年齢自動計算のHTMLを公開!驚きの3ステップで簡単実装 – JPSM

年齢自動計算のHTMLを公開!驚きの3ステップで簡単実装

年齢自動計算のHTML実装方法、HTMLコード例、カスタマイズ例HTML

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスは複数のSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

また、理解しにくい説明や難しい問題に躓いても、JPSMがプログラミングの解説に特化してオリジナルにチューニングした画面右下のAIアシスタントに質問していだければ、特殊な問題でも指示に従い解決できるように作ってあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

年齢自動計算のHTMLを実装することで、あなたのウェブサイトやアプリケーションで、ユーザーの年齢を簡単に計算できるようになります。

この記事では、初心者にもわかりやすい3つのステップで年齢自動計算のHTMLを実装する方法を徹底解説します。

さらに、カスタマイズ方法や応用例、サンプルコードも紹介します。さあ、始めましょう!

●年齢自動計算のHTML実装方法:3つのステップ

年齢自動計算のHTMLを実装するためには、次の3つのステップを踏むことが必要です。

  1. HTMLフォームの作成
  2. JavaScriptの導入
  3. CSSでデザインを調整

それぞれのステップを詳しく見ていきましょう。

○ステップ1:HTMLフォームの作成

まずは、年齢を入力するためのHTMLフォームを作成します。

下記のサンプルコードを参考にしてください。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <title>年齢自動計算フォーム</title>
</head>
<body>
  <h1>年齢自動計算フォーム</h1>
  <form>
    <label for="birthdate">生年月日:</label>
    <input type="date" id="birthdate">
    <button type="button" id="calculate">年齢を計算</button>
  </form>
  <p id="age">年齢: </p>
</body>
</html>

上記のサンプルコードでは、<input type="date">を使って生年月日を入力するフォームを作成しています。

また、<button>タグを使って「年齢を計算」ボタンを設置し、最後に<p>タグで年齢を表示する場所を確保しています。

○ステップ2:JavaScriptの導入

次に、年齢を自動計算するためのJavaScriptを導入します。

下記のサンプルコードを参考にしてください。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <title>年齢自動計算フォーム</title>
  <script>
    function calculateAge(birthdate) {
      const today = new Date();
      const birthDate = new Date(birthdate);
      let age = today.getFullYear() - birthDate.getFullYear();
      const monthDiff = today.getMonth() - birthDate.getMonth();

      if (monthDiff < 0 || (monthDiff === 0 && today.getDate() < birthDate.getDate())) {
        age--;
      }

      return age;
    }

    window.addEventListener('DOMContentLoaded', () => {
      const calculateButton = document.getElementById('calculate');
      const birthdateInput = document.getElementById('birthdate');
      const ageDisplay = document.getElementById('age');

      calculateButton.addEventListener('click', () => {
        const birthdate = birthdateInput.value;
        const age = calculateAge(birthdate);
        ageDisplay.textContent = '年齢: ' + age;
      });
    });
  </script>
</head>
<body>
  <!-- ステップ1で作成したHTMLフォームをここに挿入 -->
</body>
</html>

上記のサンプルコードでは、calculateAge()関数を使って年齢を計算し、DOMContentLoadedイベントリスナーを使って、ページが読み込まれたらイベントリスナーを設定しています。

年齢を計算ボタンがクリックされたとき、calculateAge()関数に入力された生年月日を渡し、年齢を計算し、<p>タグに表示します。

○ステップ3:CSSでデザインを調整

最後に、CSSを使ってデザインを調整しましょう。

下記のサンプルコードを参考にしてください。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <title>年齢自動計算フォーム</title>
  <style>
    body {
      font-family: Arial, sans-serif;
    }

    form {
      display: inline-block;
      margin-bottom: 1rem;
    }

    label, input, button {
      margin-right: 1rem;
    }

    #age {
      font-weight: bold;
    }
  </style>
  <!-- ステップ2で作成したJavaScriptをここに挿入 -->
</head>
<body>
  <!-- ステップ1で作成したHTMLフォームをここに挿入 -->
</body>
</html>

上記のサンプルコードでは、<style>タグを使ってCSSを記述し、フォントやレイアウトを調整しています。

もちろん、自分の好みに合わせてカスタマイズしてもらって構いません。

これで、年齢自動計算のHTMLの実装が完了です。

●カスタマイズ方法と注意点

年齢自動計算のHTMLをカスタマイズする際には、次の注意点を押さえておきましょう。

  1. 日付の入力形式: <input type="date">タグは、ブラウザによって表示される日付の入力形式が異なることがあります。対応する日付形式に注意してください。
  2. 入力値のバリデーション: 入力された生年月日が適切な形式であるかどうかを確認するバリデーション処理を追加することをお勧めします。

    これにより、不正な値で年齢計算が行われることを防ぐことができます。

●応用例とサンプルコード

年齢自動計算のHTMLを応用する例として、年齢制限のあるコンテンツへのアクセス制限を設けることが考えられます。

下記のサンプルコードを参考にしてください。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <title>年齢制限コンテンツ</title>
  <style>
    /* ステップ3で作成したCSSをここに挿入 */
  </style>
  <script>
    /* ステップ2で作成したJavaScriptをここに挿入 */

    function checkAgeLimit(age, ageLimit) {
      return age >= ageLimit;
    }

    window.addEventListener('DOMContentLoaded', () => {
      const calculateButton = document.getElementById('calculate');
      const restrictedContent = document.getElementById('restricted-content');

      calculateButton.addEventListener('click', () => {
        const birthdate = document.getElementById('birthdate').value;
        const age = calculateAge(birthdate);

        if (checkAgeLimit(age, 18)) {
          restrictedContent.style.display = 'block';
        } else {
          alert('年齢制限があります。アクセスできません。');
        }
      });
    });
  </script>
</head>
<body>
  <!-- ステップ1で作成したHTMLフォームをここに挿入 -->
  <div id="restricted-content" style="display: none;">
    <h2>年齢制限コンテンツ</h2>
    <p>このコンテンツは18歳以上の方のみ閲覧可能です。</p>
  </div>
</body>
</html>

上記のサンプルコードでは、新たにcheckAgeLimit()関数を作成し、年齢制限に達しているかどうかをチェックしています。

また、DOMContentLoadedイベントリスナーを使って、ページが読み込まれたらイベントリスナーを設定し、年齢を計算ボタンがクリックされたときに、年齢制限が満たされているかどうかを判定し、満たされている場合は制限コンテンツを表示します。

逆に、制限に達していない場合はアラートで制限がある旨を伝えます。

これで、年齢自動計算を応用したアクセス制限の設定が完了です。

ここまでで、年齢自動計算機能を利用したアクセス制限を実装する方法を解説しました。

他にも、年齢自動計算機能を応用して、次のような機能を実装することができます。

ex:年齢に応じた割引サービスの実装

年齢自動計算機能を応用し、年齢に応じた割引サービスを提供することができます。

例えば、子供向けの商品やシニア向けの商品で、年齢によって割引率が異なる場合などです。

下記のサンプルコードを参考にしてください。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <title>年齢に応じた割引サービス</title>
  <style>
    /* ステップ3で作成したCSSをここに挿入 */
  </style>
  <script>
    /* ステップ2で作成したJavaScriptをここに挿入 */

    function calculateDiscount(age) {
      if (age <= 12) {
        return 0.5;
      } else if (age >= 60) {
        return 0.7;
      } else {
        return 1;
      }
    }
  </script>
</head>
<body>
  <!-- ステップ1で作成したHTMLフォームをここに挿入 -->
  <div id="discount-info" style="display: none;">
    <h2>割引情報</h2>
    <p>割引率: <span id="discount-rate"></span>%</p>
  </div>
  <script>
    window.addEventListener('DOMContentLoaded', () => {
      const calculateButton = document.getElementById('calculate');
      const discountInfo = document.getElementById('discount-info');
      const discountRate = document.getElementById('discount-rate');

      calculateButton.addEventListener('click', () => {
        const birthdate = document.getElementById('birthdate').value;
        const age = calculateAge(birthdate);
        const discount = calculateDiscount(age);
        discountInfo.style.display = 'block';
        discountRate.textContent = discount * 100;
      });
    });
  </script>
</body>
</html>

上記のサンプルコードでは、新たにcalculateDiscount()関数を作成し、年齢に応じて割引率を計算しています。

また、イベントリスナーを使って、年齢を計算ボタンがクリックされたときに、割引情報を表示します。

まとめ

これで、年齢自動計算機能を応用した割引サービスの実装が完了です。