簡単3ステップでHTMLで流れる文字を実現!カスタマイズ方法も紹介

HTMLで作成された流れる文字のサンプルイメージHTML
この記事は約9分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読めば、簡単な3ステップでHTMLで流れる文字を作成し、カスタマイズできるようになります。

初心者でもわかりやすい解説とサンプルコードを用意しましたので、安心して取り組んでくださいね。

●JavaScriptを用いた流れる文字のカスタマイズ方法

流れる文字の表示をカスタマイズする際、JavaScriptは非常に強力なツールです。

JavaScriptを使用することで、流れる文字に動的な挙動やインタラクティブな要素を追加できます。

○JavaScriptでアニメーションの速度を調整する

JavaScriptを使って、流れる文字の速度を動的に調整する方法を学びましょう。

文字の長さに応じてアニメーションの速度を変更することが可能です。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <title>流れる文字のカスタマイズサンプル</title>
  <style>
    .scrolling-text {
      white-space: nowrap;
      overflow: hidden;
      position: relative;
    }

    .scrolling-text span {
      display: inline-block;
      position: absolute;
      animation: scrolling linear infinite;
    }

    @keyframes scrolling {
      0% { transform: translateX(100%); }
      100% { transform: translateX(-100%); }
    }
  </style>
</head>
<body>
  <div class="scrolling-text"><span>これはカスタマイズされた流れる文字のサンプルです。</span></div>

  <script>
    const scrollingText = document.querySelector('.scrolling-text span');
    const scrollingTextWidth = scrollingText.offsetWidth;
    scrollingText.style.animationDuration = (scrollingTextWidth / 50) + 's';
  </script>
</body>
</html>

このコードでは、流れる文字の幅に基づいてアニメーションの速度を計算し、それをアニメーションの持続時間として設定しています。

○インタラクティブな機能を追加する

JavaScriptを使用して、ユーザーの操作に応じて流れる文字の挙動を変更することもできます。

例えば、マウスオーバー時にアニメーションを停止させるなどが可能です。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <title>インタラクティブな流れる文字サンプル</title>
  <style>
    /* 上記と同様のスタイルをここに記述 */
  </style>
</head>
<body>
  <div class="scrolling-text"><span>インタラクティブな流れる文字のサンプルです。</span></div>

  <script>
    const scrollingTextElement = document.querySelector('.scrolling-text span');

    scrollingTextElement.addEventListener('mouseover', () => {
      scrollingTextElement.style.animationPlayState = 'paused';
    });

    scrollingTextElement.addEventListener('mouseout', () => {
      scrollingTextElement.style.animationPlayState = 'running';
    });
  </script>
</body>
</html>

このスクリプトでは、マウスが流れる文字の上にあるときはアニメーションを一時停止し、マウスが離れると再開するようになっています。

●JavaScriptとCSSを活用した流れる文字のカスタマイズテクニック

流れる文字をさらに魅力的にするために、JavaScriptとCSSを駆使したカスタマイズ方法を学びましょう。

これにより、ウェブページ上で目を引くアニメーションを実現できます。

○流れる文字の速度を調整する

JavaScriptとCSSアニメーションを用いて、流れる文字の速度を調整することは非常に簡単です。

CSSでは、animation-durationプロパティを調整し、JavaScriptではアニメーションの持続時間を動的に変更します。

<style>
  .scrolling-text {
    animation: scrolling 10s linear infinite; /* 速度を調整 */
  }

  @keyframes scrolling {
    0% { transform: translateX(100%); }
    100% { transform: translateX(-100%); }
  }
</style>
<script>
  const scrollingText = document.querySelector('.scrolling-text');
  const scrollingTextWidth = scrollingText.offsetWidth;
  scrollingText.style.animationDuration = (scrollingTextWidth / 50) + 's'; // 速度を調整
</script>

○アニメーションの方向をカスタマイズする

流れる文字の方向を変更することも可能です。

CSSの@keyframesルールを用いて、水平方向だけでなく垂直方向へのアニメーションも実装できます。

<style>
  @keyframes scrolling {
    0% { transform: translateY(-100%); }
    100% { transform: translateY(100%); }
  }
</style>

このコードは、文字を上から下へ流れるように変更します。

○流れる文字のスタイルをカスタマイズする

CSSを活用することで、流れる文字の色、フォント、サイズなどを簡単に変更できます。

これにより、サイトのデザインやブランドイメージに合わせたスタイリングが可能になります。

<style>
  .scrolling-text {
    color: red; /* 文字色を変更 */
    font-family: 'Arial', sans-serif; /* フォントを変更 */
    font-size: 24px; /* 文字サイズを変更 */
  }
</style>

●JavaScriptとCSSを用いた流れる文字の最適化に関する注意点と対処法

ウェブ開発において、流れる文字を魅力的に表示するためのテクニックを学んだ後は、注意すべき点とその対処法について理解することが重要です。

○<marquee>タグの使用は避ける

HTML5では<marquee>タグが非推奨となっているため、現代のウェブ開発ではその使用は避けましょう。

代わりに、CSSアニメーションやJavaScriptを活用して流れる文字を作成することが推奨されます。

これにより、より柔軟で制御可能なアニメーションを実現できます。

○レスポンシブデザインの考慮

流れる文字は、異なるデバイスや画面サイズによって表示方法が変わる可能性があります。

これを適切に対応させるためには、CSSのメディアクエリを使用して、異なる画面サイズに応じたスタイリングを施すことが重要です。

<style>
  @media (max-width: 768px) {
    .scrolling-text {
      font-size: 16px; /* スマートフォンや小さな画面向けのフォントサイズ調整 */
    }
  }
</style>

このようにメディアクエリを使用することで、異なるデバイスでの見栄えを最適化し、ユーザー体験を向上させることができます。

●JavaScriptを活用した流れる文字の実践的な応用例

ウェブデザインにおいて、JavaScriptとCSSを組み合わせた流れる文字は多様な応用が可能です。

ここでは、具体的な応用例とそのサンプルコードを紹介します。

○ニュースティッカーの実装

ウェブサイトで最新のニュースや重要なお知らせを目立たせるには、ニュースティッカー形式の流れる文字が効果的です。

JavaScriptとCSSを使って、情報を動的に表示させることができます。

<style>
  .news-ticker {
    background-color: #f9f9f9;
    padding: 10px;
  }
</style>

<div class="scrolling-text news-ticker">
  <span>お知らせ1:新商品が入荷しました! | お知らせ2:期間限定セール開催中!</span>
</div>

このコードは、背景色やパディングを調整して、ニュースを目立たせるデザインを採用しています。

○広告バナーとしての活用

また、流れる文字は広告バナーとしても利用できます。

特別オファーやプロモーションをアピールする際に、目を引く動きでユーザーの注意を引きます。

<style>
  .ad-banner {
    background-color: #ffcc00;
    padding: 10px;
  }
</style>

<div class="scrolling-text ad-banner">
  <span>スペシャルオファー:今すぐクリックして30%オフをゲット!</span>
</div>

この例では、鮮やかな背景色とパディングを使って、広告メッセージを際立たせています。

まとめ

これで、HTMLで流れる文字を作成し、カスタマイズする方法をお伝えいたしました。

この知識を活かして、魅力的なWebページを作成しましょう!