Pythonとマルチプロセスの完全マニュアル!7つの手順で一から学ぶ

Pythonとマルチプロセスを理解し、コードを書く初心者の男性が考え込むイラストPython
この記事は約5分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

Pythonとマルチプロセスの世界へようこそ。

この記事は、Pythonでマルチプロセスを使うための完全マニュアルです。私たちは7つの手順で一からマルチプロセスを学んでいきます。

このガイドを通して、Pythonのマルチプロセスの概念を理解し、効果的に活用できるようになることを目指します。

●Pythonとマルチプロセスとは

○Pythonとは

Pythonは、そのシンプルさとコードの可読性から世界中で広く使用されているプログラミング言語です。

データ分析、ウェブ開発、AI開発など、様々な分野で利用されています。

また、Pythonはその豊富なライブラリやモジュールにより、開発者が様々なタスクを簡単に実行できます。

○マルチプロセスとは

マルチプロセスは、複数のプロセスが同時に動作することを指します。

各プロセスは独自のメモリ空間を持ち、同時に動作することでタスクの実行を高速化します。

Pythonでは、multiprocessingモジュールを使用してマルチプロセスを実現します。

●マルチプロセスの基本

マルチプロセスは、複数のCPUコアを使用して複数のプロセスを同時に実行するテクニックです。

これにより、大量のデータを処理するときや、複数のタスクを同時に行うときに、システムのパフォーマンスを大幅に向上させることが可能になります。

●Pythonにおけるマルチプロセスの使い方

○基本的なマルチプロセスのコード

Pythonでマルチプロセスを使用するためには、multiprocessingモジュールを使用します。

このモジュールはPythonの標準ライブラリに含まれているため、追加のインストールは必要ありません。

基本的なマルチプロセスのコードを紹介します。

from multiprocessing import Process

def task(name):
    print(f'Hello {name}')

if __name__ == '__main__':
    p = Process(target=task, args=('World',))
    p.start()
    p.join()

○マルチプロセスのコードの解説

このコードでは、Processクラスを使って新しいプロセスを作成しています。

この例では、task関数を新しいプロセスで実行しています。

引数には、targetパラメータに呼び出す関数を、argsパラメータにその関数の引数を指定します。

そして、startメソッドでプロセスを開始し、joinメソッドでそのプロセスが終了するのを待ちます。

このコードを実行すると、「Hello World」が出力されます。

●Pythonとマルチプロセスの応用例

○データ処理の並列化

Pythonのマルチプロセスは、大量のデータを処理する際に特に力を発揮します。

例えば、大量の数値データを並列に処理して集計するなどのタスクに使用できます。

from multiprocessing import Pool

def square(n):
    return n * n

if __name__ == '__main__':
    with Pool(5) as p:
        print(p.map(square, [1, 2, 3, 4, 5]))

このコードでは、Poolクラスを使用して複数のプロセスを作成し、mapメソッドを使用して関数squareをリストの各要素に適用しています。

この例では、5つの数字をそれぞれ二乗しています。このコードを実行すると、[1, 4, 9, 16, 25]が出力されます。

○ウェブスクレイピングの並列化

ウェブスクレイピングは、Pythonのマルチプロセスを活用するもう一つの例です。

複数のウェブページから情報を抽出する場合、各ページを並列に処理することで効率化を図ることができます。

ただし、ウェブスクレイピングの際は、対象のウェブサイトの利用規約や法律を遵守するように注意しましょう。

●注意点と対処法

マルチプロセスを利用する際には、いくつかの注意点があります。

○GILとマルチプロセス

PythonにはGlobal Interpreter Lock(GIL)という仕組みがあります。

GILは一度に一つのスレッドしか実行できないというPythonの特性で、これがマルチスレッドの効率を低下させる原因となります。

しかし、マルチプロセスでは各プロセスが独自のPythonインタープリタとメモリ空間を持つため、GILの影響を受けません。

このため、PythonではCPU密集型のタスクを並列化する際にマルチプロセスが有効です。

○リソースの管理

マルチプロセスを使用すると、多数のプロセスを管理する必要があります。

リソースの利用を効率化するためには、適切なプロセスのスケジューリングと管理が必要です。

Pythonのmultiprocessingモジュールには、これを助ける機能が提供されています。

○デッドロックの回避

マルチプロセス環境では、プロセス間のリソースの競合によりデッドロックが発生する可能性があります。

これを避けるためには、リソースのアクセス順序を定義したり、タイムアウトを設定するなどの工夫が必要です。

●Pythonとマルチプロセスのカスタマイズ方法

Pythonのマルチプロセスは、様々なカスタマイズが可能です。

○プロセスプールの利用

Pythonのmultiprocessingモジュールでは、Poolクラスを用いて複数のプロセスを管理することができます。

Poolを使用することで、プロセスの作成と終了、そしてリソースの管理を効率的に行うことができます。

○QueueとPipeの活用

マルチプロセス環境では、プロセス間でデータを共有するためにQueuePipeといったデータ構造を使用します。

これらを使用することで、プロセス間の通信やデータの共有が可能になります。

まとめ

Pythonのマルチプロセスは、パフォーマンスを向上させるための強力なツールです。

しかし、それを最大限に活用するためには、マルチプロセスの概念を理解し、適切にコードを書く必要があります。

この記事を通じて、Pythonとマルチプロセスの基本的な理解を深め、それを自分のコードに適用することができるようになったことを願っています。

これからもPythonとマルチプロセスを探求し続け、より良いコードを書いていきましょう。