CSSで簡単に蛍光ペン効果を作ろう!初心者向けの使い方とサンプルコード

CSSを使った蛍光ペン効果のサンプルコードCSS
この記事は約4分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

Webページのテキストをより魅力的に見せたいと思ったことはありませんか?

特定の部分を強調するための方法として、蛍光ペン効果があります。

CSSは、Webページのデザインをコントロールするための強力なツールです。

この記事では、CSSを使った蛍光ペン効果の実装方法を、初心者の方向けに分かりやすく解説します。

サンプルコードも掲載しているので、すぐにでも実践してみることができます。

具体的な手順とともに、Webページのテキストを際立たせる方法を学びましょう。

●蛍光ペン効果の作り方

蛍光ペン効果は、CSSのbackground-colorプロパティを使用して実現することができます。

次のようなCSSコードをHTML文書に挿入することで、指定した部分に蛍光ペンのような効果を与えることができます。

.highlight {
  background-color: #FFFF00; /*蛍光ペンの色を指定*/
}

このコードでは、.highlightというクラス名に対して、背景色を黄色(#FFFF00)に指定しています。

このクラス名をHTML文書のテキストに適用することで、そのテキストに蛍光ペンのような効果を与えることができます。

例えば、次のようにテキストを囲むspan要素に.highlightクラスを適用することで、テキストに蛍光ペン効果を与えることができます。

<span class="highlight">重要なテキスト</span>

このように、HTML文書内で蛍光ペン効果を与えたいテキストを指定し、それに対して.highlightクラスを適用することで、簡単に蛍光ペン効果を作ることができます。

●蛍光ペン効果の応用例

蛍光ペン効果は、HTML文書内の重要なテキストを視覚的に強調するために使われることが多いです。

蛍光ペン効果の応用例をいくつかご紹介します。

○アクセントカラーとしての蛍光ペン効果

蛍光ペン効果は、アクセントカラーとしても使うことができます。

たとえば、次のように、ボタンに対して蛍光ペン効果を適用することで、視線を引きつける効果を生み出すことができます。

<button class="highlight">ボタン</button>

○テキストエフェクトとしての蛍光ペン効果

蛍光ペン効果は、テキストエフェクトとしても使うことができます。

たとえば、次のように、テキストに対して蛍光ペン効果を適用することで、文字を浮き立たせることができます。

<h1 class="highlight">タイトル</h1>

このように、蛍光ペン効果は、HTML文書内で様々な箇所に応用することができます。

●蛍光ペン効果の対処法

蛍光ペン効果は、あくまでも装飾的なものであり、SEOにはあまり影響を与えません。

ただし、下記に示すような点に注意することで、より良いSEO対策を行うことができます。

○適度な使用

蛍光ペン効果は、HTML文書内で目立たせたいテキストに対して使うことができますが、過剰な使用は避けましょう。

過剰に使うと、読み手に不快感を与える可能性があります。

○テキストの意味を歪めない

蛍光ペン効果を使ってテキストを強調する際には、テキストの意味を歪めないようにしましょう。

例えば、誤った強調によって、本来重要でないテキストに意図的に目を向けさせるような行為は避けましょう。

以上の点に気をつけながら、蛍光ペン効果を使うことで、SEO対策を行うことができます。

まとめ

本記事では、CSSを使って簡単に蛍光

ペン効果を作る方法について、初心者でもわかりやすく解説しました。

蛍光ペン効果は、HTML文書内で重要なテキストを視覚的に強調するために使われることが多く、アクセントカラーやテキストエフェクトとしても使うことができます。

また、蛍光ペン効果の対処法についても解説しました。

適度な使用とテキストの意味を歪めないように注意することで、より良いSEO対策を行うことができます。

蛍光ペン効果を使うことで、HTML文書内の重要なテキストを視覚的に強調することができます。

初心者の方でも簡単に使えるため、ぜひ実際に試してみてください。

また、蛍光ペン効果以外にも、CSSには様々なスタイルを指定することができます。

CSSの勉強を進めることで、より美しいHTML文書を作成することができるようになります。