VHDL階層設計の10の魅力的な方法とサンプルコード

VHDLの階層設計に関するイラスト図VHDL
この記事は約17分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラム(回路記述)の基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

VHDL階層設計は、電子回路の設計やシミュレーションに不可欠な技術です。

この記事では、VHDLの階層設計の基本から応用、注意点、カスタマイズ方法まで、初心者にもわかりやすく解説します。

具体的なサンプルコードも交えながら、階層設計の魅力とその活用法を学んでいきましょう。

●VHDLとは

VHDLは、VHSIC (Very High-Speed Integrated Circuit) Hardware Description Languageの略で、高速集積回路のハードウェア記述言語として開発されました。

電子回路の設計、シミュレーション、テストなどの目的で使用されるプログラミング言語の一つです。

○VHDLの特徴とメリット

VHDLは、ハードウェアの動作を正確に記述することが可能です。

そのため、複雑な電子回路の設計やシミュレーションに適しています。

また、階層設計のサポートが充実しており、大規模なプロジェクトでも効率的に開発を進めることができます。

●階層設計の基本

○階層設計とは

階層設計は、大きなシステムを小さな部分(モジュール)に分割し、それぞれのモジュールを独立して設計・評価する手法です。

これにより、全体の設計をシンプルに保つとともに、各モジュールの再利用が容易となります。

○階層設計のメリット

階層設計の最大のメリットは、複雑なシステムでも管理しやすくなることです。

また、モジュールごとのテストや検証が容易となり、バグの特定や修正が効率的に行えます。

さらに、モジュールの再利用が可能となり、開発時間の短縮やコスト削減にも寄与します。

●VHDLにおける階層設計の使い方

○サンプルコード1:基本的な階層設計

このコードでは、2つのモジュールを定義し、それらを組み合わせて一つのシステムを構築する基本的な階層設計を表しています。

この例では、シンプルな加算器と減算器を定義して、それらを組み合わせています。

-- 加算器モジュールの定義
module Adder(input A, B, output sum);
  assign sum = A + B;
endmodule

-- 減算器モジュールの定義
module Subtractor(input A, B, output difference);
  assign difference = A - B;
endmodule

-- 両モジュールを組み合わせたシステムの定義
module Calculator(input A, B, output sum, difference);
  Adder adder(A, B, sum);
  Subtractor subtractor(A, B, difference);
endmodule

上記のコードで、AdderSubtractorの二つの独立したモジュールを定義し、それらを組み合わせてCalculatorというシステムを構築しています。

このコードを実行すると、入力されたAとBの加算結果がsumに、減算結果がdifferenceに出力されるようになります。

○サンプルコード2:モジュール間の接続

このコードでは、モジュール間の接続方法を表しています。

この例では、2つの加算器を連結して、二段階の加算を行っています。

-- 加算器モジュールの定義
module Adder(input A, B, output sum);
  assign sum = A + B;
endmodule

-- 2つの加算器を連結するシステムの定義
module DoubleAdder(input A, B, C, output finalSum);
  wire intermediateSum;
  Adder firstAdder(A, B, intermediateSum);
  Adder secondAdder(intermediateSum, C, finalSum);
endmodule

このコードでは、最初の加算器firstAdderがAとBの加算を行い、その結果をintermediateSumに出力します。

次に、secondAdderがこの中間結果とCを加算して、finalSumに最終的な加算結果を出力します。

このコードを実行すると、入力されたA, B, Cの三つの値が加算され、その結果がfinalSumに出力されることになります。

○サンプルコード3:信号の伝播

このコードでは、信号の伝播方法を表しています。

この例では、信号を一つのモジュールから次のモジュールへ伝播させる方法を表しています。

-- 信号発生モジュールの定義
module SignalGenerator(output signalOut);
  assign signalOut = 1;
endmodule

-- 信号受信モジュールの定義
module SignalReceiver(input signalIn);
  // 何らかの処理をここに記述
endmodule

-- 2つのモジュールを組み合わせるシステムの定義
module SignalSystem;
  wire generatedSignal;
  SignalGenerator generator(generatedSignal);
  SignalReceiver receiver(generatedSignal);
endmodule

上記のコードでは、SignalGeneratorが信号を生成し、それをgeneratedSignalとして出力します。

次に、この出力信号をSignalReceiverに伝播させ、何らかの処理を行います。

このコードを実行すると、SignalGeneratorから生成された信号がSignalReceiverに伝播されることになります。

○サンプルコード4:条件分岐を使った設計

このコードでは、条件分岐を使用して特定の条件下での動作を表しています。

この例では、入力された値が特定の閾値を超えた場合に信号を発生させるシステムを設計しています。

module ThresholdDetector(input [7:0] inputValue, output signalOut);
  parameter THRESHOLD = 100;
  assign signalOut = (inputValue > THRESHOLD) ? 1 : 0;
endmodule

このコードでは、8ビットの入力inputValueが閾値THRESHOLDを超えた場合、signalOutに1が出力されます。

それ以外の場合は0が出力されます。

このコードを実行すると、入力値が100を超えるとsignalOutに1が出力され、100以下の場合は0が出力されることになります。

●階層設計の応用例

○サンプルコード5:高度なモジュールの組み合わせ

このコードでは、複数の高度なモジュールを組み合わせて複雑なシステムを設計する方法を示しています。

この例では、加算器、乗算器、除算器を組み合わせて一つの計算システムを作成しています。

-- 加算器モジュールの定義
module Adder(input A, B, output sum);
  assign sum = A + B;
endmodule

-- 乗算器モジュールの定義
module Multiplier(input A, B, output product);
  assign product = A * B;
endmodule

-- 除算器モジュールの定義
module Divider(input A, B, output quotient);
  if (B != 0) begin
    assign quotient = A / B;
  end else begin
    assign quotient = 0;  // ゼロ除算の場合は0を返す
  end
endmodule

-- これらのモジュールを組み合わせる計算システムの定義
module AdvancedCalculator(input A, B, C, output result);
  wire sumOutput, productOutput;
  Adder adderModule(A, B, sumOutput);
  Multiplier multiplierModule(sumOutput, C, productOutput);
  Divider dividerModule(productOutput, A, result);
endmodule

上記のコードでは、まずAdderモジュールでAとBの加算を行い、次にその結果とCをMultiplierモジュールで乗算します。

最後に、その乗算結果をAで除算するDividerモジュールを用いて、最終的な結果をresultに出力します。

このコードを実行すると、AとBの加算結果にCを乗算したものをAで除算した結果が、resultとして出力されます。

○サンプルコード6:テストベンチの活用

このコードでは、テストベンチを使用してモジュールの動作を検証する方法を表しています。

この例では、前述の加算器の動作をテストベンチで確認しています。

-- 加算器モジュールの定義
module Adder(input A, B, output sum);
  assign sum = A + B;
endmodule

-- テストベンチの定義
module Testbench;
  reg [7:0] A, B;
  wire [7:0] sum;

  // 加算器のインスタンス化
  Adder adderInstance(A, B, sum);

  initial begin
    A = 8'd10;  // Aに10を設定
    B = 8'd20;  // Bに20を設定

    // シミュレーション開始
    #10;

    // 結果の確認
    $display("A: %d, B: %d, Sum: %d", A, B, sum);

    // シミュレーション終了
    $finish;
  end
endmodule

このコードを実行すると、AとBの値がそれぞれ10と20である場合の加算結果が表示され、その値は30であることが確認できます。

○サンプルコード7:外部デバイスとの連携

外部デバイスとの連携は、VHDL階層設計の中でも非常に重要な部分です。

外部のセンサーやアクチュエータとのデータ交換を効率よく行うための設計方法を学ぶことで、実際のハードウェア上での動作をより柔軟に制御することができます。

このコードではUART通信を使って、外部デバイスとのデータ交換を行うモジュールを表しています。

この例では、UARTを介してデータを送受信し、その結果をLEDに表示しています。

-- UART送受信モジュールの定義
module UART_Communication(input clk, input rx, output tx, output [7:0] LED);
  // 中略: UART通信の詳細な処理

  // 受信データをLEDに表示
  assign LED = received_data;
endmodule

上記のコードでは、rxから受け取ったデータをreceived_dataとして内部で処理し、その結果をLEDに出力しています。

txは外部デバイスにデータを送信するための信号として使用されます。

このモジュールを実際のハードウェアで動かすと、外部デバイスからのデータ受信結果がLEDで表示されることになります。

また、txを通じて外部デバイスにもデータを送信することが可能です。

○サンプルコード8:FPGAでの実装例

FPGAは、再プログラム可能な集積回路であり、VHDLを用いて具体的なハードウェアの動作を定義することができます。

このコードでは、FPGA上で動作する単純なカウンタを紹介しています。

この例では、クロックの立ち上がりエッジごとにカウントアップするカウンタを実装しています。

-- カウンタモジュールの定義
module Counter(input clk, reset, output [7:0] countValue);
  // 中略: カウンタの詳細な処理

  // クロックの立ち上がりエッジでカウントアップ
  always @(posedge clk or posedge reset) begin
    if (reset) countValue <= 0;
    else countValue <= countValue + 1;
  end
endmodule

上記のコードでは、resetがアクティブになるとカウンタが0にリセットされ、その後はクロックの立ち上がりエッジごとにカウントアップします。

このモジュールをFPGAに実装し動かすと、クロック信号に同期して0から255までのカウントアップを繰り返します。

○サンプルコード9:最適化技術を活用した設計

VHDLでの設計では、最適化技術を活用してハードウェアのリソースを効率良く使用することが重要です。

このコードでは、ループアンローリングという技術を使って、複数の加算処理を同時に行う方法を紹介しています。

この例では、4つの加算器を同時に動作させることで、一度のクロックサイクルで4つの加算結果を得ることができます。

-- 4つの加算器を同時に動作させるモジュールの定義
module ParallelAdder(input [7:0] A, B, C, D, output [7:0] sum1, sum2, sum3, sum4);
  assign sum1 = A + B;
  assign sum2 = B + C;
  assign sum3 = C + D;
  assign sum4 = D + A;
endmodule

このコードを動かすと、4つの入力信号A, B, C, Dに対して、それぞれの組み合わせで加算された結果が出力されることになります。

○サンプルコード10:高速化テクニックの適用

高速化はVHDL設計において常に追求されるテーマです。

ここでは、パイプライン処理を取り入れることで、処理速度を向上させる方法を紹介します。

このコードでは、4段のパイプラインを持つ加算器の設計を表しています。

この例では、各段階で部分的な計算を行い、最終的な加算結果を出力しています。

-- 4段のパイプライン加算器の定義
module PipelineAdder(input clk, [7:0] A, B, output [7:0] sumResult);
  // 中略: パイプライン処理の詳細

  // 各段階での計算と最終的な結果の出力
  always @(posedge clk) begin
    stage1 <= A + B;
    stage2 <= stage1 + B;
    stage3 <= stage2 + A;
    sumResult <= stage3 + stage1;
  end
endmodule

このモジュールを動かすと、4段のパイプラインを通じて高速に加算処理が行われ、その結果がsumResultとして出力されます。

●注意点と対処法

VHDL階層設計を行う際には、一般的なプログラミングとは異なる特有の注意点やトラブルが存在します。

そのため、これらの点をしっかりと理解して対処法を身につけることが、設計の効率向上やバグの削減につながります。

○シミュレーションと実機での違い

VHDL設計において、シミュレーション上では期待通りの動作をするものの、実際のハードウェア上では異なる動作をすることが時々あります。

これは、シミュレーション環境と実ハードウェアの物理的な条件やタイミングの違いから起こる現象です。

このコードでは、クロック動作に依存する簡単なカウンタを使って、シミュレーションと実機の動作の違いを表します。

module ClockDependentCounter(input clk, reset, output [7:0] count);
  always @(posedge clk or posedge reset) begin
    if (reset) count <= 0;
    else count <= count + 1;
  end
endmodule

上述のコードでは、クロックの立ち上がりエッジに合わせてカウンタが増加します。

シミュレーションではクロックの周期や遅延が一定であるため、問題なく動作します。

しかし、実際のハードウェアでは、外部からのノイズや電源の揺れ、温度変化などによってクロックの周期が微妙に変動することがあります。

実行結果として、シミュレーションでは一定の周期でカウンタが増加するのに対し、実ハードウェアではこの増加が不規則になる可能性があります。

このような問題を回避するためには、設計時にクロックバッファの追加や、適切な電源供給、シールドなどの物理的な対策を検討することが必要です。

○バグの発見と修正方法

VHDLの階層設計では、複雑なモジュール間のインタラクションや信号の伝播の問題から、予期せぬバグが生じることがあります。

バグの発見とその修正方法を適切に知っておくことで、設計の品質を向上させることができます。

2つの数値を比較し、大きい方を出力するシンプルなモジュールの例を紹介します。

module LargerValue(input [7:0] A, B, output [7:0] larger);
  if (A > B) then
    assign larger = A;
  else
    assign larger = B;
  end if
endmodule

このコードでは、入力AとBを比較し、大きい方をlargerとして出力しています。

シンプルな機能ですが、実際にはさまざまな原因で予期せぬ動作をすることが考えられます。

例えば、入力信号のタイミングや電圧レベルの問題、またモジュール間の接続ミスなどが考えられます。

実行結果として、もしA=Bのときに出力が不定となる場合、コードの条件分岐に問題がある可能性が考えられます。

このような場合には、条件の範囲を明確に定義する、または初期値を設定して出力の不定を回避するように修正する必要があります。

バグの発見には、シミュレーションを頻繁に実行することが効果的です。

シミュレーションツールを活用して、期待する動作と実際の動作を比較し、違いがないか確認しましょう。

また、テストベンチを用意し、異なる入力パターンでの動作をチェックすることで、隠れたバグの発見も容易になります。

●カスタマイズ方法

VHDL階層設計におけるカスタマイズは、さらなる機能追加や効率的な設計を目指すための重要なステップです。

特にライブラリの活用やオープンソースツールの導入は、設計の柔軟性や拡張性を大きく向上させることができます。

○ライブラリの活用

VHDLでは、一般的な設計や頻繁に使用される機能に関しては、ライブラリとしてパッケージ化されていることが多いです。

これらのライブラリを活用することで、開発時間の短縮や再利用性の向上を実現できます。

このコードでは、IEEE標準ライブラリの一部を使用して、基本的な算術演算を実現しています。

-- IEEE標準ライブラリの読み込み
library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;

-- 算術演算モジュール
entity ArithmeticModule is
    port(
        A, B : in STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0);
        Sum : out STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0)
    );
end entity ArithmeticModule;

architecture Behavioral of ArithmeticModule is
begin
    Sum <= A + B; -- 簡単な加算
end architecture Behavioral;

この例では、STD_LOGIC_VECTOR型の信号AとBを受け取り、その和をSumとして出力しています。

ライブラリの活用により、複雑な算術演算も簡単に記述することが可能となります。

このようなコードを実際にFPGAに実装した場合、2つの入力値を受け取り、それらの和を返すシンプルなモジュールが形成されます。

○オープンソースツールの導入

近年、オープンソースのVHDLツールやライブラリが多数公開されています。

これらを活用することで、コストを抑えつつ高度な機能や最適化技術を取り入れることが可能となります。

例として、GHDLはVHDLのシミュレーションや解析を行うオープンソースツールです。

このツールを使用することで、商用ツールと同等の機能を手に入れることができます。

GHDLを使ってシミュレーションを行う際の基本的なコマンドを紹介します。

ghdl -a YourVHDLFile.vhdl  -- VHDLファイルの解析
ghdl -e YourEntityName     -- エンティティのエラボレーション
ghdl -r YourEntityName     -- シミュレーションの実行

このコマンドにより、VHDLファイルの解析からシミュレーションの実行までの一連の流れを行うことができます。

GHDLを利用した場合、特にコードの記述に変更は不要です。

ただし、シミュレーションを行う際には、適切なテストベンチや入力データを用意する必要があります。

オープンソースツールの導入により、様々な機能や最新の技術動向を迅速に取り入れることができ、設計の質や効率をさらに向上させることが期待できます。

まとめ

VHDL階層設計は、デジタル回路設計の効率化や品質向上のための強力な手法です。

本記事では、その基礎から応用、注意点、カスタマイズ方法までを、具体的なサンプルコードを交えて詳細に解説しました。

これらの知識を活用することで、初心者から上級者まで、より効率的で質の高いVHDL設計を実践することができます。