CSSで斜め文字を作る方法と使い方・問題点と対処法、応用例も解説 – JPSM

CSSで斜め文字を作る方法と使い方・問題点と対処法、応用例も解説

CSSで斜め文字を作る方法を解説します。初心者でもわかりやすく、応用例も紹介します。CSS

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスは複数のSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

また、理解しにくい説明や難しい問題に躓いても、JPSMがプログラミングの解説に特化してオリジナルにチューニングした画面右下のAIアシスタントに質問していだければ、特殊な問題でも指示に従い解決できるように作ってあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

Webデザインにおいて、文字に斜めに傾きをつけることで、印象的なデザインになります。

この斜め文字をCSSで簡単に作る方法を解説します。

初心者でもわかりやすく、具体的な使い方とともに、問題点とその対処法も解説します。
また、実際に使える応用例も紹介します。

●CSSで斜め文字を作る方法

まずは、斜め文字を作る方法を解説します。

CSSのtransformプロパティを使用することで、文字を斜めに傾けることができます。

具体的な手順は次の通りです。

1.HTMLの要素に対して、CSSのtransformプロパティを使用します。

2.transformプロパティのrotate関数を使用します。
この関数に角度を指定することで、文字を斜めに傾けることができます。

3.角度を指定する方法は、deg(度数法)またはrad(弧度法)を使用します。

4.degとradは次のように変換します。   

・1deg = (π/180)rad   

・1rad = (180/π)deg

5.次のサンプルコードを参考に、CSSで斜め文字を作ってみましょう。

<p class="slant-text">斜め文字</p>
.slant-text {
  transform: rotate(-30deg);
}

上記のコードでは、クラス名が「slant-text」である<p>要素に対して、transformプロパティのrotate関数を使用し、文字を-30度傾けています。

このように、度数を変えることで、傾きの角度を変えることができます。

●問題点と対処法

CSSで斜め文字を作る方法は簡単ですがそのままではいくつかの問題点があります。

その問題点と対処法を解説します。

1.斜めに傾いた文字が、そのままの状態で印刷すると斜めに印刷されてしまう 

→ 印刷時に斜めに印刷されないよう、transformプロパティの代わりにskewプロパティを使用します。

skewプロパティは文字を斜めに傾けるのではなく、横方向または縦方向に伸ばすことができます。

2.背景色や背景画像との組み合わせで文字が読みにくくなってしまうことがある

→ 文字と背景色や背景画像のコントラストを調整することで、読みやすくなります。

例えば、背景色が暗い場合には、文字を明るい色にするなどの工夫が必要です。

3.レスポンシブデザインに対応していない

→ レスポンシブデザインに対応するためには、傾きの角度をパーセントで指定することができます。

また、画面サイズに応じて傾きの角度を変えることもできます。

●使い方の例

斜め文字を使った具体的な例を紹介します。

ここでは、ナビゲーションメニューに斜め文字を使用した例を解説します。

まずは、HTMLの要素を次のように記述します。

<nav>
  <ul>
    <li><a href="#">ホーム</a></li>
    <li><a href="#">会社概要</a></li>
    <li><a href="#">製品情報</a></li>
    <li><a href="#">お問い合わせ</a></li>
  </ul>
</nav>

次に、CSSを次のように記述します。

nav {
  background-color: #333;
}

ul {
  margin: 0;
  padding: 0;
  list-style: none;
  display: flex;
  justify-content: space-around;
}

li {
  position: relative;
}

li a {
  display: block;
  color: #fff;
  font-size: 20px;
  text-decoration: none;
  padding: 20px;
  transform: skew(-20deg);
}

li a::before {
  content: "";
  position: absolute;
  top: 0;
  left: 0;
  width: 100%;
  height: 100%;
  background-color: #666;
  z-index: -1;
  transform: skew(20deg);
}

上記のコードでは、ナビゲーションメニューの背景色には#333を指定し、<ul>要素にはflexboxを使用してメニュー項目を水平方向に配置しています。

各メニュー項目の<a>要素には、transformプロパティのskew関数を使用して文字を斜めに傾けています。

また、<a>要素の前面には、::before疑似要素を使用して背景色を設定し、背景色と文字色のコントラストを調整しています。

このように、斜め文字を使用することで、ナビゲーションメニューなどのデザインにアクセントを加えることができます。

●応用例

斜め文字を応用して、より印象的なデザインを作ることができます。

ここでは、背景画像との組み合わせで、斜めに切り取られた画像とテキストを表示する例を解説します。

まずは、HTMLの要素を次のように記述します。

<section class="hero">
  <div class="image"></div>
  <div class="text">
    <h2>ここに見出しを入れます</h2>
    <p>ここに本文を入れます。ここに本文を入れます。ここに本文を入れます。</p>
    <a href="#">詳しく見る</a>
  </div>
</section>

次に、CSSを次のように記述します。

.hero {
  position: relative;
}

.image {
  background-image: url("https://dummyimage.com/600x400/000/fff");
  height: 400px;
  transform: skewY(-5deg);
  transform-origin: 0;
  position: absolute;
  top: 0;
  left: 0;
  width: 100%;
}

.text {
  background-color: rgba(255, 255, 255, 0.8);
  padding: 50px;
  position: relative;
  z-index: 1;
}

h2 {
  font-size: 48px;
  margin-bottom: 20px;
  transform: skewY(5deg);
}

p {
  font-size: 24px;
  margin-bottom: 30px;
  transform: skewY(5deg);
}

a {
  display: inline-block;
  background-color: #333;
  color: #fff;
  padding: 10px 20px;
  border-radius: 5px;
  text-decoration: none;
  transform: skewY(5deg);
}

上記のコードでは、<section>要素に対してposition: relativeを指定し、<div class=”image”>要素に

背景画像を設定して斜めに切り取るようにしています。

また、<div class=”text”>要素には、背景色を半透明にしてテキストを表示しています。

<h2>要素、<p>要素、<a>要素には、それぞれskewY関数を使用して文字を斜めに傾け、斜めに切り取られた背景画像との視覚効果を高めています。

このように、斜め文字を使うことで、背景画像との組み合わせでより印象的なデザインを作ることができます。

まとめ

CSSのtransformプロパティを使用することで、簡単に斜め文字を作ることができます。

しかし、そのままでは印刷時や背景色や背景画像との組み合わせで読みにくくなる場合があります。

そのため、傾きの角度やコントラストの調整などの工夫が必要です。

また、斜め文字を使うことで、ナビゲーションメニューや背景画像との組み合わせなど、より印象的なデザインを作ることができます。

以上が、初心者でもわかりやすく、詳しく解説した「CSSで斜め文字を作る方法と使い方・問題点と対処法、応用例」になります。