CSSで簡単に作れる点線の作り方と使い方!問題点と対処法も解説

CSSで簡単に作れる点線の作り方と使い方CSS
この記事は約5分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

CSSは、HTML文書にスタイルを追加することができるプログラミング言語です。

CSSを使うことで、HTML文書を美しく見せたり、デザインを加えたりすることができます。

今回は、CSSを使って簡単に作れる点線について解説します。

●点線の作り方

点線を作るには、border-styleプロパティを使用します。

次のように、border-styleプロパティにdashedを指定することで点線を作ることができます。

.border-dashed {
  border-style: dashed;
}

また、点線の太さを変えたい場合は、border-widthプロパティを使用します。

次のように、border-widthプロパティに数値を指定することで点線の太さを変えることができます。

.border-dashed {
  border-style: dashed;
  border-width: 2px;
}

点線の色を変えたい場合は、border-colorプロパティを使用します。

次のように、border-colorプロパティに色を指定することで点線の色を変えることができます。

.border-dashed {
  border-style: dashed;
  border-width: 2px;
  border-color: #FF0000;
}

以上のように、border-style、border-width、border-colorプロパティを組み合わせることで、簡単に点線を作ることができます。

●点線の使い方

点線は、HTML文書の要素に対して、縁取りやアウトラインなどを付ける際に使用することができます。

次のように、HTML文書内の要素に対して、先ほど作成した点線のクラスを指定することで点線を追加することができます。

<div class="border-dashed">点線を追加する要素</div>

このように、クラスを指定することで、HTML文書内の要素に対して点線を追加することができます。

また、CSSの擬似要素を使用することで、要素内の特定の部分に対して点線を追加することもできます。

次のように、要素内の文字列の下線に点線を追加することができます。

.dashed-underline {
  text-decoration: underline dashed #FF0000;
}

このように、text-decorationプロパティを使用して、文字列の下線にdashedスタイルと色を指定することで、簡単に点線を追加することができます。

●点線の問題点と対処法

点線を使用する際に注意すべき問題点として、ブラウザによって点線の表示が異なる場合があることが挙げられます。

特に、Internet Explorerでは、点線が表示されない場合があります。

この問題に対処するためには、次のようにCSSを記述する必要があります。

.border-dashed {
  border-style: dashed;
  border-width: 2px;
  border-color: #FF0000;
  /* IE用の記述 */
  line-height: 0;
  _border: 2px dashed #FF0000;
}

Internet Explorerでは、line-heightプロパティに0を指定することで、点線が表示されるようになります。

また、_borderプロパティを使用することで、Internet Explorer用に別途スタイルを指定することもできます。

また、点線を使用する場合は、その目的に合わせて適切な太さや色を選ぶことが重要です。

点線が目立ちすぎると、デザインに違和感を与えることがあるため、適切なバランスを保つようにしましょう。

●応用例とサンプルコード

点線は、縁取りやアウトライン以外にも、様々な応用が可能です。

ここでは、点線を使用した実例とそのサンプルコードを紹介します。

【実例1:チェックボックスの点線】

チェックボックスの選択状態を表すために、点線を使用することがあります。

次のように、チェックボックスの要素に対して、点線を追加することができます。

.checkbox {
  border: 1px solid #CCCCCC;
  padding: 5px;
}

.checkbox input[type="checkbox"]:checked + label:before {
  content: "\2713";
  display: inline-block;
  font-size: 16px;
  width: 16px;
  height: 16px;
  line-height: 16px;
  text-align: center;
  color: #FFFFFF;
  background-color: #FF0000;
  border: 1px solid #FF0000;
  border-radius: 50%;
  margin-right: 5px;
}

.checkbox input[type="checkbox"]:checked + label:before {
  border: 2px dashed #FF0000;
}

このように、チェックボックスの選択状態を表すために、点線を追加することができます。

【実例2:要素の枠線に点線を追加】

要素の枠線に点線を追加することで、デザインに変化を与えることができます。

次のように、要素の枠線に点線を追加することができます。

.box {
  border: 1px solid #CCCCCC;
  padding: 10px;
  width: 200px;
}

.box.dashed {
  border-style: dashed;
  border-width: 2px;
  border-color: #FF0000;
}

このように、要素のクラスにdashedを追加することで、点線の枠線を追加することができます。

以上のように、点線は様々な応用が可能であり、デザインの幅を広げることができます。

まとめ

今回は、CSSを使用して簡単に作れる点線について解説しました。

点線の作り方や使い方、問題点と対処法について解説し、応用例とサンプルコードも紹介しました。

CSSを使用することで、HTML文書にデザインを加えることができます。

ぜひ、本記事を参考にして、自分なりのデザインを作り出してみてください。