹介し、それぞれのケースにおける実装方法と考慮すべきポイントを明らかにします。

mutableCopyは、NSArray、NSDictionary、NSSetなどの不変コレクションから変更可能なバージョンを作成する際に重要な役割を果たします。

ここでの解説は、特に初心者の方が彼らのプロジェクトでmutableCopyを効率的に使用できるように構成されています。

○サンプルコード1:NSArrayからNSMutableArrayへ

Objective-CでNSArrayの要素を変更可能なNSMutableArrayにコピーする例を見てみましょう。

下記のコードスニペットは、NSArrayのmutableCopyメソッドを使って新しいNSMutableArrayを生成する方法を表しています。

// NSArrayオブジェクトを生成
NSArray *array = @[@"Apple", @"Banana", @"Cherry"];

// mutableCopyを使用してNSMutableArrayを作成
NSMutableArray *mutableArray = [array mutableCopy];

// NSMutableArrayに要素を追加
[mutableArray addObject:@"Date"];

このコードでは、まずNSArrayオブジェクトを生成し、リテラル記法を使用して初期化しています。

その後、「mutableCopy」メソッドを呼び出して、元のNSArrayの内容を含む新しいNSMutableArrayオブジェクトを作成しています。

mutableCopyが呼ばれると、NSArrayから取得した要素を変更できる新しいインスタンスが得られるため、NSMutableArray固有のメソッド「addObject:」を使用して新しい要素を追加できるようになります。

このコードを実行すると、mutableArrayには「Apple」、「Banana」、「Cherry」に加えて、「Date」が追加されます。

つまり、mutableArrayは元のarrayには影響を与えずに独立して変更が可能です。

○サンプルコード2:NSDictionaryからNSMutableDictionaryへ

次に、不変のNSDictionaryをNSMutableDictionaryに変換する方法を見ていきましょう。

下記の例では、キーと値のペアを含むNSDictionaryのmutableCopyを生成しています。

// NSDictionaryオブジェクトを生成
NSDictionary *dictionary = @{@"key1": @"value1", @"key2": @"value2"};

// mutableCopyを使用してNSMutableDictionaryを作成
NSMutableDictionary *mutableDictionary = [dictionary mutableCopy];

// NSMutableDictionaryにキーと値のペアを追加
[mutableDictionary setObject:@"value3" forKey:@"key3"];

ここではNSDictionaryオブジェクトが作成された後、同オブジェクトに対して「mutableCopy」を呼び出しています。

mutableCopyの結果として得られたNSMutableDictionaryは変更が可能であり、新たにキー「key3」とそれに対応する値「value3」を追加することができます。

このコードを実行した後、mutableDictionaryには3つのキーバリューペアが含まれ、「key1」、「key2」の元のペアに「key3」:「value3」が加わっています。

○サンプルコード3:NSSetからNSMutableSetへ

NSSetは順序を持たないコレクションであり、重複した値を持つことができません。

次はNSSetをNSMutableSetに変換して、要素を変更可能にする例です。

// NSSetオブジェクトを生成
NSSet *set = [NSSet setWithObjects:@"Apple", @"Banana", @"Cherry", nil];

// mutableCopyを使用してNSMutableSetを作成
NSMutableSet *mutableSet = [set mutableCopy];

// NSMutableSetに要素を追加
[mutableSet addObject:@"Date"];

この例では、NSSetに対して「mutableCopy」を呼び出し、結果のNSMutableSetに新しい要素を追加しています。

NSSetからNSMutableSetへの変換は、特に集合内の要素に対する動的な操作が必要な場合に役立ちます。

実行すると、mutableSetには「Apple」、「Banana」、「Cherry」に加え、「Date」が含まれるようになります。

これにより、NSSetの不変性を保ちつつ、必要に応じて変更可能なセットを操作できるようになります。

●mutableCopyの応用

Objective-Cでのコーディングにおいて、mutableCopyメソッドは非常に重要な役割を果たします。

このメソッドを使用することで、変更不可能なコレクションオブジェクト(NSArray、NSDictionary、NSSetなど)から、それらの変更可能なバージョン(NSMutableArray、NSMutableDictionary、NSMutableSetなど)を作成することができます。

これにより、元のコレクションを保持したまま、新しいコレクションでの変更や操作を行うことが可能となります。

○深いコピーとは

深いコピー(deep copy)とは、オブジェクトのコピーに関連するすべてのオブジェクトのコピーを生成するプロセスのことを指します。

これは、参照だけでなく、参照されているオブジェクト自体も全て新たに複製するという意味です。

この操作は、mutableCopyを使用して行うことができますが、複製されるオブジェクトがさらに他のオブジェクトを参照している場合は、それらのオブジェクトについても個別にmutableCopyを行う必要があります。

例えば、NSArray内にあるオブジェクトが、さらに別のNSArrayを含んでいる場合、最初の配列のmutableCopyを取得するだけでは、内包された配列は深いコピーされません。これを実現するには、次のようなコードが必要です。

NSMutableArray *originalArray = @[ @[ @"Apple", @"Banana" ], @[ @"Cat", @"Dog" ] ];
NSMutableArray *deepCopiedArray = [[NSMutableArray alloc] initWithCapacity:[originalArray count]];

for (NSArray *subArray in originalArray) {
    [deepCopiedArray addObject:[subArray mutableCopy]]; // これでsubArrayもmutableCopyされる
}

// この例では、originalArrayの各要素(配列)を取り出し、それぞれのmutableCopyをdeepCopiedArrayに追加しています。
// deepCopiedArrayはoriginalArrayの深いコピーになります。

このコードでは、originalArrayの各要素(配列)を取り出し、それぞれのmutableCopydeepCopiedArrayに追加することで、深いコピーを行っています。

この操作を行うことで、originalArray内の配列とdeepCopiedArray内の配列が独立していることが保証されます。

○オブジェクトのカスタムコピー

Objective-Cでカスタムオブジェクトをコピーする際には、NSCopyingプロトコルを実装する必要があります。

mutableCopyメソッドを持つカスタムクラスを作成するためには、NSMutableCopyingプロトコルも実装する必要があることが多いです。

これらのプロトコルに準拠することで、オブジェクトのコピー時にカスタムの動作を定義できます。

カスタムクラスにmutableCopyWithZone:メソッドを実装する例を紹介します。

@interface CustomObject : NSObject <NSMutableCopying>
// ここにプロパティとメソッドを定義
@end

@implementation CustomObject

// NSMutableCopyingプロトコルに必要なメソッドを実装
- (id)mutableCopyWithZone:(NSZone *)zone {
    CustomObject *copy = [[[self class] allocWithZone:zone] init];
    // ここでプロパティのコピーを実装
    return copy;
}

@end

// このコードではCustomObjectクラスがNSMutableCopyingプロトコルに準拠しており、そのコピー機能をカスタマイズしています。
// mutableCopyWithZone:メソッド内で、新しいインスタンスを生成し、元のオブジェクトのプロパティを新しいインスタンスにコピーしています。

この実装により、CustomObjectのインスタンスはmutableCopyメソッドを使用して複製可能になります。

複製されたオブジェクトは変更可能な状態であり、元のオブジェクトとは独立した生命周期を持ちます。

●mutableCopyを用いたメモリ管理

Objective-Cでのメモリ管理は、参照カウントを基に動作します。

mutableCopyメソッドを呼び出すと、元のコレクションとは独立した新しいインスタンスが作成され、そのインスタンスの所有権が呼び出し元に渡されます。

このプロセスは、元のオブジェクトが不変のインスタンスであっても、変更可能なコピーを得ることを可能にします。

Objective-CにおけるmutableCopyの適切な使用は、メモリリークを防ぎ、アプリケーションのパフォーマンスを向上させるために欠かせません。

○正しいメモリ管理のためのTips

メモリ管理においては、次の3つの主要なポイントに注意を払う必要があります。

最初に、mutableCopyを呼び出した後は、生成されたオブジェクトに対する適切な解放処理が求められます。

ARC(Automatic Reference Counting)を利用している場合は、ARCがこれを自動でハンドルしてくれますが、非ARC環境ではreleaseメソッドを呼び出して参照カウントを管理する必要があります。

次に、不要になったオブジェクトを保持しないことが重要です。

これはメモリの無駄遣いを避けるためです。最後に、mutableCopyを用いることで、オリジナルのコレクションと新しいコピーが同期されないことを意識する必要があります。

コピー後のオブジェクトは、元のオブジェクトから独立しているため、その後の変更はオリジナルには影響しません。

○サンプルコード4:メモリリークを避ける

Objective-Cにおけるメモリ管理の最適化には、mutableCopyの使用時の慎重な取り扱いが求められます。

ここでは、NSArrayのmutableCopyを使用してNSMutableArrayを生成し、適切にメモリ管理を行う方法について具体的なコードを紹介します。

// NSArrayのインスタンスを作成
NSArray *originalArray = @[ @"Apple", @"Banana", @"Cherry" ];

// mutableCopyを使用して変更可能なコピーを生成
NSMutableArray *mutableArray = [originalArray mutableCopy];

// ここでmutableArrayを変更できる
[mutableArray addObject:@"Date"];

// 非ARC環境では、使用後にmutableArrayを解放する
[mutableArray release];

このコードでは、originalArrayという不変のNSArrayからmutableArrayというNSMutableArrayへと変更可能なコピーを作成しています。

この例では、mutableArrayに新しいオブジェクトを追加しており、この操作はoriginalArrayには影響を与えません。

非ARC環境では、mutableArrayを使用した後にreleaseメソッドを呼び出すことで、メモリリークを防ぎます。

このコードを実行すると、mutableArrayは「Apple」、「Banana」、「Cherry」、そして「Date」の四つの要素を持つ配列となります。

そして、非ARC環境でreleaseを呼び出した後は、mutableArrayが占めていたメモリが解放され、その後のメモリリークのリスクを低減します。

●mutableCopyの高度な使い方

Objective-Cでのプログラミングでは、mutableCopyメソッドが非常に重要な役割を果たします。

mutableCopyは、不変オブジェクトから変更可能なコピーを作成する際に使われるメソッドで、特にコレクションオブジェクトにおいてその効力を発揮します。

不変のNSArray、NSDictionary、NSSetの各クラスから、それぞれの変更可能なバージョンであるNSMutableArray、NSMutableDictionary、NSMutableSetへの変換は、このメソッドを使用して行われます。

しかし、高度な使い方では、単に変更可能なコピーを生成するだけでなく、パフォーマンスやメモリ使用の観点からも考慮する必要があります。

○サンプルコード5:パフォーマンスを考慮した使い方

コレクションが大きくなるにつれ、そのコピーを作成するコストも増大します。

したがって、コピー操作は計画的に行う必要があるのです。

下記のサンプルコードは、NSArrayの大きなコレクションにmutableCopyを使う際に、パフォーマンスを考慮して行う方法を表しています。

// 10000要素を持つNSArrayのインスタンスを生成
NSArray *largeArray = [self createLargeArrayWithCount:10000];

// 時間計測を開始
CFAbsoluteTime startTime = CFAbsoluteTimeGetCurrent();

// mutableCopyを使って配列のコピーを作成
NSMutableArray *mutableArray = [largeArray mutableCopy];

// コピーが終わった時刻を記録
CFAbsoluteTime endTime = CFAbsoluteTimeGetCurrent();

// コピーにかかった時間を計算
NSLog(@"Time taken to copy array: %f seconds", (endTime - startTime));

このコードでは、まず10000要素を持つ大きなNSArrayを生成しています。

その後、mutableCopyメソッドを使用して、このNSArrayの変更可能なコピーであるNSMutableArrayを作成します。

コピー操作の前後で時間を計測しており、その差からコピーにかかった時間を算出しています。

この例では、実際のところ大規模なデータを扱う際には、時間が重要な要素になります。

このコードを実行すると、コピー操作にかかった実際の時間がコンソールに表示されます。

表示される時間は、コピー操作のパフォーマンスを評価するのに役立ち、同じ操作を異なるデータサイズや条件で実行する際の比較基準となります。

このような計測を行うことで、特定の操作がアプリケーションのパフォーマンスに与える影響を把握しやすくなります。

●mutableCopyのトラブルシューティング

Objective-Cのプログラミングにおいて、mutableCopyは非常に便利なメソッドですが、正しく使わないと様々なトラブルに遭遇することがあります。

特に、メモリ管理や不変オブジェクトから変更可能なオブジェクトへの変換を行う際には注意が必要です。

ここでは、mutableCopyを使う際によくあるトラブルと、それを回避するための具体的な対策を見ていきます。

○よくあるエラーとその対処法

mutableCopyを使用する際には、いくつかの典型的なエラーが発生することがあります。

ここでは、代表的なエラーを3つ取り上げ、それぞれの原因と解決策を示します。

  1. 参照カウントによるメモリリーク
  2. 不変オブジェクトへの変更試行によるクラッシュ
  3. mutableCopyによる部分的な深いコピーの誤解

まず、メモリリークについて見ていきましょう。

Objective-Cでは、ARC(Automatic Reference Counting)を利用してメモリ管理を自動化していますが、mutableCopyを用いたときには特に注意が必要です。

ここでは、NSArrayからNSMutableArrayへ変換する際に発生する可能性のあるメモリリークを防ぐためのコード例を紹介します。

// NSArrayを作成します。
NSArray *immutableArray = @[@"Apple", @"Banana", @"Cherry"];

// mutableCopyを用いてNSMutableArrayを作成します。
NSMutableArray *mutableArray = [immutableArray mutableCopy];

// 何らかの処理を行います。
[mutableArray addObject:@"Date"];

// 最終的には、mutableArrayを適切に解放します。
mutableArray = nil;

このコードでは、NSArrayのimmutableArrayからmutableArrayを作成しています。

mutableArrayに何らかの変更を加えた後、もはや必要がなくなれば、mutableArrayをnilに設定しています。

これにより、ARCが参照カウントを適切に管理し、メモリリークを防いでいます。

次に、不変オブジェクトに対する変更操作を行った場合の問題を考えます。

例えば、NSArrayに対してaddObject:メソッドを呼び出そうとすると、プログラムはクラッシュします。

この操作は、NSArrayが変更不可能なコレクションであるために許可されていません。

この問題を回避するには、最初からNSMutableArrayを使用するか、もしくはimmutableArrayをmutableCopyして変更可能なコレクションに変換する必要があります。

最後に、mutableCopyが部分的な深いコピーを作成するという誤解についてです。

mutableCopyは表面的なコピー、つまりシャローコピーを生成し、コレクション内のオブジェクト自体はコピーしません。

これは、コレクション内のオブジェクトが変更不可能な場合に問題を引き起こす可能性があります。

コレクション内のすべてのオブジェクトに対して深いコピーを行いたい場合は、オブジェクトごとにmutableCopyを呼び出すか、カスタムの深いコピーを実装する必要があります。

●カスタマイズと保守

プログラミングの世界では、コードのカスタマイズと保守は欠かせない工程です。

特にObjective-Cにおいては、mutableCopyを使ったコレクションの変更可能なコピーは、データ構造を柔軟に管理し、アプリケーションの挙動を最適化する上で非常に重要です。

mutableCopyメソッドを使用することで、NSArray、NSDictionary、NSSetといった不変のコレクションから、それぞれの変更可能なバージョンであるNSMutableArray、NSMutableDictionary、NSMutableSetのインスタンスを生成し、アプリケーションの要件に合わせて動的に要素を追加したり削除したりすることができます。

しかし、この便利さの陰で、オブジェクトの状態を適切に管理しなければ、メモリリークや不整合な挙動を引き起こす可能性があります。

そのため、mutableCopyの使用は、メモリ管理やオブジェクトのライフサイクルを念頭に置きつつ慎重に行う必要があります。

○サンプルコード6:mutableCopyをカスタマイズする

Objective-Cでのカスタマイズ可能なコピーは、アプリケーションのニーズに応じてコレクションのコピーを変更したり、拡張したりするために使われます。

ここでは、カスタマイズされたmutableCopyの実装例を紹介します。

// NSArrayのカスタマイズされたmutableCopy
NSArray *originalArray = @[@"apple", @"banana", @"cherry"];
NSMutableArray *customCopyArray = [originalArray mutableCopy];

// customCopyArrayに独自の変更を加える
[customCopyArray removeObjectAtIndex:0]; // 最初の要素を削除
[customCopyArray addObject:@"date"]; // 新しい要素を追加

// NSMutableArrayのカスタマイズ表示
for (NSString *fruit in customCopyArray) {
    NSLog(@"Customized Copy: %@", fruit);
}

このコードでは、元のNSArrayオブジェクトをmutableCopyしてNSMutableArrayオブジェクトを生成し、それに対して要素の削除と追加を行っています。

この例では、”apple”という要素を削除し、”date”という新しい要素を追加しています。

これにより、元の配列を変更することなく、新たな配列の内容を柔軟に調整することが可能です。

このコードを実行すると、次のようにカスタマイズされた配列の内容がコンソールに出力されます。

Customized Copy: banana
Customized Copy: cherry
Customized Copy: date

このように出力されることで、配列のカスタマイズが反映されたことを確認できます。

また、こうしたカスタマイズの技術はアプリケーションの機能拡張やメンテナンス時のバグ修正においても有効です。

さらに、実際の開発プロセスにおいては、コレクションの中のオブジェクトが特定の条件を満たす場合にのみ変更を加えるなど、より複雑なロジックを組み込むことが一般的です。

まとめ

Objective-Cのプログラミング言語において、mutableCopyメソッドは非常に重要な役割を果たします。

この記事では、Objective-CでmutableCopyを利用する方法とその具体例を6つ挙げ、それぞれの用途と実装のポイントを解説しました。

mutableCopyを用いることでNSArray, NSDictionary, NSSetなどの不変のコレクションから変更可能なコピーを作成することができます。

このガイドを通じて、初心者でもmutableCopyのコンセプトを理解し、それを自分のプロジェクトに適用することができるようになることを願っています。

さらに、メモリ管理の重要性とその実装方法を理解することで、Objective-Cのプログラミングスキルを向上させることができるでしょう。