CSSでランダムな要素を作成・応用する方法を初心者にも分かりやすく解説!

CSSでランダムな要素を作成・応用する方法を初心者にも分かりやすく解説するイメージCSS
この記事は約7分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

CSS(Cascading Style Sheets)は、HTMLやXML文書のデザインを制御するための言語です。

CSSを使うことで、Webページの見た目を整えたり、デザインを変更することが可能です。

今回は、CSSでランダムな要素を作成・応用する方法について、初心者にも分かりやすく徹底解説していきます。

●ランダムな要素とは?

ランダムな要素とは、Webページ上で色や大きさ、位置などがランダムに変わる要素のことを指します。

これにより、ページをリロードするたびに異なるデザインやレイアウトが表示されることがあります

CSSでランダムな要素を作成することで、見た目に変化をつけたり、ユーザーに新鮮な印象を与えることができます。

●CSSでランダムな要素を作成する方法

CSSだけではランダムな要素を作成することは難しいため、JavaScriptと組み合わせて使用することが一般的です。

次の例では、背景色がランダムに変わるサンプルコードを紹介します。

HTMLファイルを作成し、次のようなコードを記述します。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
  <title>CSSランダム背景色</title>
  <style>
    body {
      transition: background-color 1s ease;
    }
  </style>
  <script>
    function changeBackgroundColor() {
      var colors = ['#ff0000', '#00ff00', '#0000ff', '#ffff00', '#ff00ff', '#00ffff'];
      var randomColor = colors[Math.floor(Math.random() * colors.length)];
      document.body.style.backgroundColor = randomColor;
    }
    window.onload = function() {
      changeBackgroundColor();
    };
  </script>
</head>
<body>
</body>
</html>

このコードでは、JavaScriptで背景色をランダムに変更する関数changeBackgroundColor()を定義しています。

さらに、ページが読み込まれたときにchangeBackgroundColor()関数を実行するようにしています。

これにより、ページがリロードされるたびに背景色がランダムに変わります。

●CSSでランダムな要素を応用する方法

次に、CSSでランダムな要素を応用する方法をいくつか紹介します。

サンプルコード付きで説明していくので、ぜひ参考にしてください。

テキストの色をランダムに変更する

次のサンプルコードでは、テキストの色がランダムに変更されるようになっています。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
  <title>CSSランダムテキスト色</title>
  <script>
    function changeTextColor() {
      var colors = ['#ff0000', '#00ff00', '#0000ff', '#ffff00', '#ff00ff', '#00ffff'];
      var randomColor = colors[Math.floor(Math.random() * colors.length)];
      document.getElementById("text").style.color = randomColor;
    }
    window.onload = function() {
      changeTextColor();
    };
  </script>
</head>
<body>
  <h1 id="text">CSSでランダムなテキストの色を変更する方法</h1>
</body>
</html>

画像の位置をランダムに変更する

次のサンプルコードでは、画像の位置がランダムに変更されるようになっています。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
  <title>CSSランダム画像位置</title>
  <style>
    img {
      position: absolute;
    }
  </style>
  <script>
    function changeImagePosition() {
      var image = document.getElementById("image");
      var randomTop = Math.floor(Math.random() * (window.innerHeight - image.clientHeight));
      var randomLeft = Math.floor(Math.random() * (window.innerWidth - image.clientWidth));
      image.style.top = randomTop + "px";
      image.style.left = randomLeft + "px";
    }
    window.onload = function() {
      changeImagePosition();
    };
  </script>
</head>
<body>
  <img id="image" src="sample_image.jpg" alt="ランダムに位置が変わる画像">
</body>
</html>

このサンプルコードでは、JavaScriptで画像の位置をランダムに変更する関数changeImagePosition()を定義しています。

ページが読み込まれたときにchangeImagePosition()関数を実行するようにしています。

これにより、ページがリロードされるたびに画像の位置がランダムに変わります。

以上のように、CSSでランダムな要素を作成・応用する方法はさまざまです。

これらのサンプルコードを参考に、自分のWebページにランダムな要素を取り入れてみてください。

初心者の方でも、この記事を通してCSSでランダムな要素の作成・応用方法を理解し、実践的に使えるようになればと思います。

まとめ

この記事では、CSSでランダムな要素を作成・応用する方法を徹底解説しました。

サンプルコードを用いて、初心者の方にも分かりやすく説明しましたので、ぜひ参考にしてください。