CSSを練習しよう!初心者向けの使い方・対処法・応用例をサンプルコード付きで徹底解説

CSSのサンプルコードを使って、Webページをカスタマイズする方法を解説します。初心者向けの内容なので、誰でも簡単に学ぶことができます。CSS
この記事は約11分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

CSSはWebページの見た目を整えるために欠かせない技術ですが、初心者にとっては難しく感じることもあります。

しかし、練習をすることで理解を深め、スキルアップは難しくありません。

本記事では、CSSの練習を始めるための方法や使い方、対処法、応用例をサンプルコード付きで解説していきます。

●CSSの基礎知識

CSSはCascading Style Sheetsの略で、Webページのレイアウトや色などのスタイルを定義するためのスタイルシートです。

HTMLでマークアップしたコンテンツにCSSを適用することで、見た目を自由自在にカスタマイズすることができます。

●CSSの練習の始め方

CSSを練習するためには、まずはHTMLとCSSの基礎知識が必要です。

HTMLはWebページの構造を定義するマークアップ言語であり、CSSはWebページの見た目を整えるためのスタイルシートです。

まずは、HTMLとCSSの基本的な構文を理解することから始めましょう。

【HTMLの基本構文】

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
	<meta charset="UTF-8">
	<title>タイトル</title>
</head>
<body>
	<h1>見出し</h1>
	<p>文章</p>
</body>
</html>

【CSSの基本構文】

セレクタ {
	プロパティ: 値;
}

以上の基礎知識を身につけたら、実際にCSSの練習をしていきましょう。

●CSSの練習

CSSの練習方法は様々ありますが、ここでは以下のような方法を紹介します。

ブラウザの開発者ツールを使って、既存のWebページのCSSを編集する

ブラウザの開発者ツールを使えば、実際に表示されているWebページのCSSをリアルタイムで編集することができます。

自分が気になるWebページを開いて、開発者ツールを使ってCSSの編集を試してみましょう。

サンプルコードを使って、CSSの基本的なプロパティを練習する

CSSの基本的なプロパティを練習するためのサンプルコードです。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
	<meta charset="UTF-8">
	<title>CSSの練習</title>
	<style>
		body {
			background-color: #eee;
			font-family: Arial, sans-serif;
			font-size: 16px;
			color: #333;
		}
		
		h1 {
			font-size: 24px;
			color: #0088cc;
		}
		
		p {
			margin: 0;
			padding: 10px;
			border: 1px solid #ccc;
			background-color: #fff;
		}
	</style>
</head>
<body>
	<h1>見出し</h1>
	<p>文章</p>
</body>
</html>

上記のコードでは、body要素に背景色、フォント、文字色を設定し、h1要素にフォントサイズと文字色を設定しています。

また、p要素にマージン、パディング、ボーダー、背景色を設定しています。

このコードを実行して、CSSの基本的なプロパティを練習してみましょう。

CSSのフレームワークを使って、レスポンシブデザインを練習する

レスポンシブデザインとは、デバイスの画面サイズに合わせてWebページのレイアウトや見た目を最適化するデザインのことです。

CSSのフレームワークを使えば、レスポンシブデザインを簡単に実現することができます。

代表的なCSSのフレームワークとしては、BootstrapやFoundationがあります。

これらのフレームワークを使って、レスポンシブデザインを練習してみましょう。

●CSSの使い方

CSSを使うには、HTMLファイル内で<style>タグを使ってCSSのコードを記述するか、外部のCSSファイルを読み込む方法があります。

<style>タグを使う方法

<style>タグを使う場合は、HTMLファイル内にCSSのコードを記述します。

<style>タグを使ったCSSの例です。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
	<meta charset="UTF-8">
	<title>CSSの使い方</title>
	<style>
		body {
			background-color: #eee;
			font-family: Arial, sans-serif;
			font-size: 16px;
			color: #333;
		}
		
		h1 {
			font-size: 24px;
			color: #0088cc;
		}
		
		p {
			margin: 0;
			padding: 10px;
			border: 1px solid #ccc;
			background-color: #fff;
		}
	</style>
</head>
<body>
	<h1>見出し</h1>
	<p>文章</p>
</body>
</html>

上記のコードでは、<style>タグの中にCSSのコードを記述しています。

外部のCSSファイルを読み込む方法

外部のCSSファイルを読み込む場合は、HTMLファイル内で<link>タグを使います。

外部のCSSファイルを読み込むHTMLファイルの例です。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
	<meta charset="UTF-8">
	<title>CSSの使い方</title>
	<link rel="stylesheet" href="style.css">
</head>
<body>
	<h1>見出し</h1>
	<p>文章</p>
</body>
</html>

上記のコードでは、<link>タグのhref属性にCSSファイルのパスを指定しています。

セレクタの種類

CSSでは、要素名やクラス名、ID名などを指定することで、スタイルを適用する範囲を指定することができます。

要素名を指定する場合は、次のように書きます。

要素名 {
	プロパティ: 値;
}

クラス名を指定する場合は、次のように書きます。

.クラス名 {
	プロパティ: 値;
}

ID名を指定する場合は、次のように書きます。

#ID名 {
	プロパティ: 値;
}

上記のように、要素名、クラス名、ID名を指定することで、スタイルを適用する範囲を指定することができます。

ボックスモデル

CSSでは、要素の内側から外側までを「ボックス」として扱います。

ボックスには、コンテンツ、パディング、ボーダー、マージンという4つの要素があります。

これらの要素を合わせて「ボックスモデル」と呼びます。

ボックスモデルの各要素を設定するためのCSSの例です。

.box {
	width: 200px;
	height: 200px;
	padding: 20px;
	border: 1px solid #ccc;
	margin: 10px;
}

上記のコードでは、幅と高さを200pxに設定し、パディングを20px、ボーダーを1pxの線に設定しています。

また、マージンを10pxに設定しています。

レスポンシブデザイン

レスポンシブデザインとは、デバイスの画面サイズに合わせてWebページのレイアウトや見た目を最適化するデザインのことです。

レスポンシブデザインを実現するためのCSSの例です。

@media screen and (max-width: 768px) {
	.box {
		width: 100%;
		height: auto;
		padding: 10px;
	}
}

上記のコードでは、画面幅が768px以下の場合に、ボックスの幅を100%、高さを自動調整、パディングを10pxに変更するように設定しています。

●CSSの対処法

CSSを使う上で、いくつかの問題が発生することがあります。

ブラウザごとの表示の違いに対処する

ブラウザごとにCSSの解釈が異なることがあるため、表示の違いが生じることがあります。

この場合、以下のような方法で対処することができます。

  • CSSのバリデーションを行い、構文エラーを修正する
  • ブラウザごとのCSSの差異を調べ、対応するCSSを書く
  • ブラウザごとに異なるスタイルを適用する

レイアウトの崩れに対処する

レイアウトが崩れる原因は様々ですが、次のような方法で対処することができます。

  • ボックスモデルを理解し、パディングやボーダーの設定に注意する
  • floatプロパティやpositionプロパティを使って、要素の配置を調整する
  • FlexboxやGridを使って、レイアウトを調整する

パフォーマンスの問題に対処する

CSSのコードが膨大になると、パフォーマンスの問題が生じることがあります。

パフォーマンスの問題に対処するためのCSSの例です。

  • 不要なCSSを削除する
  • CSSを圧縮する
  • CSSをキャッシュする
  • CSSを最適化する

●CSSの応用例

CSSは、Webページのデザインをカスタマイズするために欠かせない技術です。

CSSの応用例の一部です。

ホバー効果

ホバー効果とは、マウスポインタが要素の上に乗ったときにスタイルを変更する効果のことです。

ホバー効果を実現するためのCSSの例です。

a:hover {
	color: red;
}

上記のコードでは、a要素にマウスポインタが乗ったときに、文字色を赤に変更するように設定しています。

アニメーション効果

CSSを使えば、アニメーション効果を実現することができます。

アニメーション効果を実現するためのCSSの例です。

@keyframes spin {
	from { transform: rotate(0deg); }
	to { transform: rotate(360deg); }
}

.box {
	animation: spin 1s linear infinite;
}

上記のコードでは、spinというアニメーションを定義し、box要素にそのアニメーションを適用しています。

アニメーションの内容は、0度から360度まで回転することです。

グラデーション効果

CSSを使えば、グラデーション効果を実現することができます。

グラデーション効果を実現するためのCSSの例です。

.box {
	background: linear-gradient(to bottom, #f0f0f0, #ccc);
}

上記のコードでは、box要素に上から下に向かってグラデーションをかけるように設定しています。

グラデーションの開始色は#f0f0f0、終了色は#cccです。

レスポンシブデザイン

CSSを使えば、レスポンシブデザインを実現することができます。

レスポンシブデザインを実現するためのCSSの例です。

@media screen and (max-width: 768px) {
	.box {
		width: 100%;
		height: auto;
		padding: 10px;
	}
}

上記のコードでは、画面幅が768px以下の場合に、ボックスの幅を100%、高さを自動調整し、パディングを10pxに変更するように設定しています。

px数を変えることで自身のウェブサイトに合わせて調整して下さい。

フォントのカスタマイズ

CSSを使えば、フォントをカスタマイズすることができます。

フォントをカスタマイズするためのCSSの例です。

body {
	font-family: "Helvetica Neue", Arial, sans-serif;
	font-size: 16px;
	font-weight: normal;
}

h1 {
	font-family: "Helvetica Neue", Arial, sans-serif;
	font-size: 24px;
	font-weight: bold;
}

上記のコードでは、body要素には、フォントを「Helvetica Neue」、Arial、サンセリフの順に設定し、フォントサイズを16px、フォントウェイトを通常の太さに設定しています。

また、h1要素には、フォントを「Helvetica Neue」、Arial、サンセリフの順に設定し、フォントサイズを24px、フォントウェイトを太字に設定しています。