PHPエラー表示の完全ガイド!10ステップでエラーを解決しよう

PHPエラー表示の使い方と対処法を学ぶイラストPHP
この記事は約8分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

PHPを使い始めて、エラーメッセージに頭を抱えたことはありませんか?

この記事を読めば、PHPのエラー表示について理解し、どのように対処すれば良いかを学ぶことができます。

●PHPエラー表示とは?

PHPエラー表示とは、PHPで記述したプログラムが予期しない動作をしたときに、エラーメッセージを出力する機能のことを指します。

○PHPエラー表示の基本的な役割

エラー表示はプログラムが正しく動作しない原因を突き止めるための重要な手がかりを提供します。

また、エラー表示を理解することで、自身のコーディングスキルを向上させることも可能です。

●PHPエラー表示の使い方

PHPのエラー表示は、設定ファイルやコード内で設定することができます。

○サンプルコード1:エラー表示の設定

下記のコードは、エラー表示をオンにするコードです。

<?php
ini_set('display_errors', 1);
?>

○サンプルコード2:エラーレベルの指定

エラーレベルを指定することで、表示するエラーメッセージを細かく制御することも可能です。

<?php
error_reporting(E_ALL);
?>

このコードでは、全てのエラー(E_ALL)を表示するように設定しています。

●PHPエラー表示の対処法

エラー表示が出たら、まずはそのメッセージを読み解きましょう。

そして、エラーの原因となるコードを修正します。

○サンプルコード3:エラーハンドリングの基本

下記のコードは、エラーハンドリングの基本形です。

<?php
try {
    // エラーが発生する可能性のあるコード
} catch (Exception $e) {
    echo 'Caught exception: ',  $e->getMessage(), "\n";
}
?>

○サンプルコード4:例外処理によるエラーハンドリング

例外処理を活用することで、特定のエラーが発生した際の処理を自分で定義することができます。

下記のコードでは、エラーが生じた場合、エラーメッセージを出力し、同時にログファイルへ詳細な情報を書き込んでいます。

<?php
try {
    // エラーが発生する可能性のあるコード
} catch (Exception $e) {
    // エラーメッセージの表示
    echo '例外が発生しました: ',  $e->getMessage(), "\n";
    // ログファイルへの書き込み
    file_put_contents('error_log.txt', $e->__toString());
}
?>

●PHPエラー表示の注意点と対処法

PHPのエラー表示は非常に有用な機能ですが、その使い方には注意が必要です。

例えば、本番環境でエラー表示をオンにしてしまうと、エラーメッセージがユーザーに見られてしまう可能性があります。

これはセキュリティ上問題となるため、本番環境ではエラー表示はオフにし、エラーログを適切に管理することが推奨されます。

●PHPエラー表示のカスタマイズ方法

PHPのエラー表示はカスタマイズすることも可能です。

これにより、エラー発生時の処理をより具体的に制御することができます。

○サンプルコード5:カスタムエラーハンドラの作成

下記のコードは、カスタムエラーハンドラを作成するための一例です。

エラーハンドラ関数を定義し、set_error_handler()でその関数をエラーハンドラとして設定しています。

<?php
function customErrorHandler($errno, $errstr, $errfile, $errline) {
    echo "カスタムエラー: [$errno] $errstr\n";
    echo " エラーが発生したファイル: $errfile\n";
    echo " エラーが発生した行: $errline\n";
}
set_error_handler("customErrorHandler");
?>

このコードでは、エラーが発生したときにカスタムエラーハンドラが呼び出され、エラーメッセージとともにエラーが発生したファイルと行が出力されます。

●PHPエラー表示の応用例

PHPのエラー表示は、エラーの検出だけでなく、エラーの管理や解析にも活用することができます。

その中でも特に役立つ手法として、ロギング、メール通知、エラーレポートの生成と分析があります。

○サンプルコード6:ロギングによるエラー管理

エラー情報をログファイルに記録することで、エラーの詳細情報を後から確認したり、エラーの発生傾向を分析することが可能になります。

下記のコードはエラー発生時にエラーログを生成する例です。

<?php
ini_set('log_errors', 1);
ini_set('error_log', 'php_error.log');
?>

このコードは、エラーログを取得し、それを’php_error.log’という名前のファイルに保存します。

○サンプルコード7:メール通知によるエラー管理

エラーが発生した際に、自動的にメール通知を送ることも可能です。

下記のコードはエラー発生時にメールを送信する例です。

<?php
function sendErrorMail($errno, $errstr, $errfile, $errline){
    $message = "エラーが発生しました:\n";
    $message .= "エラーメッセージ: [$errno] $errstr\n";
    $message .= "発生箇所: $errfile, 行: $errline\n";
    mail('admin@example.com', 'エラー通知', $message);
}
set_error_handler("sendErrorMail");
?>

このコードでは、エラーが発生したときに管理者にメールを送信するカスタムエラーハンドラを作成しています。

○サンプルコード8:エラーレポートの自動生成

エラーレポートを自動生成することで、エラーの原因を把握しやすくなります。

下記のコードはエラーレポートを自動生成する例です。

<?php
function generateErrorReport($errno, $errstr, $errfile, $errline){
    $report = "エラーメッセージ: [$errno] $errstr\n";
    $report .= "発生箇所: $errfile, 行: $errline\n";
    file_put_contents('error_report.txt', $report, FILE_APPEND);
}
set_error_handler("generateErrorReport");
?>

このコードでは、エラーが発生したときにエラーレポートを生成して、それを’error_report.txt’というファイルに追記しています。

○サンプルコード9:エラーレポートの視覚化

エラーレポートの視覚化は、エラーの傾向やパターンを明確に把握するために役立ちます。

下記のPHPコードは、エラーレポートをHTML形式で視覚化する例を示しています。

<?php
$report = file_get_contents('error_report.txt');
$report = str_replace("\n", "<br>", $report);
file_put_contents('error_report.html', $report);
?>

このコードでは、’error_report.txt’の内容を読み込み、改行をHTMLのブレークタグに置換して、それを’error_report.html’という新しいファイルに保存しています。

これにより、エラーレポートをブラウザで開いて視覚的に確認することが可能になります。

○サンプルコード10:エラーレポートの分析

エラーレポートの分析によって、エラーの原因やその対策を詳細に理解することが可能になります。

下記のPHPコードは、エラーレポートから特定のエラー情報を抽出する例を示しています。

<?php
$report = file_get_contents('error_report.txt');
$lines = explode("\n", $report);
$errors = array_filter($lines, function($line) {
    return strpos($line, 'エラーメッセージ') !== false;
});
print_r($errors);
?>

このコードでは、エラーレポートから’エラーメッセージ’を含む行だけを抽出し、それらの行を配列に格納して出力しています。

これにより、特定のエラー情報に焦点を当てた分析が可能になります。

まとめ

PHPのエラー表示は、エラー発生時の即時対応だけでなく、エラーロギング、エラーレポートの自動生成と分析、そしてエラー通知など、エラー管理の様々な側面で活用することができます。

これらのテクニックを用いることで、システムの安定性と可用性を高め、長期的な運用における信頼性を確保することができます。